栗原陵矢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
栗原 陵矢
福岡ソフトバンクホークス #31
R.KURIHARA.jpg
2019年8月24日、ナゴヤ球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福井県福井市
生年月日 (1996-07-04) 1996年7月4日(23歳)
身長
体重
178 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手外野手
プロ入り 2014年 ドラフト2位
初出場 2017年6月13日
年俸 700万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

栗原 陵矢(くりはら りょうや、1996年7月4日[2] - )は、福井県福井市出身[3]プロ野球選手捕手)。右投左打。福岡ソフトバンクホークス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

福井県福井市で生まれ、森田小学校1年生の時に「森田ファイターズ」で野球を始めた[4]森田中学校では「福井ボーイズ」に入団[4]、当初は主に遊撃手としてプレーしたが、2年生時に捕手になった[5]。3年生時にボーイズリーグの中日本代表に選ばれ、海外遠征を経験している[6]春江工業高校に進むと1年生時の春から正捕手、秋には4番打者になり[5]、秋季福井県大会の決勝では敦賀気比高校に敗れはしたものの[7]本塁打を放ち、北信越大会では打率.651を記録してチームは同大会初優勝。その後明治神宮野球大会に出場しベスト4に入った[5]。2年生時に春の選抜高校野球に出場したが[4][5]、1回戦で常葉菊川に敗れた[8]夏の甲子園・福井大会では決勝で福井商業高校に敗れた[9]。3年生時の春季福井大会では決勝の福井工大福井高校戦でタイムリーヒット、決勝犠牲フライを放ちチームは優勝[10]、北信越大会に出場し準決勝で日本文理高校に敗れた[11]夏の甲子園・福井大会では初戦となった2回戦で[12]啓新高校に延長11回サヨナラ負けを喫し敗退した[13]。高校通算26本塁打[14]。その後、9月にタイで行われた18U野球ワールドカップ日本代表に選ばれ[15]、主将と正捕手を務めた[4][14]

2014年10月23日に行われたプロ野球ドラフト会議福岡ソフトバンクホークスに2巡目で指名され[16]、年俸700万円で契約合意し[4]入団した[17]背番号31

プロ入り後[編集]

2015年は二軍公式戦5試合に出場した[18]。三軍戦においては64試合に出場し、打率.270、2本塁打、23打点の成績を残す[19]

2016年、二軍公式戦では捕手のほか一塁手としても出場した[20]。二軍では前年より多い19試合に出場し、打率.306の成績だった[21]。三軍戦では28試合に出場し、打率.359、2本塁打、16打点の成績を残す[22]

シーズンオフの11月25日から台湾で開催された2016アジアウインターベースボールリーグNPBウエスタン選抜のメンバーに選ばれ[23]、同大会では13試合に出場し、33打数7安打3打点、1本塁打、打率.212の成績だった[24]

2017年、宮崎春季キャンプでは斐紹甲斐張本らとともに若手捕手4名がA組スタートとなり、キャンプからオープン戦にかけて開幕一軍出場選手登録を争ったが果たせなかった[25]。しかし、ウエスタン・リーグでは37試合に出場した時点で.301と打撃が好調で、正確な送球で盗塁を阻止するなど、肩でもアピールしていた。6月11日に高谷裕亮に代わって入団後初めて出場選手登録され[26] 、同月13日に東京ドームで行われたセ・パ交流戦、対読売ジャイアンツ戦において、8回表に代打で起用され一軍公式戦初出場を果たした[27] 。7月13日に草薙球場で行われたフレッシュオールスターゲーム2017において、ウエスタン選抜として出場する[28]。この年一軍公式戦に3試合出場。二軍公式戦においては、70試合に出場し、3本塁打、21打点、打率.271と二軍のレギュラーに定着[29]。8月6日のウエスタン・リーグ、対広島東洋カープ戦では、ウエスタン・リーグ新記録の1イニング3盗塁刺を記録した[30]

2018年、宮崎春季キャンプの練習中に左肩関節前方脱臼の怪我を負う[31]。実戦復帰に時間がかかり、8月に入って一軍に登録される。9月に一軍初安打、10月には初のスタメンマスクを被った[32]

選手としての特徴[編集]

高校時代、二塁送球は1.8秒[4][14]、遠投は100メートル[4]ないし110メートル[14]を記録した。50メートル走のタイムは6秒0で、1試合3盗塁したこともあり、プロでは「走れる捕手」を目指したいとしている[4]

2019年シーズン、外野手の怪我が相次ぎ外野の守備にもついた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 ソフトバンク 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2018 11 9 9 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .111 .111 .111 .222
NPB:2年 14 12 12 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0 .083 .083 .083 .167
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



捕手






















2017 ソフトバンク 3 5 0 0 0 1.000 0 2 2 0 .000
通算 3 5 0 0 0 1.000 0 2 2 0 .000
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 31 (2015年 - )

登場曲[編集]

