井出竜也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
井出 竜也
福岡ソフトバンクホークス コーチ #87
HAWKS87-IDE.jpg
2012年5月4日、福岡Yahoo!JAPANドームにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山梨県南都留郡河口湖町
(現:富士河口湖町
生年月日 (1971-04-19) 1971年4月19日(46歳)
身長
体重
183 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1993年 ドラフト2位
初出場 1995年4月1日
最終出場 2005年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 福岡ソフトバンクホークス (2007 - )

井出 竜也(いで たつや、1971年4月19日 - )は、山梨県南都留郡河口湖町(現:富士河口湖町)出身の元プロ野球選手外野手、右投右打)、コーチ2007年より福岡ソフトバンクホークスのコーチとなり、現在は二軍外野守備走塁コーチを務めている。

経歴[編集]

アマチュア時代[編集]

河口湖南中学から吉田高校に進み、エースとして3年夏に選手権大会に出場。1回戦では小松島西[1]、2回戦では前田智徳を擁する熊本工[2]をそれぞれ完投で破っている。高校卒業後は社会人野球日本通運に進み、外野手に転向。3年目の1992年には都市対抗の初戦で中堅手としてスタメン出場し、先制本塁打を放っている[3]

1993年アジア選手権日本代表に選ばれ[4]、社会人No.1野手という評価を得て[5]西武ヤクルト巨人の3球団を希望し[6]、特に西武とは一時ほぼ合意に達したと見られていた[5]。しかし指名の確約に至らなかった事から2位指名という条件で強く誘ってきた日本ハム逆指名した[6]同年のドラフト会議において日本ハムに2位指名され、契約金と年俸それぞれ1億3,000万円、1,200万円(いずれも推定)で入団契約を結んでいる[7]

プロ野球選手時代[編集]

日本ハム時代[編集]

走力と強肩は入団前からプロでも1線級のレベルにあると言われたが[8]、1年目は1軍出場はできなかった。

2年目の1995年に1軍出場を果たすと、打率.228、9本塁打と不振だったが129試合に出場し中堅手の定位置を確保した。

1996年は初めてシーズン100安打を放ち、打率.254と前年より確実性を見せた。

1997年オールスターに初めて選ばれ、第2戦に先発出場している。最終的に打率.284の成績を残した。同年はゴールデングラブ賞を初めて受賞した。

1998年は前年の活躍から一転して不振に陥り、100安打未満に終わってしまった。

1999年は出場機会が減り、60試合の出場にとどまった。

2000年4月1日開幕戦で守備の際にチームメートと交錯して首の捻挫で1ヶ月半に渡って休んだが、自己最高となる13本塁打、56打点を上げている[9]

2001年はパンチ力があって走れるトップバッターとして大島康徳監督から期待をかけられたが、開幕直前に持病の腰痛を発症して一軍復帰は4月下旬となった[6]5月1日大阪ドームにおける対近鉄6回戦で一番・中堅手として先発出場し、プレイボール直後の高村祐が投じた初球を本塁打にした。その後両チームとも得点できず、日本ハムがプロ野球史上初の初球本塁打による1-0の勝利を達成している[注 1][6]。同年もパンチ力を見せ、11本塁打を放ち、打率も自己最高の.288を記録した。

2002年8月24日近鉄19回戦では6回に代打で出場し、ジェレミー・パウエルから右前へ安打を放った。これを鷹野史寿が後逸した間に一気に生還し、高沢秀昭以来11年ぶりとなる代打でのランニングホームランを記録している[6]。同年は打撃不調で規定打席にはわずかに到達しなかったが、2度目のゴールデングラブ賞に選ばれた。オフには700万円減の年俸6,100万円(推定)で契約を更改している[10]

2003年は故障もなくシーズンを迎えたが、新監督のトレイ・ヒルマンからはオープン戦で一度も起用されず開幕から2ヶ月間にわたって二軍生活が続き、処遇に納得できなかったという[11]。結局82試合の出場に終わった。同年オフに入来祐作との交換トレードで巨人に移籍。

巨人時代[編集]

2004年の巨人にはタフィ・ローズ清水隆行高橋由伸らがいたが、貴重な右打ちの外野手として守備力と長打力を評価され、アテネ五輪で高橋がチームを離れる際の右翼手としても期待されていた[11]。シーズンに入ると守備要員として起用されたが打撃の方は打率.043と振るわず、41試合の出場に留まり戦力外通告を受け、わずか1年で退団した。同年12月にダイエーへ移籍し、年俸2,200万円(推定)で契約を結んでいる[12]

ソフトバンク時代[編集]

移籍1年目の2005年は守備固めや、対左投手の先発としても起用され、77試合に出場した。だが打撃では.182と振るわなかった。

2006年は1軍出場無しに終わり、この年のオフに現役引退を表明した。

現役引退後[編集]

同年10月18日にソフトバンクの二軍外野守備走塁コーチに就任することが発表されたが、その1ヶ月後の同年11月26日五十嵐章人が招聘されて二軍外野守備走塁コーチを務めることが決定したため、一軍外野守備走塁コーチへの昇格が発表された。2013年は3軍外野守備走塁コーチ、2014年は2軍外野走塁コーチを務める。また2016年12月に台湾で行われたアジアウインターベースボールリーグではNPBウエスタン選抜の監督を務め[13]、見事優勝監督となり胴上げされた。

