上沢直之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上沢 直之
北海道日本ハムファイターズ #15
Uwasawa naoyuki.jpg
2013年7月18日 こまちスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県松戸市
生年月日 (1994-02-06) 1994年2月6日(27歳)
身長
体重
187 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 ドラフト6位
初出場 2014年4月2日
年俸 8,500万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

上沢 直之(うわさわ なおゆき、1994年2月6日 - )は、千葉県松戸市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

幼少期はサッカーに興じていた。松戸市立第一中学校に入学すると野球部に入部したが、それほど強いチームではなく、全国的にも無名な選手だった[2]

専大松戸高校進学後は1年からベンチ入りを果たし、エースとなった2年の千葉県大会では2回戦で春の選抜に出場した東海大望洋と激突。先発した上沢は7回12奪三振の好投、打線も爆発してコールド勝ちを収め[2]、その後チームはベスト8に進出し、投打ともに総合力が高い専大松戸ナインに注目が集まるようになった[2]。2年は甲子園出場こそ逃すも県ベスト4入り、2年の千葉県大会でもベスト4に入った[2]。3年の千葉県大会で準優勝し、同校12年ぶりとなる関東大会に出場[3]。過去は2度とも初戦敗退だったが、初戦の前橋商業戦に先発し、9回3安打8奪三振1失点の完投で同校に大会初勝利をもたらした[3]。3年夏は千葉県大会2回戦の千葉明徳戦で鈴木康平(K-鈴木)と投げ合い、16奪三振を記録するも大会規定により延長11回で引き分けとなる。翌日の再試合ではリードした6回途中から登板し、無失点に抑え5-2で勝利した[4]。しかし、4回戦の東京学館浦安戦に先発するも6回3失点で敗戦投手となり、甲子園出場は果たせなかった[2]

2011年10月27日のプロ野球ドラフト会議北海道日本ハムファイターズから6位指名を受け[5]、契約金2,000万円、年俸480万円(金額は共に推定)で入団した。

日本ハム時代[編集]

2012年、ルーキーイヤーは体作りに専念し[6]イースタン・リーグでは10試合に登板。27回2/3を投げ、0勝4敗・防御率5.20を記録した[7]

2013年フレッシュオールスターに選出され、予告先発の森雄大楽天)に続く2番手での登板を予定していたが、森が腰を痛めて登板を回避したことを受け、急遽先発に抜擢。ウエスタン・リーグ選抜打線を2回無安打2奪三振無失点に抑え、優秀選手賞を獲得した[8]。この年も一軍登板は無かったが、イースタン・リーグでは18試合に登板。107回1/3を投げ、4勝8敗・防御率4.95を記録した[9]

2014年、初めて春季キャンプを一軍でスタートし、2月6日に実戦皮切りの紅白戦に先発起用されるとオープン戦を含めて快投を続け、開幕ローテーションを勝ち取った[10]。公式戦開幕4試合目である4月2日の福岡ソフトバンクホークス戦でプロ初登板・初先発を果たし、6回3安打7奪三振1失点の好投でプロ初勝利を挙げた[11]。日本ハム所属の投手による一軍公式戦初登板初勝利は斎藤佑樹(2011年)以来、高卒投手に限れば中村勝(2010年)以来であった[6]。4月9日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では6回途中2失点で本拠地初勝利となる2勝目を挙げると[12]同16日のオリックス・バファローズ戦では7回3失点で3勝目。日本人投手としては東映フライヤーズ時代の1962年尾崎行雄が達成して以来チーム52年ぶりの「一軍デビューから3戦3勝」を記録した[13]。6月以降は勝ち星に見放される試合が多かったが[14]、9月15日のオリックス戦では9回3安打2四球6奪三振、127球の熱投でプロ初完投・初完封勝利を挙げた[15]。この年は先発ローテーションに定着し、規定投球回到達こそ逃したが、23試合(22先発)の登板で8勝8敗・防御率3.19と好成績を収め、CSではファーストステージ第2戦[16]とファイナルステージ第6戦に先発した[17]。シーズン終了後の11月、第1回21U野球ワールドカップ日本代表に選出され、同大会では2試合の先発で計12回9安打21奪三振1失点と好投し、先発投手として大会ベストナインに選出された[18]。契約更改では1,800万円増となる推定年俸2,300万円でサインをした[19]

