早川隆久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
早川 隆久
東北楽天ゴールデンイーグルス #21
Eagles Takahisa Hayakawa 20220330.jpg
京セラドーム大阪にて(2022年3月30日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県山武郡横芝町(現:横芝光町
生年月日 (1998-07-06) 1998年7月6日(23歳)
身長
体重
180 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2020年 ドラフト1位
初出場 2021年3月28日
年俸 3600万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

早川 隆久(はやかわ たかひさ、1998年7月6日 - )は、千葉県山武郡横芝光町出身のプロ野球選手投手)。左投左打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

横芝町立上堺小学校1年生のときに「上堺ソフトボールクラブ」でソフトボールを始め、横芝光町立横芝中学校では軟式野球部に所属[2]

木更津総合高等学校に進学し、1年夏は肘を痛めて外野手として出場した。1年秋から背番号10を背負い投手に復帰。1学年上に鈴木健矢がおり、自身が先発して終盤に鈴木に繋ぐ継投策で秋季大会を勝ち上がり、2年春の第87回選抜高等学校野球大会に出場。岡山理大附との1回戦に先発し、7回3失点で勝利投手となった[3]。2回戦で堀内謙伍鈴木将平擁する静岡と対戦。先発したが6回途中4失点で、チームも敗れた[4]。2年秋から背番号1を背負い、千葉県大会と関東大会で優勝し、3年春の第88回選抜高等学校野球大会に出場。札幌第一との1回戦で1失点完投勝利[5]。2回戦で高山優希擁する大阪桐蔭と対戦し、2試合連続の1失点完投勝利でベスト8に進出[6]。準々決勝では九鬼隆平松尾大河田浦文丸擁する秀岳館と対戦。8回まで無失点に抑えたが、1点リードの9回裏に連続で適時打を打たれ逆転サヨナラ負けを喫した[7]。3年夏の千葉大会の準々決勝では東海大市原望洋と対戦。金久保優斗島孝明のリレー相手に5安打完封で1-0で勝利した。同大会を優勝し、第98回全国高等学校野球選手権大会に出場する。唐津商業との初戦 (2回戦) では2安打完封で勝利[8]。3回戦で堀瑞輝擁する広島新庄と対戦し、2試合連続となる完封勝利で、春に続いてベスト8に進出した[9]。準々決勝では今井達也擁する作新学院と対戦。序盤に入江大生らに2本の本塁打を打たれ3点を失い、その後は無失点に抑えたが、打線が相手エースの今井に1点に抑え込まれ敗戦した[10]。大会後はU18 アジア選手権の日本代表に選出され、セミファイナルラウンドの中国戦に登板した。

その後早稲田大学に進学し、1年春からリーグ戦に登板。3年春からエースに成長し、秋の日米大学野球選手権大会に選出され、最優秀投手賞を受賞した[11]。4年生となった2020年8月10日の明治大学との対戦で自己最速となる155km/hを記録[12]。その後、9月10日にプロ志望届を提出した[13]。4年秋の東京六大学野球リーグでは46イニングを投げ74奪三振、6勝0敗、防御率0.39の圧倒的な成績を残し[14]、ベストナインを獲得[15]、リーグ優勝に大きく貢献した。リーグ通算53試合、14勝12敗、218回2/3、275奪三振、防御率2.51[16]

2020年10月26日に行われたドラフト会議にて東京ヤクルトスワローズ東北楽天ゴールデンイーグルス埼玉西武ライオンズ千葉ロッテマリーンズの4球団から1位指名を受け、抽選の結果楽天が交渉権を獲得し[17]、11月24日に契約金1億円、年俸1600万円で仮契約を結んだ[18]背番号21となった[19]

楽天時代[編集]

