西野真弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西野 真弘
オリックス・バファローズ #5
Nishino masahiro.jpg
2016年5月17日 こまちスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都江戸川区
生年月日 (1990-08-02) 1990年8月2日(26歳)
身長
体重
167 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 二塁手
プロ入り 2014年 ドラフト7位
初出場 2015年4月2日
年俸 3,600万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

西野 真弘(にしの まさひろ、1990年8月2日 - )は、オリックス・バファローズに所属するプロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

東京都江戸川区出身[2]南葛西小学校時代に「葛西キラーズ」で野球を始め、南葛西中学校では「浦安リトルシニア」に所属し[3][4]東海大学付属浦安高校では甲子園出場経験は無し。 国際武道大学4年生の時、千葉県大学野球リーグで春・秋の2季連続で二塁手のベストナインを獲得した[5]

JR東日本時代の2013年には社会人野球ベストナインを獲得した(二塁手)[6]。2014年9月に韓国で行われた第17回アジア競技大会野球日本代表に選ばれ、4試合に出場、計8打数1安打だった。唯一の安打はモンゴル戦で放った本塁打である[7]

10月23日に行われたプロ野球ドラフト会議オリックス・バファローズに7巡目で指名され[8]、契約金2,500万円、年俸1,000万円(金額は推定)[9]で合意し入団。背番号は39に決まった[10]

11月に行われた第40回社会人野球日本選手権大会では二塁手として3試合に先発出場、計12打数3安打1四死球だった[11]

プロ入り後[編集]

2015年、開幕を一軍で迎えた[12]。4月2日の対福岡ソフトバンクホークス戦の5回表に代打でプロ初出場し、初打席は一塁手への飛球で凡退した[13]。12日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦では8番・三塁手で初先発出場し、7回表の第3打席で初安打となる右前安打を放つと[14][15]、22日の対千葉ロッテマリーンズ戦では7回表に二死満塁の場面で2点適時打を放って初打点を挙げ[16][17]、29日の楽天戦では4回裏にプロ初本塁打を放ち[18][19]、5月2日の対ソフトバンク戦では2回裏に初盗塁(二盗)を記録した[20][21]。7月2日の対北海道日本ハムファイターズ戦の8回の第4打席で空振りをした際に右手首を痛め、翌3日に有鈎骨の骨折で全治2か月だと診断され[22][23]、4日に出場選手登録を抹消された[24]。しかしその後復帰することなくシーズンを終えた[25]。12月1日、大阪市大正警察署で一日警察署長を務めた[26][27]

2016年、チームでは糸井嘉男と共に全試合に出場したが、1試合以外は全て二塁手として出場し、チームの正二塁手となった[28]。三塁打数7は茂木栄五郎と共にリーグ最多を記録、また二塁手部門でリーグ最多の17失策を記録した[29]。12月12日、背番号が5に変更されたことが発表された[30]

選手としての特徴・人物[編集]

身長167センチはチーム最低身長(入団当時)[3]

自身と同じように小柄な内野手で元チームメイトの平野恵一をプロ入り時から尊敬しており、平野からは引退セレモニー時に使用したバットと、平野の名前入りのリュックサックをプレゼントされている[31][32]。なお、2016年のオフに変更した背番号5は、平野がオリックス時代につけていた背番号である[32]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 オリックス 57 213 191 31 58 6 2 3 77 22 9 2 2 0 18 0 2 25 0 .304 .370 .403 .773
2016 143 610 538 63 142 16 7 2 178 33 16 5 13 1 56 0 2 55 7 .264 .335 .331 .666
NPB:2年 200 823 729 94 200 22 9 5 255 55 25 7 15 1 74 0 4 80 7 .274 .344 .350 .694
  • 2016年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]


二塁 三塁
























2015 46 88 110 1 16 .995 7 7 11 0 1 1.000
2016 142 344 448 17 80 .979 -
通算 188 432 558 18 96 .982 7 7 11 0 1 1.000
  • 2016年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 39 (2015年 - 2016年)
  • 5 (2017年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オリックス - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年12月18日閲覧。
  2. ^ 『2016プロ野球12球団全選手カラー百科名鑑』 廣済堂出版発行(ISBN 978-4-331-80325-7) 101頁
  3. ^ a b オリ7位167センチ西野、あるぞ小兵侍 日刊スポーツ 2015年2月4日紙面から
  4. ^ 社会人代表 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト
  5. ^ 1部リーグの試合情報//12'春季1部リーグの試合情報//12'秋季 千葉県大学野球連盟
  6. ^ ベストナイン・表彰選手 (PDF) 公益財団法人 日本野球連盟
  7. ^ 第17回アジア競技大会 社会人代表 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト
  8. ^ 2014年度ドラフト会議 契約交渉権獲得選手 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト 2014年10月23日配信
  9. ^ オリ ドラフト6位・坂寄、7位・西野と仮契約 スポニチ Sponichi Annex 2014年11月28日掲載
  10. ^ 新人選手紹介 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  11. ^ 2014年 試合結果 JR東日本野球部
  12. ^ 公示(出場選手登録・抹消) オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  13. ^ 2015年4月2日 福岡ソフトバンク 対 オリックス 成績詳細 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  14. ^ どん底…オリ“丸抱え”借金10最下位 他5球団は勝率5割以上 スポニチ Sponichi Annex 2015年4月13日掲載
  15. ^ 2015年4月12日 楽天イーグルス 対 オリックス 成績詳細 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  16. ^ オリ7位西野、プロ10打席目でうれしい初打点 日刊スポーツ 2015年4月22日掲載
  17. ^ 2015年4月22日 千葉ロッテ 対 オリックス 一球速報 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  18. ^ オリ西野プロ1号「めちゃくちゃうれしいです」 日刊スポーツ 2015年4月29日掲載
  19. ^ 2015年4月29日 オリックス 対 楽天イーグルス 成績詳細 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  20. ^ スコア詳細 オリックス 対 ソフトバンク 日刊スポーツ
  21. ^ 2015年5月2日 オリックス 対 福岡ソフトバンク 一球速報 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  22. ^ オリックス西野骨折 全治2カ月で新人王争いピンチ 日刊スポーツ 2015年7月4日紙面から
  23. ^ 2015年7月2日 北海道日本ハム 対 オリックス 成績詳細 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  24. ^ 公示(出場選手登録・抹消) オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  25. ^ オリックス西野が雪辱だ「出塁率4割を目指したい」 日刊スポーツ 2016年1月19日掲載
  26. ^ 西野選手「大正警察署一日警察署長」就任! オリックス・バファローズ オフィシャルサイト 2015年11月30日配信
  27. ^ オリックス西野が一日警察署長 右手骨折はほぼ回復 日刊スポーツ 2015年12月1日配信
  28. ^ 2016年度 オリックス・バファローズ 個人打撃成績(パシフィック・リーグ)個人守備成績(パシフィック・リーグ) NPB.jp 日本野球機構
  29. ^ 2016年度 パシフィック・リーグ リーダーズ(打撃部門) 三塁打2016年度 パシフィック・リーグ リーダーズ(守備部門) 失策(二塁手) NPB.jp 日本野球機構
  30. ^ 背番号変更のお知らせ オリックス・バファローズ オフィシャルサイト 2016年12月12日配信
  31. ^ オリ西野 “目標”平野バット持参「恵一さんを超えたい」 スポニチ Sponichi Annex 2016年1月30日配信
  32. ^ a b オリックス西野、背番5に変更「恥じない結果を」 日刊スポーツ 2016年12月1日紙面から
  33. ^ チーム情報 > 選手登場曲 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]