村上隆行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
村上 隆行
06BULLS 監督 #5
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県大牟田市
生年月日 (1965-08-26) 1965年8月26日(52歳)
身長
体重
178 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手遊撃手一塁手三塁手
プロ入り 1983年 ドラフト3位
初出場 1984年9月29日
最終出場 2001年9月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 大阪ゴールドビリケーンズ (2009 - 2010)
  • 06BULLS (2011 - )

村上 隆行(むらかみ たかゆき、1965年8月26日 - )は、福岡県大牟田市出身の元プロ野球選手内野手外野手)、野球監督。トゥルーマサに所属している。現役時代後半の登録名は村上 嵩幸

経歴[編集]

アマチュア時代[編集]

大牟田市で鮮魚商の家庭の長男として生まれ、弟と妹が一人ずついる。歴木中学校で本格的に野球を始め、同じ大牟田市出身の原辰徳に憧れて三塁手を務めた[1]。中学3年生の時には巨人の宮崎キャンプを見学し、原から声をかけられたという[1]大牟田高校では1年生の間は一塁手、2年生からは投手を任された[1]。同級生に中島浩二がいた。

高校では練習試合で3階建ての校舎を越える本塁打を放つなど、強打でNPBのスカウトから注目されている[2]。3年夏の福岡大会では勝負を避けられることも多く、準々決勝で敗退[2]。なお、同学年の藤王康晴の高校通算49本塁打を超える同52本を記録していたが、藤王への注目に対する反発から通算46本塁打と過少申告をしていたという[3]。長打力のある高校生としては隣の佐賀県岸川勝也も定評があったが、担当スカウトだった佐々木恭介が村上の獲得を強く主張し[4]1983年度ドラフト会議近鉄バファローズから3位指名を受けて入団。

プロ野球選手時代[編集]

1年目の1984年に遊撃手にコンバートされ、二軍打撃コーチに就任した佐々木からマンツーマン指導を受けて猛練習を重ねた[4]。一軍初出場となった9月29日の対日本ハムファイターズ戦では猛打賞を記録している[5]。入団2年目の1985年中西太が打撃コーチに就任すると打撃の才能が開花し[3]、同年は失策が多かったものの打撃でアピールして遊撃手のレギュラーの座を獲得した[6]。シーズン通算で打率.274、16本塁打を挙げて新人王の候補に推されたが、打率.295、14本塁打の熊野輝光に選考で敗れている[7]

1986年にはチーム3位の22本塁打を記録して打線の軸となり[6]、同年のファミスタでは3球団合同チームのレイルウェイズで七番・遊撃手となるなど、世間でも注目度が上がっていた[6]1987年3月18日中日とのオープン戦で帰塁の際に右足首を捻挫[8]、4月中旬からスタメンに復帰した。同年のオールスターゲーム第3戦で2打席連続本塁打を放ち、優秀選手賞を受賞している[9]。シーズン後半は打撃不振で真喜志康永と併用されるようになり、代打を務めることも多かった[10]。同年オフに就任した仰木彬監督は各選手に複数の守備位置を担当する事を要求し[7]、高い遊撃の守備能力を持つ真喜志の存在もあり、失策の多かった[11]村上は秋季キャンプから外野手にコンバートされている。

1988年は主に相手先発が左投手の時に中堅手として起用され[10]新井宏昌鈴木貴久ラルフ・ブライアントら層の厚い外野陣にあって出場試合数は4年ぶりに100試合を切ったが、長打率.513はチームの日本人選手の中でトップの値だった[12]。同年の10.19では第1試合の8回表に同点タイムリーツーベースを放っている。1989年から選手登録も外野手となり[13]、同年はオープン戦でチーム最多の6本塁打を放つと金村義明の故障で三塁手として起用された[11]4月12日ハーマン・リベラが加入するとさらに一塁手に回って好調な打撃を維持していた[14]が、5月16日の対ロッテ戦で本塁突入の際に袴田英利と衝突して左鎖骨骨折してしまい[15]9月まで戦列を離れている。復帰後は金村の回復もあって中堅手へ戻り、同年の日本シリーズでは第6戦まで代打で4打数2安打の成績を残し、スタメンとなった第7戦では5回に香田勲男からソロホームランを放っている[16]。オフに佐々木恭介の仲人[4]アン・ルイスバックバンド「PINX」のコーラスメンバーだった中田ゆうこと結婚、これを機に妻は芸能活動を引退。

