佐々木朗希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐々木 朗希
千葉ロッテマリーンズ #17
Roki.sasaki marines.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岩手県陸前高田市[1]
生年月日 (2001-11-03) 2001年11月3日(21歳)
身長
体重
190[2] cm
85[2] kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2019年 ドラフト1位
初出場 2021年5月16日
年俸 8000万円(2023年)[3]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
WBC 2023年

佐々木 朗希(ささき ろうき、2001年11月3日 - )は、岩手県陸前高田市出身[1]プロ野球選手投手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。

愛称は令和の怪物[4][5]日本プロ野球 (NPB) 記録且つ世界記録となる13者連続奪三振、プロ野球タイ記録の1試合19奪三振の記録保持者。初の平成且つ21世紀生まれにして、21世紀並びに令和初、および2022年現在の現役選手唯一の日本プロ野球公式戦における、日本プロ野球史上最年少の完全試合達成者[6]佐々木朗希の完全試合)。

経歴[編集]

中学時代まで[編集]

2001年11月3日[2]、陸前高田市高田町で3人兄弟の次男として出生する[1]。幼少期はいたずら好きで、外をずっと駆け回る活発な少年だった[1]

陸前高田市立高田小学校3年生の時、地元の高田野球スポーツ少年団に所属していた兄の影響を受け[1]、同じ少年団で野球を始める[7][8]。また2010年には、後に入団する千葉ロッテマリーンズ日本一に輝いた際、家族とともに同球団の本拠地である千葉マリンスタジアムを訪れていたという[1]。野球を始めて以来、兄や父親[注 1]と一緒に練習に取り組んでいたが、4年生への進級直前となる2011年3月に東日本大震災が発生[1]。その津波で父と祖父母を亡くし、実家も流されたため[10]大船渡市猪川町[注 2]に転居した[1]大船渡市立猪川小学校に転校し、地元の軟式少年野球団「猪川野球クラブ」に入部[12]。同クラブは猪川小の校庭を練習場所にしていたが、2016年11月までは仮設住宅が建っており、野球をするための十分なスペースが確保できなかったため、保護者や指導者、支援者の協力を得て、近隣の運動施設への送迎、練習試合への招待などを受けていた[1]。6年生だった2013年[1]12月7日には、ロッテの本拠地・QVCマリンフィールドで開催された、岩手三陸沿岸の少年野球チームによる大会「リアスリーグ」の決勝戦に出場した[13]。同大会は、震災直後から東北の被災地でボランティアに取り組んでいた「がんばらんばたい(隊)」が企画したもので、同隊の代表を務める山田康生(東京でセールスプロモーション業の会社を経営)が、かつて2005年・2010年に日本一に輝いたマリーンズの優勝イベントに仕事で関わった縁があったことから、マリーンズの親会社であるロッテを始めとした各企業の協賛によって実現したものだった[1]

大船渡市立第一中学校に進学後、軟式野球部に入部すると、投打で実力を認められ、2年生秋の新人戦からエースナンバーを背負う[1]。しかし、股関節系の怪我などで思うように投げられない時期が断続的に続き[1]、3年生になる直前の2016年初春に腰の疲労骨折が判明する[14]。痛みを訴えた当初、地元の病院では「身体が硬いだけ」と診断されたが、釈然としなかった指導者が私立花巻東高校佐々木洋監督に相談。大谷翔平が高校時代に通った青森県八戸市の病院を紹介してもらい、そこで疲労骨折と診断され、その後、半年近くをリハビリに充てることになる[14]。3年生時の中総体出場は叶わず[14]、チームは同年夏の同大会地区予選で初戦敗退を喫したが[1]、故障が癒えた秋に参加した「オール気仙[注 3]」では、「第16回県中学生KWB野球選手権」で同チームにとって9年ぶりの優勝を達成[1]。東北大会でも準優勝し[14]、県選抜にも選出され、「第11回U15全国KWB野球秋季大会」に出場した[1]。同大会では初戦敗退したものの、1回戦で2番手投手として登板、3回3被安打無失点と好投したことから、県KWB野球連盟と県中学生野球連盟の優秀選手賞を受賞した[1]。また、大会中に当時の自己最速となる球速141 km/hを計測した[14]

大船渡高校時代[編集]

高校進学に当たっては県内外から声がかかったが、地元で甲子園を目指したいという思いから県立大船渡高校に進学する[15]。公式戦デビューは1年夏の県大会2回戦(対盛岡北高校戦)で、4対3(二死二・三塁)の場面で3番手投手として登板[1]。球速147 km/hを計測し、ピンチを断ち切った[16]。同大会はこの1試合の登板のみでチームは3回戦で敗退した[17]。2年夏の県大会では初戦に球速154 km/hを計測したが、外野手として出場した3回戦の西和賀戦でチームは敗退[18]。2年秋の県大会ではエースナンバーを背負い、1回戦で[1]高校2年生史上最速タイとなる球速157 km/hを計測した[19]。また速球だけではなく、精度を上げた変化球でも打者を翻弄し、チームを16年ぶりのベスト4に導いた[1]

3年生になった2019年4月6日、佐々木は高校日本代表候補による研修合宿の紅白戦で、球場の表示ではなく非公式ながら中日ドラゴンズのスカウトのスピードガンで球速163 km/hを計測したとされているが[20][21]、これは大谷翔平が持っていた当時の高校生最速記録である160 km/hを3 km/h上回るものだった[22]。このように速球で大きな注目を集めた佐々木は『令和の怪物』と称され[4]、また、奥川恭伸西純矢及川雅貴と共に、この年の『高校BIG4』と呼ばれた[23]。春の地区大会・県大会では全国の野球ファンから注目を集め、大船渡高の試合が行われた球場では観戦客数が激増し、内野スタンドがほぼ満席状態になったことから、臨時駐車場の手配や外野スタンド開放などといった異例の措置が取られた[1]

全国から大きな注目を受けて迎えた3年夏の第101回県大会では[1]、エース兼4番打者を務め[24]、初戦の遠野緑峰戦、3回戦の一戸戦を経て[1]、4回戦の盛岡四戦では公式戦での高校生投手史上最速タイとなる球速160 km/hを計測した[24]。同試合では延長12回で194球を投げ、21奪三振・7被安打の好投でチームを勝利に導いた[1]。選抜大会出場の盛岡大附を破った一関工業[25]との準決勝でも、150 km/h台の速球を武器に15奪三振で完封勝利を収め[1]、チームは決勝へ進出[26]。登板した4試合(初戦・3回戦・4回戦・準決勝)のうち、準決勝を含む3試合で完投し、投球数は435球、防御率は0.62を記録した[1]

