戸郷翔征

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
戸郷 翔征
読売ジャイアンツ #68
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県都城市
生年月日 (2000-04-04) 2000年4月4日(19歳)
身長
体重
186 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト6位
年俸 500万円(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

戸郷 翔征(とごう しょうせい、2000年4月4日 - )は、宮崎県都城市出身[1]プロ野球選手投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学1年生から「三股ブルースカイ」において軟式野球を始め、都城市立妻ケ丘中学校では同校の軟式野球部に所属し、1年生は捕手、2年生から投手としてプレーする[1]

高校は延岡市聖心ウルスラ学園高等学校に進学し、1年生の秋からベンチ入りを果たす[2]エースピッチャーとなった2年生の夏には第99回全国高等学校野球選手権大会に出場[1]。対早稲田佐賀高校戦では、完投勝利で初戦突破するが[3]、2回戦で聖光学院高校に4対5で敗れる[4]。3年生の夏の第100回選手権宮崎大会は、準々決勝で日章学園高校に敗れ、2年連続の夏の甲子園出場はならなかった[5]。8月に行われたBFA U-18アジア選手権大会の野球日本代表との壮行試合において宮崎県選抜として登板し、5回1/3を投げて、根尾昂藤原恭大らから9奪三振を奪い注目される[2]

2018年10月25日に行われたプロ野球ドラフト会議において、読売ジャイアンツからドラフト六巡目指名され[6]、11月19日、延岡市内のホテルにて入団交渉を行い、契約金3,000万円、年俸500万円(金額は推定)で契約合意に達し[7]、11月23日、東京ドームで開催された「ジャイアンツ ファンフェスタ2018」において新入団選手発表が行われた[8]

背番号68

プロ入り後[編集]

選手としての特徴[編集]

人物[編集]

  • 戸郷は全国でも約40人しかいない珍しい苗字[2]
  • 3歳から始めた釣りが趣味。中学2年生の時には80cmのシーバスを釣った[9]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 68 (2019年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e “延岡の剛腕”聖心ウルスラ・戸郷に8球団が注目”. 日刊スポーツ (2018年10月13日). 2019年4月17日閲覧。
  2. ^ a b c d 【巨人・羽ばたけルーキー】<2>ドラ6戸郷翔征、遊び感覚で身に付けた変化球”. スポーツ報知 (2019年1月28日). 2019年4月17日閲覧。
  3. ^ 第99回全国高校野球選手権大会 聖心ウルスラ―早稲田佐賀(1回戦)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2017年8月10日). 2019年4月17日閲覧。
  4. ^ 第99回全国高校野球選手権大会 聖光学院―聖心ウルスラ(2回戦)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2017年8月16日). 2019年4月17日閲覧。
  5. ^ 第100回全国高校野球選手権宮崎大会 日章学園―聖心ウルスラ(準々決勝)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2018年7月19日). 2019年4月17日閲覧。
  6. ^ 聖心ウルスラ学園・戸郷は巨人6位 U18に快投”. 日刊スポーツ (2018年10月25日). 2019年4月17日閲覧。
  7. ^ 巨人6位戸郷仮契約「宮崎の方々に応援されるよう」”. 日刊スポーツ (2018年11月19日). 2019年4月17日閲覧。
  8. ^ 巨人、ファンフェスタで新入団選手発表 初のユニ姿D1位・高橋「感謝しています」”. SANSPO.COM (2018年11月23日). 2019年4月17日閲覧。
  9. ^ 巨人6位戸郷翔征「億超えたら」夢は高級釣り竿購入”. 日刊スポーツ (2019年1月8日). 2019年4月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]