2015年は春季キャンプ中の実戦からオープン戦序盤は苦しみ、チーム戦略もあって開幕7戦目のオリックス戦でシーズン初登板初先発[20]。9回2安打1失点の完投勝利でシーズンをスタートしたが[20]、その後は不安定な投球が続き、3度の登録抹消を経験[21][22][23]。7月28日のオリックス戦に先発し[24]、翌29日に4度目の登録抹消となって以降は右肘の違和感もあり[25]、再び一軍に昇格することができずにシーズンを終えた。この年は13試合の先発で5勝6敗・防御率4.18と成績を落としたが、契約更改では球団から「成績は下がったけど、高卒4年目にしては順調に来ている」と評価され、100万円増となる推定年俸2,400万円でサインをした[26]

2016年は3月23日に右肘関節滑膜ヒダ切除術を受け[27]、6月の実戦復帰を目指したが、再びマウンドに上がれたのは8月[25]。3年ぶりに一軍登板ゼロに終わり、契約更改では減額制限(1億円以下は25%)を超える58%ダウン[25]、1,400万円減の推定年俸1,000万円でサインをした[28]

2017年4月7日、620日ぶりに一軍復帰を果たし[24]同日のオリックス戦に先発したが、6回4失点(自責点3)で敗戦投手となった[29]。復帰2戦目となった4月21日の埼玉西武ライオンズ戦では4回途中6安打6四死球6失点と自滅し[30]、その後二軍調整を経て、シーズン4試合目の先発登板となった7月2日の千葉ロッテマリーンズ戦で6回4安打無失点と好投し、726日ぶりの白星を挙げた[31]。後半戦は先発ローテーションに定着したが、好投しても援護に恵まれない試合が多く[32][33]、この年は15試合の先発で防御率3.44ながら4勝9敗と大きく負け越した。オフに1,400万円増となる推定年俸2,400万円で契約を更改[34]。また12月14日に結婚し、来季からの背番号が15に変更されることとなった[35]

2018年、右肘の故障から2年以上試行錯誤を続けてようやく自分に合う投球フォームに辿り着き、また持ち球にナックルカーブを加えたことで飛躍を遂げる[36]。開幕ローテーション入りを果たし、5月16日の西武戦で自身4年ぶりとなる完封勝利を挙げ[37]、同23日のロッテ戦では8回を無失点に抑えると降雨コールドにより2試合連続となる完封勝利が記録された[38]。6月26日のソフトバンク戦ではこの年3度目の完封勝利を無四球で飾るなど[39]、7勝・防御率2.04と抜群の安定感を発揮し、自身初となるオールスターゲームに選出された[40]。25試合に先発して11勝6敗、4完投(パ・リーグ2位タイ)、3完封(同1位)、165回1/3(同3位)、防御率3.16(同3位)を記録[41]。年間を通して先発ローテーションを守り、周囲からもエースとして認められる1年となった[42]。シーズン終了後には侍ジャパンのメンバーにも選ばれ、先発投手として5回6安打1失点と好投した[43]。契約更改では4,600万円増となる推定年俸7,000万円でサインをした[44]

2019年、アリゾナ春季キャンプ最終日となった2月12日に栗山監督から自身初となる開幕投手に指名された[45]。3月29日のオリックスとの開幕戦に先発し、6回3失点で勝敗はつかなかった[46]。その後も先発ローテーションを守っていたが、交流戦の6月18日の対横浜DeNAベイスターズ戦でネフタリ・ソトの打球を左膝に受け、左膝蓋骨を骨折。翌19日に整復固定術を受け、全治5か月の見通しとなり同年中の復帰は絶望となった[47]。11試合の先発で5勝3敗・防御率3.15という成績にとどまったが、契約更改では防ぎようのない怪我であったことを考慮され、1,000万円減となる推定年俸6,000万円プラス出来高という条件でサインをした[48]

