山川穂高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山川 穂高
埼玉西武ライオンズ #3
Lions Hotaka Yamakawa.JPG
2014年7月2日 西武ドーム
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県那覇市
生年月日 (1991-11-23) 1991年11月23日(31歳)
身長
体重
176 cm
103 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手三塁手
プロ入り 2013年 ドラフト2位
初出場 2014年6月21日
年俸 2億7000万円(2023年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
獲得メダル
男子 野球
日本の旗 日本
アジア プロ野球チャンピオンシップ
2017

山川 穂高(やまかわ ほたか、1991年11月23日 - )は、沖縄県那覇市出身[2]プロ野球選手内野手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

那覇市立城北小学校の時に野球を始め[3][4][2]、「首里マリナーズ」に所属。那覇市立城北中学校時代は、大矢明彦が名誉監督を務める硬式の「チームSOLA沖縄」(現・大矢ベースボールクラブ)でプレー。一塁手として全国大会出場経験がある[2]。当時の監督は大久保勝也で「おまえはホームランバッターになれるから、絶対に小さい打撃をするな」と指導を受けていた[5]。同チームの1学年下に大城卓三がいた。なお、中学校ではバレーボール部に所属していた[6]

沖縄県立中部商業高等学校では主に一塁手、外野手として出場し、2年生秋から4番打者を務めた。3年夏は沖縄大会決勝に進出。この試合では2安打を打つ活躍を見せたが、チームは2年生エースの島袋洋奨を擁する興南高校(この翌年には春夏連覇)に2-4で敗れた[7]。甲子園出場経験はなく、高校通算27本塁打[4]。2学年下には富士大学、埼玉西武ライオンズでもチームメイトとなる多和田真三郎がいた。

「高校の時は頑張って甲子園だけ目指して燃え尽きる気持ちでやってました」といい、高校までで野球は辞めるつもりだったが、沖縄県予選準決勝で山川がバックスクリーンに本塁打を放ったのを目の前で見た青木久典に、自身と母親の前で土下座され、“1年生から必ず4番を打たせて、必ずプロに行かせるのでうちに来てください”と懇願されたのを受け、富士大学に進学[8]、監督の約束通り1年生の春から4番を務め[4]北東北大学野球・秋季リーグでは打点王を獲得した[9]。2年生時に第38回日米大学野球選手権大会の日本代表に選ばれ、第1戦で満塁本塁打を打った[10]。3年生時には11月開幕の第26回アジア野球選手権大会の日本代表に選ばれた[11]。大学4年生時の春季リーグでは指名打者のベストナインを獲得した[12]。なお、5月26日の対八戸学院大学戦では推定飛距離140メートルの本塁打を打っている[13]。6月に第39回日米大学野球選手権大会の日本代表候補に選出されたが[14]、最終メンバーからは外れた[15]。10月に行われた東アジア競技大会では大学生で唯一日本代表に選ばれて4番を務め、韓国戦で満塁本塁打を打った[16]。大学リーグ通算成績は78試合出場、11本塁打、55打点、打率.304[16]。ドラフト後の10月27日に行われた、第5回明治神宮野球大会東北地区大学野球代表決定戦の準決勝・対東日本国際大学戦で本塁打2本を打った[17]。チームは決勝で八戸学院大学に敗れたが、自身は大会の敢闘賞を受賞した[18]

2013年10月24日に行われたプロ野球ドラフト会議埼玉西武ライオンズに2位で指名され[19]、契約金7000万円、年俸1200万円(金額は推定)で仮契約を結んだ[20]。同大学からは4人目のプロ入りで、野手では初となった[16]背番号33

西武時代[編集]

2014年6月21日の対横浜DeNAベイスターズ戦にて5番・指名打者でプロ初先発・初出場し、初打席は四球だった[21][22]。その後7試合15打数無安打3四球で迎えた8試合目、9月15日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で辛島航からプロ初安打となる本塁打を打った[23][24][25]。二軍では5月度の月間MVPに選ばれた(同月全17試合に出場、7本塁打21打点、打率.344)[26]。7月17日に行われたフレッシュオールスターゲームに4番・一塁手で先発出場、2点本塁打を含む3打数2安打1四球の成績で優秀選手賞を受賞した[27]。このとき、同じく優秀選手賞を受賞した奥浪鏡オリックス)とMVPを受賞した井上晴哉ロッテ)の3人ともが体重100kgを超える巨漢だったことが話題になった[28][29]。二軍通算では21本塁打を打ってイースタン・リーグの最多本塁打者になり、打点部門でもリーグ2位(62打点)だったほか、スポーツニッポン選定の新人賞を受賞した[30]

2015年4月28日に同チームの髙橋光成石川貢と共に「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」のNPB選抜に選出された[31]。6月29日に行われたこの試合では、4番・一塁手で先発出場し、第1打席で2点本塁打を打った[32]

