野球中華人民共和国代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野球中華人民共和国代表
国または地域 中華人民共和国の旗 中国
協会 中国棒球協会
WBSCランキング 19位 (2016年)
オリンピック
出場回数 1回 (初出場は2008年)
最高成績 予選リーグ敗退 (2008年)
ワールド・ベースボール・クラシック (WBC)
出場回数 3回 (初出場は2006年)
最高成績 第1ラウンド敗退 (2006年・2009年・2013年)
WBSCプレミア12
出場回数 0回
アジア競技大会野球競技
出場回数 6回 (初出場は1994年)
最高成績 4位 (1994年1998年2002年2006年2010年2014年)
アジア野球選手権大会
出場回数 13回 (初出場は1985年)
最高成績 3位 (2005年)
  

野球中華人民共和国代表(やきゅうちゅうかじんみんこうわこくだいひょう)は、中国棒球協会による野球のナショナルチームである。

概説[編集]

2008年北京オリンピックへ向けての強化を進めるに当たり、元千葉ロッテマリーンズ選手でシアトル・マリナーズの監督も務めたジム・ラフィーバーが2003年に就任。各種大会に出場するにあたっての基礎を築いた。

アジア選手権をはじめとする国際大会はもちろん、アジアシリーズ(チャイナスターズとして)やワールド・ベースボール・クラシックにも出場。

2005年のアジア選手権では歴代最高の3位に付けた。

2006年アジア競技大会では4位であったが、チャイニーズタイペイ相手に善戦した。

2007年夏に行われた北京五輪野球のプレ大会では日本に決勝で敗退し2位となった。

2008年の北京五輪本大会では最下位に終わるも、チャイニーズタイペイから勝利を奪い、韓国とも互角に戦うなど健闘した。

2009年第2回WBCでは北京五輪に続き、台湾に4-1で勝利し、同大会初勝利を記録した。

2013年第3回WBCではキューバ日本に敗れ第1ラウンド敗退となるが、レイ・チャンの活躍もあり、ブラジルには勝利した。

国際大会[編集]

ワールド・ベースボール・クラシック[編集]

オリンピック[編集]

ワールドカップ[編集]

イタリアンベースボールウィーク[編集]

歴代監督[編集]

代表選手[編集]

関連項目[編集]