7月30日に行われた花巻東との決勝戦では國保陽平監督が「故障予防のため」という理由で投手・打者とも佐々木を出場回避させ、チームも敗れた[22]。これに対して佐々木の大船渡高校には苦情の電話が殺到し、野球関係者や評論家の間でも議論となり、メディアでも取り上げられるほど社会問題となった(詳細後述)。2019年8月にはU-18代表に選出されたものの、大会前に右手の中指に肉刺(まめ)ができたため、登板したのは対韓国代表戦の1イニングにとどまった[22]

ドラフト会議[編集]

10月1日付でプロ志望届を正式に提出し、翌2日に岩手県高校野球連盟がこのことについて正式に発表[22]。同日に佐々木は記者会見を開き、「12球団どこでも頑張りたい」とプロ志望を表明した[27]

2019年10月17日に行われたドラフト会議では、いずれもパシフィック・リーグ(パ・リーグ)の球団である北海道日本ハムファイターズ千葉ロッテマリーンズ東北楽天ゴールデンイーグルス埼玉西武ライオンズの4球団が佐々木を1位指名し、抽選の結果、ロッテが佐々木の交渉権を獲得[28][29]。岩手県気仙地方出身者のドラフト指名は、陸前高田市出身の鈴木弘規水沢第一高校1974年阪急ブレーブスから4位指名)、大船渡市出身の志田宗大青山学院大学2001年ヤクルトスワローズから8位指名)に続き3人目で、気仙の高校からのドラフト指名、気仙出身者の1位指名はいずれも史上初だった[30]。担当スカウトは柳沼強[31]。11月30日の入団交渉にて契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1600万円(金額は推定)で契約合意した[32][33]。背番号は17で、将来170 km/hを投げてほしいという思いが込められている[32][33]。同じ苗字の投手である佐々木千隼が在籍しているため、報道上およびスコアボード上の表記は「佐々木朗」、背ネームは「R.SASAKI」となる。

ロッテ時代[編集]

2020年は春季キャンプから一軍に帯同[34]。佐々木が初ブルペン入りした際の動画がロッテ公式YouTubeチャンネルにて公開され、同チャンネル史上最速となる7日で100万回再生を達成するほど話題となった[35]吉井理人投手コーチのもと、開幕後も出場選手登録はしないまま一軍に帯同[36][37]。シーズン終盤には実戦デビューも期待されたが[38]井口資仁監督の「試合レベルに達していない。今シーズンはちょっと難しそう」との判断により[39][40]、ルーキーイヤーは一軍・二軍ともに公式戦登板は無く、ほぼ通年で一軍に帯同し、肉体強化を図る1年となった[41]。オフに現状維持の推定年俸1600万円で契約を更改した[42]

2021年も春季キャンプを一軍でスタートしたが[41]、その後一軍メンバーが練習試合遠征に入る際、佐々木はまだフォーム固めの段階であったため、2月13日からは二軍キャンプに合流[43]。3月12日に行われた中日ドラゴンズとのオープン戦にて実戦デビューを果たし、1回を無安打無失点1奪三振、最速153 km/hを計測した[44]。4月2日にはイースタン・リーグ東京ヤクルトスワローズ戦で公式戦デビューを果たし、先発として2回1安打2奪三振無失点という内容であった[45]。二軍戦20イニングで防御率0.45と結果を残し、5月16日の埼玉西武ライオンズ戦でプロ初登板初先発[46]山川穂高からプロ初奪三振を記録するなど[47]、5回107球6安打5奪三振4失点(自責点2)の内容で勝利投手の権利を持って降板したが、8回に味方が同点に追いつかれたためプロ初勝利とはならなかった[48]。2度目の先発登板となった5月27日の阪神タイガース戦で自身初めて阪神甲子園球場のマウンドに立ち、5回4失点(自責点3)でプロ初勝利を挙げた[49][50][51]。お立ち台ではウイニングボールを「両親に渡したい」と話した[49][50][注 4]。6月24日の福岡ソフトバンクホークス戦では5回1/3を投げ3失点でプロ初黒星を喫するなど[53]、初登板から6試合続けて失点を記録していたが、8月28日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では5回3安打5奪三振、自身初の無失点で2勝目を挙げた[54]。9月10日の楽天戦では田中将大と投げ合い、白星こそ付かなかったが、プロ入り後自己最長の8回を2安打2失点に抑えるなど[55]、後半戦は6試合に先発して防御率1.22と安定した投球を見せ[56]、レギュラーシーズン全体では11試合に先発して3勝2敗、防御率2.27を記録。ポストシーズンでは楽天とのCSファーストステージ第1戦の先発に抜擢され[57]、6回10奪三振1失点の好投でチームの勝利に貢献した[58]。オフに1400万円増となる推定年俸3000万円で契約を更改した[59]

2022年は自身初めて開幕ローテーションに入った。高卒1年目の松川虎生とバッテリーを組み、3月27日の楽天戦でシーズン初登板初先発し、初回に自己最速を更新する164 km/hを計測[60]。6回3失点で勝敗は付かなかったが、毎回の10奪三振を記録すると[61]、続く4月3日の西武戦でも毎回の13奪三振、8回3安打1失点の好投でシーズン初勝利を挙げた[62]。さらに同10日のオリックス・バファローズ戦では、初回二死からプロ野球新記録且つ世界記録となる13者連続奪三振[63][64]野田浩司が持つプロ野球記録に並ぶ毎回の1試合19奪三振[65][66]、28年ぶり(1994年の槙原寛己以来[注 5])史上16人目となる完全試合を達成[68][注 6]。毎回奪三振での達成は史上初[70]、通算14試合目での達成は史上最速[69]、20歳5か月での達成は史上最年少記録となった[6] 。この試合で記録された13者連続奪三振、及びバッテリーを組んだ松川との合計年齢は「プロ野球におけるピッチャーの連続奪三振最多数」「プロ野球における完全試合を達成したピッチャーとキャッチャーの最年少(合計年齢)」(記録数値:38歳330日)としてギネス世界記録に認定された[71]

※オールスターゲームでの連続奪三振の日本記録は江夏豊の15者連続奪三振、連続投球回数9回で23奪三振(1970年 - 1972年)[72]

その後チームに雨天中止の試合があり、ローテーションが再編されたが、佐々木は予定通り中6日で4月17日の北海道日本ハムファイターズ戦に先発[73]。3回表にフライアウト3つで連続イニング奪三振記録が「25」で止まったものの[74]、「1シーズンでの日本人投手記録」としては山本由伸に並ぶ最長タイ、「シーズン初登板初回からの記録」としては伊藤大海を上回り史上最長記録となった[75][注 7]。この日も完全投球を続けていたが、打線の援護が無く、また制球にばらつきがあって球数を要し、8回無安打14奪三振無失点で降板し、勝敗は付かなかった[77]