ルーキー時代
(2021年4月25日 楽天生命パーク宮城

2021年、開幕カード3戦目である3月28日の対北海道日本ハムファイターズ戦でプロ入り初登板初先発し、6回を投げて無失点の好投で初勝利を挙げた[2]。以降も一軍の先発ローテーションに定着し、5月16日のオリックス・バファローズ戦で9回98球でプロ初完封勝利を挙げた[注 1][20]。100球未満での新人の完封は2010年阪神タイガース秋山拓巳以来15人目の快挙を達成した。しかし6回に捕まるケースが多く[21]完封勝利以降の先発登板では打ち込まれる試合が増え、6月25日に初の登録抹消となった[22]。当初は最短での一軍復帰を予定していたが[23]、そのまま一軍登板が無く前半戦を終えた。後半戦の開幕と共に先発ローテーションに再び加わるも[24]打ち込まれる試合が続き、7試合連続で白星から遠ざかっていたが[25]、9月14日のオリックス戦で3か月ぶりの8勝目を挙げた[26]。シーズン最終戦では「球団新人投手では2013年則本昂大以来」「球団左腕では2011年塩見貴洋と2019年辛島航の9勝を上回り史上初」となる2桁勝利を懸け、1点ビハインドの4回表からプロ初のリリーフ登板となり、3イニングを無失点に抑えたもののチームは勝ち越せず10勝目を挙げることはできなかった[27]。新人王候補に名前が挙げられたものの[28]宮城大弥伊藤大海は共に23試合の先発登板で規定投球回に到達し、2桁勝利を達成した一方[29]、早川は23先発(24試合)の登板で規定に5回1/3及ばず、9勝7敗・防御率3.86という成績でルーキーイヤーを終えた。オフに2000万円増となる推定年俸3600万円で契約を更改した[30]

投球スタイル[編集]

2021年シーズン途中までの投球データ[注 2]
球種 配分
%
平均球速
km/h
フォーシーム 45 144
カットボール 24 135
チェンジアップ 18 132
カーブ 09 110
スライダー 05 127

大学時代に最速155km/hを計測した左腕[32]カーブスライダーカットボールチェンジアップなどの変化球を持つ[32]。早川自身はセールスポイントして「打たせて取る投球」を挙げる[2]

50m走6秒4、遠投120m、握力は右58kg、左60kgの身体能力を持つ[2]

人物[編集]

目標とする選手にダルビッシュ有田中将大前田健太を挙げ、球界を代表する投手になることをプロの目標としている[2]

好きな食べ物はカレーライス。好きな音楽はゆずの『栄光の架橋』。特技はイントロクイズ[2]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2021 楽天 24 23 1 1 0 9 7 0 0 .563 565 137.2 132 11 30 1 2 127 2 1 59 59 3.86 1.18
通算:1年 24 23 1 1 0 9 7 0 0 .563 565 137.2 132 11 30 1 2 127 2 1 59 59 3.86 1.18
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2021 楽天 24 3 21 1 0 .960
通算 24 3 21 1 0 .960
  • 2021年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録
その他の記録
  • 100球未満で完封勝利[注 1]:上述のプロ初完封時に達成、新人での達成は史上15人目[33]

背番号[編集]

  • 21(2021年 - )

登場曲[編集]

  • 「Can't take my eyes off you」Boys Town Gang(2021年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 通称マダックス英語版
  2. ^ 2021年5月16日時点。1.02による[31]

脚注[編集]

