石川駿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石川 駿
Doragons ishikawashun 20160812.jpg
現役時代
2016年8月12日 阪神鳴尾浜球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県草津市
生年月日 (1990-05-26) 1990年5月26日(32歳)
身長
体重
178 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2014年 ドラフト4位
初出場 2016年6月8日
最終出場 2020年7月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ロキテクノ富山

石川 駿(いしかわ しゅん、1990年5月26日 - )は、滋賀県草津市出身の元プロ野球選手内野手)、社会人野球指導者。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

三人兄弟の第二子として育ち、草津市立草津第二小学校在学中に日の出ファイターズへ入団し軟式野球を始め、草津市立草津中学校では軟式野球部投手として所属していた。

高校は滋賀県立北大津高等学校へ入学し、硬式野球に転向。入部後は野手転向し1年夏からレギュラーとなり主に7番打者で出場し、同年秋季大会準決勝で則本昂大擁する滋賀県立八幡商業高等学校に勝利するも決勝で小熊凌祐擁する近江高等学校に敗れ、準優勝で秋の近畿大会に出場してベスト4となった。2年からは4番セカンドとして定着し、春に第79回選抜高等学校野球大会へ出場、初戦で3安打1打点2得点の活躍を見せたが初戦敗退となった。同年夏は滋賀大会決勝で近江高に敗れ準優勝だったものの、以降主将となり同年秋季滋賀大会で準優勝、近畿大会ベスト8となり、翌3年春に第80回選抜高等学校野球大会に出場した。初戦突破し2回戦で倉本寿彦土屋健二筒香嘉智らを擁する横浜高校戦では4番として出場し6回裏に土屋から大会通算600号の記念ホームランを放ち、滋賀県勢として横浜高校に初勝利するも3回戦で敗れた[1]。同年春季大会は3回戦敗退、夏の滋賀大会は初戦の石部高等学校との試合中に左手首付近に死球を受け負傷退場し、その後左尺骨骨折で全治1カ月と診断され離脱した[2]。チームは準々決勝で敗退し夏の甲子園出場は果たせなかった。高校通算49本塁打を記録したがプロ志望届は提出しなかった。

高校卒業後は明治大学政治経済学部に進学し、硬式野球部に入部する。しかし1年時は前年の手首の骨折の影響、2年時は春に左ひざ靭帯損傷、3年時には打球が左目に当たり損傷による視力低下などのケガに苦しんだ。3年時の2012年3月15日に行われた阪神タイガースとのプロアマ交流戦ではロバート・ザラテから3ラン本塁打を放つなどの活躍をみせ頭角を現した[3]。4年春から副将に就任しに、同シーズンにようやくリーグ戦初出場を果たし、三塁のレギュラーとなると、打率はリーグ8位タイの.321、2本塁打、13打点を記録する。4年秋は再びケガに苦しみ5試合の出場に終わり、プロ志望届けは提出しなかった。リーグ通算20試合に出場、66打数20安打、打率.303、2本塁打、13打点、1盗塁を記録。大学時代のチームメイトは2学年上に荒木郁也、1学年上に野村祐輔阿部寿樹島内宏明柴田章吾、同学年に上本崇司、1学年下に岡大海関谷亮太、2学年下に山﨑福也糸原健斗福田周平、3学年下に上原健太坂本誠志郎髙山俊などがおり、阿部とはプロ入り後再びチームメイトとなっている。在学時コーチだった松岡功祐もプロ入り後再び同じチームに所属している。

大学卒業後はJX-ENEOSへ入社し、背番号2番でプレーすることになる。しかし入社してすぐ急性虫垂炎で入院し離脱した。第84回都市対抗野球大会では2回戦で2本塁打を放ち[4]、決勝ではのちのチームメイトとなる阿知羅拓馬石岡諒太が所属するJR東日本硬式野球部に勝利し優勝に貢献するなど、大会中打率.400、3本塁打、7打点の成績を残し若獅子賞と二塁手部門の大会優秀選手を受賞する。第39回社会人野球日本選手権大会にも出場したが秋吉亮足立祐一が所属するパナソニック野球部に敗れて初戦敗退だった。翌年の第85回都市対抗野球大会では準決勝で敗退となった。8月21日に行われた神奈川県野球交流戦決勝戦では逆転につながる犠飛を放つなどの活躍で初優勝に貢献した[5]。9月には仁川アジア大会野球日本代表に選ばれ出場した。

2014年プロ野球ドラフト会議にて中日ドラゴンズから4位指名を受け入団。背番号は9に決まった。JX-ENEOSでは、ともに仁川アジア大会に出場した井領雅貴も中日から6位指名を受け、入団している。三上朋也は1年間、大城基志は2年間チームメイトであった。

中日時代[編集]

