石岡諒太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石岡 諒太
オリックス・バファローズ #00
Ryota Ishioka Orix Buffaloes 20220709.jpg
2022年7月9日(オリックス移籍後初出場)
ほっともっとフィールド神戸にて
ユニフォームは清田文章ブルペン捕手のもの
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県神戸市北区
生年月日 (1992-05-25) 1992年5月25日(30歳)
身長
体重
188 cm
92 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 2015年 ドラフト6位
初出場 2017年7月8日
年俸 700万円(2023年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
獲得メダル
日本の旗 日本
男子野球
アジア競技大会
2014

石岡 諒太(いしおか りょうた、1992年5月25日 - )は、兵庫県神戸市北区出身のプロ野球選手内野手外野手)。左投左打。オリックス・バファローズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

神戸市立広陵小学校2年の時に広陵少年野球部で軟式野球を始める。神戸市立広陵中学校進学後は神戸skyドラゴンズに所属し、硬式野球に転向した。

神戸国際大学附属高等学校への進学後は、2年秋から1番一塁手に定着。3年春に選抜高等学校野球大会へ出場したが、2三振を喫し、チームも初戦で敗退した。在学中の2学年上に山本徹矢、同期生に岡本健、2学年下に宗接唯人がいた。

JR東日本硬式野球部時代(2014年6月3日)

高校卒業後はJR東日本へ入社。同期入社には阿知羅拓馬戸田亮がいる。入社1年目から公式戦に出場すると、第82回都市対抗野球大会ではチームの優勝に貢献し、若獅子賞を受賞した[2]。翌年の第83回大会でも3番打者として準優勝に貢献。4年目には第17回アジア競技大会日本代表に選ばれた。


2015年10月22日に行われたドラフト会議では、中日ドラゴンズから6位指名を受け、契約金5000万円、年俸1000万円(金額は推定)という条件[3]で入団した。背番号は前年まで小笠原道大が着用していた36。阿知羅が2013年のドラフト会議で中日から指名を受け入団していたため、2016年から再度同じ球団に在籍することとなった。

中日時代[編集]

中日時代

2016年は、春季キャンプ前の新人合同自主トレーニング中に腰痛を発症。後の診断で椎間板ヘルニアが判明したため、1月28日に患部の手術を受けた[4]。その影響で一軍公式戦への出場機会はなく、ウエスタン・リーグ公式戦でも、26試合の出場で打率.289(76打数22安打)、2打点という成績にとどまった[5]。シーズン終了後には、台湾アジアウインターベースボールリーグに派遣された。

2017年の石岡

2017年は、入団後初めて春季キャンプを一軍で迎えた[6]。キャンプ中には、本来のポジションである一塁に加えて、外野の守備も練習[7]。キャンプ終了後も一軍へ帯同すると、オープン戦では本塁打を放った[8]。開幕一軍は逃したが、7月8日に一軍初登録されると、同日の横浜DeNAベイスターズ戦でスタメンで一軍初出場を果たした。しかし、無安打のまま7月18日に登録抹消された。

2018年は、一軍出場なしに終わった。

2019年は、8月13日に右腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けた[9]。この年も一軍出場なしに終わった。11月19日、次年度からは育成選手契約となることが発表され、規定により12月2日に自由契約公示された[10]。育成選手としての背番号は205

2020年は、ウエスタン・リーグで68試合に出場し、打率.275、2本塁打、20打点という成績を記録した[11]

2021年は、8月26日までにウエスタン・リーグで打率.318、5本塁打、29打点、8盗塁の成績を収め、同27日に再び支配下登録された。背番号は00[12]。 その後、10月12日に一軍昇格。翌13日の東京ヤクルトスワローズ戦で、「7番・左翼手」として4年ぶりの一軍出場を果たした。22日のDeNA戦では、フェルナンド・ロメロから6年目で待望の一軍初安打を放った。この年は6試合の出場で、11打数1安打、打率は.091だった。オフの契約更改では、前年から22万増の562万円で契約した。

2022年4月にウエスタン・リーグで打率.378、28安打、7盗塁、出塁率.467を記録し(いずれもリーグトップ)同月の月間MVPを受賞した[13]

オリックス時代[編集]

2022年7月8日、後藤駿太との交換トレードでオリックス・バファローズへの移籍が発表された[14]。背番号は中日時代と同じく00。翌9日に入団会見が執り行われ[15]、同日の千葉ロッテマリーンズ戦の8回裏に吉田正尚の代走で起用され、移籍後初出場を果たすが、ユニフォームが間に合わずブルペン捕手の清田文章の背番号112のユニフォームで出場。更に翌10日は「1番・レフト」で移籍後初先発出場。5打数2安打と期待に応え、試合も10-1と大勝した。

この年はウエスタン・リーグの首位打者(.308)のタイトルを獲得[16]

選手としての特徴[編集]

豪快なフルスイングから放たれる長打力と勝負強い打撃が武器[17][18]。50mを5秒9で走る俊足も兼備している[19]。守備では本職の一塁の他、外野もこなす[18]

人物[編集]

