東野峻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東野 峻
20150315 Shun Tohno pitcher of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokohama.JPG
DeNA時代
(2015年3月15日、横浜スタジアム)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県鉾田市
生年月日 (1986-07-11) 1986年7月11日(31歳)
身長
体重
187 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 ドラフト7巡目
初出場 2007年9月13日
最終出場 2015年5月31日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

東野 峻(とうの しゅん、1986年7月11日 - )は、茨城県鉾田市出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

茨城県鹿島郡鉾田町(現・鉾田市)出身。大竹小3年で外野手として野球を始め6年時に投手へ転向。鉾田南中では主将を務め春の県大会3位。鉾田一高では1年春からベンチ入りし、3年夏の県大会は4回戦で常総学院に敗退。打撃でも高校通算36本塁打を記録している。

2004年のドラフト会議読売ジャイアンツから7巡目指名を受け、入団。背番号93

巨人時代[編集]

2005年 - 2007年
故障が重なり、2006年までは二軍でも打ち込まれることが多かった。ハワイ・ウィンターリーグに派遣され、先輩の林昌範グアム自主トレにも同行し迎えた2007年は、二軍のセットアッパーとして活躍、27試合に登板し1敗1セーブ、31回を投げ34奪三振、防御率1.74という好成績を収める。9月13日には一軍に初登録、直後の東京ヤクルトスワローズ戦で初登板を果たした。しかし9月18日阪神タイガース戦にてベンチ入りメンバーから外される。この際、原辰徳監督に「お前は近い将来、巨人を引っ張っていくピッチャーだ。だが、今じゃない」と声をかけられ、これが励みになったという。
2008年
オープン戦で先発として活躍、野間口貴彦門倉健と先発6番手を争うものの、最終登板で結果を残せず開幕二軍となった。二軍では7試合に登板し1勝4敗、39回を投げ36奪三振、防御率は3.00だった。シーズン途中から一軍に帯同し、中継ぎで実績を積む。9月17日の横浜ベイスターズ戦でプロ入り初先発。そして6回を投げ2安打7奪三振2四球2失点(自責点2)でプロ入り初勝利を達成[1]。9月23日の広島東洋カープ戦の延長12回裏に登板して18球を投げ、翌24日の広島戦に連投で先発マウンドに上がり、6安打9奪三振2四球2失点(自責点2)の成績でプロ初完投を記録するなど活躍した[2]。11月17日、来シーズンからの背番号を17に変更することを発表。12月には磯山さやかと共に地元鉾田市から初代「鉾田大使」に任命された。
2009年
開幕から先発ローテーションに加わり、7月14日のヤクルト戦でプロ入り初の完封勝利を挙げたものの、シーズンでは四死球70、被本塁打18、6暴投と制球難に苦しむ。無駄に球数を費やしテンポの悪い投球を繰り返したことで、原監督からは「砂遊びは卒業しなきゃいけない。同じような失敗が多すぎる」と苦言を呈された[3]。防御率3.17はリーグ9位であったが、2か月以上勝ち星から見放されたこともあり、8勝8敗に終わった。クライマックスシリーズはアドバンテージを含んだ3勝1敗で迎えた第4戦の先発を任され、4回1/3を自責点1で降板。日本シリーズは第2戦に先発をした内海哲也が2回2/3を4失点で降板した後を受けて登板、3回1/3を無失点の好投。これを評価され巨人3勝2敗で迎えた第6戦の先発を任されたが1回二死一塁から高橋信二の打球を右手の甲に受け緊急降板。チームは日本一となったが、勝利投手とはなれなかった。
2010年
3月3日、兵庫県出身の4歳年上の会社員と結婚。このシーズンで15勝以上を達成した場合、地元の鉾田市から東野が通学していた高校の通りを「東野通り」と名づけるプランがあることを鉾田市市長から報告された[4]
シーズン初登板となった3月28日のヤクルト戦は6回3失点で敗戦も[5]、その後は5月5日のヤクルト戦で自身初の無四球完封勝利[6]、5月29日の埼玉西武ライオンズ戦では6回までノーヒット、無失点に抑える好投を含む8連勝[7]で序盤の快進撃に貢献。同時に4月の月間MVP(3-4月の成績は5勝1敗)を受賞した。6月29日の広島戦(マツダスタジアム)で自身初の二桁勝利となる10勝目をマークし[8]、前半戦は11勝2敗、防御率2.68、WHIP1.22の好成績で前田健太と最多勝争いを繰り広げたが、後半戦は早いイニングで打ち込まれKOされる機会が増え、2勝6敗、防御率4.70、WHIP1.57と不調に陥った。
2011年
4月12日、ヤクルトとの開幕戦(ユーピーアールスタジアム宇部)では6回2/3を4安打(6回終了時まではノーヒット)2失点と好投。自身初めての開幕投手を勝利で飾った[9][注 1]。5月3日の阪神戦(東京ドーム)でプロ初本塁打を放つも、1985年バックスクリーン3連発以来26年ぶりとなる「阪神クリーンナップ(鳥谷敬新井貴浩クレイグ・ブラゼル)による三者連続本塁打」を打たれる[10]。以降は好投してもなかなか勝利に恵まれず、原監督の意向で抑えに配置転換される。7月13日の阪神戦では同点の9回にマウンドを託されるが、1死も取れず満塁とし、最後は桧山進次郎にサヨナラ犠牲フライを打たれた[11]。7月17日のヤクルト戦で初セーブを記録したが[12]オールスター戦で負傷した内海の離脱もあり後半戦から先発に復帰。8月は3勝負けなしと復調したかに見えたが、9月に1勝3敗防御率5.84と再び調子を落とした。シーズンを通じて調子の波が激しく、援護の無さも響いて8勝11敗と負け越し、QS率も57.7%と低めで物足りないシーズンとなった。また、この年は阪神戦に特に弱く、7試合に登板して0勝4敗、防御率も6.39だった。反面、中日には強く投球回数10回で無失点だった。
2012年
球団からの叱咤もあり、大好きな酒を断って臨んだシーズンであったが[13]、開幕ローテを逃しその後も年間を通して調子は上がらず、一軍では6月9日の対西武戦で先発を務めた1試合に登板したのみ[14]で、シーズンのほとんどを二軍で過ごした。イースタン・リーグの公式戦でも、18試合の登板で1勝6敗、防御率5.83と振るわず、シーズン終了後の11月2日には自家用車で追突事故を起こしている[15]

