柳沢裕一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柳沢 裕一
東北楽天ゴールデンイーグルス コーチ #81
Y yanagisawa20160304.jpg
さいたま市営浦和球場にて(2016年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県松本市
生年月日 (1971-08-02) 1971年8月2日(47歳)
身長
体重
180 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1993年 ドラフト2位
初出場 1995年4月14日
最終出場 2005年8月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
指導者歴

柳沢 裕一(やなぎさわ ゆういち、1971年8月2日 - )は、長野県松本市出身の元プロ野球選手捕手)。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

松商学園高等学校では1989年春季北信越大会決勝に進出するが星稜高等学校に敗れる。同年夏は県予選で敗退し甲子園には出場できなかった。

卒業後は明治大学に進学。東京六大学野球リーグでは佐々木善丈(三菱自動車川崎)とバッテリーを組み、1992年春季リーグで優勝。同年の日米大学野球選手権大会日本代表に選出される。リーグ通算55試合出場、198打数60安打、打率.303、7本塁打、30打点。ベストナイン3回。

強肩で鳴らし、1試合3本塁打を記録した実績も買われて、1993年のドラフト2位で読売ジャイアンツに入団。

プロ入り後[編集]

即戦力捕手として期待され、1997年には村田真一らと定位置を争い、41試合に先発マスクを被る。しかし打撃が伸び悩んだことや、家庭のトラブルもあり1999年シーズンさなかに伊藤隆偉との交換トレードでオリックス・ブルーウェーブへ移籍。温厚な人柄であり、オリックスではイチローと仲が良かった。イチローがメジャー移籍を果たした現在も、時々自主トレを一緒に行い、イチローの心許せる数少ないプロ野球関係者である。2001年には巨人時代のチームメイトの吉原孝介[1]との交換トレードで中日ドラゴンズへ移籍。

移籍してから最初の2年間は出場機会は少なかった。

2003年野口茂樹が先発の時に先発マスクを被る機会が多かった。

2004年は、2番手捕手として谷繁元信の故障時の穴を埋め、「スーパーサブ」として高い評価を受けた。対巨人戦でタイムリーを放ち、ヒーローインタビューで「僕はジャイアンツを出された人間ですから…何とか今日まで活躍できたことが…すごいうれしかったです。」と涙を浮かべながら言った。投手の調子を見抜く能力を高く評価され、中日で2番手捕手になるまでオリックス、中日ではブルペンを固める裏方として、2002年までは半ばコーチのような存在で推移していた。

年間で最もヒットを打ったシーズンは1997年の26本であるが、打点は0であった。通算打点0のまま巨人を去り(この時点での通算安打数は28)、オリックスでは打点どころかヒットも1本も打てずに中日に移籍した。その後、中日で2番手捕手の座を固めていくうちに、プロ入り初本塁打・初打点も記録した。

2005年オフの契約更改で「スーパーサブ」を剥奪され、再び激しい競争へ。さらに追い打ちをかけるように野口茂樹が巨人にFA移籍した代わりに補償によって獲得した小田幸平が2番手捕手争いに参戦したことにより、2006年シーズンは一軍での出場機会が0試合となり、戦力外通告を受け退団。

2007年2月、福岡ソフトバンクホークス春季キャンプにテスト生として参加したが、不合格に終わった。

引退後[編集]

イチローのマネージメント会社に入ってサポート役をする傍ら[2][3]元中日捕手の新宅洋志が主宰する「ドラゴンズOB少年野球教室」の講師や「楽天イーグルス ベースボール・スクール」の指導者を務めた。

2015年10月13日に2016年から東北楽天ゴールデンイーグルス二軍バッテリーコーチに就任することが発表された[4]

2018年10月5日に来季の契約をしないことを通知された[5]。11月6日、ベースボール・チャレンジ・リーグ信濃グランセローズ監督に就任することが発表された[6]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1995 巨人 4 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1997 57 135 121 3 26 1 0 0 27 0 0 1 5 0 9 4 0 18 4 .215 .269 .223 .492
1998 8 12 11 2 2 0 0 0 2 0 1 0 0 0 0 0 1 4 0 .182 .250 .182 .432
1999 1 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
オリックス 4 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
'99計 5 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
2000 9 3 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2001 中日 18 23 19 0 5 1 0 0 6 3 0 0 2 0 1 0 1 4 1 .263 .333 .316 .649
2002 6 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2003 45 87 77 7 17 1 0 0 18 4 1 1 4 0 3 1 3 22 1 .221 .277 .234 .511
2004 38 72 62 7 15 3 0 1 21 10 1 0 2 0 6 0 2 24 2 .242 .329 .339 .667
2005 14 18 18 2 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 8 0 .111 .111 .111 .111
通算:10年 204 360 320 21 67 6 0 1 76 17 3 2 14 0 19 5 7 86 8 .209 .269 .238 .507

年度別守備成績[編集]



捕手






















1995 巨人 4 0 0 0 0 -
1997 53 2 38 21 17 .447
1998 8 0 2 1 1 .500
1999 1 0 0 0 0 .---
オリックス 1 0 0 0 0 .---
'99計 2 0 0 0 0 .---
2000 7 0 4 4 0 .000
2001 中日 16 3 6 3 3 .500
2002 5 0 3 3 0 .000
2003 43 3 22 20 2 .091
2004 35 0 11 7 4 .364
2005 14 58 8 0 0 1.000 1 4 3 1 .250
通算 187 8 90 62 28 .311

記録[編集]

背番号[編集]

  • 23 (1994年 - 1999年途中)
  • 32 (1999年途中 - 2000年)
  • 00 (2001年 - 2003年、2006年)
  • 22 (2004年 - 2005年)
  • 81 (2016年 - )

脚注[編集]

  1. ^ なお、両者とも99年シーズン途中で巨人を放出されている。
  2. ^ 【High-STYLE 2007年9月号 特別対談
  3. ^ 株式会社バウ企画
  4. ^ 新任コーチに関して 楽天公式サイト2015年10月13日配信
  5. ^ 来季のコーチ契約に関して 東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト(2018年10月5日配信)2018年10月5日閲覧。
  6. ^ 柳沢裕一監督就任のお知らせ - 信濃グランセローズ(リーグウェブサイト、2018年11月6日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]