水本勝己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水本 勝己
広島東洋カープ 二軍監督 #89
Mizumotokatsumi 150829.JPG
2015年8月29日 阪神鳴尾浜球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県倉敷市
生年月日 (1968-10-01) 1968年10月1日(49歳)
身長
体重
180 cm
102 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1989年 ドラフト外
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 広島東洋カープ (2007 - )

水本 勝己(みずもと かつみ、1968年10月1日 - )は、岡山県倉敷市出身の元プロ野球選手捕手、右投右打)、プロ野球指導者。

現在は、広島東洋カープ二軍監督。

経歴[編集]

倉敷工業高では強打の捕手として鳴らし、3年次の1986年夏の甲子園出場。1日目第3試合の1回戦・対秋田工業高戦において1-11で敗れて初戦敗退[1]

高校卒業後は、社会人野球の名門・松下電器に進み、潮崎哲也とバッテリーを組んで3年連続で都市対抗野球大会に出場した[1]

1989年秋に、倉敷工業高の先輩である片岡新之介を頼って広島東洋カープの入団テストを受験し合格、同年オフにドラフト外で入団した。

しかし、出場機会に恵まれず一軍での試合出場はなし。二軍での試合出場も合計で39試合にとどまり、1991年のシーズン終了後にわずか2年の早さで現役を引退した[1]

引退後は、広島のブルペン捕手として長年チームを陰で支えた。広島在籍18年目の2007年シーズン途中、ブルペンコーチ補佐(ブルペン捕手兼務)に就任。2011年、事実上の三軍監督となる「三軍統括コーチ」に就任した。2013年から2015年まで二軍バッテリーコーチを務め、2014年9月に二軍監督の内田順三が翌年から巨人の二軍打撃コーチに就任するため辞任した際には、秋季教育リーグのフェニックス・リーグで二軍監督代行として指揮を執った[2]。2015年3月10日に一軍総合コーチの永田利則が体調不良のため入院した際には、その間の代役を二軍監督の高信二が務め、水本が二軍監督代行を務めた[3]

2016年、前任の高が一軍ヘッドコーチに就任したことに伴い二軍監督に昇格。就任1年目の2016年はウエスタン・リーグ5連覇を達成したソフトバンクから24ゲーム差の4位と低迷したが、就任2年目の2017年には中日、ソフトバンクとの熾烈な優勝争いを制して1991年以来26年ぶりのウエスタン・リーグ制覇に導き、10月7日にKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で行われたファーム日本選手権では2-5で巨人を破り、巨人・内田二軍監督との「師弟対決」を制して初のファームチャンピオンへと導いた。

人物[編集]

投手陣から信頼され、特に佐々岡真司と仲が良く佐々岡のお気に入りだったらしい。

市民球場での試合前に、立ち上がりの悪い投手や雰囲気に飲まれるタイプの投手には、スタンド下のブルペンからグランドへ移動して、緊張をほぐすなど気をつかっている。

打撃不振の金本知憲新井貴浩(当時広島在籍)の早出特打ちにはいつもアドバイスを送り、投手陣だけでなく、野手陣からの信頼も厚い。

チーム関係者からは曲がったことの嫌いな人間で、 若手にもベテランにも平等に接することが出来る人物と評した[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 64 (1990年 - 1991年)
  • 100 (1992年 - 2000年)
  • 89 (2007年途中 - )

脚注[編集]

関連項目[編集]