2016年、3月25日のオリックス・バファローズとの開幕戦では7番・一塁手で先発出場し、4打数無安打だった[33]。この年、8月19日の対千葉ロッテマリーンズ戦では2打席連続本塁打を打つと、21日の対ロッテ戦、9月20日の対オリックス戦でも2打席連続本塁打を記録した[34]。またこの年、自身初の2桁本塁打を記録した。二軍では64試合に出場して22本塁打を打ち、二度目のイースタン・リーグ最多本塁打者賞を受賞した[35]

2017年、開幕一軍入りを果たすも打率.111と成績を残せず、5月1日に登録抹消。二軍戦で打率.312、8本塁打と調子を上げ、7月8日に一軍登録。8月2日の楽天戦で3打席連続の本塁打を記録した[36]。8月は全27試合に先発出場して9本塁打、28打点、64塁打、20四球、長打率.696、出塁率.451と6部門で月間リーグトップを記録し、自身初の月間MVPを獲得した[37]。続く9、10月も全25試合に出場しリーグトップの10本塁打、19得点、68塁打、長打率.739を記録し、パ・リーグ史上3人目、ライオンズの選手としては初となる野手での2か月連続月間MVP受賞を達成した[38]。8月以降はクリーンナップ、9月以降は4番に定着し、打撃面で自己最高の成績を残した。オフの10月12日にオーバーエイジ枠で第1回アジア プロ野球チャンピオンシップ日本代表に選出された[39]

2018年は開幕から4番を担当。4月は全24試合に出場し、11本塁打、33打点とリーグトップの成績を記録。4月の月間MVPを受賞し、前年から3か月連続の受賞となった[40]。ファン投票で自身初となるオールスターゲームに出場した[41]。9月にはリーグではチームメイトの中村剛也以来7年ぶり、自身初のシーズン40本塁打を達成すると、最終的には平成生まれ最多(2018年シーズン終了時点)となる47本塁打を記録して本塁打王に輝き、更には同僚の浅村栄斗に敗れはしたものの最後まで打点王争いを繰り広げて閉幕を迎えた。ソフトバンクとのCSファイナルステージでは5試合で16打数3安打6三振で打率.188にとどまった[42]。自身初となるベストナインを受賞。さらに、258票中148票の1位投票を得てパ・リーグの最優秀選手に選出された[43]。シーズン打率2割台での最優秀選手選出は1989年のラルフ・ブライアント以来29年ぶり。

2019年も開幕から4番として起用される。3月・4月では全試合に4番として出場し、本塁打・打点・塁打・長打率の4部門でリーグトップに立ち、前年の9月・10月度に続き5度目の月間MVPに選出された[44]。5月12日の北海道日本ハムファイターズ戦でジョニー・バーベイトから本塁打を打ち、100号本塁打を達成した。通算321試合目での100号到達は、1987年の秋山幸二の351試合を上回る日本人史上最速記録。外国人を含めるとタイロン・ウッズと並ぶ6位タイの早さだった[45][46]。5月21日に故郷・沖縄の沖縄セルラースタジアム那覇で行われた福岡ソフトバンクホークス戦で松田遼馬から凱旋本塁打を打った[47]。2年連続でファン投票によりオールスターゲームに出場し、第1戦の敢闘賞を受賞した[48]。交流戦後は調子を落とし、4番の座を中村剛也に譲ると以降の試合では1試合を除いて4番に戻ることはなかったが、最終的には43本塁打を記録して2年連続の本塁打王[49]とベストナインを獲得した。11月25日には自ら志願し、背番号が3に変更されることが発表された[50]。12月5日に1億円増の2億1000万円(金額は推定)で契約更改した[51]

2020年は9月3日のロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)で、2014年9月25日以来、6年ぶりに三塁で先発出場した[52]。開幕した6月こそ10試合で打率.290、5本塁打、13打点と活躍したものの、7月は打率.226と苦しむ。さらに8月9日の日本ハム戦ではスイング後にバランスを崩し、右足首を捻挫する。強行出場を続けたが不振に拍車をかけることとなり、打撃成績はさらに低下した。10月31日には右足首の治療に専念するため登録抹消となり[53]、そのままシーズンを終えた。最終的に102試合に出場し、本塁打こそリーグ5位タイの24本塁打、打点も4位タイの73打点を挙げたが、打率は規定打席到達者中最下位の打率.205、三振はリーグ8位タイでチームではコーリー・スパンジェンバーグに次ぐ100だった。12月13日に推定年俸1億7000万円(4000万円減)で契約を更改した[54]