京セラドーム大阪にて
(2022年4月24日)

続く4月24日のオリックス戦で初回先頭の福田周平に安打を打たれ、連続イニング無安打および連続打者凡退記録がストップしたものの[78]17イニング連続無安打52者連続アウトは共にプロ野球新記録となった。この日は苦しい投球であったが、5回6安打5四死球4奪三振2失点の内容で勝利投手となった[79]。疲労を考慮されて翌25日に出場選手登録を抹消されたが[80]、3・4月は5先発で3勝0敗、防御率1.50、36イニングを投げて60奪三振を記録[81]。中11日で5月6日のソフトバンク戦に先発すると[82]、続く同13日のオリックス戦の先発登板前には3・4月度の月間MVPを受賞したことが発表された[81][注 8]。6月3日の巨人戦では岡本和真に今季初の本塁打(なお、岡本にはオープン戦でもこの年には本塁打を打たれている[84])を浴び、プロ入りワースト失点となる5失点でこの年の初黒星を喫した[85]。その後も疲労を考慮した起用法となり、規定投球回数には到達せず、主要タイトルも獲得しなかったものの、9勝4敗(20先発)で防御率が2.02、奪三振数は山本由伸に次ぐ2位という好成績でシーズンを終えた。シーズンオフ後の契約更改交渉はチームの選手の中で最後に行われ、5000万増の年俸8000万円で更改した[86]。年末のプロ野球珍プレー・好プレー大賞では「佐々木朗希投手 マーティン選手がイチャつく」として2022年度大賞を受賞した。

選手としての特徴[編集]

走者がいない状況でもセットポジションから足を高く上げる投球フォームが特徴[87]。腕の振りはスリークォーター[88][89]

ストレート(フォーシーム)の平均球速は158.3 km/hで[90]、プロでは最速164 km/hを計測[91]。高校時代にも最速163 km/h(高校生の日本歴代最速)を記録している[92][93]。ストレートの平均回転数は2450rpmを計測し、NPBの平均値(2200~2300rpm)より上だった[94]。その他の持つ球種として、スライダーフォークカーブがある[95][96]。フォークはスカウトから高く評価されている[97]。また、フォークも最速150 km/hを計測[98]。2020年2月の時点でもキャンプ地での佐々木の投球をみた川上憲伸がお墨付きをするほどの評価を得ていた[99]

佐々木のストレートの握りは中指と人差し指をくっつけた独特な握りであり、過去に藤川球児らがこの握りでストレートを投げていた。この握り方はいわゆる一般的なストレートの握りと異なるもので力を集中させやすい反面、制球をしにくい握り方であるとされている[100][95]

高校時代に岩手県大会・盛岡四高戦の延長12回に、決勝本塁打を打つなど打撃センスも光る[101]。50メートル走5秒9[102]

2020年10月にはロッテ入団当初と比べて上半身が大きくなったなど体格の向上が伝えられた[103]

人物[編集]

「朗希」の名前は、佐々木が誕生した2001年に放送されていた特撮ドラマの『百獣戦隊ガオレンジャー』の登場人物でもある「狼鬼」(ロウキ)に由来するもので、当時『ガオレンジャー』に熱中していた3歳年上の兄の発案によって命名された[104][105]

あいみょんの大ファンで、2020年のさいたまスーパーアリーナでのライブを会場で鑑賞した他、登場曲もあいみょんの曲を使用している。2022年に放送された『音楽の日』(TBS系)では対談も実現した[106]

佐々木希の大ファンで、2023年1月23日放送分の日本テレビ『しゃべくり007』に出演した際にサプライズ初対面を果たしている。

エピソード[編集]

登板回避問題[編集]

2019年7月25日に行われた第101回全国高校野球選手権岩手大会決勝戦[注 9]において、佐々木は登板することなくチームも花巻東高校に2-12で敗れ、大船渡高校はあと一歩のところで35年ぶりの甲子園出場を逃した。試合後、大船渡高校の國保陽平監督は佐々木の登板回避について、「3年間で(佐々木が)一番壊れる可能性があると思った。故障を防ぐためですから。私が判断しました」と登板回避の理由を説明したが、これに対して大船渡高校には2日間で250件の苦情が殺到した[107]。一方、当時は学童野球の試合で球数制限が適用されるなど、選手の「投げ過ぎ」が問題視されていた時期とも重なったことから、佐々木のその起用法を巡っては有識者やファンの間で賛否両論が巻き起こり、社会現象となった[1]

特に注目された発言として、野球評論家張本勲は自身の出演するテレビ番組『サンデーモーニング』(TBS系)において、佐々木のことを「絶対に投げさせるべきだった。監督と佐々木君のチームじゃないですよ。チームの選手は1年生から3年生まで必死に練習して、甲子園が夢なんですよ」[108]とコメントした。その張本はプロ通算400勝投手の金田正一から電話を貰い、佐々木の登板回避問題について「投げさせなきゃだめだ。賛否両論じゃない。99%だね」と、金田が電話口で力説していたことを語っている[109]。これに対して、当時シカゴ・カブスダルビッシュ有は自らのツイッターで、張本の発言をめぐる記事を引用したうえで、漫画『ドラゴンボール』のキャラクター"シェンロン(神龍)"を持ち出し、「シェンロンが一つ願いこと叶えてあげるって言ってきたら迷いなくこのコーナー(張本の出演するテレビ番組)を消してくださいと言う」と投稿した[110]

野球評論家の桑田真澄スポーツ報知において、佐々木の内容について「大船渡の國保監督と佐々木投手の勇気に、賛辞を贈りたいと思います」とコメントしている[107]。ほか、サッカー界でも日本代表の長友佑都やサッカー解説者の前園真聖が、選手の将来を考えた監督の決断を支持するコメントを残した[111]

一方で、甲子園の名将とも言われる高校野球の監督・元監督らからは「一番大事な決勝。理解に苦しむ」(横浜高校渡辺元智前監督)、「回避にびっくり」(大阪桐蔭高校西谷浩一監督)、「佐々木君が出ていたら勝っていたかもしれない」(履正社高校岡田龍生監督)等、批判かやや批判寄りのコメントがなされ[107]智弁学園和歌山高校智弁学園高校高嶋仁元監督は、「苦渋の決断をした勇気は認めなくては」としつつ「自分なら決勝から逆算して投げられるように県大会全体でやりくりをする。無理はさせない前提だが、その上で何とか甲子園に連れて行ってやろうとした。甲子園は聖地で、成長の大きな機会でもあるから」とコメントした[112]。また、元開星高等学校野々村直通監督は「『お前は限界だと思うだろうが、まだやれるよ』と教えることが教育、そして『先生、僕出来ました。もうひとつ上のことが出来ました』という進歩を体験させることも教育だ」として、「佐々木君が(決勝戦で)『僕、いけます』と監督に直訴できる選手であってほしかった」と語っている[113]

