板東湧梧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
板東 湧梧
福岡ソフトバンクホークス #50
Y.BANDO.jpg
2019年8月24日、ナゴヤ球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県鳴門市
生年月日 (1995-12-27) 1995年12月27日(25歳)
身長
体重
181 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト4位
初出場 2020年7月14日
年俸 1,500万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

板東 湧梧(ばんどう ゆうご、1995年12月27日 - )は、徳島県鳴門市出身のプロ野球選手投手[2]。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

鳴門市大麻中学校では同校の軟式野球部に所属する[3]

徳島県立鳴門高等学校では甲子園に4度出場[4]。高校時代にはプロ球団からの評価は必ずしも高くはなかったが[5]JR東日本入り後に身体づくりを中心としたトレーニングと投球術の習得に取り組んだ結果[6]都市対抗野球などで制球力のよさと緩急のコンビネーションを駆使した安定感のあるピッチングを示し、プロ球団のスカウト陣からの評価は急上昇した[6][7]

2018年10月25日に行われたプロ野球ドラフト会議では福岡ソフトバンクホークスから4位指名を受け[8]、11月21日に契約金6,000万円、年俸1,000万円(金額は推定)で契約した[2]。12月6日、福岡市内のホテルで入団発表会見が行われた[9]

背番号は、板東と同じくJR東日本からソフトバンクに入団した攝津正が以前つけていた「50」。

プロ入り後[編集]

2019年、3月10日のオープン戦に初先発予定だったが雨天中止となると、同日の練習後に体調不調を訴え病院でインフルエンザA型と診断された[10]、アピールの機会を失ったこともあり開幕一軍は掴めなかった。4月6日には二軍チームで流行したインフルエンザB型に罹患したことが発表された[11]。結局、シーズンで一軍に上がることはなく、ウエスタン・リーグで21試合に登板し、防御率4.14だった。

2020年、開幕一軍は逃したものの、ウエスタン・リーグで3試合に登板した後、7月10日に初の一軍昇格を果たした。同月14日の対オリックス・バファローズ戦(京セラドーム大阪)、8対2とソフトバンクリードの7回裏に2番手として登板。1三振を含む5人連続凡退に打ち取った後、吉田正尚に本塁打を喫したが、2回1失点被安打1で一軍デビューを果たした[12]。7月30日の対埼玉西武ライオンズ戦(福岡PayPayドーム)ではプロ初先発登板するも4回1/3を投げ5失点で敗戦投手となった[13]。その翌週8月6日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(楽天生命パーク宮城)では、笠谷俊介に次ぐ2番手として3回裏1対1の同点の場面から登板し、三者凡退に抑えると、続く4回表に味方が2点を入れ逆転、4回5回も無失点で抑え3イニングを無失点に抑える好リリーフを見せ、その後5人の投手陣が無失点に抑えたことにより3-1で勝利、プロ初勝利を挙げた[14]。同月14日の対オリックス・バファローズ戦で初ホールドを記録[15]オープナーとして先発登板した笠谷の後に登板し、勝ちに繋げる継投リレーなどで好投していたが[16]、9月12日に右肘の炎症の為に離脱を余儀なくされ[17]、10月13日に「右肘の鏡視下骨棘および遊離体切除術」を受けたと発表され、シーズン中の復帰はならなかった[18]。シーズン途中での離脱ながら、15試合に登板し31回2/3を投げ、2勝2敗2ホールド、防御率2.56の成績を残す。

人物[編集]

ソフトバンク入団時にはアマ球界での実績のみならず容姿についても大いに注目され、加藤綾子中丸雄一に顔立ちが似ていると報道されたのみならず[19][20]、球団公式サイトがドラフト会議の結果を伝えた際にも「甘いマスクも人気」というスカウトのコメントが掲載された[21]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2020 ソフトバンク 15 1 0 0 0 2 2 0 2 .500 129 31.2 26 4 10 1 0 29 0 0 9 9 2.56 1.14
通算:1年 15 1 0 0 0 2 2 0 2 .500 129 31.2 26 4 10 1 0 29 0 0 9 9 2.56 1.14
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2020 ソフトバンク 15 1 5 0 0 1.000
通算 15 1 5 0 0 1.000
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 50(2019年 - )

登場曲[編集]