2021年は開幕戦から4番打者を務めていたが、3月30日の日本ハム戦でシーズン第1号となる本塁打を打って一塁を回った際に左足を痛め、直後の守備からベンチに下がった。診断の結果は左ハムストリングスの肉離れ[55]で、3月31日に一軍登録を抹消された。5月7日に一軍復帰を果たすと[56]、ファン投票で3度目のオールスターに選出され、第1戦で自身2度目の敢闘賞を受賞した[57]。前半戦は成績が伸び悩み[58]、8月26日に自身が個人契約を結んでいるマネージャーが新型コロナウイルス陽性となり濃厚接触者の疑いがあるため登録抹消となった[59]。幸い濃厚接触者には特定されず同29日に一軍復帰したものの[60]低調な打撃が続き、スタメン落ちも経験[61]。5年連続20本塁打こそ達成したが[62]故障もあり規定打席に届かず、この年は110試合の出場で打率.232・24本塁打・66打点という成績にとどまった[63]。オフに、4000万円減となる推定年俸1億3000万円で契約を更改した[63]

2022年は、右脚の張りによってオープン戦最後の2試合を欠場したものの[64]、開幕から4試合で4本塁打を記録するなど好調であったが[65]、3月30日の日本ハム戦で走塁中に右脚を痛めて途中交代した[66]。4月1日の検査で右太もも裏の軽度の肉離れが判明し、出場登録を抹消[67]。4月19日に再登録された[68]。その後はホームランを量産し、本塁打王争いも独走。6月26日の楽天戦で4回に早川隆久から本塁打を放ち、日本人選手最速の200号を達成した[69][70]。その後も好不調の波は激しいながらもコンスタントに本塁打を積み重ねていき、9月27日の対ソフトバンク戦(ベルーナドーム)では1回二死一塁の打席で石川柊太から2点本塁打を放ち、自身3年ぶりに40本塁打に到達した[71]。10月1日、ソフトバンクがマジック1の状況で迎えた対ソフトバンク25回戦(ベルーナドーム)で、試合開始前の円陣で山川が「3点取りましょう」と宣言し、1-1の同点で迎えた延長11回裏二死一塁の打席で藤井皓哉からソフトバンクの胴上げを阻止する自身初の41号サヨナラ本塁打を放ち、これが3-1のスコアとなったため、前述の「3点取りましょう」が有言実行となった[72]。最終的に41本塁打まで本塁打数を伸ばし3度目のパ・リーグ本塁打王に輝いた。本塁打王に加え自身初の打点王も獲得[73]。また同年はセ・リーグでは村上宗隆が56本塁打を放ったため2008年以来14年ぶりに40本塁打超の日本人選手が両リーグで本塁打王に輝くことになった。また、3年ぶりにベストナインにも選出された[74]。オフに1億4000万増の2億7000万円でサインし、来季は順当に行けば、FA権を取得予定。球団からは4年契約を提示されたが、「本当に悩んだ」末に単年契約を選んだ。来季は10年目、「節目ですし、野球人生の全てをかけて臨む意味で絶対に単年の方がいいという思いで結んだ。今年以上により目の色を変えて、血眼になってプレーしたい」と説明した[75]

選手としての特徴[編集]

圧倒的な長打力を誇るパワーヒッター[76][77]。その長打力から、しばしば「球界屈指の長距離砲」と呼ばれる[78][79]。左足を高く上げて勢いをつけ、豪快なフルスイングで全体重をボールにぶつける打撃が特徴[80]。また、下半身が強靭であることから、変化球でタイミングを崩されても、体が前に出ないように粘ることができ、長打が打てる[80]。また、レギュラー定着後は、四球を多く選んでいる[81]

「打率のように、上がったり下がったりするものはあまり考えないようにしています。本塁打と打点は減らない。僕は減らないものに特化していきたい」といい、「僕は5打数5安打より、5打数1安打1ホーマーの方が絶対いいですから。打率は相当悪くなければ、ある程度でいいかなと」考えているため、2022年に一時期打率が.305にまで達していた際には「早く3割を切りたいくらい」とまで発言していた[82]。高めの球に手を出して凡退することもあるが「それは“誤差”と考えています。高めには手を出さない、という考えは僕にはない。基本的に全球行くつもり。(ボール球を)振っちゃったら振っちゃったでいい」と割り切っている[83]

入団当時108kg[84]、1年目のオフで103kgもあった巨漢選手[85]

大学生時代において50メートル走のタイムは6秒2である。また、プロ入り時の検査で、右の握力は83kg(ベストは87kg)を記録した[86]

人物[編集]

チームメイトである中村剛也と体型が似通っているため、一部のファンから(中村の愛称にちなんで)「おかわり2世」の愛称で呼ばれている[2][87]。自身も大学1年生の時から中村の打撃フォームをインターネット上の動画を見て研究しており[20]、中村を最も尊敬している[87]。また地元沖縄の豚にちなむ「アグー」も愛称となっており[88][89]、自身のTwitterアカウントも「@AGU1123」としている[90]