この佐々木の出来事は、その後も高校野球の投手の起用法やトーナメントでの戦術に関する議論において引き合いに出されるなど問題に一石を投じることとなった[114]。なお、佐々木は試合後メディアの取材に対して、「監督の判断なので、しようがないです。高校野球をやっていたら、試合に出たい。投げたい気持ちはありました。」と答えている[115]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2021 ロッテ 11 11 0 0 0 3 2 0 0 .600 258 63.1 51 5 16 1 0 68 3 0 24 16 2.27 1.06
2022 20 20 2 1 1 9 4 0 0 .692 490 129.1 80 7 23 2 7 173 4 1 31 29 2.02 0.80
通算:2年 31 31 2 1 1 12 6 0 0 .667 748 192.2 131 12 39 3 7 241 7 1 55 45 2.10 0.88
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2021 ロッテ 11 2 6 2 1 .800
2022 20 3 8 5 2 .688
通算 31 5 14 7 3 .731
  • 2022年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録
  • 初打席:2021年5月27日、対阪神タイガース3回戦(阪神甲子園球場)、3回表にラウル・アルカンタラから見逃し三振
その他の記録
  • 完全試合:2022年4月10日、対オリックス・バファローズ3回戦(ZOZOマリンスタジアム)、9回無安打無四球無失点19奪三振
  • 初完投試合が完全試合:同上 ※史上初[69]
  • 完全試合で毎回奪三振:同上 ※史上初[70]
  • 13者連続奪三振:同上、1回表から5回表にかけて ※日本記録[117][注 13]
    • 8者連続空振り三振:同上、1回表から4回表にかけて ※日本記録[70]
  • 1試合19奪三振:同上 ※日本タイ記録[69]
  • 17イニング連続無安打:同上1回表から同年4月17日、対北海道日本ハムファイターズ4回戦の8回表まで ※史上最長記録[119][120]
  • 52者連続アウト:2022年4月3日、対埼玉西武ライオンズ3回戦の8回表2死から同年4月17日、対北海道日本ハムファイターズ4回戦の8回表3死まで ※史上最長[120][121][注 14]
  • 36イニング連続奪三振:2021年10月14日、対オリックス・バファローズ26回戦の2回裏から、2022年4月17日、対北海道日本ハムファイターズ4回戦の2回表まで ※日本人最長記録(シーズン跨ぎのため参考記録)[74][122]
    • シーズン25イニング連続奪三振:2022年3月27日、対東北楽天ゴールデンイーグルス2回戦の1回表から、同年4月17日、対北海道日本ハムファイターズ4回戦の2回表まで ※日本人最長タイ記録、シーズン初登板初回からに限ると史上最長[75]
  • 4試合連続2桁奪三振:2022年3月27日、対東北楽天ゴールデンイーグルス2回戦(10奪三振)から同年4月17日、対北海道日本ハムファイターズ4回戦(14奪三振)まで ※史上12人目22度目、シーズン初登板からに限ると史上3人目[123]
  • 連続4試合で合計56奪三振:同上 ※史上最多[124]
  • 1イニング4奪三振:2022年7月1日、対東北楽天ゴールデンイーグルス12回戦(ZOZOマリンスタジアム)、1回表に西川遥輝(振り逃げ)、小深田大翔浅村栄斗島内宏明から ※史上26人目27度目、球団史上初、初回に記録したのは史上3人目、初回に4者連続で記録したのは史上初[125]
  • オールスターゲーム出場:1回(2022年

背番号[編集]

登場曲[編集]

代表歴[編集]

関連情報[編集]