エピソード・人物など[編集]

  • 2001年5月29日大阪近鉄バファローズ戦(東京ドーム)では、1アウト一塁の場面で井出の打球をライトの礒部公一がクッションボールの処理に手間取り、その後ホームへの返球をキャッチャー的山哲也が捕れず、一塁ランナーの小笠原道大がホームイン。更にそのボールをバックアップしたピッチャー高村祐がサードへ悪送球をしてしまい、その間に井出は一気にホームインした。記録はランニングホームランにはならなかったが、ワンプレーの間に相手守備が3つも失策を重ねるという珍しいプレーであった。
  • タレント井手らっきょと同音の苗字(漢字は違う)と風貌が似てることかららっきょの愛称で親しまれた。
  • 北海道移転に際する新ユニフォーム発表会で移転後のユニフォームを着用したが、その直後に巨人への移籍が決定したため、一度着用しただけで終わった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1995 日本ハム 129 475 421 45 96 14 2 9 141 46 12 5 16 4 33 0 1 109 2 .228 .283 .335 .618
1996 122 472 414 44 105 13 5 7 149 38 11 10 20 2 34 3 2 85 7 .254 .312 .360 .672
1997 135 590 521 75 148 27 5 8 209 45 27 10 5 3 59 1 2 101 12 .284 .357 .401 .758
1998 135 334 296 38 64 11 2 6 97 28 10 5 15 3 20 0 0 56 4 .216 .263 .328 .591
1999 60 211 179 34 46 8 2 7 79 26 8 2 9 2 21 0 0 27 2 .257 .332 .441 .773
2000 103 447 378 71 101 15 6 13 167 56 14 5 15 3 50 2 1 71 7 .267 .352 .442 .794
2001 109 488 427 66 123 20 2 11 180 35 14 6 7 5 46 1 3 89 6 .288 .358 .422 .780
2002 120 421 376 44 85 22 1 13 148 38 5 3 4 5 30 3 6 94 6 .226 .290 .394 .684
2003 82 210 189 26 49 14 0 4 75 20 3 0 0 0 21 1 0 46 1 .259 .333 .397 .730
2004 巨人 41 27 23 3 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 4 0 0 14 1 .043 .185 .087 .272
2005 ソフトバンク 77 63 55 4 10 4 0 1 17 4 1 0 1 0 7 1 0 17 1 .182 .274 .309 .583
通算:11年 1108 3738 3279 450 828 149 25 79 1264 336 105 46 92 27 325 12 15 709 49 .253 .320 .385 .705
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]


外野












1995 129 268 9 3 2 .989
1996 120 271 8 1 3 .996
1997 135 313 12 3 1 .991
1998 121 231 2 4 1 .983
1999 56 102 7 1 2 .991
2000 103 241 5 3 2 .988
2001 103 223 5 0 2 1.000
2002 119 248 8 1 3 .996
2003 78 97 3 1 2 .990
2004 29 21 0 1 0 .955
2005 17 18 1 0 0 1.000
通算 1010 2033 60 18 18 .991

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 5 (1994年 - 2003年)
  • 38 (2004年)
  • 54 (2005年 - 2006年)
  • 78 (2006年) ※二軍コーチだった2006年秋のみ[注 2]
  • 87 (2007年 - )[注 2]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ なお、初回表先頭打者本塁打による1-0の試合は2009年までにセ・パ両リーグ合わせて5例ある。
  2. ^ a b ソフトバンクには一軍監督コーチの背番号を80 - 89、二軍監督・コーチの背番号を70 - 79で統一するという慣習があるため。

出典[編集]

  1. ^ asahi.com 第71回全国高校野球選手権大会 吉田 対 小松島西
  2. ^ asahi.com 第71回全国高校野球選手権大会 吉田 対 熊本工
  3. ^ 毎日新聞、1992年9月4日付朝刊、P.21
  4. ^ 毎日新聞、1992年12月3日付朝刊、P.21
  5. ^ a b 毎日新聞、1993年11月6日付朝刊、P.21
  6. ^ a b c d e スポニチ 日めくりプロ野球 【5月1日】2001年 井出竜也 初球先頭打者本塁打で史上初の“スミ1球”勝利 Archived 2016年3月4日, at the Wayback Machine.
  7. ^ 毎日新聞、1993年11月23日付朝刊、P.21
  8. ^ 毎日新聞、1993年11月13日付朝刊、P.20
  9. ^ 毎日新聞、2001年1月13日付朝刊、山梨地方面
  10. ^ 毎日新聞、2002年12月6日付朝刊、P.17
  11. ^ a b 読売新聞、2004年3月20日付朝刊、山梨地方面
  12. ^ 読売新聞、2004年12月11日付朝刊、P.20
  13. ^ a b 2016アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB.jp (2016年11月22日). 2017年10月21日閲覧。
  14. ^ 過去20年で最高の外野手は誰だ?~記録で見る真実の「守備力」~プロ野球 - Number Web - ナンバー、2016年3月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]