三井雅晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三井 雅晴
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県知多郡武豊町
生年月日 (1954-09-16) 1954年9月16日(62歳)
身長
体重
182 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1972年 ドラフト2位
初出場 1974年5月10日
最終出場 1982年8月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

三井 雅晴(みつい まさはる、1954年9月16日 - )は、愛知県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

半田商高から1972年のドラフト2位でロッテオリオンズに入団。当初、打撃投手の補助として一軍の練習に参加したところ、当時監督の金田正一にその素質を認められ主力投手に抜擢された。以後はチームメイトの村田兆治と甲乙付けがたい直球を武器に1974年新人王を獲得するが[1]、ヒジを痛めて低迷。渡米しフランク・ジョーブの診察を受け、日本人投手としては初めてヒジの手術を受けた。手術は成功したが球威を失い、低迷から抜け出せないまま1982年限りで現役を引退した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1974 ロッテ 31 7 1 0 0 6 5 4 -- .545 355 85.2 69 9 34 3 1 84 2 0 35 31 3.24 1.20
1975 36 9 1 1 0 10 8 4 -- .556 526 125.2 105 11 52 2 1 99 4 1 58 49 3.50 1.25
1976 28 14 9 1 1 6 7 6 -- .462 480 120.1 101 9 29 0 1 104 2 0 38 34 2.55 1.08
1977 19 3 1 0 0 5 3 5 -- .625 190 50.1 34 3 12 0 1 50 1 0 15 13 2.34 0.91
1978 12 1 0 0 0 1 3 2 -- .250 127 28.0 28 3 15 0 2 28 2 0 23 20 6.43 1.54
1979 6 4 0 0 0 1 2 0 -- .333 86 18.1 23 4 11 0 0 7 0 0 17 17 8.50 1.85
1981 4 0 0 0 0 0 0 1 -- ---- 21 5.2 4 0 1 0 0 4 0 0 2 2 3.00 0.88
1982 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 34 6.0 13 2 0 0 0 6 0 0 8 5 7.50 2.17
通算:8年 140 38 12 2 1 29 28 22 -- .509 1819 440.0 377 41 154 5 6 382 11 1 196 171 3.50 1.21

表彰[編集]

記録[編集]

  • 初登板:1974年5月10日、対南海ホークス前期7回戦(後楽園球場)、8回表に2番手で救援登板・完了、2回1失点
  • 初奪三振:1974年5月25日、対阪急ブレーブス前期7回戦(阪急西宮球場)、5回裏に山田久志から
  • 初先発・初勝利・初完投勝利:1974年6月4日、対南海ホークス11回戦(大阪球場)、5回1失点(6回表無死降雨コールド)
  • 初セーブ:1974年8月14日、対南海ホークス後期5回戦(大阪球場)、8回裏に2番手で救援登板・完了、5回無失点
  • 初完封勝利:1975年6月3日、対南海ホークス前期8回戦(大阪球場)

背番号[編集]

  • 36 (1973年 - 1978年)
  • 19 (1979年 - 1980年)
  • 18 (1981年 - 1982年)

脚注[編集]

関連項目[編集]