久慈照嘉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
久慈 照嘉
阪神タイガース コーチ #71
Kuji teruyoshi.jpg
2012年8月17日、明治神宮野球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山梨県甲府市
生年月日 (1969-04-19) 1969年4月19日(48歳)
身長
体重
169 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手二塁手
プロ入り 1991年 ドラフト2位
初出場 1992年4月4日
最終出場 2005年10月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (2009 - 2013, 2016 - )

久慈 照嘉(くじ てるよし、 1969年4月19日 - )は、山梨県甲府市出身の元プロ野球選手内野手、右投左打)、野球指導者。

出生地は東京都で、現役時代には阪神タイガース中日ドラゴンズに在籍。中日時代の2001年のみ、登録名を「テル」と改めていた。また、引退後の2009年から2013年まで、阪神の一軍内野守備走塁コーチを務めた。

阪神退団後の2014年からは、野球評論家野球解説者として活動。2015年4月からは、啓新高等学校福井県)野球部の外部コーチを務めていた[1]2016年からは、阪神の一軍守備走塁コーチに復帰する。

長女の久慈愛は、2017年のミュージカル『アニー』にテシー役で出演予定[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

東海大甲府高校では3回甲子園に出場。「東の久慈、西の立浪」といわれており、高校時代から守備力があった[注釈 1]。立浪とは後に中日で同僚となる。シュアな打撃が売りだったが、高校3年時には当時の4番打者・江花が不振のために代役で4番に座った事がある。社会人の日本石油では日本選手権、アマチュア王座決定戦で優勝を経験し、1991年のドラフト2位で阪神タイガースに入団。背番号は8

阪神時代[編集]

堅実な守備と勝負強い打撃で1年目から活躍し開幕戦にも先発出場しオールスターゲームのセリーグ遊撃手部門ファン投票選出、1992年に打率.245で新人王に選出。本塁打0本で新人王に選ばれた野手は史上初であった(後に同じ山梨県出身の松本哲也が2009年新人王に選ばれる)。1993年は年初に前年の新人王を争った相手でもある同僚の新庄剛志が遊撃へ再コンバートされるも、春季キャンプにおいての守備力評価で優位となりポジションを守った[3]1996年5月18日広島戦では9回二死から安打を放ち、ロビンソン・チェコノーヒットノーランを阻止した。この他にも1993年4月27日郭源治1994年7月1日今中慎二から安打を放ち、ノーヒットノーランを阻止している(いずれも1安打完封)。ルーキーイヤーから不動の遊撃手として出場していたが、1997年、規定打席到達はしていたものの、同年に監督就任した吉田義男からは久慈の肩の弱さから併殺を取れないことを指摘され、同年に入団し、主に二塁・三塁を守っていた今岡誠を来年からは遊撃手として育てる方針が固まっていた。

中日時代[編集]

1997年オフ、脱税事件で出場停止となった鳥越裕介の穴埋めとして1998年関川浩一とともに、大豊泰昭矢野輝弘との交換トレードで中日へ移籍。背番号は6。6は高校時代と社会人時代に慣れ親しんでいた背番号でもあった[4]。遊撃手として新外国人の李鍾範が入団したため二塁手に転向。しかし李が死球により戦列を離れたため、シーズン後半からは遊撃手を務めた。1999年には福留孝介にレギュラーの座こそ譲ったものの、当時守備に不安があった福留に代わり試合の後半に出場することも多かった。

その後は、井端弘和荒木雅博ら若手の台頭により出場機会が減少。2002年のシーズン終了後には、守備コーチ就任の打診を受けたが、現役続行を求めて自由契約で退団。

阪神復帰[編集]

2003年から古巣の阪神に復帰し、中日時代の3×2=6の語呂合わせから背番号32を付けた[注釈 2]。2003年は、持ち前の抜群の守備力で同年のリーグ優勝に貢献した。阪神復帰時は試合終盤の21時頃に守備固めで出場する機会が多かったことから、ファンや実況中継では「9時に久慈」と呼ばれていた。

久慈が中日に在籍していた時期と、阪神に復帰した2003年の監督であった星野仙一は、久慈の守備能力とともに指導者としての資質を高く評価[5]2005年にも阪神から、次期指導者育成の一環として、二軍コーチへの就任を打診された。しかし、現役続行を希望する久慈がこの打診を拒否したため、球団は久慈の意思を尊重したうえで自由契約にした。その後は合同トライアウトに参加したが獲得球団がなく、2006年に入って引退を決意した。

最後に出場した試合は2005年の日本シリーズ(対千葉ロッテマリーンズ)の第4戦、9回に一塁の代走として出場したが、矢野輝弘の送りバントが三塁手への小飛球となり、飛び出した本人も一塁へ戻れず併殺となった。

現役引退後[編集]

現役引退を決めた2006年の春には、古巣・阪神の仲介を通じて、メジャーリーグアトランタ・ブレーブスで短期のコーチ研修を受講。2007年から2年間サンケイスポーツの専属評論家として「牛若丸が斬る!」と題した評論コラムを大阪本社発行版の紙面に連載する一方で、NHK-BSのメジャーリーグ中継でも解説を務めていた。

2008年10月29日には、一軍守備走塁コーチとして阪神に復帰した。2009年シーズンからの背番号は2002年2004年には藤川球児が「きゅうじ」もじったのと同様に、「くじ」をもじって92を使用。