出演[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 朗希の父は生前、陸前高田市長の戸羽太と親交が深かった[9]
  2. ^ 大船渡市の地元紙『東海新報』が2020年元日に掲載した特集記事より[1]。ただし、同紙が2018年に朗希の兄(当時は東北学院大学教養学部2年生)を取材した際のインタビュー記事によれば、一家は同市赤崎町に引っ越したという旨が報じられている[11]
  3. ^ 「オール気仙」とは岩手県気仙地区の選抜チームであり[1]、軟式野球部を引退した中学3年生がその秋に、高校から扱う硬式球の準備のため、地域で結成する代表チーム[14]。素材はゴムだが硬式球と同じ大きさ、重さの「Kボール」を使ってプレーする[14]
  4. ^ 交流戦で勝利を挙げた10代の投手は、球団では2009年の唐川侑己以来2人目、甲子園で勝利を挙げた10代の投手は、パ・リーグでは2006年のダルビッシュ有、2014年の大谷翔平以来3人目となった[52]
  5. ^ パ・リーグでは1978年の今井雄太郎以来、44年ぶり[67]
  6. ^ これがプロ初完投・初完封勝利であり、完投がなかった投手の達成は史上初[69]
  7. ^ シーズンを跨いでの記録は36イニングとなり、デニス・サファテに次ぐ歴代2位相当[76]
  8. ^ この試合では7回6安打無四球7奪三振1失点の内容で勝利投手となった[83]
  9. ^ BS朝日を通じて、いち地方大会決勝ながら全国生中継された。
  10. ^ 日本新記録となる13者連続奪三振を讃えて。
  11. ^ 日本タイ記録となる1試合19奪三振を讃えて。
  12. ^ 28年ぶりの完全試合達成を称えての表彰[116]
  13. ^ MLBにおける連続奪三振記録は10者連続であるため、MLBを含めても最多記録となった[118]
  14. ^ MLBにおける記録は2014年ユスメイロ・ペティットの46人連続であるので、MLBを含めても最長記録[121]
  15. ^ 同姓の佐々木千隼がいるので、ネームは区別のため「R.SASAKI」となる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac 東海新報』令和2年(2020年)1月1日付2-3頁「プロのステージで躍進を 佐々木朗希投手(大船渡高)」(東海新報社)
  2. ^ a b c 佐々木 朗希(千葉ロッテマリーンズ)|個人年度別成績” (日本語). NPB.jp. 日本野球機構 (2022年). 2022年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月23日閲覧。
  3. ^ ロッテ - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2022年12月24日閲覧。
  4. ^ a b 「令和の怪物」佐々木朗希が挑む最後の夏 163キロ右腕の潜在能力”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2019年7月12日). 2020年1月22日閲覧。
  5. ^ 鎌田良美 (2022年2月11日). “平成の怪物と令和の怪物初対面 松坂大輔氏にロッテ佐々木朗希「ブルペン見た感想教わりました」”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 2022年4月10日閲覧。
  6. ^ a b c 【ロッテ】佐々木朗希が完全試合、巨人槇原以来28年ぶり 13連続奪三振の日本新とW快挙”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2022年4月10日). 2022年4月10日閲覧。
  7. ^ 坂名信行 (2021年3月11日). “日常がなくなる怖さ だから懸命に 佐々木朗希の10年”. 朝日新聞DIGITAL. 朝日新聞社. 2022年2月5日閲覧。
  8. ^ 武田勇美 (2019年7月25日). “【岩手】大船渡・佐々木の幼なじみ女房役・及川恵が3度盗塁阻止 甲子園へ「俺も目指したい」”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2020年3月12日閲覧。
  9. ^ 『東海新報』2021年5月29日付一面「佐々木投手 プロ初勝利 〝夢舞台〟甲子園で力投」(東海新報社)
  10. ^ 金子真仁 (2019年7月25日). “佐々木朗希、父遺影に毎朝「行ってきます」母が回想”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 2020年11月10日閲覧。
  11. ^ 『東海新報』平成30年(2018年)5月11日付7頁「震災7年2カ月 忘れえぬ思い(3) 佐々木○○〔朗希の兄の実名〕さん(19) 震災で失った父と祖父母 話したかったこと、たくさん…」(東海新報社)
  12. ^ ロッテ・佐々木朗が所属した猪川野球クラブスポーツ少年団佐々木会長「日本を代表するエースに」”. サンスポ. 産経デジタル (2021年5月28日). 2022年2月5日閲覧。
  13. ^ 佐々木朗希がマリンに立つ日 少年たちの思い出も”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2019年10月30日). 2021年2月7日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g 柳川悠二 (2019年7月16日). “大船渡・佐々木朗希 中学時代恩師たちが明かす「怪物前夜」”. NEWSポストセブン. 小学館. 2019年10月16日閲覧。
  15. ^ 御船紗子,坂名信行 (2021年8月8日). “甲子園をめざす過程があって良かった 佐々木朗希投手”. 朝日新聞DIGITAL. 朝日新聞社. 2022年2月5日閲覧。
  16. ^ 衝撃デビュー!大船渡1年佐々木が147キロ/岩手”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2017年7月8日). 2022年2月5日閲覧。
  17. ^ 147キロ1年生・佐々木投げずに大船渡敗退/岩手”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2017年7月13日). 2022年2月5日閲覧。
  18. ^ “大谷2世”佐々木朗を擁する大船渡3回戦敗退 部員11人の西和賀は大金星!”. Full-Count. Creative2 (2018年7月14日). 2022年2月5日閲覧。
  19. ^ 佐々木朗希(大船渡)が高校2年史上最速タイとなる「157キロ!」”. 高校野球ドットコム. WoodStock (2018年9月16日). 2022年2月5日閲覧。
  20. ^ 大船渡・佐々木163キロ/高校生・主な球速上位”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2019年4月7日). 2019年10月19日閲覧。
  21. ^ 麻生和男 (2019年7月8日). “高校最速163キロの大船渡高・佐々木朗希 計測したスピードガン、実は…”. 中日スポーツ. 中日新聞社. 2019年10月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年11月10日閲覧。
  22. ^ a b c d 大船渡・佐々木朗希がプロ志望届を提出 きょう記者会見”. 朝日新聞DIGITAL. 朝日新聞社 (2019年10月2日). 2019年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月3日閲覧。
  23. ^ 柳川悠二 (2019年8月5日). “「ビッグ4」で唯一甲子園へ 星稜の「奥川劇場」開幕へ”. NEWSポストセブン. 小学館. 2019年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月30日閲覧。
  24. ^ a b 佐々木160キロ/高校生・公式戦での主な球速上位”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2019年7月22日). 2021年12月12日閲覧。
  25. ^ 有吉広紀 (2019年7月19日). “【岩手】一関工がV候補・盛岡大付撃破 背番10平野、100キロチェンジアップで完投”. スポーツ報知. 報知新聞社. 2022年2月5日閲覧。
  26. ^ 大船渡・佐々木が15K完封、決勝進出 花巻東と対戦”. 朝日新聞DIGITAL. 朝日新聞社 (2019年7月24日). 2022年2月5日閲覧。
  27. ^ 中川耕平 (2019年10月3日). “大船渡・佐々木「163キロ超えたい」プロ志望表明”. 東京新聞 TOKYO Web. 中日新聞社. 2019年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月3日閲覧。
  28. ^ 【ドラフト】佐々木朗希はロッテ! 最多4球団が競合、井口監督が2年連続で“当たり”引く”. Full-Count. Creative2 (2019年10月17日). 2022年2月5日閲覧。
  29. ^ 鎌田直秀 (2019年10月17日). “ロッテ1位佐々木朗希、活躍する姿で被災者に元気を”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 2019年10月18日閲覧。
  30. ^ 『東海新報』令和元年(2019年)10月18日付1頁「佐々木投手(大船渡)ロッテが交渉権 パの4球団が1位指名 プロ野球ドラフト会議 「日本一のピッチャーに」と抱負」(東海新報社)
  31. ^ 『東海新報』令和元年(2019年)10月5日付7頁「プロ球団との面談開始 大船渡高の佐々木投手 まずヤクルトとロッテ」(東海新報社)
  32. ^ a b 『東海新報』令和元年(2019年)12月1日付1頁「佐々木投手(大船渡高)ロッテと正式契約 大船渡で記者会見」(東海新報社)