2020年新型コロナウィルスの影響で当初の開幕予定だった3月20日から6月19日に開幕が延期され、骨折のリハビリに取り組んでいた上沢も開幕に間に合い[49]、6月30日のソフトバンク戦で復帰登板を果たし[50]、7月28日のオリックス戦では自身413日ぶりとなる白星を挙げた[51]。9月1日の楽天戦では自身798日ぶりとなる完投勝利も挙げ[52]、この年は膝の骨折から復帰し、15試合の先発で8勝6敗・防御率3.06を記録した。オフに2,500万円増となる推定年俸8,500万円で契約を更改した[53]

2021年は開幕投手を務めたが[54]、開幕3戦で防御率6.23と白星から遠ざかった[55]。しかし4月17日の楽天戦で8年ぶりのNPBでの登板だった田中将大と投げ合い、田中のNPBでの連勝記録を「28」で止めシーズン初勝利を挙げると[56]11試合連続でQSを記録するなど安定したピッチングを続け[57]、2018年以来となるオールスターゲームに選出された[58]。シーズン終盤は疲労を考慮され登板間隔を空けることが多かったものの[59]年間を通してエースの働きを見せ、シーズンおよび栗山監督の本拠地最終戦となった10月27日の西武戦では志願して先発マウンドに上がり、7回2/3を無失点に抑える力投[60]。交代の際には栗山監督が10年目で初めて直々にマウンドを訪れ、上沢自身に勝敗は付かなかったがチームはサヨナラ勝ちを収めた[61]。この年は24試合に先発し、12勝・160回1/3・防御率2.81は全てパ・リーグ3位という好成績を残した[62]

選手としての特徴・人物[編集]

長身からオーバースローで投げ下ろす最速151km/h[63]ストレートスライダーカットボールフォークチェンジアップ、ツーシーム、更には数種類のカーブを操る[64]

プロ入り後は、中継ぎ起用が1回あっただけで、他は全て先発登板であり、先発完投型の投手である。

愛称は「ナオ[65]

長身の速球派右腕投手であることと、入団当時日本ハムに在籍していた先輩投手にちなんで「松戸のダルビッシュ」と呼ばれた[66][67]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 日本ハム 23 22 2 1 0 8 8 0 1 .500 559 135.1 113 14 45 0 7 105 2 2 49 48 3.19 1.17
2015 13 13 1 0 0 5 6 0 0 .455 335 75.1 75 6 30 0 5 43 1 1 41 35 4.18 1.39
2017 15 15 0 0 0 4 9 0 0 .308 388 91.2 84 11 32 1 2 74 2 1 39 35 3.44 1.27
2018 25 25 4 3 1 11 6 0 0 .647 670 165.1 146 15 38 1 5 151 3 0 62 58 3.16 1.11
2019 11 11 0 0 0 5 3 0 0 .625 307 71.1 69 5 27 1 1 64 3 0 34 25 3.15 1.35
2020 15 15 1 0 0 8 6 0 0 .571 411 97.0 85 6 38 1 1 90 4 0 40 33 3.06 1.27
2021 24 24 1 0 0 12 6 0 0 .667 643 160.1 119 8 48 1 4 135 5 2 53 50 2.81 1.04
通算:7年 126 125 9 4 1 53 44 0 1 .546 3313 796.1 691 65 258 5 25 662 20 6 318 284 3.21 1.19
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手