  1. ^ 楽天 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年11月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 早川隆久 (2021年4月11日). 衝撃のROOKIES 新風を吹き込む男たち 早川隆久インタビュー マウンドで貫く平常心「強気で攻めていかなければ、ボールに強さは伝わらない」. (インタビュー). 週刊ベースボールONLINE.. https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=001-20210419-71 2021年5月21日閲覧。 
  3. ^ SANKEI DIGITAL INC (2015年3月22日). “44年ぶり出場の木更津総合が岡山理大付を下す/センバツ” (日本語). SANSPO.COM. 2015年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月25日閲覧。
  4. ^ 静岡 対 木更津総合 - スコア速報 - 第87回選抜高校野球(2015)” (日本語). 日刊スポーツ (2015年3月27日). 2020年10月25日閲覧。
  5. ^ 木更津総合、打線つながり札幌第一破る 高校野球第3日” (日本語). 朝日新聞デジタル (2016年3月22日). 2016年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月25日閲覧。
  6. ^ 木更津総合3度目挑戦で大阪桐蔭倒し45年ぶり8強” (日本語). 日刊スポーツ (2016年3月27日). 2020年10月25日閲覧。
  7. ^ 選抜高校野球:秀岳館が土壇場で逆転サヨナラ 初の4強” (日本語). 毎日新聞 (2016年3月28日). 2020年10月25日閲覧。
  8. ^ 【高校野球】木更津・早川が唐津商を12K完封” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社 (2016年8月13日). 2020年10月25日閲覧。
  9. ^ 木更津総合・早川2戦連続完封 初8強に「伝説を」” (日本語). 日刊スポーツ (2016年8月18日). 2020年10月25日閲覧。
  10. ^ 木更津総合・早川2死から2被弾「詰めの甘さ出た」”. 日刊スポーツ (2016年8月19日). 2020年10月25日閲覧。
  11. ^ 日米大学野球 3大会ぶり19度目Vの侍J 東京六大学勢がタイトル奪取で表彰” (日本語). Full-Count (2019年7月21日). 2020年10月25日閲覧。
  12. ^ ダルビッシュも驚いた、早大ドラフト候補左腕の圧巻155キロ 指揮官「完璧な投球」” (日本語). Full-Count (2020年8月10日). 2020年10月25日閲覧。
  13. ^ 早大のドラ1候補・早川らが志望届提出 中大の五十幡&牧ら上位候補ズラリ” (日本語). Full-Count (2020年9月10日). 2020年10月25日閲覧。
  14. ^ 2020秋季リーグ戦 早稲田大学 早川”. 一般財団法人 東京六大学野球連盟. 2021年6月7日閲覧。
  15. ^ 2020秋季リーグ戦 ベストナイン”. 一般財団法人 東京六大学野球連盟. 2021年6月7日閲覧。
  16. ^ リーグ戦・選手個人通算成績 早川 隆久”. 一般財団法人 東京六大学野球連盟. 2021年6月7日閲覧。
  17. ^ 【ドラフト】早大・早川隆久は4球団競合で楽天が交渉権獲得” (日本語). スポーツ報知 (2020年10月26日). 2020年10月26日閲覧。
  18. ^ 楽天1位早川隆久、ソフトバンクに「ぞっとする」”. 日刊スポーツ (2020年11月24日). 2021年6月7日閲覧。
  19. ^ 楽天1位早川は「21」釜田は青山の「41」に”. 日刊スポーツ (2020年12月5日). 2021年6月7日閲覧。
  20. ^ 楽天のドラ1早川がプロ初完封でリーグトップ5勝目 100未満完封の「マダックス」を達成”. スポニチ Sponichi Annex. スポーツニッポン (2021年5月16日). 2021年5月16日閲覧。
  21. ^ 楽天・早川、六回につかまる 8安打3失点で3敗目”. サンスポ (2021年6月20日). 2021年9月15日閲覧。
  22. ^ 楽天・早川が登録抹消…監督「ちょっと体が疲れている」”. 讀賣新聞 (2021年6月25日). 2021年9月14日閲覧。
  23. ^ 楽天早川隆久がプロ初登録抹消、石井監督「10日間空けようと、調整大事」”. 日刊スポーツ (2021年6月25日). 2021年9月14日閲覧。
  24. ^ 楽天早川隆久「もう少し心に余裕あれば」自己ワースト10被安打で4敗目”. 日刊スポーツ (2021年8月18日). 2021年9月14日閲覧。
  25. ^ 楽天・早川 5回4失点で5敗目「ドラ1対決」敗れ、7試合連続白星なし”. Sponichi Annex (2021年9月8日). 2021年9月14日閲覧。
  26. ^ 楽天、快勝で連敗ストップ 浅村V弾、早川8回途中1失点で3ヵ月ぶりの白星”. BASEBALL KING (2021年9月14日). 2021年9月14日閲覧。
  27. ^ 楽天早川隆久プロ初の救援登板 3回無失点も球団左腕初2桁勝利ならず”. 日刊スポーツ (2021年10月27日). 2021年10月27日閲覧。
  28. ^ 新人王レース【パ・リーグ編】 3投手によるハイレベルな戦い。2年目左腕のB宮城が一歩リード。E早川、F伊藤が追い掛ける展開”. 週刊ベースボールONLINE (2021年10月24日). 2021年11月20日閲覧。
  29. ^ 2021年度 パシフィック・リーグ 個人投手成績(規定投球回以上)”. 日本野球機構. 2021年11月20日閲覧。
  30. ^ 楽天・早川隆久 倍増超えの契約更改も“厳し過ぎる”自己評価「0か100だと0に近い」”. デイリースポーツ (2021年11月21日). 2021年11月26日閲覧。
  31. ^ 東北楽天 Pitch Type”. statiz.co.kr. 2021年5月16日閲覧。
  32. ^ a b 4球団競合の早川は楽天へ! 今西は悔しい指名漏れに ※早川略歴、会見全文も掲載” (日本語). 早稲田スポーツ – 早稲田スポーツ新聞会 (2020年10月26日). 2020年10月28日閲覧。
  33. ^ a b “「勇者タカヒサ」が“マダックス”を決めた!楽天早川“ゾーマ”倒し初完封”. 日刊スポーツ. (2021年5月16日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202105160001178.html 2021年5月16日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]