頓宮裕真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
頓宮 裕真
オリックス・バファローズ #44
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県備前市
生年月日 (1996-11-17) 1996年11月17日(22歳)
身長
体重
181 cm
98 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手[1]
プロ入り 2018年 ドラフト2位
初出場 2019年3月29日
年俸 1,200万円(2019年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

頓宮 裕真(とんぐう ゆうま、1996年11月17日 - )は、オリックス・バファローズに所属する岡山県備前市出身[3]プロ野球選手内野手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

備前市立伊部小学校1年時に、伊部パワフルズで捕手として野球を始めた[3][4]。備前中学校時代は瀬戸内マリナーボーイズに所属[5]

岡山理科大学附属高等学校では1年夏からベンチ入りし、1年秋から4番・捕手に座った[3][5]。2年生時(2013年)に春の岡山県大会優勝などの戦績を残すが[6]、3年生時(2014年)に夏の県大会決勝で関西に敗れるなど[7]、高校3年間を通じて甲子園出場はならなかった。高校生の段階から、体格に恵まれ2塁への送球も約1.9秒を計測する強肩強打の捕手として、プロスカウトからも注目される存在であったが[8]、この時点ではプロ志望届を提出せず、亜細亜大学への進学を選んだ。

亜大野球部では、1年時(2015年)の春季リーグ戦から主力捕手として起用され、打率.242ながら13試合出場・規定打席到達を果たした[9][10]。同年秋には第46回明治神宮野球大会で優勝を経験。しかしその後は打撃の調子が上がらず、2年時は主力に定着できなかった[9]。転機となったのは3年時(2017年)で、春季リーグ戦で12試合打率.386・3本塁打・13打点の成績で、捕手として自身初の東都連盟ベストナイン選出を果たした[11]。4年時(2018年)には亜大野球部主将を務めるとともに[12]、第42回日米大学野球選手権大会・第29回ハーレムベースボールウィーク大学日本代表に選出され[13][14]、大学代表の4番打者に座った[15]東都大学野球連盟1部4年間通算で14本塁打[1]

2018年度ドラフト会議でオリックス・バファローズから2位指名を受けた[16]。頓宮は小学校から大学に至るまで主に捕手を務めていたが、オリックスでは長打力を評価して三塁手へのコンバートを想定し[注釈 1]内野手としての指名となった[1]。契約金8,000万円・年俸1,200万円(推定)の条件で契約を結び、背番号は44となった[2]

プロ入り後[編集]

2019年、ルーキーイヤーはオープン戦17試合全てに出場し、開幕一軍メンバー入り。3月29日の開幕戦北海道日本ハムファイターズ戦では「5番・三塁手」としてスタメン出場を果たした。新人選手の開幕クリーンナップ起用は、球団では阪急時代1957年の中田昌宏以来62年振りである[17]。プロ初打席では、1回表1死満塁の場面で上沢直之からライト前に2点適時打を放った。

選手としての特徴[編集]

ドラフト指名時で181cm・97kgの体格を活かした長打力を持ち味とする[16][18]。プロでは内野手として指名されたが、高校生の時点で捕手として2塁送球約1.9秒を記録した強肩も持ち合わせている[5][8]

人物[編集]

オリックスでの同僚である山本由伸とは備前市の実家が隣同士である[19]。プロ入りは高卒入団の山本が2年早かったが、学年は頓宮が2つ上である。伊部小学校時代は同じ伊部パワフルズに所属し、当時は頓宮・山本とも捕手であったためキャッチボールはいつも一緒であったという[19]。頓宮のドラフト指名後に地元備前市で開催された祝賀会には山本も出席し、プロでの再会を喜び合った[3]

2019年1月7日のオリックス選手寮への入寮時には、大阪市中央区にあるSunny’s BARBERでパンチパーマを当てて登場した[20]亜細亜大学硬式野球部およびオリックス・ブルーウェーブ時代の大先輩に当たる佐藤和弘(パンチ佐藤)にあやかったもので、亜大野球部の生田勉監督の「目立つように」との発案によるものである[21]

詳細情報[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 44 (2019年 - )

登場曲[編集]

