城所龍磨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
城所 龍磨
福岡ソフトバンクホークス #23
HAWKS23-KIDOKORO.jpg
2016年6月10日 福岡ヤフオク!ドームにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県豊川市
生年月日 (1985-09-24) 1985年9月24日(32歳)
身長
体重
177 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2003年 ドラフト2巡目
初出場 2005年8月30日
年俸 4,000万円(2018年)[1]
※2017年から2年契約[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

城所 龍磨(きどころ りゅうま、1985年9月24日 - )は、愛知県豊川市出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。福岡ソフトバンクホークス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

幼少期には実家近くにトヨタ自動車工業サッカー部(現・名古屋グランパスエイト)の本拠地がありサッカーに夢中になっていた。小学校3年生時に友人の父親から誘われ、兄とともに三河一宮ブラタイボーイズ[3]に入団し野球を始めた[4]。小学校5年生時はチームで1番打者を任され、右投げ右打ちだったが、監督から足を生かすために左打ちを勧められ、当てて走るというスタイルを身につけた。一宮町立一宮中学校では 野球部に入部すると同時に硬式野球のオール豊川にも所属した[5]

中京高校(現・中京学院大学附属中京高等学校)時代には、1年秋から1番・中堅手の定位置を獲得した[6]。2年夏と3年春に甲子園出場。2年秋には、地方大会から13試合で.581、10盗塁の数字を残した。2学年先輩に、松田宣浩がいる。

2003年ドラフト会議福岡ダイエーホークス(当時)からドラフト2巡目指名を受けた。オリックスに移籍したばかりの村松有人背番号23を与えられ、『ポスト村松』として期待されていた[7][8]

プロ入り後[編集]

2004年ウエスタン・リーグで過ごし、77試合に出場し、打率.186、1本塁打、5盗塁に終わった。

2005年、8月26日に一軍へ昇格し[9]、8月30日、大道典嘉代走で一軍初出場を果たすも、その直後に打球を避けきれずに足に当ててしまい、守備妨害でアウトになるという珍プレーを犯してしまった。9月11日のウエスタン・リーグ対中日ドラゴンズ[10]で1番中堅手で先発出場し本塁打を放ったが、5回第3打席に平松一宏から右側頭部に死球を受け、名古屋市内の病院での検査の結果、右側側頭部骨折と診断され[11]、9月16日に福岡市内の病院で右頬骨弓の整復手術を受けた[12]。二軍では打率.257まで改善し、ウエスタン・リーグ2位の21盗塁を記録した[13]

2006年、一軍に帯同し34試合に出場。セ・パ交流戦、6月7日対読売ジャイアンツ戦、7番ライトで初のスタメン出場となったが、1打席目セカンドゴロの後は3連続三振と結果を残せなかった。6月9日の対セ・パ交流戦、東京ヤクルトスワローズ戦、山崎勝己の代打小斉祐輔に代わり、ライトの守備で出場すると9回に高津臣吾からセンター前ヒットを打ちプロ初安打を記録。6月15日対セ・パ交流戦、広島東洋カープ戦8回一死満塁の場面、藤岡好明の代打で出場すると小山田保裕の四球が押し出しとなりプロ初打点となった。7月2日に千葉マリンスタジアムにて行われた対千葉ロッテマリーンズ戦8番レフトで出場し、第2打席4回無死一三塁、相手先発久保康友の初球を右中間へ運び走者一掃の2点タイムリースリーベースを放ち、これがプロ初タイムリーとなった。8月1日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦でプロ入り初の猛打賞を記録した。同年は16安打のうち二塁打3本、三塁打も3本と俊足をアピールした。

2007年、8月19日の対楽天戦で永井怜からライトにソロホームランを放ち、これがプロ初本塁打となった。最終的に22試合出場で36打数4安打、打率.111と結果は残せなかった。

2008年、9月6日対ロッテ戦の9回無死一塁荻野忠寛から前進守備のレフトの頭上を破るタイムリーツーベースを放ち、ホーム返球間に三塁まで進塁し、これが本拠地福岡 Yahoo! JAPANドームでの初タイムリーとなった。自己最多となる49試合に出場したが、打率.089、1打点と苦しんだ。

2009年、一軍に定着して自己最多の91試合に出場し、代走起用はリーグ最多の39回にのぼり、7盗塁を記録した。代走だけでなくセンターでの途中起用68試合と守備固めでも定着した。

2010年、95試合出場、12盗塁といずれも自己最多を記録。中堅手としての守備起用が87試合と増加した。11月9日に福岡市内の病院で右肩関節唇の部分除去手術を受けた[14]