2015年は、春季キャンプは北谷公園野球場で行われた一軍キャンプに帯同し、3月2日に行われたオープン戦では初スタメンでチームの新人第一号となるホームランを放ったが、開幕前に腰痛を発症し離脱する。1ヶ月半のリハビリを経て復帰するが復帰初日に打球を受け左鎖骨周辺の上部肋軟骨を骨折する怪我が相次ぎ、同期生で唯一一軍出場できず二軍戦でも19試合で2安打という成績に終わり、11月20日の契約更改では25%ダウン提示でサインした。

2016年は春季キャンプは読谷平和の森球場で行われた二軍キャンプスタートだったものの、6月7日に一軍初登録され、翌日地元関西の京セラドーム大阪で一軍初出場を果たすもノーヒット、6月11日には初犠打を決めたが結局ノーヒットのまま6月15日に出場選手登録抹消された。7月1日にはフレッシュオールスターゲームへ選出され、1安打を放った。その後は一軍登録されずシーズンを終え、10月には2年連続でフェニックス・リーグへ参加した。11月11日には100万円ダウンの推定年俸650万円で2年連続ダウン更改した[6]

2017年も春季キャンプから二軍だったが、3月に一軍合流し、オープン戦で結果を残し自身初の開幕一軍登録を果たすも、5打数ノーヒットで4月10日に登録抹消された。その後は長らく一軍登録されず、9月30日に一軍再登録され、10月3日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)で一軍初安打、さらに一軍初猛打賞も記録した[7]。10月10日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)でこの日が引退試合となった安藤優也から左翼ポール際に一軍初本塁打を放ち、同時に一軍初打点を記録した[8]。試合翌日10月11日には宮崎に移動し3年連続でフェニックス・リーグへ参加し、同年11月22日の契約更改では現状維持の推定650万円でサインした[9]。12月30日には自身が小中学生時代にプレーした草津グリーンスタジアムで野球教室を開催し、同日KUSATSU BOOSTERSへの加入と委嘱式が行われた[10]

2018年は3年ぶりに一軍キャンプスタートだったが2月下旬に怪我で離脱し、4月上旬に実戦復帰を果たす。7月7日に同年一軍初登録され、7月9日に代打出場したものの安打は放てず、以降は試合出場することなく7月18日に登録抹消された。同日ウエスタン・リーグの試合に出場したが、守備中の打球処理の際に脱臼し、シーズン終了まで実戦復帰はなかった。その後リハビリを経て10月に4年連続で参加したフェニックス・リーグで実戦復帰を果たしたが、11月24日の契約更改では一軍出場1試合に終わったこともあり50万円ダウンの600万円で契約更改した[11]

2019年も2年連続で一軍キャンプキャンプスタートだったが、二軍の内野手不足によりキャンプ終了後に二軍合流となった。5月3日に一軍初登録された[12]が5打数ノーヒットで5月23日に抹消された。ウエスタン・リーグで首位打者に到達していた9月19日に一軍再登録された[13]。9月25日に代打出場し、2年ぶりの安打で、一軍初となる適時三塁打を放つも[14]、同年の一軍安打はこの一本に終わった。9月27日のウエスタン・リーグ全日程終了に伴い打率.317で首位打者、出塁率.368で最高出塁率[15]のタイトルが確定した[16]。10月からは5年連続でフェニックス・リーグに参加したものの、秋季キャンプは主力メンバーの集まる北谷組から外された。11月9日に契約更改し、現状維持の600万円でサインした[17]。11月26日にNPB AWARDSに初参加し、前述の首位打者と最高出塁率及びウエスタン・リーグ優秀選手賞の表彰を受けた[18]

2020年も3年連続一軍キャンプキャンプスタートで、オープン戦も一軍帯同したものの開幕延期となった。6月から再開された練習試合からも一軍帯同を続けた。6月4日に軽度の熱中症との診断、6日に腰の違和感と張りのため、病院に向かう[19]といったアクシデントに見舞われたがその影響もなく3年ぶりの開幕一軍を掴み取った。代打や途中出場起用が多かったなか6月28日に大学の後輩でもある森下暢仁からシーズン公式戦初安打と初打点を記録した[20]。7月14日の対横浜DeNAベイスターズ戦(ナゴヤドーム)では6番・二塁手として3年ぶりのスタメン出場。2打数1安打1死球を記録するも、4回の守備でショートゴロで併殺をとろうと遊撃手からボールを転送された際、二塁を踏み損ね、一度は併殺崩れで一塁ランナーのみアウトの判定だったが、リプレイ検証で全てセーフに判定が覆った[21]。試合後、監督の与田剛は「明らかにやってはいけないプレー」[21]「次にそういうプレーをしないように反省しないといけない」と話した[22]。スタメン出場はこの1試合のみで打席に立つ機会は少ないながらも、11試合に出場して打率3割を維持していた。しかし、左手首痛のため7月20日に病院で検査を受けたところ、左手軟骨損傷と診断され、翌7月21日に登録を抹消された[23]。8月9日にタマホームスタジアム筑後で行われたウエスタン・リーグ公式戦で守備での実戦復帰を果たし、同月下旬には故障が癒え始めたと報道されていた[24]。しかし、8月9日以降の出場は9月17日にナゴヤ球場でおこなわれた公式戦に守備出場したのみで、この年のウエスタン・リーグ公式戦への出場はこの2試合のみ。打席に立つこともなく、一軍復帰の目途が立たずにいた。11月3日、球団より戦力外通告を受け[25]、同日には「野球はお腹いっぱいです」「野球を引退して次の道を進もうと思う」と現役引退を表明した[26][27]。その後選手としては12月2日付けで自由契約が公示された[28]

