宮城大弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮城 大弥
Hiroya Miyagi
オリックス・バファローズ #13
A13I2222.jpg
2020年11月6日京セラドーム(プロ初勝利)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県宜野湾市
生年月日 (2001-08-25) 2001年8月25日(19歳)
身長
体重
171[1] cm
83[1] kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2019年 ドラフト1位
初出場 2020年10月4日
年俸 870万円(2021年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

宮城 大弥(みやぎ ひろや、2001年8月25日 - )は、沖縄県宜野湾市出身のプロ野球選手投手)。左投左打。オリックス・バファローズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

宜野湾市立嘉数中学校から[3]、興南高校では1年春からベンチ入りし、1年夏2年夏に甲子園出場を果たす[4]。3年夏は沖縄大会決勝で沖縄尚学相手に敗退するも、全6試合に登板、投球回数は46回に対し61奪三振の成績をマークした[5]。2019年8月20日には侍U18代表メンバーに選出される[6]。同大会での登板成績は3試合に登板し、防御率1.04だった[4]、野手としても8打数3安打の成績をのこしている[4]

2019年のドラフト会議オリックス・バファローズから1位指名を受けた[7]。 11月15日に契約金8000万円、年俸770万円(いずれも推定)で仮契約を結んだ[8]。背番号は13

オリックス時代[編集]

2020年ウエスタン・リーグで13試合に登板し、6勝2敗、防御率2.72の好成績でリーグ最多勝を獲得した[9]。また10月4日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦でプロ初登板初先発。3回目の先発となった11月6日の北海道日本ハムファイターズ戦で5回を7安打3失点に抑えプロ初勝利を挙げた[10]

2021年は3月27日の開幕2戦目の埼玉西武ライオンズ戦に先発。7回123球を投げ、8奪三振2失点と好投し、勝利投手となった。開幕カードで10代の投手が先発勝利を挙げたのは2018年の京山将弥横浜DeNAベイスターズ)以来。オリックスでは通算350勝を挙げた米田哲也が、阪急時代の1957年に達成して以来64年ぶりとなる[3]。4月22日時点で4試合に先発して2勝0敗、防御率はリーグ2位の1.26という好成績を残していたが、急性胃腸炎を発症し、23日に登録を抹消された[11]。 5月11日での日本ハム戦で杉谷拳士に初被ホームランを浴びる

選手としての特徴[編集]

投球フォームはスリークォーター[12]。高校の時のストレートの最速は149km/hだった[13]スライダーチェンジアップを持つ[13]。プロ1年目に二軍の公式戦で速球が自己最速となる153km/hを記録した[14]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2020 オリックス 3 3 0 0 0 1 1 0 0 .500 73 16.0 19 0 6 0 1 16 1 0 8 7 3.94 1.56
NPB:1年 3 3 0 0 0 1 1 0 0 .500 73 16.0 19 0 6 0 1 16 1 0 8 7 3.94 1.56
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2020 オリックス 3 0 2 0 0 1.000
通算 3 0 2 0 0 1.000
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 13 (2020年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b https://www.buffaloes.co.jp/team/player/detail/2020_13.html
  2. ^ オリックス - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2020年12月20日閲覧。
  3. ^ a b “オリックス・宮城が開幕先発勝利 10代では球団で64年ぶりの快挙”. 琉球新報. (2021年3月27日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1294172.html 2021年4月11日閲覧。 
  4. ^ a b c “オリックス、U18日本代表左腕の興南・宮城大弥投手を外れ外れ1位指名”. スポーツニッポン. (2019年10月17日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/17/kiji/20191014s00001728265000c.html 2020年2月24日閲覧。 
  5. ^ “【沖縄】沖縄尚学が5年ぶり8度目V 殊勲の水谷主将「オレ、持ってるな」”. スポーツニッポン. (2019年7月22日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/07/22/kiji/20190722s00001002089000c.html 2020年2月24日閲覧。 
  6. ^ “侍U18代表メンバー20人決定 投手は星稜・奥川、大船渡・佐々木ら 野手では“坂本2世”武岡らが選出”. スポーツニッポン. (2019年8月20日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/08/20/kiji/20190820s00001002201000c.html 2020年2月24日閲覧。 
  7. ^ 苦しい生活の中、支えた両親へ恩返しの一歩 オリックス1位指名の宮城大弥”. 琉球新報 (2019年10月18日). 2019年11月6日閲覧。
  8. ^ ドラフト1位の興南・宮城が仮契約 契約金8千万”. 沖縄タイムス (2019年11月15日). 2019年11月15日閲覧。
  9. ^ オリックス・宮城 1年目でウエスタン最多勝獲得 「来季は1軍で多く投げられるように」”. スポニチAn nex (2020年12月17日). 2020年12月20日閲覧。
  10. ^ オリックス宮城大弥がプロ初白星 先発起用「3度目の正直」5回3失点”. 琉球新報 (2020年11月16日). 2020年12月20日閲覧。
  11. ^ “オリックス・宮城大弥が急性胃腸炎で戦線離脱 22日に体調不良を訴える”. Full-Count. (2021年4月23日). https://full-count.jp/2021/04/23/post1077113/ 2021年4月23日閲覧。 
  12. ^ https://www.hb-nippon.com/column/2039-u182019/14042-20190825no05u182019
  13. ^ a b “オリ・ドラ1宮城、プロ入り後も「朝の清掃活動」 恩師・我喜屋監督の教え守る”. スポーツニッポン. (2019年12月16日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/12/16/kiji/20191216s00001173049000c.html 2020年2月24日閲覧。 
  14. ^ “【オリックス】ドラ1ルーキー・宮城大弥、2軍デビュー戦で最速153キロ計時”. 報知新聞社. (2020年6月25日). https://hochi.news/articles/20200625-OHT1T50186.html 2020年6月25日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]