2011年オープン戦終盤に一軍へ合流し、開幕を一軍で迎えた。8月16日の対オリックス・バファローズ戦ではアーロム・バルディリスのセンター前への打球にダイビングキャッチする超ファインプレーで大場翔太の初完封をアシストした[15]。9月16日の対北海道日本ハムファイターズ戦で中田翔のフェンス際の打球を好捕したが、二塁塁審良川昌美は一度フェンスに当たって城所が捕球したと判定し、フェンス直撃の二塁打となった。これに秋山幸二監督は抗議したが判定は覆らず二塁打となった。詳しくは良川昌美の項目を参照。この件について城所は捕球の瞬間にグラブは本塁方向を向いており、「あのグラブの向きで打球がフェンスに当たるわけない。僕はワンプレーで飯食ってるんですから」と批判した。同年は主に内川聖一の代走・守備固めでセンターに入り、先発出場していた長谷川勇也がレフトに入るというパターンが多く見られ、センターでの守備固め起用が95試合と増加した。福田秀平明石健志など同じ俊足の外野手の台頭はあったが、最終的には2年連続の2桁盗塁、自身初の100試合以上の出場となる108試合に出場した。日本シリーズではセンターの守備固めや代走で4試合出場し、11月17日の第5戦に1打席得たが久本祐一に空振り三振に抑えられ、その日のチーム最終打者となった。

2012年、春季キャンプ中に肩の痛みがあったが開幕1軍入りし、開幕戦でも9回にセンター守備についた。5月26日の対阪神タイガース戦では9回に榎田大樹からレフト前ヒットを放って出塁すると、続く福田秀平の打席中に二盗、三盗と連続盗塁を成功させた。3年連続の二桁盗塁を記録したが、柳田悠岐の台頭によりセンターでの守備起用が減少した。

2013年、開幕を一軍で迎えたが右ふくらはぎ痛[16]の影響で6月10日に抹消された。8月13日に再昇格したが10日ほどで抹消、10月に再昇格して1試合出場と最終的に34試合の出場にとどまった。

2014年、開幕を一軍で迎え、81試合に出場しチームトップの代走36試合、守備固め44試合とリーグ優勝に貢献した。主に左翼手で起用され一軍、二軍ともに中堅手としての起用が全く無かった。7月15日対ロッテ戦9回裏1点リード二死二塁、抑えのデニス・サファテ登板中、福浦和也のレフト線ヒットの返球を悪送球にしてしまい岡田幸文が楽に生還、打者の福浦も二塁へと進め、12回延長引き分けとなった。8月31日対楽天戦9回1点リード一死一塁、同じくデニス・サファテの登板中に銀次のレフト前ヒットを後逸して同点のタイムリーエラーとなり打者の銀次も三塁に進めた。なおチームは延長12回に森福允彦松井稼頭央にタイムリーヒットを打たれサヨナラ負けした。これによりチームは2勝を失い、サファテはセーブ失敗が2回記録され、自身の連続無失策も6年で途絶えた。CSファイナルステージ日本シリーズではベンチ入りできなかった。シーズンオフの12月9日の契約更改交渉にて控え選手の大変さを力説して90分間粘り700万円アップの年俸2,400万円(金額は推定)で一発更改した[17]

2015年、春季キャンプはA組で迎え、2月21日にオープン戦初戦である対オリックス戦でレフトの守備から途中出場したが、8回の打席で大山暁史から左腕に死球を受け[18]、同日宮崎市内の病院で検査の結果、左尺骨骨幹部骨折と診断された[19]。手術・リハビリを経て8月1日の西武戦でシーズン初出場したが、その試合で三盗を試みた際に左肩を脱臼、8月26日に手術を受け、[20]残りのシーズンを全休。結局この年は怪我に泣かされ続け、1試合のみの出場にとどまった。

2016年、「ケガして、契約があるか不安だった」というオフ、「2016年がラストのつもりで、西岡剛(阪神タイガース)のもと自主トレを行い、秀島正芳Tr(B2ファクトリー)から、トレーニングの見直しを促され決意した。 過去3年、志向した「ボディービルダーのような筋肥大」から、持ち前の「スピード」へ。吐くまで瞬発系を磨いた。体重は昨季81キロから75キロに。「6キロ減った割には強い打球が飛んでいる」という事実に自信を深め、5月18日(対日本ハム戦)、代打で9年ぶり通算2本目の本塁打を打つ[21]。交流戦では2番・右翼に定着し、2打席連続(6月12日、対巨人戦[22])・満塁(6月19日、対阪神戦[23])を含む5本塁打、および交流戦期間の首位打者となる4割1分5厘の打率を記録し、交流戦MVPを受賞[24]。交流戦が終わると打撃の調子を落とし、再び控えからの出場に戻された。しかし交流戦MVPの活躍が評価され、年俸はほぼ倍増となる4,000万円(金額は推定)で新たに複数年契約を結んだ[25][26]。シーズン中の4月19日に国内FAの権利を取得したが[27]、11月5日、権利を行使しない旨を表明した[28]