中日退団後[編集]

自由契約後の去就は当初公にされてなかったが、2020年度の学生野球資格回復研修を受講し、2021年2月5日に日本学生野球協会から資格回復を認定したと発表され、学生野球の指導が可能となった[29]。4月1日に同年春からは柔道整復師の資格を取得するため専門学校に通い、週末には野球指導者として活動をする予定であると報道され[30]、翌日4月2日には現役引退を撤回し社会人野球チームのロキテクノ富山に選手兼任コーチ補佐として入団した事が発表された。背番号は中日時代にちなむ99[31]。去就報道後は、大学時代以来となる東京都へ移住および平日は主に専門学校生、週末は富山県で野球活動を行うことを自身のインスタグラムでも公表している。ロキテクノ富山に入団した経緯は、中日退団後に複数チームからのオファーを当初はすべて断ったが伊東大輔の熱意に負けて入団に至った事を明かしている[32]。入団後は選手兼任の肩書を持つが実際はほぼコーチ業に専念しており、同年の都市対抗北信越地区予選では準決勝でバイタルネットに敗れ都市対抗出場はならなかった。

選手としての特徴・人物[編集]

ヘッドを効かせたスイングで広角にライナー性の打球を飛ばす右の強打者。積極的な打撃が持ち味。当時のスカウト部長だった中田宗男から「パワーに加えて、バットのヘッドの使い方がうまい。相当本塁打を打つよ。チームで一番打つ可能性がある」「即戦力のトップクラス」と絶賛された[33]

あこがれのプロ野球選手は北大津の先輩にあたる中西健太で、過去に一緒に練習を行っていた[34]

現役引退表明時、指導を受けた落合博満加藤秀司小笠原道大の3人に感謝の気持ちを示し、「この世界に入ったから出会えました」と有り難がった[26]

2016年よりドームと契約しアンダーアーマー用具を使用している。変更した理由は同じくアンダーアーマー用具を使用している同郷の松田宣浩の影響を受けてのことだった[35]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2016 中日 2 6 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2017 9 17 17 1 6 0 0 1 9 1 0 0 0 0 0 0 0 5 0 .353 .353 .529 .882
2018 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2019 8 8 8 0 1 0 1 0 3 3 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .125 .125 .375 .500
2020 11 13 10 0 3 0 1 0 5 2 0 0 0 0 1 0 2 3 0 .300 .462 .500 .962
NPB:5年 31 45 41 1 10 0 2 1 17 6 0 0 1 0 1 0 2 13 0 .244 .295 .415 .710

年度別守備成績[編集]



三塁 一塁 二塁




































2016 中日 2 4 2 0 0 1.000 - -
2017 1 0 0 0 0 .--- 1 9 0 0 0 1.000 3 4 3 0 1 1.000
2019 - 1 3 0 0 0 1.000 -
2020 1 0 2 0 0 1.000 1 0 0 0 0 ---- 2 3 3 1 1 .857
通算 4 4 4 0 0 1.000 3 12 0 0 0 1.000 5 7 6 1 2 .929

記録[編集]

背番号[編集]

  • 9 (2015年 - 2020年)