[22]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “ソフトバンク - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). https://www.nikkansports.com/baseball/professional/koukai/team/koukai-hawks.html 2020年12月28日閲覧。 
  2. ^ a b c どら増田 (2018年11月21日). “ソフトバンク4位・板東が契約合意 「甲斐キャノン、生で見てみたい」 - BASEBALL KING”. ベースボールキング (フロムワン). https://baseballking.jp/ns/172960 2019年2月28日閲覧。 
  3. ^ 2018ドラフト指名選手 中学野球目線で見た指名選手の都道府県ランキング!”. ヤキュイク・powered by BASEBALLKING (2018年10月29日). 2019年3月23日閲覧。
  4. ^ “社会人で運命の出会い/ホークス4位・板東湧梧 -【西日本新聞】”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2018年12月17日). https://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/473544/ 2019年2月28日閲覧。 
  5. ^ 小関順二社会人で即戦力候補なのは? - 2019年パ新人王争いを予想してみる。有力は大卒で層の薄い投手陣の……。 - ドラフト会議 - プロ野球 - Number Web - ナンバー」『Number Web』、文藝春秋、2019年1月26日、2019年3月4日閲覧。
  6. ^ a b 二宮清純, 編纂.「板東湧梧(JR東日本硬式野球部/徳島県鳴門市出身)最終回「負けない投手でプロへ」 – SPORTS COMMUNICATIONS」『スポーツコミュニケーションズ』、2017年11月27日、2019年3月4日閲覧。
  7. ^ Hirokazu Yokoo (2016年6月10日). “JR東日本・板東湧梧、今秋のドラフト候補へ。都市対抗出場へ導いた"イケメン"の快投で評価急上昇【横尾弘一のプロへつながる社会人野球】 - ベースボールチャンネル(BaseBall Channel) - Part 2”. ベースボールチャンネル (カンゼン). https://www.baseballchannel.jp/etc/18620/ 2019年3月4日閲覧。 
  8. ^ “ソフトBドラ4・板東、ジャニーズばりイケメンにスカウト陣「今年No.1では」- スポニチ Sponichi Annex 野球”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2018年11月2日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/11/02/kiji/20181102s00001173216000c.html 2019年2月28日閲覧。 
  9. ^ 2018/12/06(木) 選手 新入団会見レポ。1位甲斐野投手の背番号は20”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2018年12月6日). 2018年4月13日閲覧。
  10. ^ ソフトバンク4位板東、痛恨インフルで先発機会逃す. 日刊スポーツ. (2019年3月10日) 2020年3月21日閲覧。
  11. ^ ソフトバンクのファームでインフル禍… 2年目椎野、ルーキー板東も 西日本スポーツ 2019年4月7日
  12. ^ ソフトバンク2年目イケメン板東「緊張」プロ初登板”. 日刊スポーツ (2020年7月14日). 2020年7月15日閲覧。
  13. ^ プロ初先発の若鷹・板東 同学年の西武・森に悔しい2被弾”. 東京スポーツ (2020年7月30日). 2020年8月6日閲覧。
  14. ^ 工藤監督奇襲実った「魔の木曜日」に板東プロ初勝利”. 日刊スポーツ (2020年8月6日). 2020年8月6日閲覧。
  15. ^ “ソフトバンク板東「すごく緊張した」プロ初ホールド”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年8月14日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202008130001022.html 2020年12月28日閲覧。 
  16. ^ “ソフトバンク笠谷板東「バンカサ」コンビで今週2勝”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年8月9日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202008090000868.html 2020年12月28日閲覧。 
  17. ^ “「イケメン右腕」ソフトバンク板東が抹消、右肘炎症”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年9月12日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202009120000435.html 2020年12月28日閲覧。 
  18. ^ “ソフトバンク板東が右肘手術 今季の復帰は絶望”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年10月13日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202010130000352.html 2020年12月28日閲覧。 
  19. ^ ソフトBドラ4板東、実力も顔も◎ スカウト室長「アマ球界ナンバーワンのイケメン」 西日本スポーツ 2018年11月3日
  20. ^ ソフトBドラ4板東はKAT―TUN中丸似 スカウト太鼓判「間違いなく人気出る」 スポニチアネックス 2018年11月3日
  21. ^ 【ドラフト】1位は甲斐野投手!計11人を指名|福岡ソフトバンクホークス 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト 2018年10月25日
  22. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2020年12月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]