戸郷翔征

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
戸郷 翔征
読売ジャイアンツ #20
Shosei Togo 20210403.JPG
2021年4月3日 東京ドーム
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県都城市
生年月日 (2000-04-04) 2000年4月4日(22歳)
身長
体重
187 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト6位
初出場 2019年9月21日
年俸 9000万円(2023年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
WBC 2023年

戸郷 翔征(とごう しょうせい、2000年4月4日 - )は、宮崎県都城市出身[2]プロ野球選手投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。

2023年シーズンからは投手キャプテンを務める。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

三股町立三股西小学校1年生のときにスポーツ少年団野球を始め、都城市立妻ケ丘中学校では同校の軟式野球部に所属し、1年生は捕手、2年生から投手としてプレーした[2][3][4]

高校は延岡市聖心ウルスラ学園高等学校に進学し、1年生の秋からベンチ入りを果たす[5]エースピッチャーとなった2年夏には第99回全国高等学校野球選手権大会に出場[2]。対早稲田佐賀高校戦では、完投勝利で初戦突破するが[6]、2回戦で聖光学院高校に4対5で敗れた[7]。3年夏の第100回選手権宮崎大会は、準々決勝で日章学園高校に敗れ、2年連続の夏の甲子園出場はならなかった[8]。8月に行われたBFA U-18アジア選手権大会の野球日本代表との壮行試合において宮崎県選抜として登板。5回1/3を投げて、9奪三振を記録し[5]、ドラフトまでに10球団ほどから調査書が届いていた[9]

2018年10月25日に行われたドラフト会議において、読売ジャイアンツから6位指名され[10]、11月19日に契約金3000万円、年俸500万円(金額は推定)で契約合意に達した[11]。背番号は68。担当スカウトは武田康[12]

巨人時代[編集]

2019年は、二軍で11試合に登板(8試合に先発)して4勝1敗、防御率3.00の成績を残した。シーズン終盤の9月21日に一軍初昇格を果たし、この日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)でプロ初登板・初先発。高卒新人投手がチームのセントラル・リーグ優勝のかかった大一番で初登板という異例のデビューとなった(結果は勝ち負けつかず)[13]。9月27日の対DeNA戦(東京ドーム)では5回から登板し、4回無失点の好投でプロ初勝利を挙げた[14]。レギュラーシーズン終了後はクライマックスシリーズファイナルステージ第3戦で先発登板という重役を担った。高卒新人のクライマックスシリーズ登板は球団初で、球界全体でも2013年藤浪晋太郎阪神タイガース)以来6年ぶりとなったが、3回3安打1失点で降板した[15]日本シリーズも出場選手に登録され、第3戦に3番手として登板。日本シリーズに高卒新人が登板するのは、球団では1966年堀内恒夫以来53年ぶり3人目という快挙だったが[16]、自身の失策もあり、1回を投げ切れずに4失点を喫して敗戦投手になるという、プロの洗礼を受けた[17]。オフに背番号を13へ変更し[18]、推定年俸は150万円増の650万円となった[19]

2020年は、練習試合で結果を残し、開幕ローテーション入り。高卒2年目での開幕ローテーション入りは、球団では1987年桑田真澄以来、33年ぶりであった[20]。開幕3連勝を挙げ、1987年の桑田の2戦2勝を超える快挙を達成した[21]。8月末までで9試合に先発登板し、7勝2敗と新人王広島東洋カープ森下暢仁と争う活躍を見せていたが、9月以降は10試合で2勝4敗と失速した。チーム2位の9勝を挙げ防御率2.76とリーグ連覇に貢献した。日本シリーズでは、救援として3試合に登板し、敢闘選手賞を受賞した[22]。新人王の投票結果では、1位の森下に大きく差をつけられる9票にとどまった[23]が、新人特別賞を受賞した[24]。オフに背番号を20へ変更した[25]。12月21日、1950万円増の推定年俸2600万円で契約を更改した[26]

2021年は、前半戦で8勝を挙げ、オールスターゲームにも初選出された[27]。後半戦はチームの方針で中5日または中4日で起用されるが、1勝しかできず、2桁勝利を逃し防御率も4点台と安定感を欠いた。それでも、最終的にチームトップの151.2回を投げ、9勝8敗と勝ち越し138奪三振を記録した。