リベラの退団もあり、1990年はオープン戦で三塁手としても起用されていた[17]が、レギュラーシーズンでは主に中堅手を務めている。5月26日の対西武戦で岡田展和から死球を受けて鼻骨と右手親指を骨折し[18]5月31日に手術を受けて長期離脱。7月に復帰し、規定打席には到達しなかったものの打率.327、10本塁打の成績を残している。1991年は前年後半に引き続き長打力のある一番打者として期待されていた[19]が、オープン戦終盤で右手のひらを骨折して一軍復帰は5月11日となった[20]

前年まで3年連続でケガが続いていたことから、心機一転のため1992年登録名村上嵩幸に変更し、引退まで使用した。同年は6年ぶりに規定打席に到達して20本塁打を放ち、中堅手のレギュラーの座を奪取している。オフには1,600万円増の年俸5,200万円(推定)で契約を更改している[21]。また、11月15日パ・リーグオールスター東西対抗では金石昭人から3ランホームランを放ってMVPを受賞し、同年で退任した仰木彬監督の最終戦に花を添えた[22]。翌1993年には近鉄の選手会長に就任した[23]が、打撃不振で中根仁との併用が続いた[24]。同年は現状維持で契約を更改している[25]

1994年中根仁が好調だったことなどから出場機会が減り、シーズン成績も打率.208、1本塁打と低迷。この頃から成績は徐々に下降し[23]大村直之の台頭もあって出場も減っていった。1995年にはFAの権利を取得し、故郷の福岡県にあるダイエーセ・リーグへの移籍も考慮したが、佐々木恭介が監督に就任したため残留を決意している[4]1996年4月24日の試合前の練習で左足内転筋を痛め[26]二軍での調整が続いたが、一軍に復帰するとベンチでムードメーカーとしてチームを支えた[27]

1997年頃から引退まで眼鏡を掛けてプレーし、代打や一塁手ないし三塁手の守備固め要員としての出番が中心となっていった。2000年は一軍での出場がなく、10月17日に金銭トレードで右打者が不足していた西武ライオンズへ移籍[28]3月27日の対オリックス戦では移籍後初のスタメンで起用されて3安打2打点を記録し[29]4月25日の対近鉄戦では湯舟敏郎から本塁打を放つなど存在感を発揮した[23]9月17日大阪ドームでの対近鉄戦が最後の出場となり、オフに自由契約となった。10月30日ナゴヤ球場12球団合同トライアウトに参加して強肩などをアピールした[30]が獲得する球団は現れず、同年で現役を引退。

現役引退後[編集]

引退後はスカイ・A(2004年・2005年はABCラジオとの兼任)で野球解説者を務める他、ABCテレビの「おはよう朝日です」にもスポーツキャスターとして出演していた。また少年野球で指導を行っていたほか、神戸市居酒屋を運営していた。2004年2005年日刊スポーツ評論家も務めた。2009年、新設された大阪ゴールドビリケーンズの監督に就任し、同年の関西独立リーグで前後期ともに優勝している。「おはよう朝日です」には引き続き出演し、試合のない日にはJ SPORTS STADIUMの解説にも登場している。2010年6月25日に発表されたチームの選手8人が野球賭博に関わっていた事件が発覚し、翌日から番組出演を自粛した。また事件に関与した選手が退団して選手が減少したため、7月30日内野手として選手登録され現役復帰した。同年オフにチームが解散している。

