第6回東アジア競技大会野球日本代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第6回東アジア競技大会野球日本代表(だい6かいひがしあじあきょうぎたいかいやきゅうにほんだいひょう)は、2013年10月に中国天津で開催された第6回東アジア競技大会に出場するために編成された野球日本代表チームである。

概要[編集]

東アジア競技大会では野球競技が正式種目とされていなかったが、第6回大会で初めて正式種目に採用された。大会が10月前半に行われるため、プロ野球や学生野球からの選手選抜は当初から困難視されていた。そこで全日本野球会議において、6月に代表候補選手を社会人選手中心に選抜し、7月後半に代表候補合宿を実施、9月に代表選手を発表した。

24選手のうち学生からは山川穂高1人のみ選抜された。2012年第83回都市対抗野球大会以来社会人の全国大会で3季連続決勝を戦ったJX-ENEOSJR東日本からはあわせて7選出が選抜された。

試合はチャイニーズタイペイにこそ11失点の完封負けであったが、モンゴル相手に36-0、香港相手に18-0、グアム相手に12-0と大差の完封続きで予選リーグを5勝1敗と1位で通過し、準決勝でチャイニーズタイペイに雪辱を果たすと、決勝で韓国を破り優勝した。

代表メンバー[編集]

所属は大会開幕時のもの。

ポジション 背番号 氏名 所属球団 備考
監督 30 小島啓民 長崎県庁
コーチ 31 早瀬万豊 日本の旗日本生命硬式野球部
32 西正文 日本の旗永和商事ウイング硬式野球部
33 堀井哲也 日本の旗JR東日本硬式野球部
投手 11 石川歩 日本の旗東京ガス硬式野球部 のち千葉ロッテマリーンズ
14 浦野博司 日本の旗セガサミー硬式野球部 のち北海道日本ハムファイターズ
16 東明大貴 日本の旗富士重工業硬式野球部 のちオリックス・バファローズ
17 片山純一 日本の旗JR東日本硬式野球部
18 秋吉亮 日本の旗パナソニック野球部 のち東京ヤクルトスワローズ
19 大城基志 日本の旗JX-ENEOS野球部
20 濱野雅慎 日本の旗JR九州硬式野球部
21 吉田一将 日本の旗JR東日本硬式野球部 のちオリックス・バファローズ
捕手 9 上田祐介 日本の旗NTT東日本硬式野球部
27 中野滋樹 日本の旗JR九州硬式野球部
28 二葉祐貴 日本の旗トヨタ自動車硬式野球部
内野手 4 石岡諒太 日本の旗JR東日本硬式野球部
5 井上晴哉 日本の旗日本生命硬式野球部 のち千葉ロッテマリーンズ
6 多幡雄一 日本の旗Honda硬式野球部
7 田中広輔 日本の旗JR東日本硬式野球部 のち広島東洋カープ
8 川戸洋平 日本の旗Honda硬式野球部
10 岡崎啓介 日本の旗日立製作所硬式野球部
25 山川穂高 日本の旗富士大学硬式野球部 のち埼玉西武ライオンズ
29 渡邉貴美男 日本の旗JX-ENEOS野球部
外野手 1 大河原正人 日本の旗東芝硬式野球部
2 堀越匠 日本の旗新日鐵住金鹿島硬式野球部
3 井領雅貴 日本の旗JX-ENEOS野球部 のち中日ドラゴンズ
24 松本晃 日本の旗JR東日本硬式野球部
26 松島圭祐 日本の旗伯和ビクトリーズ

競技結果[編集]

  • 予選リーグ
第1戦(10月6日) 日本 36-0 モンゴル
第2戦(10月7日) 日本 4-0 中国
第3戦(10月8日) 日本 0-11 チャイニーズタイペイ
第4戦(10月9日) 日本 18-0 香港
第5戦(10月10日) 日本 6-3 韓国
第6戦(10月11日) 日本 12-0 グアム
  • 決勝トーナメント
準決勝(10月13日) 日本 6-0 チャイニーズタイペイ
決勝(10月14日) 日本 4-2 韓国

資料出所[編集]