2022年は、6月10日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦(楽天生命パーク宮城)でプロ初完投勝利[28]、7月12日の阪神タイガース戦(甲子園球場)ではプロ初完封勝利[29]を挙げた。また、7月13日には監督推薦でオールスターゲームに選出されたことが発表された[30]。8月11日の中日戦では、通算8度目の挑戦で自身初の2桁勝利をマーク。最終的には青柳晃洋に次ぎリーグ2位・チームトップの12勝、リーグ最多の154三振を奪い、最多奪三振のタイトルを獲得した。22歳でのタイトル獲得は、2リーグ制以降では1990年の木田優夫と並ぶ球団最年少記録となった。同年11月23日に行われたファンフェスタにて、23年シーズンから「投手キャプテン」になることが発表された[31]。更に12月6日には5000万円アップの大昇給を勝ち取り、9000万円で契約を更改した[32]

2023年1月26日、2023 ワールド・ベースボール・クラシックに出場する野球日本代表(侍ジャパン)のメンバーに選出された[33](1月6日に先行発表された12人のメンバーに含まれていた)。

選手としての特徴[編集]

スリークォーター投球フォームから、最速154km/hのストレートを記録する右腕[2][34][35]。野球評論家の真中満によると、腕の振りがよくて打者にとっては間が取りづらく対応しづらい、少し変則的なフォームであるといい、そのために細かいコントロールはなくても通用しているという[36]

独学で身に着けた変化球は[5]スライダーチェンジアップスプリット(フォークボール)、カーブカットボールと多彩[2]。宮崎県銘菓・なんじゃこら大福にちなんで名付けられた「なんじゃこらボール」という、カットなのにシュートすることもある戸郷独自のカットボールも投げる[37][38]。主に試合で使用している変化球はスライダーとフォークのみだが[36]、スライダーは縦と横、フォークは縦に落ちるものとシュートしながら落ちるシンカー系の軌道のものの各2種類を持つ[39]

ピンチでも落ち着いており、冷静なマウンドさばきを見せる[36]

高校1年生の冬に遠投大会で117mを記録するほどの強肩である[40]

人物[編集]

「戸郷」というは、全国でも約40人しかいないという[5]。戸郷の兄は高校時代、オリックス・バファローズ山本由伸とは都城高校で同学年の友達だったため、戸郷も中学時代から山本と面識がある[41]

釣り趣味。3歳から始め、中学2年生の時には80cmのシーバスを釣ったことがある[42]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2019 巨人 2 1 0 0 0 1 0 0 0 1.000 34 8.2 6 1 3 0 1 11 0 0 2 2 2.08 1.13
2020 19 18 0 0 0 9 6 0 0 .600 446 107.2 87 12 42 0 6 106 1 0 33 33 2.76 1.20
2021 26 26 1 0 0 9 8 0 0 .529 639 151.2 130 19 58 2 6 138 3 0 75 72 4.27 1.24
2022 25 25 3 1 1 12 8 0 0 .600 702 171.2 146 11 51 1 8 154 3 0 52 50 2.62 1.15
通算:4年 72 70 4 1 1 31 22 0 0 .585 1821 439.2 369 43 154 3 21 409 7 0 162 157 3.21 1.19
  • 2022年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手












2019 巨人 2 0 1 0 0 1.000
2020 19 1 14 0 0 1.000
2021 26 5 22 2 2 .931
2022 25 7 25 2 1 .941
通算 72 13 62 4 3 .949
  • 2022年度シーズン終了時

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 68(2019年)
  • 13(2020年)
  • 20(2021年 - )

代表歴[編集]