  • 「Slow&Easy」平井大 (2016年)
  • 「手をたたけ」NICO Touches the Walls (2017年)
  • 「ライオン」ベリーグッドマン (2018年)
  • 「ハイライト」ベリーグッドマン (2018年 - )
  • 「ドリームキャッチャー」ベリーグッドマン (2019年 - )
  • 「TRUST」Bigfumi (2019年 - )

[34]

代表歴[編集]

応援歌[編集]

「溢れる闘志を さあ見せてやれ 鮮烈な打球を 打ち飛ばせ」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ソフトバンク - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2019年1月2日閲覧。
  2. ^ 31 栗原 陵矢選手名鑑2019 |福岡ソフトバンクホークス” (日本語). ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. 2019年7月25日閲覧。
  3. ^ 栗原陵矢捕手が1軍に初昇格 ソフトバンク プロ3年目”. 福井新聞ONLINE (2017年6月13日). 2017年12月4日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h ソフトドラ2栗原 走れる「1番捕手」だ 日刊スポーツ 2014年11月26日 紙面から
  5. ^ a b c d <5>「夏の甲子園とプロ入り」勝負の年 YOMIURI ONLINE 2014年01月06日掲載
  6. ^ 「野球太郎」No.013 廣済堂出版 P129
  7. ^ 2012年 秋季福井県大会 高校野球ドットコム
  8. ^ 2013年 第85回選抜高等学校野球大会 高校野球ドットコム
  9. ^ 第95回全国高校野球:福井大会 福井商、歓喜の夏 春江工「春夏連続」ならず /福井 毎日新聞 2013年7月27日掲載
  10. ^ 高校野球:春季北信越地区県大会 春江工・坂井が初V 九回決勝点、福井工大福井降す /福井 毎日新聞 2014年5月5日
  11. ^ 春江工業・坂井決勝進出ならず 北信越高校野球、日本文理に屈す 福井新聞ONLINE 2014年6月9日掲載
  12. ^ 2014年 第96回福井大会 高校野球ドットコム
  13. ^ 啓新が春江工業・坂井にサヨナラ 延長11回制す、夏の高校野球福井大会 福井新聞ONLINE 2014年7月23日掲載
  14. ^ a b c d 2014年ドラフト スポニチ Sponichi Annex
  15. ^ 日本代表に峯本、香月ら 部内いじめ発覚で済美・安楽は選ばれず スポニチ Sponichi Annex 2014年8月25日掲載
  16. ^ 【ドラフト】1位は松本投手!計13人を指名! 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト
  17. ^ 新人入団会見で松本投手、栗原選手らが活躍誓う 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト
  18. ^ 2015年度 福岡ソフトバンクホークス 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ) NPB.jp 日本野球機構
  19. ^ 2015年 3軍個人成績 打撃成績(ホークス) 2015年9月27日現在”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. 2015年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月23日閲覧。
  20. ^ 2016年度 福岡ソフトバンクホークス 個人守備成績(ウエスタン・リーグ) NPB.jp 日本野球機構
  21. ^ 2016年度 福岡ソフトバンクホークス 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2017年12月23日閲覧。
  22. ^ 2016年 3軍選手成績 非公式戦個人成績 打撃成績(ホークス) 2016年12月1日現在”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. 2017年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月23日閲覧。
  23. ^ 2016アジアウインターベースボールリーグ(AWB) NPBメンバー表 NPB.jp 日本野球機構
  24. ^ 球員個人紀錄 栗原 陵矢 31 亞洲冬季棒球聯盟全球資訊網
  25. ^ ソフトバンク田中らA組/春キャンプ振り分け一覧”. 日刊スポーツ (2017年1月30日). 2017年3月30日閲覧。
  26. ^ ソフトバンク高谷が選手登録抹消、右手中指骨折”. 日刊スポーツ (2017年6月11日). 2017年8月5日閲覧。
  27. ^ ソフトバンク栗原1軍デビュー「ただただ緊張した」”. 日刊スポーツ (2017年6月13日). 2017年8月5日閲覧。
  28. ^ プロ野球フレッシュオールスターゲーム2017 出場者一覧”. NPB.jp 日本野球機構 (2017年7月11日). 2017年12月4日閲覧。
  29. ^ 2017年度 福岡ソフトバンクホークス 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2017年12月4日閲覧。
  30. ^ 栗原陵矢強肩、1回で3度盗塁刺す ソフトバンク―広島戦”. 福井新聞ONLINE (2017年8月7日). 2017年12月4日閲覧。
  31. ^ ホークス栗原は左肩関節前方脱臼、21日からリハビリ組 高谷に続き捕手離脱”. Full-Count (2018年2月20日). 2019年7月24日閲覧。
  32. ^ ソフトバンク・栗原 20万円アップの700万円でサイン「来年は開幕1軍」”. スポーツニッポン (2018年12月4日). 2019年7月24日閲覧。
  33. ^ ソフトバンク5年目23歳・栗原プロ1号 スタンドイン後も全力疾走” (日本語). 西日本スポーツ. 2019年7月25日閲覧。
  34. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2019年6月9日閲覧。
  35. ^ 全世代侍ジャパン選手リスト 栗原 陵矢”. 野球日本代表侍ジャパンオフィシャルホームページ. 2017年4月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]