広瀬習一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
広瀬 習一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県
生年月日 1922年3月15日
没年月日 (1944-09-13) 1944年9月13日(22歳没)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1941年
初出場 1941年8月21日
最終出場 1942年9月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

広瀬 習一(ひろせ しゅういち、1922年(大正11年)3月15日 - 1944年(昭和19年)9月13日)は、滋賀県出身のプロ野球選手投手)。戦前期に巨人軍で活躍した。

経歴[編集]

大津商業出身。1939年(昭和14年)に、甲子園に出場しているが、当時は遊撃手だった。夏の県予選から投手と外野手を兼任し、甲子園への切符をかけた京都勢との代表決定戦初戦で、京都商(現京都学園高等学校)の神田武夫と二日がかりの大投手戦を演じるも惜敗。

卒業後、旭ベンベルグに入社。旭ベンベルグの野球部「大津晴嵐会」に所属していたが、巨人監督の藤本定義が二年越しで口説き、巨人に入団。

1941年(昭和16年)7月、西宮遠征中の巨人が宿泊していた兵庫・宝塚温泉の旅館に現れ、近くを流れる武庫川の河原で藤本と楠安夫多田文久三立会いのもと、ピッチングを披露したが、足元の悪い河原をものともせず、サイドスローから球威のあるボールを立て続けに投げ込み、楠や多田を驚かせた。広瀬へのスカウト活動は前年から行なわれていたが、立ち会った楠や多田、川上哲治千葉茂ら同時期にプレーした選手たちは、広瀬が突然宝塚に現れて入団テストを志願し、採用されたと戦後も思っていた。

戦時中に巨人の投手陣を支えたヴィクトル・スタルヒンが故障で戦線離脱した際のエース。デビュー戦3安打完封により鮮烈なデビューを飾る。しかし選手生活をわずか2年で応召を受け、1944年(昭和19年)戦死。享年22。

東京ドーム敷地内にある鎮魂の碑に、彼の名前が刻まれている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1941 巨人 14 10 9 4 2 8 4 -- -- .667 424 105.2 66 0 44 -- 3 27 0 1 23 19 1.61 1.04
1942 32 23 18 10 2 21 6 -- -- .778 912 242.2 120 2 68 -- 2 106 0 1 41 32 1.19 0.77
通算:2年 46 33 27 14 4 29 10 -- -- .744 1336 348.1 186 2 112 -- 5 133 0 2 64 51 1.32 0.86
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

タイトル[編集]

背番号[編集]

  • 28 (1941年 - 1942年)

関連情報[編集]

書籍[編集]

  • 上田龍『戦火に消えた幻のエース 巨人軍・広瀬習一の生涯』(2009年06月・新日本出版社)ISBN 9784406052535

関連項目[編集]