2017年、外野手のポジション争いの中、開幕一軍入りを果たし[29]、4月4日の対楽天戦で今季初出場するが[30]、翌5日に一軍登録抹消される[31]アルフレド・デスパイネの加入や上林誠知の台頭などが重なったことで出場機会が激減。ようやくチームのリーグ優勝が決まった後の10月6日、約6ヶ月振りに一軍昇格を果たす[32]。同日の対オリックス戦で先発出場するが無安打だった[33]。一軍ではわずか2試合の出場に終わった。楽天とのクライマックスシリーズでは、今季の一軍公式戦出場が僅か2試合だったにも関わらず、10月20日の第3戦において「2番・中堅手」で抜擢起用されたが、その起用に見事に応え、先発則本昂大から2本の二塁打を放ち、守備でも好守を連発。その活躍が第1戦、第2戦を落としていたチームの流れを変える起爆剤となり、日本シリーズへの進出に大きく貢献した[34]横浜DeNAベイスターズとの日本シリーズでは、第1戦[35]、第2戦[36]、第3戦[37]、第5戦[38]、第6戦に途中出場[39]。無安打だったが守備や代走でチームの二年振りの日本一奪還に貢献した。シーズンオフの12月6日、福岡ヤフオク!ドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の4,000万円プラス出来高(金額は推定)でサインした[40]

選手としての特徴[編集]

打席でバットを構える城所

俊足と強肩を武器にした球界屈指の守備力[41]を誇る外野守備・走塁のスペシャリスト。プロ入り前は高校通算35本塁打[リンク切れ][42]、50メートル走のタイムは5秒9、遠投は110メートルだった[7]。プロ入り後は出場数の増加に反し打者としての評価を下げて打席数は減少した。近年では代走もしくはリードした試合終盤での外野の守備固めとしての出場が主であったが、2016年5月18日に代打ホームランを放ったのをきっかけに、代打や先発での出場が増えた。2012年までは主に中堅手として起用されていたが、2013年に長谷川勇也の定着により中堅手起用は11試合、2014年には柳田悠岐の全試合出場により中堅手起用はゼロとなった。2010年にソフトバンク監督の秋山幸二はパシフィック・リーグの優れた外野手として守備範囲では糸井嘉男、肩では城所を挙げている[43]

人物[編集]

  • 愛称は「きー君」。チームメイトの川崎宗則はメジャー移籍後に「勝っている場面で9回から守備固めに出る緊張感は凄い。城所さんは、いつもこういう気持ちでやっていたんだなと分かり、心から尊敬する」と語った[44]
  • 例年春季キャンプ中の評価が高いが、尻すぼみすることで2009年当時の森脇浩司ヘッド兼内野守備走塁コーチからは『キャンプの城所』と評されていた[45]
  • プロ1年目に目標としていた選手はイチロー[46]、プロ入り前はダイエーホークス、読売ジャイアンツのファンだった。
  • 自身の名前は歴史好きの父が坂本龍馬から一字拝借し、「夢へ向かって自己を磨く」と言う意味を持たせ名づけられた[5]
  • 2012年11月7日に第一子となる女児の誕生と月内の挙式を発表した[47][48]
  • 2011年以降は守備固めまたは代走での途中出場が増えたことから、「城所待機中」というキャッチフレーズが使われるようになった。2014年9月には本人監修の「キドコロ待機中」グッズが発売され、翌年、マイアミ・マーリンズ移籍後のイチローがキャンプ中に同Tシャツを着用している姿がスポーツ紙等で取り上げられている。[49]
  • 2016年5月18日の日本ハム戦(福岡ヤフオク!ドーム)で自身9年ぶりとなるホームランを放った。
  • 2017年2月1日、1月31日に第二子となる次女が誕生したと報じられた[50]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2005 ソフトバンク 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2006 34 74 69 5 16 3 3 0 25 7 2 0 0 0 4 0 1 28 0 .232 .284 .362 .646
2007 22 39 36 3 4 2 0 1 9 2 0 0 1 1 1 0 0 14 0 .111 .132 .250 .382
2008 49 61 56 5 5 2 0 0 7 1 1 1 2 0 3 0 0 15 1 .089 .136 .125 .261
2009 91 42 40 14 6 2 1 0 10 2 7 1 1 0 1 0 0 11 1 .150 .171 .250 .421
2010 95 43 35 16 7 1 2 0 12 4 12 4 3 1 4 0 0 17 0 .200 .275 .343 .618
2011 108 30 28 20 6 2 0 0 8 4 10 4 0 0 1 0 1 7 0 .214 .267 .286 .552
2012 73 13 12 9 2 0 0 0 2 1 10 1 1 0 0 0 0 7 0 .167 .167 .167 .333
2013 34 6 6 2 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
2014 81 12 8 9 2 0 0 0 2 0 8 4 2 0 2 0 0 3 0 .250 .400 .250 .650
2015 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2016 84 162 148 32 39 6 1 6 65 19 11 1 3 0 11 0 0 45 0 .264 .314 .439 .754
2017 2 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
NPB:13年 675 485 441 115 87 18 7 7 140 40 62 17 13 2 25 0 2 151 2 .197 .243 .318 .560
  • 2017年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



