伊東亮大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊東 亮大
東北楽天ゴールデンイーグルス #046
R itoh20170309.jpg
ロッテ浦和球場にて。(2017年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県大和市
生年月日 (1989-07-27) 1989年7月27日(28歳)
身長
体重
194 cm
92 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 2014年 ドラフト7位
初出場 2015年6月23日
年俸 650万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

伊東 亮大(いとう りょうた、1989年7月27日 - )は、神奈川県大和市出身の[2]プロ野球選手内野手育成選手)。左投左打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。

身長は194cm[3]で、NPBの球団へ所属した経験がある日本人野手としては、高橋智と並んで歴代で最も高い[4]

実弟は元プロ野球選手で、楽天球団職員(楽天イーグルスアカデミー・ジュニアコーチ)の伊東昂大[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

幼稚園年長の時に野球を始め[2]上和田小学校では「大和隼球団」、上和田中学校では「横浜瀬谷ボーイズ」でプレーした[5]

桐光学園高校には投手として入学したが、肩を痛め1年生時の夏に一塁手に転向し、3年生時の夏の甲子園には三塁コーチとして出場した[2]

武蔵大学では2年生の春にレギュラーになり[2]、3年生時の春季リーグでは、52打数24安打10打点、打率.462の成績で、首都大学野球リーグのベストナイン(一塁手)を獲得した[6]

日本製紙石巻での2年目の2013年、第84回都市対抗野球大会では全3試合に4番・指名打者として出場し、計10打数4安打3打点、打率.400の成績で[7]、大会優秀選手に選ばれ[8]、同年の社会人ベストナイン(指名打者)に選出された[9]。その後外野手の練習を行い[2]、2014年の第85回都市対抗野球大会は外野手としてJR東日本東北の補強選手に選ばれ[10]、2回戦に5番・指名打者で先発出場し、3打数無安打だった[11]。9月に韓国で行われた第17回アジア競技大会野球日本代表に選出され[12]、予選リーグのモンゴル戦では4番・指名打者で出場し、5打数4安打5打点を記録した[13]

2014年のプロ野球ドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスから7巡目で指名[14]。契約金4,000万円、年俸800万円(金額は推定)という条件[4]で入団した。入団当初の背番号は46[15]。なお、入団直後の12月14日には、一般女性との結婚を発表している[16]

プロ入り後[編集]

2015年には、6月21日にプロ入り後初の出場選手登録を果たす[17]と、23日の対オリックス・バファローズ戦(郡山総合運動場開成山野球場)9回裏に、代打で一軍にデビュー[18][19]9月27日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武プリンスドーム)では、「7番・指名打者」として一軍で初めてスタメンに起用されると、5回表の第2打席で十亀剣からのソロ本塁打によって一軍初安打・初本塁打・初打点を記録した[20][21]。一軍公式戦全体では、8試合の出場で、2本塁打、2打点、打率.273をマーク。イースタン・リーグの公式戦では、69試合の出場で、2本塁打、19打点、打率.237を記録した。

2016年には、一軍公式戦への出場機会がなく、イースタン・リーグ公式戦でも45試合の出場で、1本塁打、7打点、打率.167という成績にとどまった。シーズン終了後の10月24日に球団から支配下選手契約の解除を通告[22]され、12月2日、自由契約公示された[23]

11月30日に、育成選手として契約を結ぶことで球団と合意。背番号を046に変更することも発表された[24]

2017年には、イースタンリーグ公式戦44試合に出場し、3本塁打、11打点、打率.281という成績を残した。しかし、支配下選手への復帰や一軍公式戦への出場には至らず、10月1日に自身2度目の戦力外通告を受けた[25]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 楽天 8 23 22 2 6 1 0 2 13 2 1 0 0 0 0 0 1 5 1 .273 .304 .591 .895
NPB:1年 8 23 22 2 6 1 0 2 13 2 1 0 0 0 0 0 1 5 1 .273 .304 .591 .895
  • 2016年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 46 (2015年 - 2016年)
  • 046 (2017年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 楽天 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年12月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 日本製紙石巻から初!伊東ベストナイン 日刊スポーツ 2013年12月6日紙面から
  3. ^ “日本人野手最長身”楽天ドラ7 ホラン千秋似美女と結婚 スポーツニッポン 2014年11月12日掲載
  4. ^ a b 楽天ドラ7伊東、契約金4000万円で合意 日刊スポーツ 2014年11月12日掲載
  5. ^ 社会人代表 選手詳細 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト
  6. ^ 2010(平成22)年春季 武蔵大学硬式野球部
  7. ^ 第84回 都市対抗 本大会 7月17日 東京ドーム 第2試合 1回戦7月19日 東京ドーム 2回戦7月21日 東京ドーム 第2試合 準々決勝 公益財団法人 日本野球連盟
  8. ^ 第84回都市対抗野球大会表彰選手一覧 公益財団法人 日本野球連盟 (PDF)
  9. ^ 2013年度社会人野球表彰ベストナイン 公益財団法人 日本野球連盟 (PDF)
  10. ^ 第85回都市対抗野球大会補強選手一覧 公益財団法人 日本野球連盟 (PDF)
  11. ^ 第85回 都市対抗 本大会 7月20日 東京ドーム 第2試合 2回戦 公益財団法人 日本野球連盟
  12. ^ 社会人代表 選手一覧 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト
  13. ^ 試合結果 第17回 アジア競技大会 2014年9月25日(木) 文鶴 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト
  14. ^ 【2014年ドラフト会議】「契約交渉権獲得」選手のお知らせ 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト 2014年10月23日配信
  15. ^ 2015年度:新入団選手発表会 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト 2014年12月11日配信
  16. ^ 【伊東亮大選手】入籍のお知らせ 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト 2014年12月23日配信
  17. ^ 公示(出場選手登録・抹消) 2015年6月 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト
  18. ^ <楽天>打線振るわず 連勝4でストップ 河北新報オンラインニュース 2015年06月24日掲載
  19. ^ 2015年6月23日 楽天イーグルス 対 オリックス 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト
  20. ^ 楽天伊東「びっくり」プロ初先発で初安打が初本塁打 日刊スポーツ 2015年9月27日掲載
  21. ^ 2015年9月27日 埼玉西武 対 楽天イーグルス 成績詳細 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト
  22. ^ 来季の選手契約に関して 東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト 2016年10月29日配信
  23. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  24. ^ 育成契約合意東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト(2016年11月30日)
  25. ^ 来季の選手契約に関して 東北楽天ゴールデンイーグルスオフィシャルサイト 2017年10月1日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]