登場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ (2022年12月6日). 2022年12月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e “延岡の剛腕”聖心ウルスラ・戸郷に8球団が注目”. 日刊スポーツ (2018年10月13日). 2019年4月17日閲覧。
  3. ^ 巨人戸郷、趣味を楽しみ野球につなげる/プロに聞く”. 日刊スポーツ (2020年6月27日). 2021年5月30日閲覧。
  4. ^ 神谷裕司 (2019年1月9日). “宮崎)巨人6位指名、戸郷選手が都城市長に決意語る”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASLDV3CSWLDVTNAB001.html 2021年10月18日閲覧。 
  5. ^ a b c d 【巨人・羽ばたけルーキー】<2>ドラ6戸郷翔征、遊び感覚で身に付けた変化球”. スポーツ報知 (2019年1月28日). 2019年4月17日閲覧。
  6. ^ 第99回全国高校野球選手権大会 聖心ウルスラ―早稲田佐賀(1回戦)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2017年8月10日). 2019年4月17日閲覧。
  7. ^ 第99回全国高校野球選手権大会 聖光学院―聖心ウルスラ(2回戦)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2017年8月16日). 2019年4月17日閲覧。
  8. ^ 第100回全国高校野球選手権宮崎大会 日章学園―聖心ウルスラ(準々決勝)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2018年7月19日). 2019年4月17日閲覧。
  9. ^ 巨人・戸郷翔征は桑田コーチの指導をどう思っているか。「先発完投135球」と「ライン出し」”. web Sportiva. p. 3 (2021年3月16日). 2021年6月23日閲覧。
  10. ^ 聖心ウルスラ学園・戸郷は巨人6位 U18に快投”. 日刊スポーツ (2018年10月25日). 2019年4月17日閲覧。
  11. ^ 巨人6位戸郷仮契約「宮崎の方々に応援されるよう」”. 日刊スポーツ (2018年11月19日). 2019年4月17日閲覧。
  12. ^ ドラフト指名選手、スカウトが注目したポイントは? 球団コメントを一挙公開<セ・リーグ>”. ベースボールチャンネル (2018年10月26日). 2021年4月10日閲覧。
  13. ^ a b 史上初デビュー巨人戸郷「涙出そう」宮本コーチ絶賛”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2019年9月21日). 2020年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月10日閲覧。
  14. ^ a b “巨人ドラ6戸郷がプロ初勝利 原監督「素晴らしい」”. 日刊スポーツ. (2019年9月27日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201909270001000.html 2022年4月4日閲覧。 
  15. ^ “巨人・戸郷、球団初の高卒新人でCS先発も3回1失点で降板”. 日刊ゲンダイDIGITAL. (2019年10月11日). https://www.sanspo.com/article/20191011-EYQWU4SC7BPMJCX55ECEHCVVYQ/ 2020年7月19日閲覧。 
  16. ^ “原巨人徳俵「もがきながらプレー」坂本勇、丸が低調”. 日刊スポーツ. (2019年10月22日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201910220000885.html 2020年7月19日閲覧。 
  17. ^ “高卒ルーキーに厳しい洗礼 巨人3番手の戸郷が4失点”. 毎日新聞. (2019年10月23日). https://mainichi.jp/articles/20191023/k00/00m/050/001000c 2020年7月19日閲覧。 
  18. ^ 巨人・戸郷 150万円増でサイン オフは山口に弟子入り、来季は背番号「13」に”. スポーツニッポン (2019年11月22日). 2019年11月22日閲覧。
  19. ^ 巨人戸郷は150万増「山口さんの代わりになる」”. 日刊スポーツ (2019年11月22日). 2020年5月18日閲覧。
  20. ^ 小西亮 (2020年6月29日). “33年ぶりの大役果たす巨人・戸郷の急成長 見据える年間ローテ「疲れたと思いたい」”. Sportnavi. オリジナルの2020年7月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200719065955/https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/202006270001-spnavi 2020年7月19日閲覧。 
  21. ^ “〝桑田超え〟巨人・戸郷は「できたてのホヤホヤ」原監督はさらなる成長期待”. 東スポWeb. (2020年6月15日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/198571 2020年7月19日閲覧。 
  22. ^ a b “【巨人】戸郷翔征が敢闘賞を受賞”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年11月25日). https://hochi.news/articles/20201125-OHT1T50298.html 2020年11月25日閲覧。 
  23. ^ “新人王の投票結果 セは森下が圧倒、パは平良と小深田が19票差の大接戦”. スポニチ. (2020年12月17日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/12/17/kiji/20201217s00001173380000c.html 2021年3月13日閲覧。 
  24. ^ a b “巨人戸郷がセ新人特別賞「うれしい」高卒2年目9勝”. 日刊スポーツ. (2020年12月17日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202012170000627.html 2021年3月13日閲覧。 
  25. ^ “【巨人】背番号シャッフル 戸郷翔征が“投手ナンバー”「20」過去に定岡正二ら”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年12月8日). https://hochi.news/articles/20201207-OHT1T50211.html 2020年12月8日閲覧。 
  26. ^ “巨人戸郷2600万円 高卒3年目投手で2番目”. 日刊スポーツ. (2020年12月21日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202012210000495.html 2021年3月13日閲覧。 
  27. ^ a b 【巨人】戸郷翔征、6回82球で「プロ初完投」プロ2本目のヒットも打つ”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2021年7月9日). 2022年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月14日閲覧。