小学生の頃からピアノを趣味としているが、ピアノ教室に通ったのは、高校野球を引退してからの約半年ほどで楽譜は読めない。中学生時代には合唱コンクールでピアノ伴奏をした[91][92][93]。幼稚園の頃に始めた書道は8段[84][94]

チームメイトで同期入団の森友哉とは仲が良く、自分より歳下ながら「おい、デブ」などと呼ばれよくからかわれている[95]

2017年に結婚。妻は大学で知り合った元ソフトボール選手。

女性芸人のゆりやんレトリィバァに似ていると自他共に認めており、2018年シーズンには本塁打後にゆりやんレトリィバァの「調子乗っちゃって」パフォーマンスを見せていた。また、大相撲力士御嶽海にも似ていると言われており、2019年には「どすこい」パフォーマンスを行っている[96]。2021年は当初「どすこい」パフォーマンスを封印し、渡部健人に譲る予定だったが[97]、コロナ禍が続いていることや、不振だったことを考慮して撤回した[98]

西武応援団が作成した自身の応援歌とチャンステーマ4を気に入っている。また、他のチームの応援歌では、ロッテ時代の井口資仁の曲が好きであったと述べている[99]

俳優北村一輝と親交がある[100][101]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2014 西武 14 34 30 3 3 0 0 2 9 3 0 0 0 0 4 0 0 10 0 .100 .206 .300 .506
2015 1 1 1 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000 1.000 2.000
2016 49 157 139 24 36 4 0 14 82 32 0 0 2 0 15 0 1 36 1 .259 .335 .590 .925
2017 78 293 242 46 72 19 0 23 160 61 0 1 0 0 46 1 5 72 7 .298 .420 .661 1.081
2018 143 647 541 115 152 24 1 47 319 124 0 0 0 2 88 2 16 138 5 .281 .396 .590 .985
2019 143 626 524 93 134 20 0 43 283 120 1 0 0 3 86 8 13 142 13 .256 .372 .540 .912
2020 102 401 322 47 66 7 0 24 145 73 0 0 0 2 64 4 13 100 6 .205 .357 .450 .807
2021 110 414 358 42 83 13 0 24 168 66 0 0 0 6 43 0 7 101 7 .232 .321 .469 .791
2022 129 528 448 62 119 17 0 41 259 90 0 0 0 1 68 13 11 114 12 .266 .375 .578 .953
通算:9年 769 3101 2605 432 666 104 1 218 1426 570 1 1 2 14 414 28 66 713 51 .256 .370 .547 .917
  • 2022年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別打撃成績所属リーグ内順位[編集]





















2014 23 パ・リーグ - - - - - - -
2015 24 - - - - - - -
2016 25 - - - - - - -
2017 26 - - - - - - -
2018 27 - - - - 1位 2位 -
2019 28 - - - - 1位 2位 -
2020 29 - - - - 6位 4位 -
2021 30 - - - - 5位 - -
2022 31 - - - - 1位 1位 -
  • -は10位未満(打率は規定打席未到達の場合も-と表記)

年度別守備成績[編集]



一塁 三塁
























2014 西武 1 2 0 0 0 1.000 7 2 3 0 1 1.000
2016 41 304 20 5 37 .985 -
2017 66 568 39 5 48 .992 -
2018 142 1288 110 14 133 .990 -
2019 142 1303 86 8 120 .994 -
2020 58 495 28 2 40 .996 4 2 7 0 0 1.000
2021 107 833 66 4 85 .996 -
2022 89 720 47 6 66 .992 -
通算 644 5504 396 44 529 .993 11 4 10 0 1 1.000
  • 2022年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 33(2014年 - 2019年)
  • 3(2020年 - )

登場曲[編集]

  • オジー自慢のオリオンビール(エイサー・バージョン)」BEGIN(2014年 - )
  • 「ダイナミック琉球」イクマあきら(2017年途中)
  • 「GOOD NIGHT BABY」あいみょん(2020年途中)
  • 「君はロックを聴かない」あいみょん(2022年 - )
  • 「双葉」あいみょん(2022年 - )
  • 「AM11:00」HY(2022年途中)
  • 「あなたに」MONGOL800(2022年途中)
  • 「裸の心」あいみょん(2022年途中)
  • 「空の青さを知る人」あいみょん(2022年途中)
  • 「さよならの今日に」あいみょん(2022年途中)
  • 「マリーゴールド」あいみょん(2022年途中)
  • 「勝利のうた」DIAMANTES(2022年途中)
  • 「ナナ」かりゆし58(2022年途中)
  • 「What is Love?」TWICE(2022年途中)
  • 「POP!」NAYEON(2022年途中)
  • 「hanabi」Q;indivi+キヨサク(2022年途中)
  • 「3636」あいみょん(2022年途中)
  • 「Sign」Mr.Children(2022年途中)