2011年、新球団「06BULLS(ゼロロクブルズ)」を設立し、監督に就任。チームが関西独立リーグに所属していた2012年・2013年は2年続けて年間総合優勝を達成(いずれもポストシーズンゲームで兵庫ブルーサンダーズに勝利)。BASEBALL FIRST LEAGUEに移った2014年もシーズンは2位だったが、兵庫とのチャンピオンシップには勝利した(この年は、シーズン1位とチャンピオンシップ勝者の両方を優勝チームに認定)。2015年は2位。2016年もシーズン2位ながらこの年から導入されたトーナメントステージで1位となり、シーズン1位の兵庫と年間チャンピオンシップで対戦したが、ポストシーズンゲームで初めて兵庫に敗退を喫した。

プレースタイル[編集]

NPBで3本のサヨナラホームランと2本の満塁ホームランを記録する[3]など、勝負強さと長打力には若い頃から定評があった[23]。限界まで練習を積むことが試合で心の支えになると考え、若い頃は朝から早出特打を行なってチームの練習中にはマシン打撃、夕方と夜間にも練習し、さらに飲酒後に戻ってからも素振りをしていた[6]。この猛練習で手のマメがつぶれた上に皮が固まらない状態が続き、テーピングをしても一度バットを握ると痛くて離せなくなるほどだったという[6]

プロ入り後に取り組んだ遊撃手の守備は細かい動きが多いため、それほど好きではなかったと述べている[11]。一方で投手に声をかけることで自分のペースを作りやすく、内野守備自体は精神的に合っていた[11]50m走6秒0の俊足[13]や、投手も務めた強肩には定評があった。1992年にはシーズン通算15盗塁を記録している。

その他[編集]

鮮魚店の息子という共通点もあり、中村紀洋には兄弟のように接してルーキー時代からよく面倒を見ていた[23]。後に元バレーボール選手の実妹・浩子と中村が結婚したため、村上は義兄となった。村上が近鉄を退団した後は中村が背番号を3から5に変えて受け継いでいる。また妻の実姉は野林大樹1991年に結婚し、2008年に離婚している。

打撃についてはコーチだった中西太から深く影響を受け、中西から聞いた「何苦礎(なにくそ)。日々新たなり」という言葉をスパイクの内側や帽子のツバに書いていた[6]。この言葉については相手に対して奮起する「何くそ」と「基礎を大事にして苦しみながら練習する」という意味があると解釈していたという[6]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1984 近鉄 2 5 5 0 3 0 0 0 3 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .600 .600 .600 1.200
1985 116 453 423 63 116 25 3 16 195 46 8 6 4 0 21 0 5 74 6 .274 .316 .461 .777
1986 126 438 420 50 112 21 2 22 203 57 5 5 2 5 10 0 1 105 5 .267 .282 .483 .765
1987 109 370 342 43 82 16 1 13 139 39 6 2 5 2 18 1 3 80 5 .240 .282 .406 .689
1988 93 264 238 23 59 14 2 15 122 34 1 2 3 1 20 0 2 67 4 .248 .310 .513 .823
1989 50 175 160 24 49 11 3 5 81 25 2 0 0 2 13 0 0 32 5 .306 .354 .506 .861
1990 71 239 211 31 69 13 4 10 120 37 1 2 5 1 20 2 2 31 3 .327 .389 .569 .958
1991 88 229 214 26 56 9 2 13 108 36 2 0 3 1 11 1 0 47 5 .262 .296 .505 .801
1992 116 443 388 63 97 20 3 20 183 59 15 5 8 3 44 0 0 106 4 .250 .324 .472 .796
1993 104 302 264 38 71 16 2 11 124 39 7 5 7 1 29 0 1 88 6 .269 .342 .470 .812
1994 82 145 125 11 26 5 1 1 36 7 6 3 4 1 14 0 1 34 2 .208 .291 .288 .579
1995 105 315 284 25 67 10 5 8 111 32 7 3 5 3 20 0 3 71 4 .236 .290 .391 .681
1996 54 106 95 10 20 2 2 0 26 9 3 1 2 4 5 0 0 23 3 .211 .240 .274 .514
1997 102 142 126 19 34 6 1 4 54 12 3 4 9 0 6 0 1 27 2 .270 .308 .429 .737
1998 79 118 107 14 28 6 1 5 51 18 0 1 4 1 6 0 0 23 5 .262 .298 .477 .775
1999 25 61 54 3 9 1 0 1 13 6 1 1 2 1 4 0 0 14 1 .167 .220 .241 .461
2001 西武 58 105 96 9 18 3 0 3 30 8 0 1 0 0 9 0 0 25 3 .188 .257 .313 .570
通算:17年 1380 3910 3552 452 916 178 32 147 1599 464 68 41 63 26 250 4 19 847 63 .258 .308 .450 .758