  • 「空」侍(2019年 - )[22]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 当時のオリックスでは元の正三塁手であった小谷野栄一が2018年限りで現役を引退し、中島宏之も36歳(ドラフト会議後に退団し読売ジャイアンツに移籍)と、次世代の三塁手育成は急務とみられていた[1][2]

参照[編集]

  1. ^ a b c オリックス2位の亜大・頓宮、三塁コンバートも”. 日刊スポーツ (2018年10月30日). 2018年2月2日閲覧。
  2. ^ a b オリD2・頓宮、仮契約 1年目10発へ「顔晴る」”. サンケイスポーツ (2018年11月23日). 2019年2月5日閲覧。
  3. ^ a b c d 目指すはホームラン王!オリックス2位指名・頓宮裕真選手 地元で祝賀会 岡山・備前市”. 瀬戸内海放送 (2018年12月3日). 2019年2月5日閲覧。
  4. ^ いきなりスベった!オリD2・頓宮裕真、ブーマーの背番「44」をユーマーに”. サンケイスポーツ (2018年12月16日). 2019年2月5日閲覧。
  5. ^ a b c 頓宮裕真(オリックス・バファローズ)”. 週刊ベースボールONLINE. 2019年2月5日閲覧。
  6. ^ 11年ぶりの優勝!春の高校野球大会”. 岡山理科大学附属高等学校 (2013年5月4日). 2019年2月5日閲覧。
  7. ^ 第96回全国高校野球岡山大会 無念の準優勝”. 岡山理科大学附属高等学校 (2014年7月29日). 2019年2月5日閲覧。
  8. ^ a b Vol.30 頓宮裕真[岡山理大付高・捕手]豊富な練習量で大変身を司令塔遂げた個性派”. 週刊ベースボールONLINE (2014年7月6日). 2019年2月5日閲覧。
  9. ^ a b 「打てる捕手」の亜細亜大・頓宮裕真にPL最後のドラフト候補…。大学生・社会人の目玉候補の今春は?”. 週刊野球太郎 (2018年6月2日). 2019年2月5日閲覧。
  10. ^ 平成27年春季-選手成績(1部)”. 東都大学野球連盟. 2019年2月5日閲覧。
  11. ^ 平成29年春季-選手成績(1部)”. 東都大学野球連盟. 2019年2月5日閲覧。
  12. ^ 新主将亜大は頓宮、1部復帰の駒大は酒井 東都大学”. 日刊スポーツ (2017年11月28日). 2019年2月5日閲覧。
  13. ^ 2018年 第42回 日米大学野球選手権大会 試合・大会詳細”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 2019年2月5日閲覧。
  14. ^ 2018年 第29回 ハーレムベースボールウィーク 試合・大会詳細”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 2019年2月5日閲覧。
  15. ^ 2018年ドラフト指名を受けた侍ジャパン戦士たち~大学代表編~”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2018年10月28日). 2019年2月5日閲覧。
  16. ^ a b 2018年度ドラフト会議 契約交渉権獲得選手”. オリックス・バファローズ (2018年10月25日). 2019年2月5日閲覧。
  17. ^ オリックス2位頓宮が5番濃厚、62年ぶり大抜てき”. 日刊スポーツ (2019年3月28日). 2019年3月29日閲覧。
  18. ^ オリックスバファローズが頓宮君に指名挨拶”. 亜大スポーツ (2018年10月30日). 2019年2月5日閲覧。
  19. ^ a b オリックス2位頓宮、山本とお隣さんバッテリー結成”. 日刊スポーツ (2018年10月31日). 2019年2月5日閲覧。
  20. ^ オリ・ドラ2頓宮“パンチグッズ”おねだり「キーホルダーとか」”. スポーツニッポン (2019年1月8日). 2019年2月6日閲覧。
  21. ^ オリドラ2頓宮 ド迫力!パンチパーマ入寮へ 佐藤先輩に負けじ「人工芝みたい」”. スポーツニッポン (2019年1月7日). 2019年2月6日閲覧。
  22. ^ オリックス 頓宮 本拠地登場曲決定 天国のひいじいちゃんに届けたい特大アーチ”. スポーツニッポン (2019年3月26日). 2019年3月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]