西野真弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西野 真弘
オリックス・バファローズ #5
2016年5月17日 こまちスタジアム
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都江戸川区
生年月日 (1990-08-02) 1990年8月2日(33歳)
身長
体重
167 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 二塁手三塁手
プロ入り 2014年 ドラフト7位
初出場 2015年4月2日
年俸 2300万円(2024年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

西野 真弘(にしの まさひろ、1990年8月2日 - )は、東京都江戸川区出身[2]プロ野球選手内野手)。右投左打。オリックス・バファローズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

南葛西小学校時代に「葛西キラーズ」で野球を始め、南葛西中学校では「浦安リトルシニア」に所属し[3][4]東海大学付属浦安高校では甲子園出場経験は無し。 国際武道大学4年生の時、千葉県大学野球リーグで春・秋の2季連続で二塁手のベストナインを獲得した[5]明治神宮野球大会では初戦で富士大多和田真三郎にノーヒットノーランで敗れた[6]

JR東日本時代
(2014年6月3日)

JR東日本時代は1年目に第84回都市対抗野球大会でベスト8に進出[7]、社会人野球ベストナインを獲得した(二塁手)[8]。2年目には韓国で行われた第17回アジア競技大会野球日本代表に選ばれ、4試合に出場、計8打数1安打だった。唯一の安打はモンゴル戦で放った本塁打である[9]。社会人時代は田中広輔と二遊間を組んでいた[10]

2014年10月23日に行われたドラフト会議では、オリックス・バファローズから7位指名を受け[11]、契約金2500万円、年俸1000万円(金額は推定)[12]で契約し入団した。背番号は39[13]

ドラフト後に行われた第40回社会人野球日本選手権大会では二塁手として3試合に先発出場、計12打数3安打1四死球だった[14]

オリックス時代[編集]

2015年は開幕を一軍で迎えた[15]。4月2日の対福岡ソフトバンクホークス戦の5回表に代打でプロ初出場し、初打席は一塁手への飛球で凡退した[16]。4月12日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦では8番・三塁手で初先発出場し、7回表の第3打席で初安打となる右前安打を放つと[17][18]、4月22日の対千葉ロッテマリーンズ戦では7回表に二死満塁の場面で2点適時打を放って初打点を挙げ[19][20]、4月29日の楽天戦では4回裏にプロ初本塁打を放った[21][22]。5月2日の対ソフトバンク戦では2回裏に初盗塁(二盗)を記録[23]。33試合に出場した時点では、規定打席には達していなかったものの、94打数34安打の打率.362、3本塁打、18打点、5盗塁、得点圏打率.480の好成績を収めていた(同時期のリーグ首位打者が柳田悠岐で打率は.356、規定打席まであと5打席の清田育宏の打率は.355だった)[10]。7月2日の対北海道日本ハムファイターズ戦の8回の第4打席で空振りをした際に右手首を痛め、翌3日に有鈎骨の骨折で全治2か月と診断され[24][25]、7月4日に出場選手登録を抹消され[26]、その後復帰することなくシーズンを終えた[27]。12月1日、大阪市大正警察署で一日警察署長を務めた[28]

2016年、チームでは糸井嘉男と共に全試合に出場、1試合以外は全て二塁手として出場した[29]。三塁打数7は茂木栄五郎と共にリーグ最多を記録する一方、二塁手部門でリーグ最多の17失策を記録した[30]。12月12日に背番号が5に変更されたことが発表された[31]

2017年、開幕戦は2番二塁手で先発出場したが、夏場には二軍降格を経験するなど不調に終わった。6月19日の横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)では代打から出場しプロ入り後初めて遊撃手として出場した。

2018年、三塁手としての出場を重ねていたが、8月11日の試合の守備練習中に打球が額に直撃し、病院で検査を受け、前頭骨骨折、脳震盪と診断され、出場登録を抹消された[32]

2019年は、ケガや不振で自己最少の56試合の出場にとどまった。

2020年は開幕1軍を逃した。2軍で3割超の打率を残していたが昇格は遅れ、中嶋聡が監督代行に就任してから約1週間後の8月28日に1軍昇格となった。9月8日の対埼玉西武ライオンズ戦では9回無死で代打出場し中前安打を放った。この安打は相手先発投手である高橋光成ノーヒットノーラン投球を阻止する一打となった[33]。しかしシーズンを通した好調は維持できず、23試合出場、打率.243の成績に終わった。

2021年は開幕から調子が上がらず、全部門で自己最少となる、18試合出場、打率.146、1打点に終わり、シーズン通しての安打数も自身初の一桁となる6安打にとどまった。