代表歴[編集]

関連情報[編集]

出演[編集]

映画[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 西武 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2022年12月3日閲覧。
  2. ^ a b c d 「おかわり2世」西武2位山川3割30本だ”. 日刊スポーツ (2013年11月1日). 2021年6月23日閲覧。
  3. ^ プロ野球ドラフト会議で西武ライオンズから2位指名 ファンに末永く愛される、球界を代表する選手に 富士大学 地域経済マーケ天狗の森[リンク切れ]
  4. ^ a b c 2013年ドラフト 山川 穂高 スポニチ Sponichi Annex
  5. ^ https://www.zakzak.co.jp/spo/news/170816/spo1708160011-n1.html”. zakzak (2017年8月16日). 2022年5月10日閲覧。
  6. ^ “[西武・山川を長距離砲に育てた恩師の言葉「絶対に小さい打撃をするな」 本家しのぐ“おかわりの影武者”秘話 西武山川はバレーも凄い 圧巻スパイク動画に「何でもできる」とファン驚嘆]”. Full-Count (2021年2月5日). 2021年6月3日閲覧。
  7. ^ 山川穂高が沖縄で怪物の片りんを見せていた時代、甲子園には菊池雄星がいた (1/3) | 高校野球ヒストリー” (日本語). 高校野球ドットコム (2018年8月22日). 2018年8月26日閲覧。
  8. ^ “「高校で辞めようと思っていた」西武・山川の運命変えた一発 富士大・青木監督の土下座勧誘に思わず即答”. スポニチ. (2022年11月20日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/11/20/kiji/20221120s00001173679000c.html 2022年11月21日閲覧。 
  9. ^ 別冊宝島 プロ野球選手データ名鑑2014 宝島社 33頁
  10. ^ 第38回 日米大学野球選手権大会 大学日本代表チーム第38回 日米大学野球選手権大会 公益財団法人 全日本大学野球連盟
  11. ^ アマ日本代表、5連覇へ台湾に出発 日刊スポーツ 2012年11月26日掲載
  12. ^ 歴代記録 富士大学硬式野球部
  13. ^ 富士大・山川140m弾Vに望み/北東北大学 日刊スポーツ 2013年5月27日紙面から
  14. ^ 日米大学野球選手権代表候補選手一覧 日刊スポーツ 2013年6月7日掲載
  15. ^ 第39回 日米大学野球選手権大会 大学日本代表チーム 公益財団法人 全日本大学野球連盟
  16. ^ a b c 山川、西武2位に「うれしいやっさぁ」 日刊スポーツ 2013年10月25日紙面から
  17. ^ 試合結果 東北地区大学野球代表決定戦 10/27(日) 準決勝 南東北大学野球連盟公式サイト
  18. ^ 第5回明治神宮野球大会東北地区代表決定戦 南東北大学野球連盟公式サイト
  19. ^ 2013年ドラフト会議 全指名選手”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト (2013年10月24日). 2022年4月27日閲覧。
  20. ^ a b 西武ドラ2は規格外スラッガー“清原級”頭大きく帽子入らず”. スポニチ Sponichi Annex (2013年11月23日). 2022年4月27日閲覧。
  21. ^ 西武 107キロ新人山川が先発デビュー 日刊スポーツ 2014年6月21日掲載
  22. ^ 2014年6月21日 横浜DeNA 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  23. ^ 西武 ルーキー山川のプロ初本塁打記念グッズを限定発売 スポーツニッポン 2014年9月19日掲載
  24. ^ 西武ドラ2山川 初安打がホームラン 日刊スポーツ 2014年9月15日掲載
  25. ^ 2014年9月15日 埼玉西武 対 楽天イーグルス 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  26. ^ 2014年5月度「ミズノ月間MVP」受賞選手 NPB.jp 日本野球機構
  27. ^ プロ野球フレッシュオールスターゲーム2014 NPB.jp 日本野球機構
  28. ^ 「あさチャン!」2014年7月18日(金)放送内容 | テレビ紹介情報”. 価格.com. 2019年11月12日閲覧。
  29. ^ “中田、秋山、山川、岡本… 未来のスター選手が活躍するフレッシュ球宴”. Full-Count. (2019年7月11日). https://full-count.jp/2019/07/11/post436781/ 2019年11月12日閲覧。 
  30. ^ 2014年度 イースタン・リーグ リーダーズ(打撃部門)2014年度 表彰選手 (イースタン・リーグ) NPB.jp 日本野球機構
  31. ^ 高橋光、山川、石川3選手がユニバーシアード日本代表壮行試合「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」のNPB選抜メンバーに選出 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2015年4月28日配信