  33. ^ a b 久永壮真 (2019年12月1日). “ロッテ佐々木朗希は背番17 170キロの願い込め”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 2020年6月1日閲覧。
  34. ^ 金子真仁, 鎌田良美 (2020年1月23日). “佐々木朗希1軍キャンプ 井口監督の狙いとは”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 2021年2月7日閲覧。
  35. ^ ロッテ佐々木朗希の動画が最速7日で100万回到達”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2020年2月21日). 2021年2月7日閲覧。
  36. ^ 【ロッテ】ドラ1佐々木朗希、1軍帯同で英才教育継続”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2020年6月16日). 2021年2月7日閲覧。
  37. ^ ロッテ佐々木朗希、7週間ぶり公の場キャッチボール”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2020年7月14日). 2021年2月7日閲覧。
  38. ^ ロッテ井口監督、佐々木朗希の今季1軍デビュー期待”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2020年10月13日). 2021年2月7日閲覧。
  39. ^ ロッテ・佐々木朗 今年中の1、2軍の公式戦登板消滅 井口監督が説明”. デイリースポーツ online. デイリースポーツ (2020年10月30日). 2020年10月30日閲覧。
  40. ^ 金子真仁 (2020年10月30日). “佐々木朗希の今季公式戦登板なし「下で調整を」監督”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 2021年2月7日閲覧。
  41. ^ a b 金子真仁 (2021年1月18日). “ロッテ佐々木朗希1軍発進、井口監督は先発争い期待”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 2021年2月7日閲覧。
  42. ^ 金子真仁 (2020年12月14日). “ロッテ佐々木朗希「来年から試合で投げる」現状維持”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 2021年3月25日閲覧。
  43. ^ ロッテ佐々木朗希、13日以降も石垣島残留で調整へ”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2021年2月10日). 2021年3月12日閲覧。
  44. ^ 佐々木朗希デビュー 1回3者凡退、最速153キロ”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2021年3月12日). 2021年3月12日閲覧。
  45. ^ ロッテ佐々木朗希が公式戦デビュー2回1安打無失点”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2021年4月2日). 2021年4月2日閲覧。
  46. ^ 金子真仁 (2021年5月11日). “ロッテ佐々木朗希 16日西武戦で1軍デビューへ「しっかり飾って」監督期待”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 2022年2月5日閲覧。
  47. ^ a b “ロッテ佐々木朗希5回4失点の力投/全投球”. nikkansports.com (日刊スポーツNEWS). (2021年5月17日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202105170000065.html?mode=all 2021年5月18日閲覧。 
  48. ^ a b 山口泰弘 (2021年5月17日). “ロッテ・佐々木朗伝説幕開け 勝ち投手の権利持って降板も…白星スルリ”. サンケイスポーツ (産経デジタル). https://www.sanspo.com/baseball/news/20210517/mar21051705030001-n1.html 2021年5月18日閲覧。 
  49. ^ a b c 金子真仁 (2021年5月28日). “初勝利佐々木朗希が大切な大船渡チームメートに話した「強くなれた理由」”. nikkansports.com (日刊スポーツNEWS). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202105270001407.html?mode=all 2021年5月28日閲覧。 
  50. ^ a b c “プロ初勝利のロッテ・佐々木朗希「両親に渡したい」 ウイニングボールは亡き父、そして母への感謝”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年5月27日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/05/27/kiji/20210527s00001173636000c.html 2021年5月28日閲覧。 
  51. ^ a b “ロッテ・佐々木朗希がプロ初勝利に「うれしい」初の甲子園は「楽しかったです」”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2021年5月27日). https://www.daily.co.jp/baseball/2021/05/27/0014364148.shtml?pg=2 2021年5月27日閲覧。 
  52. ^ “【データ】佐々木朗希プロ初勝利 甲子園10代白星ダル、大谷につぎ3人目”. nikkansports.com (日刊スポーツNEWS). (2021年5月27日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202105270001144.html?mode=all 2021年5月28日閲覧。 
  53. ^ 鎌田良美 (2021年6月24日). “ロッテ佐々木朗希プロ初黒星、柳田に被弾&適時打…直球変化球とも打たれる”. nikkansports.com (日刊スポーツNEWS). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202106240001110.html?mode=all 2021年6月25日閲覧。 
  54. ^ 【ロッテ】佐々木朗希プロ初の無失点登板で今季2勝目 思い出の楽天生命パーク”. 中日スポーツ. 中日新聞社 (2021年8月28日). 2022年2月5日閲覧。
  55. ^ 金子真仁 (2021年9月10日). “佐々木朗希「子どもの頃の自分に言っても信じない」憧れマー君と投げ合い”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 2021年11月3日閲覧。
  56. ^ 8月以降は防御率1.22、奪三振率10.70 ロッテ佐々木朗希が見せた劇的進化の理由とは?”. Full-Count. Creative2 (2021年12月2日). 2022年2月5日閲覧。
  57. ^ 【ロッテ】佐々木朗希、パ最年少CS先発へ戦闘モード「初回からしっかりゼロで抑えれるように全力を」”. 中日スポーツ. 中日新聞社 (2021年11月5日). 2022年2月5日閲覧。
  58. ^ 金子真仁 (2021年11月6日). “試合支配したロッテ佐々木朗希「いつもと一緒」CS開幕戦で堂々6回1失点”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 2022年2月5日閲覧。
  59. ^ 佐々木朗希1400万増の3000万円更改「大事な試合で投げることできた」”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2021年12月17日). 2022年3月29日閲覧。
  60. ^ ロッテ・佐々木朗希が自己最速164キロ 初回3者連続三振の圧巻スタート!”. BASEBALL KING. フロムワン (2022年3月27日). 2022年4月10日閲覧。
  61. ^ ロッテ・佐々木朗希 164キロ計測も初勝利ならず 6回3失点10Kも援護なく”. デイリースポーツ online. デイリースポーツ (2022年3月27日). 2022年4月10日閲覧。
  62. ^ 神田さやか (2022年4月3日). “ロッテ佐々木朗が8回1失点 毎回の13奪三振”. 産経ニュース. 産経デジタル. 2022年4月10日閲覧。
  63. ^ 4/10(日)佐々木朗希投手が連続三振の日本記録を更新”. 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト (2022年4月10日). 2022年4月10日閲覧。
  64. ^ 佐々木朗希、10者連続奪三振で64年ぶりプロ野球新! さらに伸ばし5回まで13人連続K【ロッテ】”. 中日スポーツ. 中日新聞社 (2022年4月10日). 2022年4月10日閲覧。
  65. ^ 4/10(日)佐々木朗希投手が1試合19奪三振で日本記録に並ぶ”. 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト (2022年4月10日). 2022年4月10日閲覧。
  66. ^ 【ロッテ】佐々木朗希、日本最多タイ19奪三振 95年オリックス野田浩司に並ぶ”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2022年4月10日). 2022年4月10日閲覧。
