中村亮太 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村 亮太
福岡ソフトバンクホークス #137
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県四街道市
生年月日 (1998-05-18) 1998年5月18日(24歳)
身長
体重
182 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2020年 育成選手ドラフト8位
初出場 2022年7月7日
年俸 650万円(2023年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中村 亮太(なかむら りょうた、1998年5月18日 - )は、千葉県四街道市出身[2]プロ野球選手投手育成選手)。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

四街道市立和良比小学校時代から「桜木ライオンズ」で野球を始め、四街道市立四街道中学校では「千葉市リトルシニア」に所属[2]

高校は千葉市稲毛区千葉経済大学附属高等学校に進学。2年夏の第97回全国高等学校野球選手権千葉大会では先発投手として登板した[3]。3年夏の第98回全国高等学校野球選手権千葉大会では、当時140km/hを超えるストレートを武器に準決勝へ進出するが[2]早川隆久擁する木更津総合高等学校に5対6の逆転負けを喫し、甲子園出場はならなかった[4]

大学は東京農業大学北海道オホーツクに進学。2年生時に北海道学生野球連盟リーグ戦で優秀投手賞を受賞した[2]2019年全日本大学野球選手権大会では、3試合に登板し準決勝に進出した[5]

2020年10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議では、福岡ソフトバンクホークスから育成8位で指名され[6]、11月19日に、支度金300万円、年俸400万円(金額は推定)で契約合意に達し[7]、12月10日に入団発表会見が行われた[8]背番号137。球団では中村晃が在籍しているため、報道上およびスコアボード上の表記は「中村亮」、背ネームは「R.NAKAMURA」とそれぞれ表記される。

プロ入り後[編集]

2021年は、ウエスタン・リーグで7試合に登板し、0勝0敗、防御率5.40を記録した[9]

2022年は、春季キャンプ後半から一軍に合流[10]オープン戦では3試合に中継ぎ登板し、防御率2.25を記録するも[11]、開幕前の支配下登録はならなかった[12]。それでもシーズンでは、ウエスタン・リーグで7月1日までに27試合に登板し、1勝1敗、防御率2.45、投球回(25回2/3)を上回る33奪三振を記録し、同2日に支配下登録された[13][12][14]。背番号は60。7月7日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦(楽天生命パーク宮城)でプロ初登板を果たすも1回3失点という内容であった。同月20日の楽天戦(北九州市民球場)で2度目の登板を果たすも1回2/3を投げ7失点と打ち込まれ、翌21日に登録抹消となった[15]。結局このシーズンはこの2試合のみの登板となり、0勝0敗、防御率33.75という成績であった。オフに戦力外通告を受け[16]、11月10日に育成選手として再契約を結んだ[17]。背番号は再び137[18]

選手としての特徴[編集]

最速154km/hのストレート[14]、オーソドックスなオーバースロー投球フォームで腕のしなりが良い投手[6]

人物[編集]

中村勝広が父親の従兄弟で、生前には「いくらいい投手でも、強気でガムシャラに食らいついていけ。気持ちで負けたら打てないぞ」などアドバイスを貰った[4]

大学の3学年先輩に同じく福岡ソフトバンクホークスに入団した周東佑京が、大学と高校の2学年先輩に岡本直也がいた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2022 ソフトバンク 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 22 2.2 11 1 3 0 1 1 0 0 10 10 33.75 5.25
通算:1年 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 22 2.2 11 1 3 0 1 1 0 0 10 10 33.75 5.25
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2022 ソフトバンク 2 0 2 0 0 1.000
通算 2 0 2 0 0 1.000
  • 2022年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 137(2021年 - 2022年7月1日、2023年 - )
  • 60(2022年7月2日 - 同年終了)

登場曲[編集]

  • 「VICTORY」EXILE(2021年 - )
  • 「Divine Wind -KAMIKAZE」AK-69(2021年 - )

[19]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ ソフトバンク - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2022年11月11日閲覧。
  2. ^ a b c d 【ホークス育成新人File】中村亮太、育成8位からの逆襲。楽天1位早川に投げ勝つ日を夢見て”. Yahoo! JAPAN (2021年1月28日). 2021年3月19日閲覧。
  3. ^ 第97回全国高校野球選手権千葉大会 1回戦(2015年7月11日 習志野市秋津野球場)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2015年7月11日). 2021年3月19日閲覧。
  4. ^ a b “千葉経大付・中村夢散る 父が故阪神中村GMのいとこ”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2016年7月26日). https://www.daily.co.jp/baseball/2016/07/26/0009321940.shtml 2021年3月19日閲覧。 
  5. ^ “ソフトバンク育成8位中村亮太、育成先輩の周東刺激”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ社). (2020年11月2日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011020000614.html 2021年3月19日閲覧。 
  6. ^ a b “ソフトバンク「中村」3人目、育成8位は東農大北海道オホーツク・中村亮太”. 西日本スポーツ (西日本新聞社). (2020年10月26日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/658233/ 2021年3月19日閲覧。 
  7. ^ “ソフトバンク育成8位中村が仮契約 周東佑京の後輩”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ社). (2020年11月19日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011190000830.html 2021年3月19日閲覧。 
  8. ^ 2020/12/10(木) 選手 新入団会見レポ。1位井上選手は「背番号43」”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2020年12月10日). 2021年3月18日閲覧。
  9. ^ 2021年度 福岡ソフトバンクホークス 個人投手成績(ウエスタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2022年7月3日閲覧。
  10. ^ “ソフトバンク育成の右腕・中村亮太が支配下登録へ 支配下枠は69人に”. サンケイスポーツ. (2022年6月29日). https://www.sanspo.com/article/20220629-SHOBQFOMTBLD5PFEFHJGUH4ZOY/ 2022年7月3日閲覧。 
  11. ^ 2022年度 福岡ソフトバンクホークス 個人投手成績(オープン戦)”. 日本野球機構. 2022年7月3日閲覧。
  12. ^ a b “ソフトバンク育成2年目中村亮太が支配下選手登録へ”. スポーツニッポン. (2022年6月29日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/06/29/kiji/20220629s00001173556000c.html 2022年7月3日閲覧。 
  13. ^ 中村亮投手が支配下登録。「愛される投手に」と意気込み” (日本語). 福岡ソフトバンクホークス (2022年7月2日). 2022年7月4日閲覧。
  14. ^ a b “【ソフトバンク】育成右腕の中村亮太を支配下登録 故中村勝広氏の親戚 戦力欠く中継ぎ強化へ”. 日刊スポーツ. (2022年7月2日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202207020000314_m.html 2022年7月3日閲覧。 
  15. ^ “巨人菅野智之、岡本和真、丸佳浩、中田翔ら抹消 ロッテ・エチェバリアら登録/21日公示”. 日刊スポーツ. (2022年7月21日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202207210000730_m.html 2022年11月11日閲覧。 
  16. ^ “【ソフトバンク】黒瀬健太、奥村政稔ら5選手が戦力外 黒瀬は現役続行希望 小林珠維は投手転向も”. 日刊スポーツ. (2022年10月22日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202210220000346_m.html 2022年11月11日閲覧。 
  17. ^ “ソフトバンク、中村亮太と育成契約「もう一回はい上がって、その経験を生かせたら」”. サンケイスポーツ. (2022年11月10日). https://www.sanspo.com/article/20221110-INPTFEKAH5LLXETIHVBISCBRK4/?outputType=amp 2022年11月11日閲覧。 
  18. ^ 背番号の変更について” (日本語). 福岡ソフトバンクホークス (2022年11月27日). 2022年11月27日閲覧。
  19. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2021年3月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]