オリックス時代[編集]

2012年11月5日に、香月良太阿南徹との交換トレードで、山本和作と共にオリックス・バファローズへの移籍が発表された[16]。背番号は17。なお、移籍を機に、長州力の個人事務所「ロワンズ」とマネジメント契約を結んでいる[17]

2013年
春季キャンプ中に一軍投手コーチの西本聖からシュートを伝授[18]されると、オープン戦で好投したため、一軍の開幕先発ローテーション入りを果たした。4月9日の対福岡ソフトバンクホークス戦に先発すると、5回2/3を1失点に抑えた結果、移籍後初勝利を挙げた。一軍の公式戦で勝利投手になったのは、巨人時代の2011年10月6日以来であった[19]。しかし、以降の先発登板では5回を投げ切れずに降板する試合が続いたため、一軍公式戦全体では先の1勝のみにとどまった。なお、ウエスタン・リーグ公式戦には16試合に登板。5勝4敗、防御率2.70という成績を残した。
2014年
一軍公式戦への登板機会がないまま、10月28日に球団から戦力外通告を受けた[20]。しかし、NPB他球団での現役続行を希望したため、11月9日には12球団合同トライアウトへ参加。ストレートで最速145km/hを計測したことから、複数の球団が東野の獲得に興味を示した[21]

DeNA時代[編集]

2014年11月15日に、横浜DeNAベイスターズが東野の獲得を発表した[22]。背番号は00

2015年
オープン戦で防御率1点台を記録したものの、公式戦は二軍でスタート[23]。5月26日には、古巣・オリックスとの交流戦横浜スタジアム)で、中継ぎ投手として移籍後初登板を果たした。以降も2試合に登板したが、6月1日に出場選手登録を抹消[24]。結局、持病である首痛の影響などから、一軍公式戦には3試合の登板にとどまった[25]。さらに、10月3日に球団から戦力外通告を受けたこと[26]を機に、現役引退を決意した[25]

現役引退後[編集]

DeNAから戦力外を通告された際に、ゼネラルマネジャー高田繁から打撃投手への転身を打診されたことから、2016年にはチームサポーターとして契約。打撃投手・用具係・スコアラーを兼務した[27]。しかし、シーズン中の6月に右肩の腱板を断裂。打撃練習での投球や日常生活に支障を来す事態に至ったため、自身の意向から、2016年限りで打撃投手を退いた。2017年からは、将来の指導者転身を目標に、スコアラーとしての職務に専念する[28]