  32. ^ 2015年度 侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜 試合結果 NPB.jp 日本野球機構
  33. ^ 2016年3月25日 埼玉西武 対 オリックス 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  34. ^ 2016年8月19日 埼玉西武 対 千葉ロッテ 成績詳細2016年8月21日 埼玉西武 対 千葉ロッテ 成績詳細2016年9月20日 オリックス 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  35. ^ 2016年度 埼玉西武ライオンズ 個人打撃成績(イースタン・リーグ)2016年度 表彰選手 (イースタン・リーグ) NPB.jp 日本野球機構
  36. ^ “西武 23年ぶり11連勝 山川 3打席連続本塁打!”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2017年8月2日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/08/02/kiji/20170802s00001173225000c.html 2017年8月2日閲覧。 
  37. ^ ライオンズの選手が3か月連続受賞!山川選手自身初の8月度「日本生命月間MVP賞」受賞!”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト (2017年9月7日). 2022年4月27日閲覧。
  38. ^ 2017年9、10月度「日本生命月間MVP賞」受賞選手 (パシフィック・リーグ)”. 日本野球機構. 2022年4月27日閲覧。
  39. ^ 大会出場メンバー25名を発表 3監督が記者会見で意気込みを語る”. 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2017年10月12日). 2017年10月22日閲覧。
  40. ^ “月間MVP西武W受賞 山川「狙った」多和田は初”. 日刊スポーツ. (2018年5月9日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201805090000375.html 2018年6月3日閲覧。 
  41. ^ 西武、球宴ファン投票で雄星ら6選手選出 山川、松坂と対戦熱望”. Sponichi Annex (2018年6月25日). 2021年7月18日閲覧。
  42. ^ 西武山川「何点差でも取りまくる」昨季CS雪辱誓う”. 日刊スポーツ (2019年10月8日). 2022年3月6日閲覧。
  43. ^ MVPの投票結果内訳は…丸は1位票82%の圧勝、山川は浅村との“接戦”制す”. Full-Count (2018年11月27日). 2021年6月23日閲覧。
  44. ^ 西武山川5度目の「月間MVP賞」森だと思っていた” (2019年5月15日). 2019年5月15日閲覧。
  45. ^ 西武山川が日本人最速100号、OB秋山幸二超えた”. 日刊スポーツ (2019年5月12日). 2022年4月27日閲覧。
  46. ^ 【西武】山川、母の日に日本人最速100号「母の分も食べていた」秋山幸二超え321試合”. スポーツ報知 (2019年5月13日). 2022年4月27日閲覧。
  47. ^ 西武山川20号一番乗り!沖縄出身選手で初の凱旋弾”. 日刊スポーツ (2019年5月21日). 2022年4月27日閲覧。
  48. ^ 西武・山川球宴1号 浅村とアベック弾「いちばんうれしかった」”. 西日本スポーツ (2019年7月13日). 2021年7月18日閲覧。
  49. ^ 山川、2億1000万円で更改 2年連続本塁打王で1億増「森に負けなくて良かった」”. デイリースポーツ (2019年12月5日). 2021年8月29日閲覧。
  50. ^ 西武山川が直訴の背番号「より特別な数字に」 中村から4番奪い取る”. 西日本スポーツ (2019年11月26日). 2022年4月27日閲覧。
  51. ^ 2.1億円で更改の西武山川、4番復帰を誓う 「来年は中村さんに勝つ」”. Full-Count (2019年12月5日). 2022年4月27日閲覧。
  52. ^ "【西武】山川穂高が6シーズンぶりに三塁で先発出場中村剛也は右手首痛で出場選手登録抹消". スポーツ報知. 報知新聞社. 3 September 2020. 2020年9月4日閲覧
  53. ^ 西武・山川は今季絶望 右足首痛治療に専念 辻監督「来年バッチリいけるように」”. スポーツニッポン (2020年10月31日). 2021年6月23日閲覧。
  54. ^ 西武山川が王氏、落合氏に習い「武」で集中力向上”. 日刊スポーツ (2020年12月13日). 2021年4月27日閲覧。
  55. ^ 西武山川は左ハムストリングの軽い肉離れ”. 日刊スポーツ (2021年4月1日). 2021年6月23日閲覧。
  56. ^ 帰ってきたどすこ~い! 西武山川穂高38日ぶり復帰即本塁打で今季初”. 日刊スポーツ (2021年5月7日). 2021年7月18日閲覧。
  57. ^ 西武・山川 敢闘賞ゲットだぜ!先制二塁打&人生初セーフティー”. デイリースポーツ (2021年7月17日). 2021年7月18日閲覧。
  58. ^ 西武・山川「僕がある程度打てば、打線はつながる」 四回無死満塁で逆転の2点二塁打”. サンスポ (2021年8月17日). 2021年8月26日閲覧。