  28. ^ a b 【巨人】戸郷翔征4年目で初完投勝利トップ7勝目「いい配球してくれた」山瀬と1軍初バッテリー” (日本語). 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2022年6月10日). 2022年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月10日閲覧。
  29. ^ a b 巨人・戸郷が伝統の一戦でプロ初完封 青柳&山本と並び12球団トップ9勝目”. ベースボールキング (2022年7月12日). 2022年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月12日閲覧。
  30. ^ 【巨人】オールスターの監督選抜選手発表 巨人からは菅野智之&戸郷翔征&岡本和真の3人が選出”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2022年7月14日). 2022年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月14日閲覧。
  31. ^ “【巨人】戸郷翔征が来季の投手キャプテン就任 ファンフェスタで発表”. スポーツ報知. (2022年11月23日). https://hochi.news/articles/20221123-OHT1T51089.html?page=1 2022年11月23日閲覧。 
  32. ^ 巨人・戸郷翔征 5000万増の9000万円でサイン 大トリ更改で大幅昇給ゲット”. デイリースポーツ (2022年12月6日). 2022年2月6日閲覧。
  33. ^ 侍ジャパンに戸郷、大勢、大城、岡本の4選手”. 読売ジャイアンツ (2023年1月26日). 2023年1月26日閲覧。
  34. ^ “巨人ドラ6戸郷が21日DeNA戦の先発候補に浮上”. 日刊スポーツ (2019年9月18日). 2019年9月19日閲覧。
  35. ^ 巨人戸郷翔征1カ月ぶり3勝目 「次は完封」自己最速タイ154キロ出た”. 日刊スポーツ (2021年5月18日). 2021年6月23日閲覧。
  36. ^ a b c 真中満 (2020年7月16日). “変則フォームの巨人・戸郷は腕の振りよく対応しづらい”. SANSPO.COM. https://www.sanspo.com/article/20200716-5PXS2GE4BNLDPEVXIZGABRSMFI/ 2020年7月19日閲覧。 
  37. ^ “巨人戸郷、地元銘菓ばり「なんじゃこらボール」解禁”. 日刊スポーツ. (2020年3月23日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202003230000657.html 2020年3月25日閲覧。 
  38. ^ “「カットなのにシュート」巨人戸郷独自球に驚きの声”. 日刊スポーツ. (2020年3月25日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202003250000727.html 2020年3月25日閲覧。 
  39. ^ “G戸郷 高校時代にその名を轟かせた遠投大会117mの鉄砲肩”. 日刊ゲンダイDIGITAL: p. 5. (2020年7月18日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/276126/5 2020年7月19日閲覧。 
  40. ^ “G戸郷 高校時代にその名を轟かせた遠投大会117mの鉄砲肩”. 日刊ゲンダイDIGITAL: p. 3. (2020年7月18日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/276126/3 2020年7月19日閲覧。 
  41. ^ “巨人戸郷が育った大自然 山本由伸との縁も/連載4”. 日刊スポーツ. (2020年11月24日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011240000851.html 2020年12月16日閲覧。 
  42. ^ 巨人6位戸郷翔征「億超えたら」夢は高級釣り竿購入”. 日刊スポーツ (2019年1月8日). 2019年4月17日閲覧。
  43. ^ a b 2019年9月21日(土) 横浜 【セ・リーグ公式戦】 横浜DeNAベイスターズ vs 読売ジャイアンツ 24回戦 投打成績”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月14日閲覧。
  44. ^ 2019年9月27日 【公式戦】 試合結果 (読売vs横浜DeNA)”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月14日閲覧。
  45. ^ 巨人・戸郷 先発1勝!「桑田ロード」歩む20歳が呼んだチーム開幕4連勝 原監督「見事な投球」”. スポニチ Sponichi Annex 野球. 株式会社スポーツニッポン新聞社 (2020年6月24日). 2021年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月14日閲覧。
  46. ^ 2020年6月23日 【公式戦】 試合結果 (読売vs広島東洋)”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月14日閲覧。
  47. ^ 2021年7月9日(金) 甲子園 【JERA セ・リーグ公式戦】 阪神タイガース vs 読売ジャイアンツ 13回戦”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月14日閲覧。
  48. ^ 2022年6月10日 【公式戦】 試合結果 (東北楽天vs読売)”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月14日閲覧。
  49. ^ 2022年7月12日 【公式戦】 試合結果 (阪神vs読売)”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月14日閲覧。
  50. ^ 2019年9月21日(土) 横浜 【セ・リーグ公式戦】 横浜DeNAベイスターズ vs 読売ジャイアンツ 24回戦 試合経過”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月14日閲覧。
  51. ^ 【巨人】戸郷翔征がプロ51打席目で初打点 2回にスクイズ”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2021年4月24日). 2022年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月14日閲覧。
  52. ^ 2021年4月24日(土) 東京ドーム 【JERA セ・リーグ公式戦】 読売ジャイアンツ vs 広島東洋カープ 5回戦 投打成績”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月14日閲覧。
  53. ^ 【巨人】戸郷翔征が通算56打席目でプロ初安打 意表突くバスター決める”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2021年5月25日). 2022年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月14日閲覧。
  54. ^ 2021年5月25日(火) 東京ドーム 【日本生命セ・パ交流戦】 読売ジャイアンツ vs 東北楽天ゴールデンイーグルス 1回戦 試合経過”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]