外野







2005 ソフトバンク 1 0 0 0 0 .000
2006 24 26 2 1 1 .966
2007 16 19 1 1 1 .952
2008 45 47 2 0 1 1.000
2009 73 39 2 0 0 1.000
2010 90 38 1 0 0 1.000
2011 97 48 0 0 0 1.000
2012 57 13 0 0 0 1.000
2013 30 8 1 0 0 1.000
2014 70 16 0 2 0 .889
2016 71 60 4 0 3 1.000
2017 2 2 0 0 0 1.000
通算 576 316 13 4 6 .988
  • 2017年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 23 (2004年 - )

登場曲[編集]

[51]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ ソフトバンク - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2017年12月15日閲覧。
  2. ^ ソフトバンク城所“待機中”と決別、通年活躍を誓う - プロ野球”. 日刊スポーツ (2017年12月6日). 2018年6月18日閲覧。
  3. ^ 三河一宮ブラタイボーイズ チーム紹介
  4. ^ 城所龍磨(1)高評価の2巡目に興奮 2003年11月26日西日本スポーツ ドラフト2003 新戦力
  5. ^ a b 城所龍磨(2)夢に向かって自らに磨き 2003年11月27日 西日本スポーツ ドラフト2003 新戦力
  6. ^ 城所龍磨(3)プロ目指しベストの選択 2003年11月28日 西日本スポーツ ドラフト2003 新戦力
  7. ^ a b 2巡目城所、高評価ビックリ 2003年11月20日 日刊スポーツ九州
  8. ^ 城所「ポスト村松」背番号23! 2003年12月9日 日刊スポーツ
  9. ^ 城所が初の1軍昇格 2005年8月26日 日刊スポーツ九州
  10. ^ 2005年9月11日 【ファーム】 試合結果 (中日vs福岡ソフトバンク) NPB.jp 日本野球機構
  11. ^ 城所が死球で側頭部骨折 2005年9月12日 日刊スポーツ九州
  12. ^ 城所が16日に手術へ 2005年9月13日 日刊スポーツ九州
  13. ^ 2005年度 ウエスタン・リーグ 盗塁【リーダーズ(打撃部門)】 NPB.jp 日本野球機構
  14. ^ 時事通信 2010年11月9日
  15. ^ 同学年・明石&城所 攻守で完封劇に貢献! 2011年8月19日スポニチ Sponichi Annex
  16. ^ ソフトB城所1軍復帰目指し右足チェック 2013年6月18日 日刊スポーツ
  17. ^ ソフトB城所 90分粘って700万増 2014年12月4日日刊スポーツ
  18. ^ プロ野球スコア速報 ソフトバンク対オリックス日刊スポーツ
  19. ^ ソフトB城所が死球で左腕骨折 全治未定 2015年2月21日 日刊スポーツ
  20. ^ ソフトバンク城所が左肩手術 復帰まで6カ月, 日刊スポーツ, http://www.nikkansports.com/baseball/news/1529719.html 2015年8月28日閲覧。 
  21. ^ “ソフトバンク城所9年ぶり1発、待機男代打で3ラン”. 日刊スポーツ. (2016年5月19日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1649473.html 2016年6月22日閲覧。 
  22. ^ “ソフトバンク城所、ビックリ自身初の2打席連発”. 日刊スポーツ. (2016年6月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1662144.html 2016年6月22日閲覧。 
  23. ^ “ソフトバンク城所、あるぞ交流戦MVP!初の満塁弾”. 日刊スポーツ. (2016年6月19日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1665765.html 2016年6月22日閲覧。 
  24. ^ “交流戦MVPにソフトバンク城所 打率4割1分5厘”. 日刊スポーツ. (2016年6月22日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1667044.html 2016年6月22日閲覧。 
  25. ^ ソフトバンク城所は倍増の4000万円で2年契約 - 野球”. 日刊スポーツ (2016年12月5日). 2017年4月10日閲覧。
  26. ^ ソフトB・城所、年俸4000万円で更改「複数年契約で倍くらいです」”. サンケイスポーツ (2016年12月6日). 2017年12月15日閲覧。
