関谷亮太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
関谷 亮太
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県川崎市
生年月日 (1991-05-10) 1991年5月10日(29歳)
身長
体重
180 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 ドラフト2位
初出場 2016年5月21日
最終出場 2018年7月31日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

関谷 亮太(せきや りょうた、1991年5月10日 - )は、神奈川県川崎市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

実父は明治大学硬式野球部のOB。自身は、小学生時代に川崎市麻生区の白真少年野球部、中学生時代に麻生ジャイアンツへ所属していた。

日本大学第三高等学校への進学後は、吉田裕太との同級生バッテリー[1]で、2年時からエースとして活躍。3年夏の第91回全国高等学校野球選手権大会に西東京代表で出場すると、徳島北高校との1回戦で被安打4の完封勝利を挙げた[2]。2回戦で東北高校に敗れたが、9回完投で3失点(自責点2)に抑えた[3]。1学年後輩に山崎福也、2学年後輩に高山俊横尾俊建がいた。

実父と同じく明治大学へ進学すると、東京六大学野球のリーグ戦で3年の春季から主力投手として活躍。4年の春季に3勝1敗、防御率1.62の成績でチーム3季振りの優勝に貢献すると、第62回全日本大学野球選手権大会では富士大学との準々決勝に先発。6回を無安打12奪三振という内容で交代すると、後続の2投手も富士大学打線を無安打に抑えたことから、大会規定による7回コールドゲーム(スコアは7 - 0)ながら継投でノーヒットノーランを達成した[4]。さらに、大会後に開かれた第39回日米大学野球選手権大会にも、日本代表の一員として出場した。秋季リーグ戦では防御率が4.38に達するなど不振で、チームの2季連続優勝で出場した第44回明治神宮野球大会でも救援での登板にとどまった。在学中には、リーグ戦で通算46試合に登板。10勝6敗、防御率2.45を記録した。また、高校時代に続いて山崎・高山とチームメイトになったほか、1学年先輩に上本崇司石川駿、同級生に岡大海、2学年後輩に上原健太坂本誠志郎菅野剛士がいた。

大学卒業後に入社したJR東日本では、1年目の2014年からエースとして活躍した。同年の第85回都市対抗野球大会では、2次予選で4試合に先発した末に、チームの本大会出場へ貢献。本大会でも、室蘭シャークスとの初戦で瀬川隼郎と投手戦を繰り広げた末に、5回1/3を6奪三振無失点という好投でチームを勝利に導いた。秋の第40回社会人野球日本選手権大会では、JR九州との初戦こそ2回途中4失点という内容で降板したものの、チームの初戦突破後に臨んだヤマハ戦では5回を無失点に抑えた。2年目の2015年には、前年に続いて都市対抗に出場。チームは三菱重工神戸・高砂との初戦で逆転負けを喫したものの、自身は先発で4回無失点と好投した。その一方で、第41回社会人野球日本選手権大会ではリリーフに回った。当時のチームメイトには、東條大樹がいた。

2015年のNPBドラフト会議で、吉田が立正大学卒業後の2014年から在籍している千葉ロッテマリーンズから2巡目で指名。契約金8,000万円、年俸1,500万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は15。この会議では、東條も4巡目でロッテから指名された末に、関谷と揃って入団。2017年からは菅野、2018年のシーズン途中からは岡とも再びチームメイトになった。

プロ入り後[編集]

2016年には、レギュラーシーズンの開幕を二軍で迎えたものの、5月21日の対オリックス・バファローズ戦(京セラドーム大阪)に先発投手として一軍公式戦にデビュー。序盤から味方打線の大量援護を受けながら7回裏まで投げると、6奪三振、被安打6、3失点という内容で初勝利を挙げた。この試合を皮切りに、前半戦だけで5勝をマーク。防御率もほぼ3点台に収めていたが、「投球フォームに違和感を覚えた」という8月20日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武プリンスドーム)以降は5試合連続で5点以上を失ったため、シーズン全体では5.52にまで達した。一軍公式戦には、通算で16試合に登板。前半戦で5勝を挙げただけにとどまったが、この年にパシフィック・リーグの新人投手が記録した勝利数としては3番目に多かった[5]

2017年には、先発要員でありながら、自身の不調やチーム事情で前半戦に一軍と二軍の往復を繰り返した。一軍公式戦では、8月24日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(ZOZOマリンスタジアム)に6回無失点の好投でシーズン初勝利をマーク。その後も1ヶ月ほど一軍の先発ローテーションに入っていたが、4試合の登板で0勝2敗、防御率5.04と振るわず、シーズン終盤には中継ぎに転向した。転向後は、3試合の登板をいずれも無失点で凌ぐと、1勝1ホールドをマーク。一軍公式戦全体では、10試合の登板で2勝4敗1ホールド、防御率3.80を記録した。

2018年には、7月に中継ぎで一軍公式戦2試合に登板。イースタン・リーグ公式戦でも、25試合の登板で防御率4.86を記録するなど、調子が上がらないままシーズンを終えた[6]

2019年には、イースタン・リーグ公式戦32試合の登板で6勝7敗、防御率3.53をマーク。しかし、入団後初めて一軍公式戦への登板機会がなく、10月3日に球団から戦力外通告を受けた[7]12月2日付で、NPBから自由契約選手として公示[8]12月13日に、球団を通じて現役からの引退を発表した[9]

現役引退後[編集]

ロッテのチームスタッフとして、2020年シーズンから一軍で打撃投手を務める[9]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 ロッテ 16 16 0 0 0 5 6 0 0 .455 391 88.0 100 8 34 0 5 58 2 0 58 54 5.52 1.52
2017 10 7 0 0 0 2 4 0 1 .333 209 45.0 57 3 17 0 1 38 2 0 21 19 3.80 1.64
2018 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 21 5.0 5 0 1 0 0 2 0 0 3 3 5.40 1.20
通算:3年 28 23 0 0 0 7 10 0 1 .412 621 138.0 162 11 52 0 6 98 4 0 82 76 4.96 1.55
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2016 ロッテ 16 5 18 0 1 1.000
2017 10 3 7 1 0 .909
2018 2 0 0 0 0 ----
通算:3年 28 8 25 1 1 .970
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 15 (2016年 - 2019年)
  • 107 (2020年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]