阪神のコーチ時代には、「守備の名手」として鳴らした現役時代の経験を生かすべく、主に一塁のベースコーチを担当。2012年からは監督の和田豊の要請で3塁ベースコーチを務めた[6]。しかし、2013年10月19日に球団へ退任を申し入れたことから、そのまま退団に至った。なお、退団後の同年11月下旬には、台湾で開催されるプロ野球のウィンターリーグで台湾チームの臨時コーチを担当。2014年からは再び2年間野球評論家・野球解説者として活動していた。

2015年には、上記の活動を続ける一方で、4月から啓新高等学校野球部の外部コーチに就任[1]。翌2016年シーズンからは再び阪神の一軍内野守備走塁コーチを務めている[7]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1992 阪神 121 441 371 29 91 8 8 0 115 21 4 5 24 4 41 3 1 50 9 .245 .319 .310 .629
1993 128 488 401 49 98 9 4 1 118 16 6 3 31 3 53 4 0 76 10 .244 .330 .294 .625
1994 130 532 439 40 110 14 1 0 126 14 2 5 38 1 53 1 1 76 6 .251 .332 .287 .619
1995 123 409 334 32 89 9 5 1 111 24 3 8 13 0 62 6 0 49 1 .266 .381 .332 .714
1996 130 590 504 56 140 13 2 0 157 16 14 11 24 4 57 2 1 75 8 .278 .350 .312 .661
1997 126 479 393 55 101 11 2 3 125 20 8 7 33 2 44 1 7 42 8 .257 .341 .318 .659
1998 中日 122 482 389 43 97 10 3 0 113 18 7 7 38 0 52 0 3 51 5 .249 .342 .290 .633
1999 107 211 172 17 54 8 0 0 62 11 5 2 16 1 21 1 1 23 1 .314 .390 .360 .750
2000 80 86 72 3 12 1 1 0 15 6 0 0 5 0 8 0 1 10 1 .167 .259 .208 .468
2001 34 19 11 2 1 0 0 0 1 0 0 0 4 0 3 0 1 2 1 .091 .333 .091 .424
2002 9 5 5 1 2 0 0 1 5 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .400 .400 1.000 1.400
2003 阪神 55 56 46 4 14 3 1 0 19 6 1 0 2 2 6 0 0 12 1 .304 .370 .413 .783
2004 31 26 17 4 2 0 0 0 2 0 1 0 4 0 5 0 0 6 0 .118 .318 .118 .436
2005 3 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:14年 1199 3826 3155 336 811 86 27 6 969 153 51 48 233 17 405 18 16 472 51 .257 .343 .307 .650
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]


遊撃 二塁
























1992 120 138 338 17 59 .966 -
1993 128 160 356 13 60 .975 -
1994 130 184 431 11 97 .982 -
1995 119 153 323 11 57 .977 -
1996 130 189 434 18 80 .972 -
1997 123 194 351 7 80 .987 -
1998 72 101 181 4 37 .986 49 89 127 3 18 .986
1999 100 75 199 2 30 .993 6 4 6 0 1 1.000
2000 64 34 60 1 9 .989 3 2 0 0 0 1.000
2001 27 5 17 0 2 1.000 -
2002 4 4 4 0 0 1.000 4 1 0 0 0 1.000
2003 50 30 50 1 7 .988 -
2004 30 8 20 1 2 .966 -
2005 1 0 2 0 0 1.000 -
通算 1098 1275 2766 86 520 .979 62 96 133 3 19 .987

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録

背番号[編集]

  • 8 (1992年 - 1997年)
  • 6 (1998年 - 2002年)
  • 32 (2003年 - 2005年)
  • 92 (2009年 - 2013年)
  • 71 (2016年 - )

登録名[編集]

  • 久慈 照嘉 (くじ てるよし、1992年 - 2000年、2002年 - )
  • テル (2001年)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 当時の後輩が久慈の守備練習を一塁側ファウルグラウンドで見学中、三遊間を抜けようとしている打球を横っ飛びでキャッチしたのを見て「視界の外から飛んできた」と例えるほどであった。
  2. ^ 前回在籍時の8番は、この時点では片岡篤史が着用していた

出典[編集]

  1. ^ a b 元阪神の久慈照嘉さんがコーチに 敦賀気比打倒に燃える啓新 高校野球特集 福井のニュース福井新聞ONLINE:福井県の総合ニュースサイト、2015年10月16日閲覧。
  2. ^ “アニー役決定!テシー役は阪神久慈コーチ長女・愛さん”. スポニチアネックス. (2016年10月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/10/03/kiji/K20161003013468420.html 2016年10月3日閲覧。 
  3. ^ 『新庄剛志PART2 (ベースボールアルバムNO.116)』(ベースボール・マガジン社 1993年8月)13p - 15p
  4. ^ 1998年日刊スポーツ発行プロ野球選手写真名鑑
  5. ^ 星野仙一著、夢 命を懸けたV達成への647日、2003年、角川書店、P136-137。星野によるとヘッドコーチの島野育夫(久慈とは阪神・中日でコーチと選手の関係だった)の推薦で獲得したという。著書の中で「久慈のいいところは指導者の素質につながる野球観を持っていることだ。野球を知っているから控えでベンチにいても細かな目配り、気配りに行き届くのだ。相手のくせや戦法、サインを読んで、それがまだズバズバと的確だから、ベンチでは我が作戦参謀・島野のよき助手であり、今や相談相手になっている。人間的にもイエスマンではないし、熱いハートを持っている男だから将来の人材だろう。久慈のカムバックも適材適所の一つだったと言えるのではないかと記している
  6. ^ 中日スポーツ 4版 2011年11月19日
  7. ^ 阪神組閣一覧日刊スポーツ、2015年10月27日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]