平松一宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平松 一宏
広島経済大学 コーチ
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県倉敷市
生年月日 (1974-03-23) 1974年3月23日(43歳)
身長
体重
178 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1997年 ドラフト8位
初出場 1998年4月12日
最終出場 2004年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • JR西日本
  • 広島経済大学

平松 一宏(ひらまつ かずひろ、1974年3月23日 - )は、岡山県倉敷市出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

岡山県倉敷市出身。倉敷商業高広島経済大学卒業後、JR西日本に入社。1997年度ドラフト会議読売ジャイアンツから8位指名を受けて入団。

プロ入り後[編集]

巨人時代[編集]

1998年は春先から一軍登板を果たし、主に敗戦処理という形ではあるが手薄な左投手のポジションを担い防御率は4点台だったが29試合に登板した。

しかし翌年1999年は怪我などで一軍登板わずか1試合に終わった。

2000年ローテーションの谷間としても登板し、8月12日の広島東洋カープ戦でプロ初勝利を挙げた。9月24日の中日との試合で4点ビハインドの9回表に登板して無失点に抑え、その裏に江藤智の同点満塁本塁打と二岡智宏のサヨナラ本塁打でリーグ優勝が決定したため、優勝試合の勝利投手となった。この年は14試合に登板し、4勝を挙げた。

2001年は先発登板は1試合だけで中継ぎでも結果を残せず、12試合の登板に終わった。オフにFAで巨人へ移籍してきた前田幸長の人的補償として中日ドラゴンズへ移籍。学生時代から憧れた今中慎二の引退と入れ替わる形で背番号「14」を受け継いだ。

中日時代[編集]

移籍1年目の2002年はわずか6試合の登板に留まった。

2003年には2年ぶりに先発登板を果たすと、ローテーションの谷間として存在感を示し、安定感は欠いたが15試合で5勝3敗・防御率4.05の成績を挙げた。この年は柳沢裕一とバッテリーを組む試合もあり、柳沢も巨人に在籍経験があることから「元巨人バッテリー」と実況から紹介されることもあった。

2004年落合博満が新監督に就任した。この年は前年ケガでシーズンをほとんど棒に振った川上憲伸の復活や、横浜ベイスターズから移籍してきたドミンゴの活躍もあり、わずか3試合で1勝を挙げるに留まった。

2005年は層の厚い投手陣に阻まれ一軍登板なしに終わった。同年オフにトレード要員で契約の続行はないことを通告され、結局トレードの話はなく同年12月に自由契約となり現役を引退。

引退後[編集]

2006年より古巣巨人の打撃投手を務めた後、2013年にJR西日本硬式野球部の活動再開に伴い、同社に復職して投手コーチを3年間務め、投手陣の基礎を築いた。2016年後藤寿彦総監督の下でGM補佐として選手獲得に携わり、翌2017年からは母校の広島経済大学で投手コーチに転身する[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1998 巨人 29 1 0 0 0 0 2 0 -- .000 146 33.2 35 4 16 0 1 32 2 0 19 18 4.81 1.51
1999 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 8 2.0 2 0 0 0 0 4 0 0 0 0 0.00 1.00
2000 14 4 0 0 0 4 1 0 -- .800 129 28.0 35 0 9 2 2 18 0 0 11 9 2.89 1.57
2001 12 1 0 0 0 1 1 0 -- .500 62 11.0 19 4 9 0 0 7 1 0 10 10 8.18 2.55
2002 中日 6 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 42 8.1 14 1 5 1 0 4 0 0 10 7 7.56 2.28
2003 15 11 0 0 0 5 3 0 -- .625 195 46.2 49 3 15 1 1 32 1 0 23 21 4.05 1.37
2004 3 2 0 0 0 1 1 0 -- .500 72 15.0 21 2 5 0 0 4 0 0 11 6 3.60 1.73
通算:7年 80 19 0 0 0 11 9 0 -- .550 654 144.2 175 14 59 4 4 101 4 0 84 71 4.42 1.62

記録[編集]

背番号[編集]

  • 64 (1998年)
  • 25 (1999年 - 2001年)
  • 14 (2002年 - 2005年)
  • 113 (2006年 - 2009年)
  • 05 (2010年)
  • 204 (2011年 - 2012年)

脚注[編集]

  1. ^ 元巨人平松一宏氏が母校・広島経大でコーチ就任日刊スポーツHP、2016年11月27日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]