  59. ^ 西武・森友哉と山川穂高、コロナ特例で登録抹消 濃厚接触者の疑い”. 日刊スポーツ (2021年8月26日). 2021年8月26日閲覧。
  60. ^ コロナ特例で抹消の西武山川が再登録 森の昇格は見送り”. 西日本スポーツ (2021年8月29日). 2021年10月27日閲覧。
  61. ^ 西武山川のスタメン落ちは“勝つため”「リフレッシュなわけない」辻監督”. 西日本スポーツ (2021年9月29日). 2021年10月27日閲覧。
  62. ^ 5年連続20発の西武山川が「どすこい!」封印の理由 苦悩のシーズンで2打席連発も”. 西日本スポーツ (2021年10月2日). 2021年10月27日閲覧。
  63. ^ a b 西武・山川、1億3000万円で更改 2年連続4000万円減”. サンケイスポーツ (2021年12月5日). 2021年12月6日閲覧。
  64. ^ 西武・山川、開幕戦4番で復帰! 右脚張りでOP戦2試合欠場も”. スポーツニッポン (2022年3月24日). 2022年4月27日閲覧。
  65. ^ 【西武】山川、開幕4戦4発どすこい劇場!岩本氏「これがみんなに愛される山川穂高じゃないですか!」”. 文化放送 (2022年3月30日). 2022年4月27日閲覧。
  66. ^ 【西武】山川穂高が右足に違和感で途中交代”. スポーツ報知 (2022年3月30日). 2022年4月27日閲覧。
  67. ^ 【西武】山川穂高、再検査で右足の「肉離れ」判明 3月30日の日本ハム戦で走塁中に痛める”. 日刊スポーツ (2022年4月1日). 2022年4月27日閲覧。
  68. ^ 【西武】山川穂高「4番DH」で復帰、第3打席ではチャンス広げる安打も”. 日刊スポーツ (2022年4月19日). 2022年4月27日閲覧。
  69. ^ “【一覧】通算200本塁打ペース10傑 山川穂高が田淵、秋山超えの日本人最速”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2022年6月27日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202206270000067.html 2022年12月4日閲覧。 
  70. ^ 山川穂高選手 通算200本塁打 達成!” (日本語). 埼玉西武ライオンズ (2022年6月26日). 2022年6月26日閲覧。
  71. ^ “西武・山川穂高、球団史上4人目!3度目40号 試合前の円陣で〝予告〟「今日、ホームラン打ちます」”. サンケイスポーツ (産経新聞社). (2022年9月28日). https://www.sanspo.com/article/20220928-75KZVW36JRMNRPFAW7LNM2AS5M/ 2022年12月2日閲覧。 
  72. ^ “【西武】山川穂高が自身初サヨナラ弾で胴上げ阻止「CSでも対戦するチーム。よかったです」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2022年10月1日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202210010001684.html 2022年12月2日閲覧。 
  73. ^ “【パ個人タイトル確定】オリ由伸、史上初の2年連続投手4冠 西武山川が本塁打と打点の初の2冠”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年10月2日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/10/02/kiji/20221002s00001173396000c.html 2022年12月2日閲覧。 
  74. ^ 山川 穂高選手がベストナイン受賞!” (日本語). 埼玉西武ライオンズ (2022年11月24日). 2022年11月24日閲覧。
  75. ^ “【西武】山川穂高1億4000万増の2億7000万円「悩んだ」球団から4年契約提示も単年選択”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2022年12月2日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202212020001212.html 2022年12月4日閲覧。 
  76. ^ 西武・山川穂高、天才アーチストの矜持【白球つれづれ】 | BASEBALL KING” (日本語). BASEBALL KING. 2022年5月17日閲覧。
  77. ^ 「3年連続40本塁打」の偉業に挑む山川穂高。過去に達成した8人の業績は?|パ・リーグ.com|プロ野球” (日本語). pacificleague.com. 2022年5月17日閲覧。
  78. ^ 山川穂高、村上宗隆、中村晃…東京五輪の一塁は誰が守る? | 野球コラム” (日本語). 週刊ベースボールONLINE. 2022年5月17日閲覧。
  79. ^ 不屈の心で日本球界を代表するスラッガーに 山川穂高さん(埼玉西武ライオンズ選手) 〈ゆくい語り 沖縄へのメッセージ〉25” (日本語). 琉球新報デジタル. 2022年5月17日閲覧。
  80. ^ a b 西武・山川、他球団選手が語る凄さ 日本ハム中田「場外を狙った打ち損じがホームランらしい」” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2019年6月26日). 2021年4月27日閲覧。
