佐藤宏樹 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐藤 宏樹
福岡ソフトバンクホークス #120
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県大館市
生年月日 (1999-02-18) 1999年2月18日(23歳)
身長
体重
181 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2020年 育成選手ドラフト1位
年俸 400万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

佐藤 宏樹(さとう ひろき、1999年2月18日[2] - )は、秋田県大館市出身[3]プロ野球選手投手育成選手)。左投左打[2]福岡ソフトバンクホークス所属。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

秋田県立大館鳳鳴高校では2年秋からエースとなるも、甲子園出場はなし[3]

慶應義塾大学では1年春からリーグ戦に登板。1年秋は9試合に登板し、3勝0敗、防御率1.03の成績で最優秀防御率のタイトルを獲得。2年次は肘痛のため春2試合のみの登板にとどまる。3年生の春から本格復帰し最高球速151kmを記録するも、その後は左肘痛に苦しみ、4年生の4月に左肘の神経移行とクリーニングの手術を受けた[3]

2020年10月26日のドラフト会議において、福岡ソフトバンクホークスから育成ドラフト1巡目で指名された[4]。11月25日、支度金300万円、年俸400万円(金額は推定)で契約合意に達し[5]、12月10日に入団発表会見が行われた[6]背番号120

ドラフト2週間前の10月12日に左肘のトミー・ジョン手術を行っており[3]、2022年のシーズンを目標に復帰を目指している[4]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 120(2021年 - )

登場曲[編集]

[7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ソフトバンク - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2022年1月4日閲覧。
  2. ^ a b 佐藤 宏樹”. 慶應義塾体育会野球部. 2020年10月28日閲覧。
  3. ^ a b c d “慶大、佐藤宏樹、ドラフト直前に異例の左肘手術…育成でもプロ志望”. スポーツ報知. (2020年10月20日). https://hochi.news/articles/20201019-OHT1T50276.html?page=1 2020年10月28日閲覧。 
  4. ^ a b 【ドラフト】1位は井上選手!計13人を指名” (日本語). 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト (2020年10月26日). 2020年10月28日閲覧。
  5. ^ “SB育成ドラ1佐藤が入団合意 トミージョン手術から22年に復活目指す”. 西日本スポーツ (西日本新聞社). (2020年11月25日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/667430/ 2021年3月15日閲覧。 
  6. ^ 2020/12/10(木) 選手 新入団会見レポ。1位井上選手は「背番号43」”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2020年12月10日). 2021年3月15日閲覧。
  7. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2021年3月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]