  67. ^ 佐々木朗希、史上最年少の完全試合達成 1試合19奪三振の日本タイ記録とW快挙”. Full-Count. Creative2 (2022年4月10日). 2022年4月10日閲覧。
  68. ^ 4/10(日)佐々木朗希投手が完全試合を達成”. 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト (2022年4月10日). 2022年4月10日閲覧。
  69. ^ a b c d e f g h “初完投&初完封の完全試合は史上初! 21世紀初&最年少達成のロッテ・佐々木朗希、通算14試合目も史上最速”. サンケイスポーツ (産経デジタル). (2022年4月10日). https://www.sanspo.com/article/20220410-2XRLHXB2TFNG7HAXQZEXQF5RVU/ 2022年4月10日閲覧。 
  70. ^ a b c d e f “【データ】佐々木朗希、記録ずくめの完全試合 初完投でマークも毎回奪三振も史上初”. nikkansports.com (日刊スポーツNEWS). (2022年4月11日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204100001116.html?mode=all 2022年4月11日閲覧。 
  71. ^ 佐々木朗投手・松川選手 ギネス世界記録™認定”. 千葉ロッテマリーンズオフィシャルサイト (2022年11月10日). 2022年11月10日閲覧。
  72. ^ 広尾晃 (2020年7月20日). “江夏の26奪三振を知っているか。球宴の9者連続Kを含む凄まじい闘志。”. Number Web. 文藝春秋. 2022年5月21日閲覧。
  73. ^ 横市勇 (2022年4月16日). “ロッテ・井口監督「サンデー朗希」固定明言 日本ハム戦雨天中止も予定通り17日先発”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2022年4月17日閲覧。
  74. ^ a b 【日本ハム】佐々木朗希の連続イニング奪三振記録止めた!出塁ならずもヌニエスらが断ち切る”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2022年4月17日). 2022年4月17日閲覧。
  75. ^ a b “ロッテ・佐々木朗希 イニング連続奪三振は「25」でストップ それでも日本人最長タイ 3回完全”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年4月17日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/04/17/kiji/20220417s00001173403000c.html 2022年4月17日閲覧。 
  76. ^ 広岡浩二 (2022年4月18日). “ロッテ・佐々木朗、八回降板も2戦連続完全ピッチ 日本選手最長タイ25イニング連続奪三振、メジャー超え52人連続斬り”. サンスポ. 産経デジタル. 2022年4月18日閲覧。
  77. ^ 【ロッテ】8回パーフェクト降板の佐々木朗希「球数が多くなったのと、フォークの精度がイマイチ」”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2022年4月17日). 2022年4月17日閲覧。
  78. ^ 佐々木朗希「完全」止まる、球審が詰め寄る、162キロの死球…SNS上騒然「荒れてる」「松川が大人」”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2022年4月24日). 2022年4月24日閲覧。
  79. ^ ロッテ・佐々木朗の5四死球は「審判のせい」評論家は「球審はオトナ気ない」”. 東スポWEB. 東京スポーツ新聞社 (2022年4月24日). 2022年4月24日閲覧。
  80. ^ ロッテが佐々木朗希を抹消 井口監督「ちょっと疲れもあるようなので」”. BASEBALL KING. フロムワン (2022年4月25日). 2022年5月14日閲覧。
  81. ^ a b ロッテ・佐々木朗希が初の月間MVPを受賞!「チームメイトにすごく感謝」”. BASEBALL KING. フロムワン (2022年5月13日). 2022年5月14日閲覧。
  82. ^ 金子真仁 (2022年5月6日). “【ロッテ】佐々木朗希 89.6%が160キロ台の“金曜朗希ショー”救援打たれ4勝目スルリ”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 2022年5月14日閲覧。
  83. ^ ロッテ・佐々木朗希が7回1失点でハーラートップタイの4勝目 今季3度目の無四球投球”. 東スポWEB. 東京スポーツ新聞社 (2022年5月13日). 2022年5月14日閲覧。
  84. ^ 【巨人】岡本和真が佐々木朗希から16号2ラン「何とかつなごうと」オープン戦でも満塁本塁打”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2022年6月3日). 2022年6月12日閲覧。
  85. ^ 佐々木朗希が自己ワースト5失点 岡本和に今季初被弾、最短タイの5回で降板”. Full-Count. Creative2 (2022年6月3日). 2022年6月10日閲覧。
  86. ^ “ロッテ・佐々木朗が高卒4年目球団最高の8000万円で更改 歴代最高はダルビッシュ、大谷の2億円”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2022年12月24日). https://www.daily.co.jp/baseball/2022/12/24/0015917073.shtml 2022年12月24日閲覧。 
  87. ^ 163キロ右腕・佐々木朗希にドラ1の価値はあるか”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2019年10月16日). 2019年11月24日閲覧。
  88. ^ R.J. Anderson (2022年4月11日). “Roki Sasaki scouting report: What to know about Japanese phenom, his possible MLB debut date and elite heat” (英語). CBS SPORTS DIGITAL. CBS INTERACTIVE. 2022年6月28日閲覧。
  89. ^ 専門家が徹底解剖 佐々木朗希「163キロ直球」を生かす秘策”. 日刊ゲンダイDIGITAL. 日刊現代 (2020年1月14日). 2021年3月25日閲覧。
  90. ^ 【ロッテ】佐々木朗希の今季成績一覧 年間直球平均158.3キロ 20試合で9勝4敗”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2022年9月27日). 2022年10月7日閲覧。
  91. ^ 金子真仁 (2022年3月27日). “【ロッテ】佐々木朗希が自己最速更新の164キロをマーク 3年前の大船渡高時代に163キロ”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 2022年3月27日閲覧。
  92. ^ 安倍昌彦 (2019年4月9日). “佐々木朗希「163km」の一部始終。球場は静まり、別の武器も披露。”. Number Web. 文藝春秋. 2021年3月25日閲覧。
  93. ^ ロッテ佐々木朗希ついに甲子園入り 高校時代に届かなかった聖地で32球”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2021年5月25日). 2021年5月25日閲覧。
  94. ^ 鈴木光 (2022年6月28日). “【スポニチ潜入(7)大商大・伊原陵人】“朗希級”の直球回転数で関西を代表する左腕に”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2022年7月18日閲覧。
  95. ^ a b FNNプライムオンライン (2022年3月27日). “【独占】160キロ連発ロッテ佐々木朗希のストレートの極意に迫る!「プロスピA」風に球種を自己査定” (日本語). nippon.com. 公益財団法人ニッポンドットコム. 2022年4月29日閲覧。
  96. ^ 開出牧 (2020年3月28日). “ロッテ・佐々木朗希、速球だけではない高度な投球術 カメラマンが捉えたその瞬間”. デイリースポーツ online. デイリースポーツ. 2020年4月5日閲覧。
  97. ^ 佐々木朗希を米メディア“徹底解剖” 数年後の予習「世界一の投手になる可能性」”. Full-Count. Creative2 (2022年4月21日). 2022年7月18日閲覧。
  98. ^ ロッテ朗希 5回まで6者連続含む8K無失点 柳田を164キロ直球と150キロフォークで2打席連続三振”. スポニチ Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2022年5月20日). 2022年7月17日閲覧。
  99. ^ “張本勲氏「令和の怪物って…野球界は誰も認めてない」先行報道に苦言”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2020年2月16日). https://www.daily.co.jp/baseball/2020/02/16/0013120246.shtml 2022年12月11日閲覧。 
  100. ^ 開出牧 (2021年10月25日). “ロッテ・佐々木朗希 “火の玉ストレート”と同じ握りだった!”. デイリースポーツ online. デイリースポーツ. 2022年4月29日閲覧。