2014 日本ハム 23 8 20 1 0 .966
2015 13 5 13 1 1 .947
2017 15 5 17 0 0 1.000
2018 25 12 24 0 1 1.000
2019 11 2 4 1 0 .857
2020 15 3 16 2 1 .905
2021 24 8 30 1 0 .974
通算 126 43 124 6 3 .965
  • 2021年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 63(2012年 - 2017年)
  • 15(2018年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本ハム - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年1月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e 第15回  上沢 直之投手(専大松戸-北海道日本ハムファイターズ)【前編】「現在の基礎を作り上げた2つのヒント」”. 高校野球ドットコム (2016年5月16日). 2021年10月14日閲覧。
  3. ^ a b プロ注目の専大松戸完投勝ち/高校野球”. 日刊スポーツ (2011年5月16日). 2021年10月14日閲覧。
  4. ^ 専大松戸“プロ注目”上沢が完ぺき救援!再試合制した”. スポニチ Sponichi Annex (2011年7月14日). 2014年8月30日閲覧。
  5. ^ ハムのドラ6上沢「実感わいてきた」”. 日刊スポーツ (2011年11月2日). 2021年10月14日閲覧。
  6. ^ a b 上沢、佑以来の初登板初勝利!日本ハム3連勝で単独首位”. サンスポ (2014年4月3日). 2021年10月14日閲覧。
  7. ^ 2012年度 北海道日本ハムファイターズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2021年10月14日閲覧。
  8. ^ 日本ハム上沢緊急登板も2回完全/フレッシュ球宴”. 日刊スポーツ (2013年7月19日). 2014年8月30日閲覧。
  9. ^ 2013年度 北海道日本ハムファイターズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2021年10月14日閲覧。
  10. ^ 上沢直之投手・遅咲きの大器がデビュー戦で快挙の白星”. 週刊ベースボールONLINE (2014年4月10日). 2021年10月14日閲覧。
  11. ^ 上沢初登板1勝「松戸のダル」ソフト斬り”. 日刊スポーツ (2014年4月3日). 2021年10月14日閲覧。
  12. ^ 日本ハム5連敗でストップ 上沢2勝目、ミランダ来日1号”. Sponichi Annex (2014年4月9日). 2021年10月14日閲覧。
  13. ^ 日本ハム上沢デビュー3連勝 日本人52年ぶり”. 日刊スポーツ (2014年4月17日). 2014年8月30日閲覧。
  14. ^ 後半戦3連敗スタートにも収穫”. 週刊ベースボールONLINE (2014年8月1日). 2021年10月14日閲覧。
  15. ^ 日本ハム・上沢が8勝目で新人王争いでも一歩前進! プロ初完投・初完封勝利に「疲れました」”. Full-Count (2014年9月15日). 2021年10月14日閲覧。
  16. ^ 上沢 6回1死まで完全投球も 7回途中3失点降板”. Sponichi Annex (2014年10月13日). 2021年10月14日閲覧。
  17. ^ ハム上沢4回途中降板「任される投手に」”. 日刊スポーツ (2014年10月20日). 2021年10月14日閲覧。
  18. ^ 「第1回IBAF 21Uワールドカップ」準優勝の中村選手、上沢選手、近藤選手が帰国”. 北海道日本ハムファイターズ (2014年11月17日). 2021年10月14日閲覧。
  19. ^ ハム上沢1800万円増に「ビックリ」”. 日刊スポーツ (2014年11月28日). 2021年10月14日閲覧。
  20. ^ a b ハム上沢1点取られ落ち着き「あっぱれ」2安打完投”. 日刊スポーツ (2015年4月4日). 2021年10月14日閲覧。
  21. ^ 日本ハムが上沢を抹消”. 日刊スポーツ (2015年5月18日). 2021年10月14日閲覧。
  22. ^ 日本ハムが武田勝、矢野らを1軍登録、上沢らを抹消”. 日刊スポーツ (2015年6月12日). 2021年10月14日閲覧。
