後藤寿彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
後藤寿彦
JR西日本硬式野球部 総監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県各務原市
生年月日 (1953-05-14) 1953年5月14日(65歳)
身長
体重
170 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

後藤 寿彦(ごとう としひこ、1953年5月14日 - )は、日本アマチュア野球の選手、監督である。現在はJR西日本硬式野球部総監督。

経歴[編集]

岐阜県出身。岐阜高等学校から慶應義塾大学に進み、1975年の春季リーグ戦では戦後3人目となる三冠王を獲得。リーグ通算56試合に出場し216打数60安打、8本塁打、35打点、打率.278。

1976年三菱重工業三原に入社し都市対抗野球などで活躍。1979年第50回都市対抗野球大会では、三菱重工業広島補強選手として大町定夫、三菱重工広島の金光興二らと大活躍し中国地方に初の黒獅子旗(全国制覇)をもたらした。

1994年に三菱重工を退社して母校の教壇に立ち、野球部の監督に就任。2001年春のリーグまで指揮を執り、高木大成高橋由伸を育てるなどで、チームをリーグ優勝3回、明治神宮野球大会優勝に導いた。その手腕を買われ、慶大の指揮を執りながら全日本アマチュア野球連盟ナショナルチーム強化部会に参加、主に学生をナショナルチームのレベルに引き上げるために一役買った。

2001年に行われる第34回IBAFワールドカップのナショナルチーム編成に当たり、全日本アマチュア野球連盟から監督就任の打診を受け、これを受諾し、慶大の監督を辞任。その後翌年の第14回アジア競技大会、第15回IBAFインターコンチネンタルカップのナショナルチームにおいても監督として指揮を執った。成績は順に4位、3位、5位と振るわなかったが、ちょうど野球日本代表プロ野球選手が流入してくる時期であり、アマチュア選手との融合に腐心した監督であり、その面で非常に苦労したものと推測される。

その後、出身地である岐阜県に本拠地を置く西濃運輸からのオファーを受け、総監督としてチームづくりに着手。2009年都市対抗野球大会予選敗退後、総監督から監督に就任という異例の人事で再びユニフォームを着ることになった。2012年に、西濃運輸監督を退任。岐阜経済大学の客員教授も務めていた。

2013年には、JR西日本硬式野球部総監督に就任し、2014年には同チームを第85回都市対抗野球大会初出場に導いた。

キャリア・経歴[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]