2022年も開幕から2軍暮らしが続いていたが、4月8日のロッテ戦で代打起用され安打を放つと、4月15日の西武戦では2番三塁手でスタメン出場し、マルチヒットを放つなど、新型コロナウイルスの影響で離脱者が多かった4月上旬は起用に応える活躍を見せた。しかし、5月に入ると打撃成績が急降下し、5月28日の中日ドラゴンズ戦を最後に1軍登録を抹消された。再昇格は8月6日の楽天戦まで待つこととなったが、2番DHで起用されたこの試合で2安打2打点の活躍を見せると、以降はユーティリティーとして1軍に定着。優勝争いの直接対決となった9月19日のソフトバンク戦では猛打賞を記録するなど、チームの大逆転優勝に貢献した。さらに、東京ヤクルトスワローズとの日本シリーズでも第3戦で完封負けを阻止する適時打、第5戦で投手強襲の同点適時打、第6戦で9回に追加点となる犠飛を放つ活躍を見せ、シリーズ通算でも11打数5安打とチームの26年ぶりの日本一に大きく貢献した。

2023年はオープン戦で22打数11安打で打率.500と結果を残し、「3番・二塁手」で開幕スタメンを勝ち取った。

選手としての特徴・人物[編集]

パンチ力[34]を兼ね備えたシュアな打撃と50メートル走で6秒1を記録した俊足、内野複数ポジションをこなせる器用さが持ち味[35]

身長167cmはチーム最低身長(入団当時)[3]

自身と同じように小柄な内野手で元チームメイトの平野恵一をプロ入り時から尊敬しており、平野からは引退セレモニー時に使用したバットと、平野の名前入りのリュックサックをプレゼントされている[36][37]。なお、2016年のオフに変更した背番号5は、平野がオリックス時代につけていた背番号である[37]。また、応援団が演奏する応援歌も平野のものが継承された[38]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 オリックス 57 213 191 31 58 6 2 3 77 22 9 2 2 0 18 0 2 25 0 .304 .370 .403 .773
2016 143 610 538 63 142 16 7 2 178 33 16 5 13 1 56 0 2 55 7 .264 .335 .331 .666
2017 100 331 282 33 66 11 2 2 87 21 8 4 16 3 24 0 6 46 4 .234 .305 .309 .613
2018 60 207 188 21 55 8 4 0 71 16 7 3 6 1 12 1 0 28 5 .293 .333 .378 .711
2019 56 188 166 21 40 5 1 1 50 14 1 0 3 1 16 0 2 24 1 .241 .314 .301 .615
2020 23 77 69 10 17 3 0 0 20 3 0 0 3 0 5 0 0 10 1 .246 .297 .290 .587
2021 18 42 41 3 6 0 0 0 6 1 0 0 0 0 1 0 0 6 0 .146 .167 .146 .313
2022 43 130 114 10 33 5 1 0 40 8 0 0 6 1 8 0 1 13 4 .289 .339 .351 .690
2023 43 138 122 5 24 6 0 0 30 8 0 0 5 0 11 0 0 9 4 .197 .263 .246 .509
通算:9年 543 1936 1711 197 441 60 17 8 559 126 41 14 54 7 151 1 13 216 26 .258 .321 .327 .648
  • 2023年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



一塁 二塁 三塁 遊撃
















































2015 オリックス - 46 88 110 1 16 .995 7 7 11 0 1 1.000 -
2016 - 142 344 448 17 80 .979 - -
2017 - 80 169 194 6 42 .984 8 2 5 0 0 1.000 1 0 1 0 0 1.000
2018 - 7 13 14 0 4 1.000 45 24 69 3 3 .969 -
2019 - 9 19 23 1 7 .977 47 27 62 0 9 1.000 -
2020 - 2 3 7 0 0 1.000 17 9 25 1 0 .971 -
2021 - 11 17 23 0 8 1.000 1 0 1 0 0 1.000 -
2022 1 5 0 0 1 1.000 15 11 26 0 4 1.000 11 6 7 0 0 1.000 -
2023 - 26 51 65 1 10 .991 11 5 13 1 1 .947 -
通算 1 5 0 0 1 1.000 338 715 910 26 171 .984 147 80 193 5 14 .982 1 0 1 0 0 1.000
  • 2023年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 39(2015年 - 2016年)
  • 5(2017年 - )

登場曲[編集]

現在使用している登場曲
過去に使用していた登場曲

脚注[編集]