  101. ^ 佐々木朗希が延長12回194球21奪三振完投勝利!打っては決勝弾!大谷翔平以来の160キロ計測!”. 高校野球ドットコム. 株式会社WoodStock (2019年7月21日). 2019年11月24日閲覧。
  102. ^ 大船渡・佐々木朗希152キロ! 1番で快足も披露”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2018年5月19日). 2021年3月25日閲覧。
  103. ^ ロッテ佐々木朗希が「デカくなってる!」 “ドラフトから1年”画像にファン驚愕”. Full-Count. Creative2 (2020年10月17日). 2020年10月22日閲覧。
  104. ^ 金子真仁 (2019年7月19日). “佐々木朗希の名はかっこいいガオレンジャー悪役由来”. nikkansports.com (日刊スポーツNEWS). オリジナルの2022年4月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220410101137/https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201907180001086.html 2022年4月10日閲覧。 
  105. ^ “大船渡・佐々木「朗希」名付け親は兄・○○さん!由来は戦隊ヒーロー「ガオレンジャー」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年7月19日). オリジナルの2022年4月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220410102144/https://hochi.news/articles/20190719-OHT1T50001.html?page=1 2022年4月10日閲覧。 
  106. ^ “ロッテ佐々木朗希 大ファンあいみょんと初対面で「心臓の音聞こえます」と顔真っ赤”. デイリースポーツ online (神戸新聞社). (2022年7月16日). https://www.daily.co.jp/gossip/2022/07/16/0015476573.shtml?pg=2 2022年7月29日閲覧。 
  107. ^ a b c プチ鹿島 (2019年7月30日). “報道が過熱する「佐々木朗希」問題。各スポーツ紙はどこに注目したのか。”. Number Web. 株式会社文藝春秋. 2019年10月15日閲覧。
  108. ^ 張本氏、大船渡・佐々木は絶対投げさせるべき「けが怖がるならやめたほうがいい」”. サンケイスポーツ. 産経デジタル (2019年7月28日). 2019年10月15日閲覧。
  109. ^ 「あれは稲尾さんのスライダー。佐々木君より奥川君が即戦力」張本氏がドラフト直前の直言”. 文春オンライン. 株式会社文藝春秋 (2019年10月14日). 2019年10月19日閲覧。
  110. ^ ダルビッシュ有(Yu Darvish) [@faridyu] (2019年7月28日). "シェンロンが一つ願いこと叶えてあげるって言ってきたら迷いなくこのコーナーを消してくださいと言う。" (ツイート). Twitterより2019年10月15日閲覧
  111. ^ 佐々木・不起用問題、張本勲の監督批判に世界中から批判殺到…「根拠ない根性論」”. Business Journal. サイゾー (2019年7月29日). 2019年10月15日閲覧。
  112. ^ 「佐々木朗希」の登板回避、32歳監督はどうすべきだったのか 決断への“批判”“称賛””. デイリー新潮. 新潮社 (2019年8月5日). 2019年10月15日閲覧。
  113. ^ “「末代までの恥」発言の野々村元監督、大船渡・佐々木“登板回避”「あり得ない」「プロ育成所へ…」”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2019年8月11日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/08/11/kiji/20190811s00001002334000c.html 2019年10月19日閲覧。 
  114. ^ 氏原英明 (2019年8月1日). “佐々木朗希から考える「年間日程」。センバツがエース依存の根本原因?”. Number Web. 2019年10月15日閲覧。
  115. ^ 小松泰樹 (2019年8月3日). “佐々木朗希「あと1勝」で投げず、国保監督の重い判断”. 時事ドットコム. 時事通信社. 2019年10月15日閲覧。
  116. ^ “【速報】千葉市、ロッテ朗希と松川に感動賞 「千葉移転30周年の偉業、感慨深い」”. 千葉日報 (千葉日報社). (2022年4月13日). https://www.chibanippo.co.jp/sports/lotte/926313 2022年4月13日閲覧。 
  117. ^ “【ロッテ】佐々木朗希、13者連続三振 64年ぶりNPB記録更新 6回まで完全投球”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2022年4月10日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204100000554.html?mode=all 2022年4月10日閲覧。 
  118. ^ “ロッテ佐々木朗が“世界記録”の13者連続三振 MLB記録はシーバーらの10 歴史に名を刻んだ”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年4月10日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/04/10/kiji/20220410s00001173366000c.html 2022年4月11日閲覧。 
  119. ^ “【ロッテ】佐々木朗希 日本記録17イニング連続無安打快投も8回で降板、14奪三振102球”. nikkansports.com (日刊スポーツNEWS). (2022年4月17日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202204170000442_m.html?mode=all 2022年4月17日閲覧。 
  120. ^ a b “【ロッテ】佐々木朗希「完全投球」17イニング、連続アウト52人で止まった 初回初球を右前打”. nikkansports.com (日刊スポーツNEWS). (2022年4月24日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202204240000465_m.html?mode=all 2022年4月24日閲覧。 
  121. ^ a b “【データ】佐々木朗希3戦がかり52者連続アウト、メジャー記録ペティットの「46」超えた”. nikkansports.com (日刊スポーツNEWS). (2022年4月17日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202204170001353_m.html?mode=all 2022年4月18日閲覧。 
  122. ^ “【ロッテ】佐々木朗希34イニング連続奪三振 日本記録はサファテの43イニング”. nikkansports.com (日刊スポーツNEWS). (2022年4月10日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202204100000430_m.html?mode=all 2022年4月18日閲覧。 
  123. ^ “【ロッテ】佐々木朗希4戦連続2桁奪三振、シーズン初登板からは野茂、ダルビッシュ以来3人目”. nikkansports.com (日刊スポーツNEWS). (2022年4月17日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202204170000292_m.html?mode=all 2022年4月17日閲覧。 
  124. ^ “【ロッテ】24日登板「完全男」佐々木朗希が狙う記録 51年ぶり月間60K、6人目5戦連続2桁K”. nikkansports.com (日刊スポーツNEWS). (2022年4月23日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202204230000750_m.html?mode=all 2022年4月23日閲覧。 
  125. ^ “【データ】佐々木朗希、初回4者4三振は史上初 異次元奪三振ショー最後まで見たかった…”. nikkansports.com (日刊スポーツNEWS). (2022年7月2日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202207010000865_m.html?mode=all 2022年7月2日閲覧。 
  126. ^ 【ロッテ】佐々木朗希、登場曲は「これしかない」…あいみょんの「今夜このまま」”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2021年3月13日). 2021年3月14日閲覧。
  127. ^ ロッテ・佐々木朗、初回柳田に先制被弾 登場曲を「愛を知るまでは」に変更も”. デイリースポーツ online. デイリースポーツ (2021年6月24日). 2022年11月10日閲覧。
  128. ^ 千葉ロッテ・佐々木朗希&松川虎生、初のTVCM バッテリー共演で見つめ合い「笑い堪えるのに必死」”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年7月22日). 2022年11月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

登板回避問題関係を取り上げた外部リンク