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 北大津2発!横浜を圧倒/センバツ 日刊スポーツ 2008年3月28日
  2. ^ イタッ!通算49本塁打二塁手死球で全治1カ月 スポーツニッポン 2008年7月14日
  3. ^ 石川ダメ押し3ラン!阪神タイガースに快勝 明スポ 2012年3月15日
  4. ^ JX-ENEOS 石川 150メートル弾 初出場で2発 スポーツニッポン 2013年7月19日
  5. ^ 県野球交流戦:JXがベイに逆転勝ち 初の頂点に 神奈川新聞 2014年8月22日
  6. ^ 中日石川「力になれず」1軍デビューも100万減 日刊スポーツ 2016年11月11日
  7. ^ 石川、プロ初安打&初猛打賞 「やっとプロ野球選手になれた」 中日スポーツ 2017年10月4日
  8. ^ 【中日】石川、プロ初本塁打!「必死にいった」引退登板の安藤からプロ1号 スポーツ報知 2017年10月10日
  9. ^ 中日石川は現状維持で更改「継続して1年間できた」 日刊スポーツ 2017年11月22日
  10. ^ 滋賀)中日・石川内野手が児童に指導 草津で野球教室 朝日新聞 2017年12月31日
  11. ^ 中日・石川「契約していただいただけで納得」50万円減の600万円 スポーツニッポン 2018年11月24日
  12. ^ 中日 4選手入れ替え 福&石川駿が今季初の1軍昇格 スポニチ 2019年5月3日
  13. ^ ウエスタン・リーグ首位打者が1軍合流 中日・石川駿が今季2度目の昇格
  14. ^ 中日・石川駿 今季初安打がプロ初三塁打!ウエスタンL打率トップが代打で走者一掃打 スポーツニッポン 2019年9月25日
  15. ^ 2019年度 表彰選手 (ウエスタン・リーグ) NPB 公式サイト
  16. ^ 中日所属選手の首位打者は2011年の柳田殖生以来8年ぶり
  17. ^ 「勝負できる形はできた」小笠原道大前2軍監督からの言葉を胸に中日・石川駿ブレーク誓う ウエスタン首位打者も1軍では1安打 中日スポーツ 2019年11月9日
  18. ^ ウエスタンリーグ2冠も「1軍で成績残せてナンボ」中日・石川駿 表彰に気を引き締める 中日スポーツ 2019年11月26日
  19. ^ 中日・石川駿 腰の違和感と張りで病院へ スポーツニッポン 2020年6月6日
  20. ^ 中日・石川駿が明大後輩の広島・森下撃ち今季初安打 中日スポーツ 2020年6月28日
  21. ^ a b ““ベース踏み損ね”中日・石川駿に「喝!!」張本勲氏「セカンドが絶対にやっちゃいけない」川藤幸三氏「これアカンわね」”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ. (2020年7月19日). https://www.chunichi.co.jp/article/91311 2020年11月3日閲覧。 
  22. ^ “【与田語録】いいプレーもあった石川駿、守備ミスは反省を”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ. (2020年7月15日). https://www.chunichi.co.jp/article/89164 2020年11月3日閲覧。 
  23. ^ “中日・石川駿が『左手軟骨損傷』で抹消、谷元が今季初昇格”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ. (2020年7月21日). https://www.chunichi.co.jp/article/92382 2020年11月3日閲覧。 
  24. ^ 高橋雅人 (2020年8月22日). “先日、ナゴヤ球場に“化け物”がいた。2軍は遠征中で、残留組の練習も終了した昼下がり。左手のけがが癒えた石川駿の…”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ. https://www.chunichi.co.jp/article/108369 2020年11月3日閲覧。 
  25. ^ "来季の契約について". 公式サイト. 中日ドラゴンズ. 3 November 2020. 2020年11月3日閲覧
  26. ^ a b “中日戦力外の石川駿は現役引退表明 30歳「野球はお腹いっぱいです」指導を受けた落合博満さんらに感謝”. 中日スポーツ. (2020年11月3日). https://www.chunichi.co.jp/article/148245 2020年11月3日閲覧。 
  27. ^ “戦力外の中日小熊「覚悟していた」伊藤準規「感謝」”. 日刊スポーツ. (2020年11月3日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011030000342.html 2020年11月3日閲覧。 
  28. ^ 阪神スアレスらセ・リーグの自由契約選手一覧 日刊スポーツ 2020年12月3日
  29. ^ 清原氏、黒田氏ら139人/学生野球資格回復者一覧 日刊スポーツ 2021年2月5日
  30. ^ “戦力外の2日後に「日雇い派遣」 年下から指図され実感した“プロ野球選手の終わり””. Full-Count. (2021年4月1日). https://full-count.jp/2021/04/01/post1067541/ 2021年4月1日閲覧。 
  31. ^ “前中日の石川駿がロキテクノ入り 与田監督も期待”. 日刊スポーツ. (2021年4月2日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/amp/202104020000358.html 2021年4月2日閲覧。 
  32. ^ “【富山】プロの経験 社会人野球に 元中日の石川選手兼コーチ補佐”. 中日新聞. (2021年10月1日). https://www.chunichi.co.jp/article/339658 2021年10月1日閲覧。 
  33. ^ 中日スポーツ 2014年10月29日
  34. ^ ボールパーク便り ルーキー特集(8)県立高校出身の強打者 石川駿 明大スポーツ
  35. ^ 石川、マッチイズムで飛躍!! 中日スポーツ(ウェブバックマシン アーカイブ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]