二村忠美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
二村 忠美
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県三潴郡大木町
生年月日 (1959-10-08) 1959年10月8日(58歳)
身長
体重
179 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1982年 ドラフト3位
初出場 1983年4月9日
最終出場 1993年5月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

二村 忠美(ふたむら ただみ、1959年10月8日 - )は、福岡県出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

伝習館高校から、社会人野球三協精機を経て九州産交に入社。1982年都市対抗電電九州の補強選手として出場。同年に日本ハムファイターズからドラフト3位指名され入団。

ルーキーイヤーの1983年左翼手の定位置を得て打率.282、13本塁打、35打点の好成績を記録し、新人王を獲得。翌1984年には規定打席(26位、打率.258)に到達。入団から4年連続で二ケタ本塁打を放つ等活躍した。

しかし1987年以降は打撃の低迷が続き、1990年岡本哲司との交換で横浜大洋ホエールズへ移籍、1993年には日本ハムへ復帰したがその年限りで現役引退した。

引退後は地元福岡を拠点に日本初のスポーツ専門チャンネル、スポーツ・アイESPN野球解説者として放送開始初期から専属で解説していた。元巨人監督の長嶋茂雄が浪人時代、日本ハムのキャンプ取材で彼を熱心に打撃指導していたシーンがテレビの珍プレー番組でよく放送されていた。現在は熊本市内で「FB野球塾」を設立し、小学生・中学生の野球教室を開いている。

また、プロ野球マスターズリーグの福岡ドンタクズに所属している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1983 日本ハム 97 321 294 37 83 13 0 13 135 35 6 3 9 0 15 0 3 43 8 .282 .324 .459 .783
1984 124 430 388 51 100 19 1 12 157 50 10 3 13 4 23 0 2 76 5 .258 .303 .405 .707
1985 107 334 289 51 65 11 2 13 119 37 4 2 12 2 27 0 4 48 14 .225 .298 .412 .710
1986 89 307 281 33 70 11 1 10 113 30 4 6 3 3 15 0 5 45 9 .249 .296 .402 .698
1987 99 228 199 13 44 5 0 2 55 12 4 2 9 1 13 0 6 52 3 .221 .288 .276 .564
1988 75 223 191 13 37 3 0 5 55 20 2 2 14 0 18 2 0 30 5 .194 .263 .288 .551
1989 84 156 140 19 29 5 0 4 46 14 6 2 4 1 11 0 0 30 3 .207 .263 .329 .592
1990 大洋 31 85 73 5 16 4 0 2 26 9 0 0 1 1 9 0 1 9 2 .219 .310 .356 .666
1991 39 73 63 7 10 1 0 3 20 8 1 1 0 2 8 0 0 16 3 .159 .247 .317 .564
1992 10 12 9 1 1 0 0 0 1 2 0 0 0 0 3 0 0 4 0 .111 .333 .111 .444
1993 日本ハム 22 49 45 5 14 2 0 0 16 6 2 1 3 0 1 0 0 8 0 .311 .326 .356 .682
通算:11年 777 2218 1972 235 469 74 4 64 743 223 39 22 68 14 143 2 21 361 52 .238 .294 .377 .671

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 28 (1983年 - 1989年)
  • 39 (1990年)
  • 44 (1991年 - 1992年)
  • 00 (1993年)
同年に日本ハム復帰の際、背番号「007」を希望する(本人曰く、『ジェームズ・ボンドのような危険な雰囲気の選手になりたい』 - 当時のベースボールマガジンより)も「背番号を興味本位で扱われてはならない」とパ・リーグに却下される。この時、パ・リーグは、現役選手は「00・0~99」までと規定し、その後セ・リーグも追従した[2][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊ベースボール2012年4月16日号96ページ
  2. ^ その後、2010年オフに背番号に関する規定が改定され、「100以上の3桁の数字」と規定されていた育成選手に対して007のような0で始まる3桁の数字でも可とされるようになり、2011年シーズンより巨人の育成選手の伊集院峰弘が日本プロ野球で初めて背番号「007」を着用している。
  3. ^ 同1993年6月29日、阪神の松永浩美は背番号を「2」から「02」に変更したい旨を申請し認められている(翌年移籍に伴い当シーズンのみの着用)。 セリーグでは翌年改正された為、「00・0~99以外の背番号を付けた支配下登録選手」は松永が唯一の事例となっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]