  23. ^ DeNA・田中健、ソフトB・バリオスが抹消 16日のプロ野球公示”. BASEBALL KING (2015年7月16日). 2021年10月14日閲覧。
  24. ^ a b 日本ハム・上沢が620日ぶりの復帰!広島はドラ1・加藤が初先発 7日の予告先発”. BASEBALL KING (2017年4月6日). 2021年10月14日閲覧。
  25. ^ a b c 日本ハム 上沢直之投手・再起を誓う勝負の1年”. 週刊ベースボールONLINE (2017年1月26日). 2021年10月14日閲覧。
  26. ^ 日本ハム上沢 想定外のアップ査定に気引き締める”. 日刊スポーツ (2015年11月17日). 2015年11月17日閲覧。
  27. ^ 日本ハム上沢手術終了 術後8週での実戦復帰目指す”. 日刊スポーツ (2016年3月23日). 2016年3月23日閲覧。
  28. ^ 日本ハム上沢、制限超える1400万減 復活期す”. 日刊スポーツ (2016年11月15日). 2016年11月15日閲覧。
  29. ^ オリックス vs 北海道日本ハム”. 北海道日本ハムファイターズ公式サイト (2017年4月7日). 2021年9月14日閲覧。
  30. ^ 日本ハム上沢が4回途中6失点KO降板 初勝利目指すも西武打線に捕まる”. Full-Count (2017年4月21日). 2021年10月14日閲覧。
  31. ^ 【日本ハム】上沢が726日ぶり勝利 「ひとつ勝つことがこんなに難しいんだなと」”. スポーツ報知 (2017年7月2日). 2017年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月2日閲覧。
  32. ^ 日本ハム栗山監督7回1失点上沢に「よく頑張った」”. 日刊スポーツ (2017年8月12日). 2021年10月14日閲覧。
  33. ^ 日本ハム上沢「粘り負け」7回2失点で5勝目ならず”. 日刊スポーツ (2017年10月1日). 2021年10月14日閲覧。
  34. ^ 【日本ハム】上沢、1400万円増でサイン 昨年の1400万円ダウンを「取り返した感じ」”. スポーツ報知 (2017年12月4日). 2017年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月4日閲覧。
  35. ^ 日本ハム上沢、新婚&背番号変更で「生まれ変わる」”. 日刊スポーツ (2017年12月18日). 2017年12月18日閲覧。
  36. ^ 日本ハム上沢が明かす覚醒の瞬間 ケガを経て辿り着いたフォームと新球種”. Full-Count (2018年9月23日). 2021年10月14日閲覧。
  37. ^ 日本ハム上沢4年ぶり完封勝利「自分でもビックリ」”. 日刊スポーツ (2018年5月16日). 2018年12月27日閲覧。
  38. ^ 日本ハム・上沢、プロ初の2戦連続完封勝利!22回連続無失点”. Sponichi Annex (2018年5月23日). 2021年10月14日閲覧。
  39. ^ 日本ハム栗山監督、無四球完封の上沢を絶賛「本当に素晴らしかった」球団4500勝の記念星”. デイリースポーツ (2018年6月26日). 2021年10月14日閲覧。
  40. ^ 球宴監督推薦 日本ハムは2人選出 初の上沢「光栄です」、中田は8年連続出場”. Sponichi Annex (2018年7月2日). 2021年10月14日閲覧。
  41. ^ 2018年度 パシフィック・リーグ リーダーズ(投手部門)”. NPB.jp 日本野球機構. 2021年10月14日閲覧。
  42. ^ 日本ハム・上沢直之 大幅アップ確実!若き新エースの評価はいかに!?/どうなる!? 契約更改”. 週刊ベースボールONLINE (2018年11月15日). 2021年10月14日閲覧。
  43. ^ 侍上沢7K「会沢さんのおかげ」初舞台奪三振ショー”. 日刊スポーツ (2018年11月10日). 2019年11月21日閲覧。
  44. ^ 日本ハム・上沢 3倍近くの7000万円でサイン 来季は初の開幕投手に意欲”. Sponichi Annex (2018年12月4日). 2021年10月14日閲覧。
  45. ^ 日本ハム開幕投手は上沢、栗山監督明かす 2戦目は金子が古巣オリ相手に初登板”. Sponichi Annex (2019年2月13日). 2021年10月14日閲覧。
  46. ^ 日本ハム上沢、粘投3失点も「もう少し落ち着いて」”. 日刊スポーツ (2019年3月29日). 2019年11月21日閲覧。
  47. ^ 骨折の日本ハム上沢は今季絶望的「必ず優勝すると」”. 日刊スポーツ (2019年6月19日). 2019年11月21日閲覧。
