神部年男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神部 年男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県加古郡播磨町
生年月日 (1943-03-24) 1943年3月24日(74歳)
身長
体重
175 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1969年 ドラフト2位
初出場 1970年4月14日
最終出場 1981年10月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

神部 年男(かんべ としお、1943年3月24日 - )は、兵庫県出身の元プロ野球選手投手)、野球指導者。

経歴[編集]

1943年に兵庫県加古郡播磨町に生まれる。播磨町立播磨中学校兵庫県立高砂高等学校から三菱製紙に進み、準硬式野球の選手として活躍。1965年富士製鐵広畑に移り、1966年都市対抗住友金属の補強選手として出場。準決勝では大昭和製紙を完封、決勝に進みリリーフで登板するが、熊谷組に延長10回裏サヨナラ負けを喫する[1]1966年の第1次ドラフト3位で読売ジャイアンツに指名されるが、これを拒否し富士製鐵広畑に残留。

1968年都市対抗では松下電器から補強された岡田光雄との二本柱で勝ち進む。河合楽器との決勝では先発を任され、岡田へ継投し1-0で勝利[1]。初優勝を飾り最優秀選手の橋戸賞を受賞した。この時のチームメートに岡田と同じく松下電器から補強された福本豊加藤秀司がいた。1969年都市対抗では、1回戦で三協精機の池島和彦に投げ勝ち、2回戦でも八幡製鐵を完封するが、3回戦で日本生命の小弓場保に完封を喫する[1]

1969年のドラフト2位で近鉄バファローズに入団。1年目の1970年から先発として起用され、同年は8勝を記録。1971年にはリーグ最多の51試合に登板し10勝を挙げる。その後も低迷期の近鉄で、ローテーションに定着し活躍した。1975年4月20日の藤井寺球場での対南海ホークス戦でノーヒットノーランを達成。フィールディングや牽制球の技術に優れ、通算盗塁数日本記録保持者の福本豊は神部を「癖を見抜くことが難しく、もっとも盗塁しにくかった投手」と語っていた。長年の研究の結果「牽制球を投げる時、ほんの数mm軸足(右足)が浮き上がる」癖を見抜いたと言い、それは後に福本の口から神部にも教えられたという。同様に癖を見抜くことに長けていた高井保弘も神部の癖を見抜くことが出来なかったと語っている。

1979年佐藤竹秀寺田吉孝と共にチャーリー・マニエル永尾泰憲との交換トレードでヤクルトスワローズに移籍。ここでも先発陣の一角として起用される。1980年10月12日読売ジャイアンツ戦で王貞治に同年の30号(19年連続の30本塁打到達)、通算868号となる本塁打を打たれた。同年限りで現役を引退した王にとって、これがプロ野球公式戦での最終本塁打となった。1981年には抑えとして起用されるが、1982年には登板機会がなく同年限りで現役を引退した。

引退後は、1983年から1985年までヤクルト二軍投手コーチ、1986年から1996年まで近鉄投手コーチを務め、1989年は一軍投手コーチ(ブルペン)として近鉄のリーグ優勝に貢献し、また数多くの投手を育成した。

1997年から2001年までは、近鉄時代のヘッドコーチ・監督であった仰木彬に請われ、オリックス一軍投手コーチ。スカウトを経て、2005年に新生オリックス一軍投手コーチに復帰し2007年まで務めた。2004年には、J SPORTSで解説者を務めていた。

2008年から2009年まで、韓国プロ野球起亜タイガースの一軍投手コーチを務め、投手陣を整備し2009年は起亜の12年ぶりの韓国シリーズ優勝に貢献した。

2013年の2月から3月にかけ、韓国プロ野球のハンファ・イーグルスの沖縄キャンプで投手インストラクターを務めることとなった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1970 近鉄 38 13 1 1 0 8 7 -- -- .533 559 133.1 110 10 51 2 8 74 0 1 55 48 3.25 1.21
1971 51 15 5 0 0 10 9 -- -- .526 655 160.0 138 15 56 9 4 87 5 1 62 57 3.21 1.21
1972 46 25 8 2 1 13 9 -- -- .591 854 210.2 186 16 58 7 4 112 5 1 66 56 2.39 1.16
1973 26 10 3 0 0 7 7 -- -- .500 430 106.2 87 5 47 4 2 48 2 0 40 35 2.94 1.26
1974 28 21 8 4 1 12 7 1 -- .632 611 151.0 129 14 48 4 1 74 4 1 43 40 2.38 1.17
1975 31 25 9 2 0 10 8 1 -- .556 705 173.2 142 15 53 1 8 57 3 0 66 59 3.05 1.12
1976 27 20 8 3 3 8 12 1 -- .400 598 146.1 142 13 43 2 1 62 0 0 59 53 3.27 1.26
1977 25 15 6 1 1 5 9 3 -- .357 473 116.1 118 10 26 2 1 54 3 1 51 47 3.65 1.24
1978 21 18 4 0 1 7 5 0 -- .583 519 124.1 115 11 36 3 5 60 0 0 46 43 3.12 1.21
1979 ヤクルト 25 24 3 1 0 6 8 0 -- .429 557 125.0 146 21 49 5 2 65 1 0 64 60 4.32 1.56
1980 20 13 2 1 0 3 5 0 -- .375 278 69.1 67 10 21 0 2 32 0 1 31 30 3.91 1.27
1981 32 5 0 0 0 1 3 10 -- .250 255 60.2 59 3 22 3 2 37 2 2 25 24 3.54 1.34
通算:12年 370 204 57 15 7 90 89 16 -- .503 6494 1577.1 1439 143 510 42 40 762 25 8 608 552 3.15 1.24
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

背番号[編集]

  • 27 (1970年 - 1978年)
  • 11 (1979年 - 1982年)
  • 73 (1983年 - 1985年)
  • 83 (1986年 - 1996年、2005年 - 2007年)
  • 81 (1997年 - 2001年、2008年 - 2009年)

関連項目[編集]