プレースタイル[編集]

平均球速約140km/h[29]、最速150km/hのストレートと縦に割れるドロップスライダーを中心に投球を組み立てる。時にカットボールチェンジアップシュートフォークを混ぜる。ドロップは2007年に参加したハワイ・ウインターリーグでも披露しアメリカスカウトから絶賛された[30]

制球力はあまり高い方では無く球数が多くなりがちな投手である。

体力測定で背筋力315キロを記録[31]

相手のチーム状況によって、ワインドアップ・ノーワインド・オールセットの3つの投球スタイルを使い分けている。

人物[編集]

巨人時代の先輩である内海哲也を慕っている。2014年オフにオリックスから戦力外通告を受けた際には引退も考えたが、内海からの激励を受けトライアウト挑戦を決意。合同トライアウトを経て横浜DeNAベイスターズへの入団が決まったときも真っ先に内海に連絡した[32]

球団内でも有名な愛煙家。2008年に原監督は先発ローテーション入りの条件として禁煙を挙げ、一時は本人も禁煙を誓った[33]。しかし、タバコを断つには至らず、原監督からはたびたびそのことを注意されていたが、「禁煙するのも信念なら、やめないことも信念」だと主張し、ついには原監督も喫煙を認めるに至るほど自己主張の強い一面がある[34]。一方で、不調に陥ると、結果が出ないストレスが原因となり逆流性胃腸炎を患うなど繊細な一面もある[35]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2007 巨人 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 4 0.2 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.00 3.00
2008 28 2 1 0 0 2 0 0 2 1.000 213 54.0 35 7 16 1 3 53 3 0 17 17 2.83 0.94
2009 27 26 1 1 0 8 8 0 0 .500 652 153.1 133 18 57 1 13 133 6 0 61 54 3.17 1.24
2010 27 26 1 1 1 13 8 0 0 .619 673 157.0 152 11 55 1 9 140 4 1 64 57 3.27 1.32
2011 31 26 2 0 1 8 11 2 0 .421 670 161.0 141 7 55 3 5 115 3 0 72 62 3.47 1.22
2012 1 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 18 5.0 3 1 0 0 1 2 0 0 2 2 3.60 0.60
2013 オリックス 6 5 0 0 0 1 3 0 0 .250 101 21.1 25 2 15 0 0 15 2 0 17 17 7.17 1.88
2015 DeNA 3 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 20 4.0 4 0 4 0 0 0 0 0 3 3 6.75 2.00
通算:8年 124 86 5 2 2 32 30 2 2 .516 2331 554.1 494 46 203 6 31 458 18 1 236 212 3.43 1.25

表彰[編集]

記録[編集]

投手記録
打撃記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 93 (2005年 - 2008年)
  • 17 (2009年 - 2014年)
  • 00 (2015年)
  • 112 (2016年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ドラフト1位以外での開幕投手は、球団では1987年の西本聖以来。

出典[編集]

