弓削隼人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
弓削 隼人
東北楽天ゴールデンイーグルス #23
H yuge20190425.jpg
ヤクルト戸田球場にて(2019年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県佐野市
生年月日 (1994-04-06) 1994年4月6日(26歳)
身長
体重
193 cm
105 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト4位
初出場 2019年4月4日
年俸 1,350万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

弓削 隼人(ゆげ はやと、1994年4月6日 - )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する栃木県佐野市出身のプロ野球選手投手)。左投左打。身長は193cmで、2019年のシーズン終了までにNPBの球団へ在籍していた日本人の左腕投手では歴代最長身に当たる[2]

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

実家では、祖父から2代にわたってラーメン店を経営[2]。佐野市立吉水小学校4年時に野球を始めると、中学生時代に佐野シニアへ所属した[3]

佐野日本大学高等学校への進学後は、2年春からのベンチ入りを経て、2年秋からエースになった。3年夏の選手権栃木大会では、宇都宮北高校との準々決勝で延長10回の末に敗退。結局、在学中には甲子園球場の全国大会とは無縁であった[4]。硬式野球部の2年後輩に、自身と同じ左投手の田嶋大樹がいる。

日本大学の進学後は、東都大学1部リーグ戦で通算18試合に登板。通算投球イニングは48回で、4勝0敗、32奪三振、防御率2.63という成績を残した。台頭したのは4年時で、春季リーグ戦全試合に救援で登板すると、防御率1.35をマーク。秋季リーグ戦では、先発も兼ねながら、通算投球イニング32回2/3で防御率1.93を記録するとともに、チームの1部リーグ25季振り優勝に貢献した。[要出典]さらに、リーグ優勝によって出場権を得た第47回明治神宮野球大会では、東海大学北海道キャンパスとの初戦に先発。7回1安打無失点という好投で勝利した[5]。硬式野球部の同期に、京田陽太がいる。

大学卒業後にSUBARUへ入社すると、1年目に第40回JABA日立市長杯選抜野球大会予選リーグの対日本製紙石巻戦で公式戦へデビュー[6]。2年目に出場した第89回都市対抗野球大会の本大会では、王子との初戦に救援で登板した[7]第44回社会人野球日本選手権大会への出場がかかっていた日本通運との関東代表決定戦では、先発で6回無失点に抑えながら、チームがタイブレークの末に敗れた[8]

2018年のNPBドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスから4巡目で指名。契約金5,000万円、年俸1,000万円(金額は推定)という条件で入団した[9]背番号23

楽天時代[編集]

2019年には、同期入団の辰己涼介太田光渡邊佳明と共に、春季キャンプを一軍で迎える。オープン戦で登板を重ねた末に、4月4日の対北海道日本ハムファイターズ戦(楽天生命パーク宮城)で、先発投手として公式戦デビューを果たした。この試合では3点リードの状況で1失点にとどめていたが、勝利投手の権利を得る直前(5回表1死)で交代を命じられた[10]末に、翌4月5日付で出場選手登録を抹消された。7月30日に札幌ドームで催された同カードから先発で一軍に復帰すると、散発2安打の好投で、一軍公式戦における初勝利を9回完封で記録。この試合がレギュラーシーズンでの94試合目だったチームに、シーズン初の完封勝利をもたらした[11]。次に先発で登板した8月6日の対埼玉西武ライオンズ戦(メットライフドーム)では、7回を無失点に抑えた末に2連勝を達成。8月13日の対福岡ソフトバンクホークス戦(福岡ヤフオク!ドーム)で5回3失点という内容ながら初黒星を喫したものの、この試合の1回裏に1点を失うまで、延べ2試合(16イニング)にわたって無失点で凌ぎ続けた[12]。レギュラーシーズン全体では一軍公式戦で8試合の登板にとどまったが、この年にパシフィック・リーグ2連覇を達成した西武に2勝する[13]など、後半戦は先発登板6試合で3勝を挙げた。

選手としての特徴[編集]

身長193cmの大柄な体格から繰り出す最速149km/hのストレートが武器で、スライダーカーブフォークなどの変化球も投げ分ける[14]軟投派の左腕投手。

かつてMLBで一世を風靡した長身の左腕投手にちなんで、SUBARU時代から「和製ランディ(・ジョンソン)」とも呼ばれている。実際には、ジョンソンの現役時代ほどストレートは速くないものの、身長が高い割にコントロールが良い[15]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2019 楽天 8 7 1 1 0 3 3 0 0 .500 172 43.1 40 5 9 0 2 34 0 0 18 18 3.74 1.13
通算:1年 8 7 1 1 0 3 3 0 0 .500 172 43.1 40 5 9 0 2 34 0 0 18 18 3.74 1.13
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2019 楽天 8 1 7 1 2 .889
通算 8 1 7 1 2 .889
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 23 (2019年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 楽天 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2019年12月12日閲覧。
  2. ^ a b 楽天193センチ弓削が初勝利 長身源はラーメン?日刊スポーツ 2019年7月30日配信
  3. ^ 弓削隼人 プロフィール 週刊ベースボール
  4. ^ 宇都宮北 3-2 佐野日大
  5. ^ 日大コールド勝ち4強 192センチ左腕弓削7K 日刊スポーツ 2016年11月14日配信
  6. ^ 第40回JABA日立市長杯選抜野球大会予選リーグ 対日本製紙石巻 SUBARU硬式野球部
  7. ^ 第89回 都市対抗 本大会 7月14日 東京ドーム 第1試合 1回戦
  8. ^ 第44回日本選手権大会・関東代表決定戦 SUBARU硬式野球部
  9. ^ 【楽天】193センチの“和製ランディ”ドラフト4左腕・弓削隼人が契約合意 スポーツ報知 2018年11月16日配信
  10. ^ 楽天ルーキー左腕・弓削、初登板初先発で勝ち投手まで“あと2死”で降板 スポーツニッポン 2019年4月4日配信
  11. ^ 楽天弓削プロ1勝、社会人時代の練習回帰で直球復活 日刊スポーツ 2019年7月31日配信
  12. ^ 楽天・弓削 プロ初完封に続き7回零封 連敗止め3位浮上「連打を浴びずに抑えられた」 スポーツニッポン 2019年8月7日配信
  13. ^ 日本ハム 楽天ルーキー弓削攻略できず4連敗 最下位転落可能性も中田「諦めちゃいけない」 スポーツニッポン 2019年8月31日配信
  14. ^ 【楽天】ドラフト3位弓削、193センチ日本人現役最長身左腕誕生へ「小学生の頃から頭ひとつ出ていた」 スポーツ報知 2018年10月31日配信
  15. ^ 楽天新人・弓削連勝“軟投派ランディ・ジョンソン”の真骨頂日刊ゲンダイ 2019年8月7日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]