  48. ^ 左膝骨折のハム上沢、現在の状態は…来年6月18日までの復活誓う「一番遅くとも」”. Full-Count (2019年11月30日). 2021年10月14日閲覧。
  49. ^ “日本ハム上沢「試合で投げられる」 左膝骨折から回復”. 日本経済新聞. (2020年5月21日). https://r.nikkei.com/article/DGXLSSXK40770_R20C20A5000000?s=6 2021年1月31日閲覧。 
  50. ^ “日本ハム・上沢、左膝骨折から復活投!378日ぶり登板で69球、5回1失点”. サンケイスポーツ. (2020年7月1日). https://www.sanspo.com/article/20200701-MTOQ4KBLLZIKTEG5ARWSTVXENA/ 2021年1月31日閲覧。 
  51. ^ “日本ハム・上沢、413日ぶり勝った 昨年左ひざ骨折、手術乗り越え復活7回1失点”. サンケイスポーツ. (2020年7月29日). https://www.sanspo.com/article/20200729-LBQMMLPQAJM53JI5KVIPIWQ2BE/ 2021年1月31日閲覧。 
  52. ^ 日本ハム・上沢 完全復活!125球の熱投で798日ぶり完投勝利 チームの連敗4で止めた”. Sponichi Annex (2020年9月2日). 2021年10月14日閲覧。
  53. ^ 日本ハム・上沢は2500万円増 有原の穴“覚悟” 中日・大野雄手本に「最後まで投げ切る」”. Sponichi Annex (2020年12月11日). 2021年10月14日閲覧。
  54. ^ 【日本ハム】上沢直之、絶対エースがまさかの6失点 開幕黒星「同じ失敗を繰り返さない」”. スポーツ報知 (2021年3月27日). 2021年9月14日閲覧。
  55. ^ 日本ハム上沢6回2失点に猛省「最低レベルの仕事しか」今季初勝利を逃す”. 日刊スポーツ (2021年4月10日). 2021年9月14日閲覧。
  56. ^ “日本ハム・上沢 マー君に投げ勝った! 開幕投手やっと初勝利「少しホッとしている」”. スポニチ. (2021年4月18日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/04/18/kiji/20210418s00001173131000c.html 2021年4月18日閲覧。 
  57. ^ 日本ハム・上沢 11試合連続QS達成も11試合ぶり黒星「粘り切れず悔しい気持ち」”. Sponichi Annex (2021年6月27日). 2021年9月15日閲覧。
  58. ^ 日ハムから上沢と近藤 オールスター監督選抜”. 北海道新聞 (2021年7月5日). 2021年9月14日閲覧。
  59. ^ 日本ハム・上沢、抹消 24日に今季10勝到達も栗山監督「無理させすぎている」疲労を考慮”. Sponichi Annex (2021年9月26日). 2021年10月31日閲覧。
  60. ^ 日本ハム・上沢 志願の先発で7回2/3零封 「少しでも成長した姿を」栗山監督に恩返し”. Sponichi Annex (2021年10月27日). 2021年10月31日閲覧。
  61. ^ 日本ハム・栗山監督10度舞い 本拠ラスト采配で劇的勝利 「誇りを持ってユニホームを脱げる」”. Sponichi Annex (2021年10月27日). 2021年10月31日閲覧。
  62. ^ 2021年度 パシフィック・リーグ リーダーズ(投手部門)”. 日本野球機構. 2021年10月31日閲覧。
  63. ^ 【日本ハム】上沢がソフトバンク戦今季初黒星 自己最速更新151キロも”. スポーツ報知 (2018年8月10日). 2021年9月14日閲覧。
  64. ^ 日本ハム上沢、初2桁勝利に栗山監督「あと10勝」”. 日刊スポーツ (2018年7月28日). 2020年7月25日閲覧。
  65. ^ 栗山監督「ヒロミは岡ちゃん」ドラ1伊藤をヒロ呼び - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年9月28日閲覧。
  66. ^ 日本ハム・上沢、力感のない剛速球の恐ろしさ”. 日本経済新聞 (2014年6月15日). 2015年1月27日閲覧。
  67. ^ 全国に「うわさわ」定着へ…来季21歳右腕が“ダルばり”目指す”. SANSPO.COM (2014年12月30日). 2015年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]