伯和ビクトリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伯和ビクトリーズ
チーム名(通称) 伯和
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム
創部 1993年
チーム名の遍歴
  • リースキン広島 (1993 - 2003)
  • リースキン (2004)
  • 伯和ビクトリーズ (2005 - )
本拠地自治体 広島県東広島市
チームカラー 紫色
監督 東賢孝
都市対抗野球大会
出場回数 8回
最近の出場 2013年
最高成績 8強
社会人野球日本選手権大会
出場回数 6回
最近の出場 2015年
最高成績 4強
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

伯和ビクトリーズ(はくわビクトリーズ)は、広島県東広島市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟する社会人野球の企業チームである。

母体は、広島県を中心に展開するパチンコ企業の伯和である。チーム名の「victory」の複数形は本来であれば「victories」だが、チームのロゴなどでは「victorys」となっている。

概要[ソースを編集]

1993年東洋観光グループ西日本リネンサプライが、一事業である衛生業ブランド名(トーカイとのフランチャイズ契約により運営)をとって『リースキン広島硬式野球部』を創部。

2004年にチーム名を『リースキン硬式野球部』に改称し[1]、同年の都市対抗野球で創部12年目での初出場を果たした。しかし、同年の日本選手権の予選敗退後、翌2005年クラブチームとして活動し、シーズンいっぱいをもって廃部する旨が発表された。

その後、広島県を中心に展開するパチンコ企業の伯和がチームごと譲り受ける事となり、2005年から会社登録のまま『伯和ビクトリーズ』としてチーム名称を変更する形でチームを引き継いだ[2]。同年は、日本選手権で中国地区代表として初出場を果たし、「伯和」として1年目で全国大会デビューすることとなった。

また、2006年には「伯和」となってから初の都市対抗野球出場を果たし、2012年都市対抗野球ではベスト8入りを果たした。

創業者である安本養伯がイ・ビョンホンをかねてから支援しており有名であり、イ・ビョンホンは同チームの応援副団長を務めている。また、イの話題で時折、女性週刊誌などに名前が出ることがある[3][4]

沿革[ソースを編集]

  • 1993年 - 『リースキン広島』として創部。
  • 2004年 - 『リースキン』に改称。都市対抗野球に初出場(初戦敗退)。
  • 2005年 - 母体の変更に伴いチーム名を『伯和ビクトリーズ』に改称。日本選手権に初出場(初戦敗退)。

主要大会の出場歴・最高成績[ソースを編集]

主な出身プロ野球選手[ソースを編集]

元プロ野球選手の競技者登録[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]