松本晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松本 晃
松本 (14337178184) (cropped).jpg
現役時代
(2014年6月3日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市
生年月日 (1985-04-04) 1985年4月4日(37歳)
身長
体重
182 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • JR東日本

松本 晃(まつもと あきら、1985年4月4日 - )は、大阪府大阪市出身の元社会人野球選手外野手)、元コーチ。

経歴[編集]

大阪市西淀川区出身[1]

大阪市立姫島小学校大阪市立西淀中学校時代は淀川シニアに所属[2]PL学園高等学校では小窪哲也漫画家なきぼくろと同期[1]。3年時に第85回全国高等学校野球選手権大会に出場している。

横浜商科大学に進学し、神奈川大学野球リーグでは1年秋に首位打者を獲得、2年春から4番に座り、同リーグのベストナインの常連となった。

2008年JR東日本入社。初年度からスタメンに名を連ねたが、3年目の2010年には不振で打順降格も経験した。2011年は復調して4番に定着。東日本大震災の影響から10月開催となった第82回都市対抗野球大会京セラドーム大阪)では全5試合で4番を打った。特に決勝戦(対NTT東日本戦)では同点本塁打と延長でのサヨナラ二塁打を放ち、チーム全打点となる2打点をマークした。この活躍を評価されて橋戸賞(最優秀選手賞)を獲得した[3]

2012年も堅調な活躍を見せ、同年の社会人ベストナインを獲得、アジア選手権にも日本代表として出場した。2013年第84回都市対抗野球大会では決勝までの5試合で4本塁打を放ち、2002年に同大会で使用されるバットが木製に回帰して以来の大会最多タイ記録をマークした(シダックスオレステス・キンデラン以来の記録)。

2018年限りで現役を引退。引退後はJR東日本のコーチを務めている。

2021年限りでコーチを退任し、社業に専念することが公表された。

詳細情報[編集]

表彰[編集]

代表歴[編集]

参考資料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 菊地選手 (2020年4月7日). “PL学園硬式野球部49期が語り合う「共に泣き、共に笑った3年間」”. 現代ビジネス. 2021年3月22日閲覧。
  2. ^ 松本 晃 | 侍ジャパン選手プロフィール”. 侍ジャパン公式. 2021年3月22日閲覧。
  3. ^ JR東日本の松本が母校・横浜商大に報告、都市対抗野球で初優勝とMVP/神奈川”. カナロコ 神奈川新聞社 (2011年11月7日). 2021年3月22日閲覧。

外部リンク[編集]