  1. ^ オリックス - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2023年12月2日閲覧。
  2. ^ 『2016プロ野球12球団全選手カラー百科名鑑』 廣済堂出版発行(ISBN 978-4-331-80325-7) 101頁
  3. ^ a b オリ7位167センチ西野、あるぞ小兵侍 日刊スポーツ 2015年2月4日紙面から
  4. ^ 社会人代表 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト
  5. ^ 1部リーグの試合情報//12'春季1部リーグの試合情報//12'秋季 千葉県大学野球連盟
  6. ^ 週刊ベースボール増刊 大学野球2012秋季リーグ戦決算号 ベースボールマガジン社
  7. ^ 2015スポニチプロ野球選手名鑑 毎日新聞社
  8. ^ ベストナイン・表彰選手 (PDF) 公益財団法人 日本野球連盟
  9. ^ 第17回アジア競技大会 社会人代表 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト
  10. ^ a b オリックス西野真弘 パ17年ぶりの新人王野手誕生なるか?”. BASEBALL KING (2015年5月25日). 2019年8月27日閲覧。
  11. ^ 2014年度ドラフト会議 契約交渉権獲得選手 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト 2014年10月23日配信
  12. ^ オリ ドラフト6位・坂寄、7位・西野と仮契約 スポニチ Sponichi Annex 2014年11月28日掲載
  13. ^ 新人選手紹介 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  14. ^ 2014年 試合結果 JR東日本野球部
  15. ^ 公示(出場選手登録・抹消) オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  16. ^ 2015年4月2日 福岡ソフトバンク 対 オリックス 成績詳細 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  17. ^ どん底…オリ“丸抱え”借金10最下位 他5球団は勝率5割以上 スポニチ Sponichi Annex 2015年4月13日掲載
  18. ^ 2015年4月12日 楽天イーグルス 対 オリックス 成績詳細 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  19. ^ オリ7位西野、プロ10打席目でうれしい初打点 日刊スポーツ 2015年4月22日掲載
  20. ^ 2015年4月22日 千葉ロッテ 対 オリックス 一球速報 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  21. ^ オリ西野プロ1号「めちゃくちゃうれしいです」 日刊スポーツ 2015年4月29日掲載
  22. ^ 2015年4月29日 オリックス 対 楽天イーグルス 成績詳細 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  23. ^ 2015年5月2日 オリックス 対 福岡ソフトバンク 一球速報 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  24. ^ オリックス西野骨折 全治2カ月で新人王争いピンチ 日刊スポーツ 2015年7月4日紙面から
  25. ^ 2015年7月2日 北海道日本ハム 対 オリックス 成績詳細 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  26. ^ 公示(出場選手登録・抹消) オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  27. ^ オリックス西野が雪辱だ「出塁率4割を目指したい」 日刊スポーツ 2016年1月19日掲載
  28. ^ オリックス西野が一日警察署長 右手骨折はほぼ回復 日刊スポーツ 2015年12月1日配信
  29. ^ 2016年度 オリックス・バファローズ 個人打撃成績(パシフィック・リーグ)個人守備成績(パシフィック・リーグ) NPB.jp 日本野球機構
  30. ^ 2016年度 パシフィック・リーグ リーダーズ(打撃部門) 三塁打2016年度 パシフィック・リーグ リーダーズ(守備部門) 失策(二塁手) NPB.jp 日本野球機構
  31. ^ 背番号変更のお知らせ オリックス・バファローズ オフィシャルサイト 2016年12月12日配信
  32. ^ オリックス西野が長期離脱へ 前頭骨骨折と脳振とう日刊スポーツ 2018年8月12日掲載
  33. ^ 西武・高橋光 あと3人で…ノーヒットノーラン達成ならず オリ代打・西野が中前打”. スポニチ Sponichi Annex (2020年9月8日). 2023年1月17日閲覧。
  34. ^ オリックス・西野、山岡の練習法導入 体の使い方意識”. SANSPO.COM(サンスポ) (2020年5月7日). 2021年4月5日閲覧。
  35. ^ オリックスに新しい風を吹かせる西野真弘!小さくたって負けない、背が小さい選手が必要な理由”. 週刊野球太郎 (2015年5月19日). 2021年4月5日閲覧。
  36. ^ オリ西野 “目標”平野バット持参「恵一さんを超えたい」”. スポニチ Sponichi Annex (2016年1月30日). 2021年5月30日閲覧。
  37. ^ a b オリックス西野、背番5に変更「恥じない結果を」”. 日刊スポーツ (2016年12月1日). 2021年5月30日閲覧。
  38. ^ 【球界常識ヒジョーシキ】小柄な大先輩…平野恵一の「応援歌」、オリの西野が継承”. 産経WEST. 産経新聞社 (2016年3月3日). 2021年4月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]