  1. ^ “初先発勝利“格安”東野のおかげでG7連勝”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2008年9月18日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2008/09/18/kiji/K20080918Z00002390.html 2013年4月26日閲覧。 
  2. ^ “連投!完投!東野でG32年ぶり12連勝”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2008年9月25日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2008/09/25/kiji/K20080925Z00001620.html 2013年4月26日閲覧。 
  3. ^ 原巨人執念継投実らず逆転負け nikkansports.com 2009年7月31日
  4. ^ 巨人・東野「東野通り」が地元に出来る!? / イザ!
  5. ^ “失投悔やむ東野 悔しい今季初先発”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2010年3月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/03/28/kiji/K20100328Z00001120.html 2013年4月28日閲覧。 
  6. ^ “東野 初の無四球完封!単独トップ6勝目”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2010年5月6日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/05/06/kiji/K20100506Z00002740.html 2013年5月1日閲覧。 
  7. ^ “東野 6回無安打で交代も…レオ狩り8連勝”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2010年5月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/05/30/kiji/K20100530Z00002640.html 2013年5月1日閲覧。 
  8. ^ “リーグトップも…東野、反省しきりの10勝目”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2010年6月29日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/06/29/kiji/K20100629Z00000990.html 2013年4月28日閲覧。 
  9. ^ “東野「正直意識した」大記録は逃すも大役果たした”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2011年4月13日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/04/13/kiji/K20110413000617870.html 2013年5月1日閲覧。 
  10. ^ 阪神クリーンアップ3連発 伝説の1985年以来msn産経ニュース 2011.5.3
  11. ^ “新守護神・東野で“Gエンド”自力V消滅…”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2011年7月14日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/07/14/kiji/K20110714001207000.html 2013年4月19日閲覧。 
  12. ^ “東野が初セーブで弟分・小野の勝利をアシスト”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2011年7月18日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/07/18/kiji/K20110718001232460.html 2013年4月19日閲覧。 
  13. ^ “DeNA東野峻が激白 巨人とオリ時代に「胃に2つ穴が…」”. 日刊ゲンダイ. (2015年2月7日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/156974 2015年4月28日閲覧。 
  14. ^ “東野 今季初登板は5回2失点「全体的には良く投げられた」”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年6月9日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/06/09/kiji/K20120609003433150.html 2013年4月19日閲覧。 
  15. ^ “東野 トレード前に追突事故…オリックス幹部「初めて聞いた」”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年11月9日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/11/09/kiji/K20121109004515720.html 2015年4月27日閲覧。 
  16. ^ “巨人・東野、オリックス・香月ら2対2のトレード発表”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年11月6日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/11/06/kiji/K20121106004493210.html 2013年4月19日閲覧。 
  17. ^ “オリ東野が長州力の事務所と契約”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2013年3月22日). http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/125207/ 2015年4月27日閲覧。 
  18. ^ “東野 西本コーチからシュート伝授 “元巨人組”が合体”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年2月4日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/02/04/kiji/K20130204005120980.html 2015年5月1日閲覧。 
  19. ^ “東野 移籍後初勝利「2桁勝利と森脇監督を胴上げする」”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年4月10日). http://www.sponichi.co.jp/baseba+ll/news/2013/04/10/kiji/K20130410005578580.html 2013年4月19日閲覧。 
  20. ^ “新人王の八木、東野が戦力外 オリックスが発表”. 47news (共同通信). (2014年10月28日). http://www.47news.jp/news/2014/10/post_20141028162002.html 2014年10月29日閲覧。 
  21. ^ “東野トライアウト145キロ複数球団が興味”. 日刊スポーツ nikkansports.com (日刊スポーツ). (2014年11月9日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20141110-1394289.html 2015年4月29日閲覧。 
  22. ^ “選手獲得のお知らせ”. 横浜DeNAベイスターズ. (2014年11月15日). http://www.baystars.co.jp/news/2014/11/1115_01.php 2014年11月15日閲覧。 
  23. ^ DeNA東野、開幕1軍メンバーに残れず「まだまだこれから」SANSPO.COM
  24. ^ DeNA須田6失点・・・林、東野と2軍へデイリースポーツonline
  25. ^ a b DeNA東野峻が引退、打撃投手に 元巨人開幕投手日刊スポーツ 2015年10月7日
  26. ^ DeNA岡島、多村、東野に戦力外も現役続行希望日刊スポーツ 2015年10月4日
  27. ^ (輝け!ベイスターズ)巨人の元開幕投手、打撃投手に 東野峻さん朝日新聞 2016年2月6日
  28. ^ 東野、新たな夢へ一歩朝日新聞 2016年11月28日
  29. ^ 『2012プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2012年、128頁。ISBN 978-4-905411-04-8
  30. ^ 日刊スポーツ出版社 『2007プロ野球選手カラー名鑑』
  31. ^ ズームイン!!サタデー」内『プロ野球熱ケツ情報』での初出演時など、入団直後のスポーツコーナーで何度か触れられている。
  32. ^ “DeNA 東野 峻「ドキドキだったトライアウトまでの10日間」”. 週刊ベースボールONLINE (週刊ベースボール2014年12月29日号). http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=001-20141229-06 2015年4月29日閲覧。 
  33. ^ 初先発勝利の巨人・東野投手に「未成年喫煙」騒動、ファンから罵声。ナリナリドットコム 2008/09/18
  34. ^ 巨人ナイン「開幕投手は原監督をやり込めた東野でいいんじゃないか」ゲンダイネット 2011年2月17日
  35. ^ “DeNA東野峻が激白 巨人とオリ時代に「胃に2つ穴が…」”. 日刊ゲンダイ. (2015年2月7日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/156974 2015年4月28日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]