2004年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 2004年 | 2004年のスポーツ

2004年の野球(2004ねんのやきゅう)では、2004年野球における動向をまとめる。

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

  • 6月7日 - 【韓国】元中日でSKワイバーンズ李尚勲(中日時代の登録名は「サムソン・リー」)が現役引退[5]
  • 6月9日 - キューバケンドリー・モラレスドミニカ共和国へ亡命[5]
  • 6月13日 - 全日本大学選手権で明治大の一場靖弘が対広島経大戦で完全試合を達成[5]
  • 6月14日 - アテネオリンピック日本代表24選手が内定[5]
  • 6月16日 - 台湾のアテネオリンピック代表に選ばれていた西武の許銘傑が代表入りを辞退[5]
  • 6月16日 - 全日本大学選手権は東北福祉大が2度目の優勝[5]
  • 6月25日 - 日本代表編成会議が行われ、アテネオリンピック代表の24人が決定[6]

7月[編集]

  • 7月13日 - 日本代表とキューバ代表にるよるアテネオリンピック壮行試合が行われ、1対1の引き分け[6]
  • 7月14日 - アテネオリンピック壮行試合の日本代表対キューバ代表の第2戦はキューバが6対5で勝利[6]
  • 7月8日 - 第33回日米大学野球選手権で日本代表が1999年以来2度目の5戦全勝で13度目の優勝。

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

競技結果[編集]

アマチュア野球[編集]

メジャーリーグ[編集]

国際大会[編集]

アテネオリンピック[編集]

順位 国・地域
1 キューバ キューバ
2 オーストラリア オーストラリア
3 日本 日本
4 カナダ カナダ
5 チャイニーズタイペイ チャイニーズタイペイ
6 オランダ オランダ
7 ギリシャ ギリシャ
8 イタリア イタリア

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d ベースボールマガジン2005年冬季号129ページ
  2. ^ a b c ベースボールマガジン2005年冬季号130ページ
  3. ^ a b c ベースボールマガジン2005年冬季号131ページ
  4. ^ 日外アソシエイツ刊「日本スポーツ事典トピックス1964-2005」487ページ
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m ベースボールマガジン2005年冬季号132ページ
  6. ^ a b c d e f ベースボールマガジン2005年冬季号133ページ
  7. ^ a b c d e f g ベースボールマガジン2005年冬季号134ページ
  8. ^ 一場はこの年のNPBドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスに自由枠で入団
  9. ^ ベースボールマガジン2005年冬季号128ページ
  10. ^ a b c d e ベースボールマガジン2005年冬季号135ページ

出典[編集]

  1. ^ トピ 489ページ

参考文献[編集]

  • ベースボール・マガジン社刊 週刊ベースボール別冊冬季号「さらば大阪近鉄バファローズ」
  • 日刊スポーツ出版社 「サヨナラ近鉄バファローズ」
  • 朝日新聞社刊「スト決行 プロ野球が消えた2日間」
  • ベースボール・マガジン社刊 週刊ベースボール別冊青葉号「楽天主義。東北楽天ゴールデンイーグルス応援BOOK」
  • 日外アソシエイツ刊「日本スポーツ事典トピックス1964-2005」