  81. ^ 最も効率よく四球を選ぶ選手は? パの四球率と出塁率上位・下位10人を紹介|パ・リーグ.com|プロ野球” (日本語). pacificleague.com. 2022年5月17日閲覧。
  82. ^ “「早く3割を切りたいくらい」20号一番乗り、西武・山川が打率に興味を示さないワケ(2/2)”. フルカウント. (2022年6月14日). https://full-count.jp/2022/06/14/post1235265/2/ 2022年10月9日閲覧。 
  83. ^ “「早く3割を切りたいくらい」20号一番乗り、西武・山川が打率に興味を示さないワケ(1/2)”. フルカウント. (2022年6月14日). https://full-count.jp/2022/06/14/post1235265/ 2022年10月9日閲覧。 
  84. ^ a b 西武ドラ2山川は108キロ ピアノが趣味”. 日刊スポーツ (2014年1月7日). 2021年6月23日閲覧。
  85. ^ おかわり2世山川 7キロ減103キロ…コーラ断ちで30発狙う”. スポニチ Sponichi Annex (2014年11月25日). 2021年6月23日閲覧。
  86. ^ 西武ドラ2山川は怪力握力!おかわり2世”. 日刊スポーツ (2013年12月14日). 2021年6月23日閲覧。
  87. ^ a b おかわり2世ドラ2山川 1軍抜てき 本家に“挑戦状””. スポニチ Sponichi Annex (2014年1月21日). 2021年6月23日閲覧。
  88. ^ 【西武】ドラ2山川「アグーと呼んで」”. 日刊スポーツ (2014年1月28日). 2021年6月23日閲覧。
  89. ^ アグーの異名西武山川が逆風弾「デージーうれしい」”. 日刊スポーツ (2017年4月17日). 2021年6月23日閲覧。
  90. ^ 山川穂高 (@AGU1123) - Twitter
  91. ^ 西武・山川穂高、ピアノで『エリーゼのために』を演奏 腕前に反響”. SPREAD (2020年4月14日). 2020年4月16日閲覧。
  92. ^ 西武・山川穂高、ピアノで『エリーゼのために』を演奏 腕前に反響”. SPREAD. 2021年6月23日閲覧。
  93. ^ 「いやいやながら続けた書道だけど、今思えばとてもよかった」。埼玉西武ライオンズ山川穂高(前編)│子どもの頃こんな習い事してました”. MELOS (2017年9月23日). 2021年6月23日閲覧。
  94. ^ 西武山川、驚異の“達筆”ぶりにファン驚愕 書道の腕前披露「うますぎますね」”. Full-Count (2020年3月27日). 2021年6月23日閲覧。
  95. ^ 「タメ口やめろ」 山川穂高が森友哉の言動に不満
  96. ^ 西武・山川「調子乗っちゃって」の次は…どすこい 御嶽海に似てるから!?”. 西日本スポーツ. 西日本新聞社 (2018年12月3日). 2019年1月6日閲覧。
  97. ^ 西武山川がどすこい封印「よくばり君」渡部に託す”. 日刊スポーツ (2020年12月19日). 2021年6月23日閲覧。
  98. ^ 西武・山川、出た1号&出た「どすこい」 D1位・渡部に本塁打パフォ「託した」はずが…”. サンケイスポーツ (2021年3月5日). 2021年6月23日閲覧。
  99. ^ パ・リーグのスラッガーたちを胸アツにする。ここぞ!で聞きたい応援歌”. web Sportiva (2018年8月12日). 2021年5月6日閲覧。
  100. ^ 山川穂高29歳、北村一輝が祝う | | BBNews” (日本語) (2020年12月2日). 2021年3月22日閲覧。
  101. ^ 北村一輝、西武・山川穂高選手の誕生日をお祝い「体調万全にして来年はホームラン王に」” (日本語). TV LIFE web (2020年12月2日). 2021年3月22日閲覧。
  102. ^ a b 2014年のプロ野球年間表彰 ファームの表彰選手が発表”. BASEBALL KING (2014年11月26日). 2017年9月7日閲覧。
  103. ^ “西武山川が日本人最速100号、OB秋山幸二超えた”. 日刊スポーツ. (2019年5月12日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201905120000004_m.html 2022年6月9日閲覧。 
  104. ^ “西武山川150号達成 秋山幸二を抜き日本人最速”. 日刊スポーツ. (2020年9月12日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202009120000934_m.html 2022年6月9日閲覧。 
  105. ^ “【西武】山川穂高が日本人最速200号 697試合目で達成 田淵氏、秋山氏の714試合を抜く”. 日刊スポーツ. (2022年6月26日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202206260000403.html 2022年6月26日閲覧。 
  106. ^ “「インクレディブル・ファミリー」で中田翔、柳田悠岐らパ・リーグ選手が声優初挑戦”. 映画ナタリー. (2018年6月21日). https://natalie.mu/eiga/news/287580 2018年8月10日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]