内野安打

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

内野安打(ないやあんだ)とは、野球において打者が打球を打った際に、捕手投手一塁手二塁手遊撃手三塁手のいずれかがバウンドした状態のボールを捕球し打者がセーフとなった(安打となった)状態である。

それ以外の野手、外野手が打球を捕球した場合には特別な名称が無く、単に安打という。

内野安打になりやすい条件[編集]

  • 左打者であること。
  • 打者の足が速く、特に打った後のダッシュが速いこと。
  • 内野の捕りにくい、もしくは(三塁付近など)一塁ベースから遠い位置にボールを打つこと。
  • 一塁ランナーがいないこと(フォースアウトが取られないので)。
  • 天然芝であること。

などが挙げられる。特に人工芝の球場や、軟式野球では、強く叩きつけたゴロの打球が高く跳ね上がり、野手がボールの落下を待つまでの間に安打になることが多い。このような安打を「ボルチモアチョップ」という。

内野安打にならない例[編集]

  • 内野手が打球をとったが、落としたり送球がそれたりした場合は失策が記録される。ただし、これらのミスがなくてもセーフになるタイミングだった、と記録員によって判断された場合などは内野安打になる。
  • 外野手の範囲まで内野手が下がって捕球した場合、多くは内野手が打球に追いつくまでに打者が一塁に到達し、結果として安打になることが多い。
  • バントした結果、打者が一塁でセーフになっても、野手が他の走者をアウトにするために先の塁に送球したがセーフにしてしまった場合は、内野安打ではなく犠打野手選択が記録される。

その他[編集]

  • 打球が投手に当たり、投手が捕球できずに後ろの内野手が捕った場合は、投手への内野安打となる。
  • 無死または一死で走者が三塁におり、内野ゴロで本塁に突入した三塁走者に対して内野手が本塁送球を試みたものの、走者が生還し打者が一塁に生きた場合には通常は野手選択となる(一塁も間に合わないと判断されれば安打)。ただし走者がサヨナラの走者ならば野手は本塁にしか送球の選択肢がなかったと判断され、内野安打となる。たとえ送球のタイミングが明らかに間に合わなかったとしても安打が記録される。ただし規則ではなく、記録員の慣例である。

近年の最多内野安打記録[編集]

NPB[編集]

年度 選手名 球団 安打 内野安打
2003 赤星憲広 阪神タイガース 172 43
2004 川崎宗則 福岡ダイエーホークス 171 39
2005 青木宣親 ヤクルトスワローズ 202 51
2006 赤星憲広 阪神タイガース 152 40
2007 青木宣親 東京ヤクルトスワローズ 193 38
2008 赤星憲広 阪神タイガース 157 40

MLB[編集]

年度 アメリカン・リーグ ナショナル・リーグ
名前 所属 安打 IFH BUH 内野安打 名前 所属 安打 IFH BUH 内野安打
2002 イチロー SEA 208 41 9 50 フアン・ピエール COL 170 22 24 46
2003 イチロー SEA 212 34 9 43 フアン・ピエール FLA 204 17 31 48
2004 イチロー SEA 262 57 4 61 フアン・ピエール FLA 221 38 24 62
2005 スコット・ポドセドニック CHW 147 24 17 41 ウィリー・タベラス HOU 172 37 31 68
2006 ルイス・カスティーヨ MIN 173 40 4 44 フアン・ピエール CHC 204 30 21 51
2007 イチロー SEA 238 44 7 51 ウィリー・タベラス COL 119 15 38 53
2008 イチロー SEA 213 40 8 48 ウィリー・タベラス COL 20 19 24 43
2009 イチロー SEA 225 50 6 56 マイケル・ボーン HOU 173 29 18 47
2010 イチロー SEA 214 53 7 60 ライアン・テリオ --- 158 25 9 34
マイケル・ボーン HOU 142 24 10 34

※IFH = インフィールド・ヒット(バント安打を除く内野安打)
※BUH = バント・ヒット(バント安打)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]