手足が長く、細長いボディーと走り方がエヴァンゲリオン初号機に似ていることから、愛称はエヴァ[20][21]。それにちなんで、登場曲も主題歌である高橋洋子残酷な天使のテーゼを使用している。

中日時代の二軍監督だった小笠原道大の“愛弟子“という縁から、ピン芸人「小笠原ミニ大」ことパキオと仲が良い[20]

幼少期から大のオリックスファンであり、小学生のころから何度もほっともっとフィールド神戸で試合観戦をしたという[22]

アイドルグループ・AKB48のファンであり、推しのメンバーは島崎遥香である[23]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 中日 2 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2021 6 11 11 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1 .091 .091 .091 .182
2022 11 29 25 1 9 0 0 0 9 1 0 0 2 0 1 0 1 6 1 .360 .407 .360 .767
オリックス 17 35 33 3 5 1 0 0 6 0 2 1 1 0 1 0 0 10 0 .152 .176 .182 .358
'22計 28 64 58 4 14 1 0 0 15 1 2 1 3 0 2 0 1 16 1 .241 .267 .259 .526
通算:3年 36 79 73 4 15 1 0 0 16 1 2 1 3 0 2 0 1 22 2 .205 .237 .219 .456
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁 外野
























2017 中日 1 9 0 0 2 1.000 -
2021 - 4 2 0 0 0 1.000
2022 7 46 9 0 0 1.000 1 3 0 0 0 1.000
オリックス 1 6 0 0 1 1.000 8 13 0 0 0 1.000
'22計 8 52 9 0 1 1.000 9 16 0 0 0 1.000
通算 9 63 9 0 3 1.000 13 18 0 0 0 1.000
  • 2022年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 36(2016年 - 2019年)
  • 205(2020年 - 2021年8月26日)
  • 00(2021年8月27日 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ オリックス - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2022年11月18日閲覧。
  2. ^ 橋戸賞はJR東日本の松本/都市対抗日刊スポーツ 2011年11月1日配信
  3. ^ 中日ドラフト6位石岡、契約金5000万で仮契約日刊スポーツ 2015年11月25日配信
  4. ^ 中日ドラ6石岡「残念」腰の椎間板ヘルニア手術へ キャンプ不参加スポニチアネックス 2016年1月26日配信
  5. ^ 石岡 諒太 | Baseball LAB[ベースボールラボ]プロ野球×データ 2017年1月25日閲覧
  6. ^ プロ野球12球団キャンプガイド/日程、場所など日刊スポーツ 2017年1月31日配信
  7. ^ 中日石岡プロ初の外野練習「一塁にはこだわりない」日刊スポーツ 2017年2月16日配信
  8. ^ 中日石岡が2ラン「しっかり振り切ることができた」日刊スポーツ 2017年3月7日配信
  9. ^ 中日・石岡 右腰椎椎間板ヘルニアの手術受ける 16年にも手術スポニチ 2019年8月13日
  10. ^ 自由契約選手 2019年度 NPB公式サイト
  11. ^ 2020年度 中日ドラゴンズ 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2021年8月27日閲覧。
  12. ^ “中日・石岡が2年ぶり支配下復帰 「崖っぷちなのは変わらないので、1打席1打席アピール」”. 中日スポーツ. (2021年8月27日). https://www.chunichi.co.jp/article/319153 2021年8月27日閲覧。 
  13. ^ 「スカパー!ファーム月間MVP賞」 楽天・宮森と中日・石岡が受賞”. BASEBALL KING. 2022年5月16日閲覧。
  14. ^ トレード成立のお知らせ”. オリックス・バファローズ (2022年7月8日). 2022年7月8日閲覧。
  15. ^ 石岡諒太選手入団発表記者会見” (日本語). オリックス・バファローズ (2022年7月9日). 2022年7月9日閲覧。
  16. ^ 2022年度 ファーム成績 NPB (2022年10月28日閲覧)
  17. ^ 春季キャンプで発見した赤マル急上昇選手!セ・リーグ編 | 野球コラム”. 週刊ベースボールONLINE. 2022年4月11日閲覧。
  18. ^ a b 【中日】育成の石岡諒太が再び支配下へ 2軍で打率3割超えの強打に期待”. スポーツ報知 (2021年8月27日). 2022年4月11日閲覧。
  19. ^ 中日6位石岡 AKBぱるるのようにセンター目指す”. nikkansports.com. 2022年4月11日閲覧。
  20. ^ a b 【中日】石岡諒太、プロ6年目で初安打!DeNAロメロから中前へ…竜の「エヴァンゲリオン初号機」” (日本語). スポーツ報知 (2021年10月22日). 2022年7月9日閲覧。
  21. ^ オリックス移籍の“エヴァ”石岡 入団会見からの駆けつけ背番号「112」で代走出場 - スポニチ Sponichi Annex 野球” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2022年7月9日閲覧。
  22. ^ 【オリックス】中日からトレード移籍の石岡諒太「優勝を目指すワンピースになる」背番号は中日時代と同じ「00」”. 2022年7月9日閲覧。
  23. ^ 求めるのは癒しか、それとも気合か? 入寮にアイドルグッズを持ち込むプロ野球ルーキーたち”. 週刊野球太郎. 2022年4月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]