  27. ^ ソフトバンク城所が国内FA権取得”. 日刊スポーツ (2016年4月19日). 2017年12月15日閲覧。
  28. ^ ソフトバンク城所が残留、いい状態での「待機中」を”. 日刊スポーツ (2016年11月5日). 2017年12月15日閲覧。
  29. ^ ソフトバンク 開幕1軍登録メンバー一覧”. 日刊スポーツ (2017年3月29日). 2017年12月15日閲覧。
  30. ^ 2017/04/04(火)第1回戦 楽天イーグルス vs 福岡ソフトバンク”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年4月4日). 2017年12月15日閲覧。
  31. ^ 広島ジョンソン、中日浅尾ら登録抹消/5日公示”. 日刊スポーツ (2017年4月5日). 2017年12月15日閲覧。
  32. ^ ホークス城所半年ぶり昇格”. 西日本スポーツ (2017年10月6日). 2017年12月15日閲覧。
  33. ^ 2017/10/06(金)第25回戦 福岡ソフトバンク vs オリックス”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年10月6日). 2017年12月15日閲覧。
  34. ^ ソフトB城所2番起用的中 則本から連続二塁打&美技”. 西日本スポーツ (2017年10月21日). 2017年12月15日閲覧。
  35. ^ 2017/10/28(土)第1戦 福岡ソフトバンク vs 横浜DeNA”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年10月28日). 2017年12月15日閲覧。
  36. ^ 2017/10/29(日)第2戦 福岡ソフトバンク vs 横浜DeNA”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年10月29日). 2017年12月15日閲覧。
  37. ^ 2017/10/31(火)第3戦 横浜DeNA vs 福岡ソフトバンク”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年10月31日). 2017年12月15日閲覧。
  38. ^ 2017/11/02(木)第5戦 横浜DeNA vs 福岡ソフトバンク”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年11月2日). 2017年12月15日閲覧。
  39. ^ 2017/10/29(日)第6戦 福岡ソフトバンク vs 横浜DeNA”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年11月4日). 2017年12月15日閲覧。
  40. ^ ソフトB城所が「待機中」返上へ開幕ダッシュだ 現状維持で契約最終年”. 西日本スポーツ (2017年12月6日). 2017年12月15日閲覧。
  41. ^ 2013年度福岡ソフトバンクホークス選手名鑑”. スポニチ Sponichi Annex. 2016年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月15日閲覧。
  42. ^ 2巡目城所が1番宣言 2003年11月22日 日刊スポーツ九州
  43. ^ 黄金外野コンビが常勝に導く”. スポニチ Sponichi Annex. 2010年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月15日閲覧。
  44. ^ "ムネリン “守備の人”重圧思い知った「心から尊敬する」" スポニチ Sponichi Annex 2013年6月19日 2013年6月20日閲覧
  45. ^ 2試合連弾に2盗塁 もう「2月の男」とは言わせない 2008年3月2日スポニチ Sponichi Annex
  46. ^ ホークス 新人アンケート 日刊スポーツ九州
  47. ^ 【ソフトB】城所に第1子の女児誕生”. 日刊スポーツ (2012年11月7日). 2017年12月15日閲覧。
  48. ^ 【ソフトB】城所が結婚、今月中に挙式”. 日刊スポーツ (2012年11月11日). 2017年12月15日閲覧。
  49. ^ イチロー専用ジムが完成「気持ちいいですね」 2015年3月9日 日刊スポーツ
  50. ^ ソフトバンク城所「早く会いたい」夫人が第2子出産”. 日刊スポーツ (2017年2月1日). 2017年12月15日閲覧。
  51. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2017年6月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]