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100本塁打:1992年6月13日、対福岡ダイエーホークス9回戦(平和台球場)、4回表に山内孝徳から左中間へ2ラン ※史上171人目
  • 1000試合出場:1995年6月17日、対福岡ダイエーホークス12回戦(福岡ドーム)、7番・中堅手で先発出場 ※史上324人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 46 (1984年 - 1986年)
  • 5 (1987年 - 2000年、2009年 - )
  • 60 (2001年)

登録名[編集]

  • 村上 隆行 (むらかみ たかゆき、1984年 - 1991年、2009年 -)
  • 村上 嵩幸 (むらかみ たかゆき、1992年 - 2001年)

関連情報[編集]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 週刊ベースボール、1989年1月9日号、P.166
  2. ^ a b 週刊ベースボール、1989年1月9日号、P.167
  3. ^ a b c 週刊ベースボール、2001年5月28日号、P.38
  4. ^ a b c d 週刊ベースボール、1996年9月16日号、P.58
  5. ^ 読売新聞、1984年9月30日付朝刊、P.16
  6. ^ a b c d e f g 週刊ベースボール、2001年5月28日号、P.39
  7. ^ a b 週刊ベースボール、2001年5月28日号、P.40
  8. ^ 読売新聞、1987年3月19日付朝刊、P.17
  9. ^ 読売新聞、1987年7月29日付朝刊、P.17
  10. ^ a b 週刊ベースボール、1988年5月16日号、P.27
  11. ^ a b c d 週刊ベースボール、1989年4月17日号、P.12
  12. ^ Number、1989年3月20日号、P.38
  13. ^ a b 週刊ベースボール、1989年3月6日号、P.49
  14. ^ 週刊ベースボール、1989年5月29日号、P.31
  15. ^ 読売新聞、1989年5月17日付朝刊、P.18
  16. ^ NPB公式記録 1989年度日本シリーズ
  17. ^ 週刊ベースボール、1990年3月12日号、P.11
  18. ^ 読売新聞、1990年5月27日付朝刊、P.18
  19. ^ 読売新聞、1991年3月6日付朝刊、P.18
  20. ^ 読売新聞、1991年6月12日付朝刊、P.18
  21. ^ 毎日新聞、
  22. ^ 読売新聞、1992年11月16日付夕刊、P.17
  23. ^ a b c d e 週刊ベースボール、2001年5月28日号、P.41
  24. ^ 1993年12月13日付夕刊、P.3
  25. ^ 朝日新聞、1993年12月14日付朝刊、P.21
  26. ^ 毎日新聞、1996年4月25日付朝刊、P.17
  27. ^ 週刊ベースボール、1996年9月16日号、P.57
  28. ^ 読売新聞、2000年10月18日付朝刊、P.20
  29. ^ 朝日新聞、2001年3月28日付朝刊、P.19
  30. ^ 読売新聞、2001年11月7日付夕刊、P.2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]