デニス・サファテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デニス・サファテ
Dennis Sarfate
HAWKS58-Dennis Scott Sarfate.jpg
2016年5月25日 福岡 ヤフオク!ドーム
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区
生年月日 (1981-04-09) 1981年4月9日(40歳)
身長
体重
193 cm
102 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2001年 MLBドラフト9巡目
初出場 MLB / 2006年9月3日
NPB / 2011年4月14日
最終出場 NPB / 2018年4月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

デニス・スコット・サファテDennis Scott Sarfate, 1981年4月9日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

日本プロ野球における43イニング連続奪三振記録、シーズン最多セーブ記録保持者(2017年に54セーブ達成)。2014年には、史上初となるセリーグパリーグ両方での30セーブを達成した。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1999年MLBドラフト15巡目(全体465位)でテキサス・レンジャーズから指名されたが契約せず、アリゾナ州立大学へ進学した。

ブルワーズ時代[編集]

チャンドラー・ギルバート・コミュニティ・カレッジ英語版在学時の2001年MLBドラフトミルウォーキー・ブルワーズから9巡目(全体268位)指名を受け、6月18日に契約を結んだ。

2006年9月3日のフロリダ・マーリンズ戦でメジャーデビュー。背番号45

アストロズ時代[編集]

2007年9月11日には金銭トレードで、ヒューストン・アストロズに移籍し、背番号は59となる。同月26日のシンシナティ・レッズ戦でメジャーでの自己最速の99mph(159km/h)を記録し、メジャー初勝利も挙げた。

オリオールズ時代[編集]

オリオールズ時代(2009年4月22日)

2007年12月12日にミゲル・テハダの交換要員の1人として、マット・アルバースマイク・コスタンゾ英語版トロイ・パットンルーク・スコットと共にボルチモア・オリオールズへ移籍した。

2008年、背番号をブルワーズ時代の45に戻す。4月に自宅で妻が閉めようとしたドアの角に右肩をぶつけた際に鎖骨を骨折するも[1]、それを隠しながら(本人曰く「球団には報告していたがマスコミに公表しなかっただけ」とのこと[1])登板を続け[2]、手術を受けた9月までに4先発を含む57試合に登板した。

2009年は5月に発症した右手の血行障害の影響もあり[3]、メジャーでの登板は20試合、マイナーでの登板も14試合に留まった。

2010年はメジャーでの登板は無かったがAAA級ノーフォーク・タイズで47試合に投げ2勝2敗20セーブ、防御率2.73という成績を残した。オフの11月6日にFAとなった。

広島時代[編集]

2010年オフに広島東洋カープと契約。背番号は58となった。

2011年は抑えとして起用された。オールスター明けまでにリーグトップの22セーブを記録する活躍を見せ、7月30日の中日ドラゴンズ戦では外国人投手球団最多記録更新となる25セーブ目を挙げた[4]。しかし、9月9日の中日戦で腹部に痛みを感じ、1回1失点でマウンドを降りて敗戦投手となり、その後鼠径ヘルニアと診断、そして登録抹消され、そのままシーズンを終えた[5]。最終的には57試合に登板し1勝3敗35セーブ、防御率1.34、WHIP0.92という好成績を挙げた。

2012年は序盤は抑えとして起用されたが、その後この年に入団したキャム・ミコライオと入れ替わりでセットアッパーへ配置転換となった。オフに保留選手名簿から外れ、自由契約公示された。

西武時代[編集]

2012年12月14日に埼玉西武ライオンズと契約を結んだ[6]。背番号は26

2013年にはシーズン序盤こそセットアッパーを任されていたが、シーズン中盤には不振の大石達也に代わってクローザーに回った。シーズン終盤には先発要員だった涌井秀章がクローザーに転向したことから、セットアッパーに復帰。シーズン通算では来日後最多の9勝を記録した。しかし、シーズン終了後に残留の意思を示さなかったこと[7]などから、12月2日に自由契約を公示された。

ソフトバンク時代[編集]

2013年12月17日に福岡ソフトバンクホークスと契約を結んだ[8]。背番号は広島時代と同じ58

2014年5月20日の広島戦(福岡ヤフオク!ドーム)でNPB史上3人目の全12球団からのセーブを達成した[9]。8月12日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦ではNPB史上初の両リーグ30セーブを達成[10]。64試合に登板し37セーブ、奪三振率12.64を記録しリーグ優勝に貢献した。日本シリーズでは4試合に登板し1勝2セーブで優秀選手賞を受賞し日本一にも貢献した。

2015年も開幕からセーブを挙げ続け、8月9日にパ・リーグ新記録となる29イニング連続三振を記録した。最終的には前年に平野佳寿が樹立した40セーブのパ・リーグの記録を更新する41セーブを挙げて自身初の最多セーブとなった。

2016年は同点の場面で登板すると打たれるというパターンが目立ち、同点時の登板だけで自己ワーストの7敗を喫した[11]。それでも僅差リードの場面での安定感は抜群で、自らが作ったパ・リーグ記録を2つ更新する43セーブを挙げて2年連続の最多セーブを獲得した。

2017年4月2日の千葉ロッテマリーンズ戦(福岡ヤフオク!ドーム)でNPB通算178個目のセーブを挙げ、マーク・クルーンの通算177セーブを抜き、外国人投手の最多セーブ記録を更新。7月5日のオリックス・バファローズ戦で外国人投手史上初の通算200セーブを達成。9月2日の楽天戦で日本プロ野球タイ記録のシーズン46セーブ[12]、9月5日の対オリックス・バファローズ戦で日本プロ野球新記録のシーズン47セーブを記録し[13]呉昇桓のアジア記録に並んだ。9月10日のロッテ戦で50セーブ[14]、最終的には54セーブまで伸ばし、セーブ失敗もわずかに1回のみであった(8月5日の西武戦、4点リードの無死満塁で登板し4失点[15])。

日本シリーズでは第2・3戦でセーブを挙げ、第6戦では9回から3イニングを投げ、11回裏のサヨナラを呼び込み日本一に貢献。リリーフ登板のみとしては1982年東尾修以来35年ぶり、外国籍投手としては1964年ジョー・スタンカ以来53年ぶりとなる日本シリーズMVPを受賞した。また、外国出身の選手として初となる正力松太郎賞に選出された[16]。さらに、レギュラーシーズンの最優秀選手賞も獲得、外国籍選手としてはウラディミール・バレンティン以来4年ぶり17人目(18度目)、パシフィック・リーグの外国籍選手としては、アレックス・カブレラ以来15年ぶり8人目、外国籍投手としては郭泰源以来26年ぶり4人目、救援投手としては浅尾拓也以来6年ぶり5人目(6度目)、ホークスの外国籍選手としてはスタンカ以来53年ぶり2人目の受賞となった。またシーズンと日本シリーズのMVPダブル受賞は、松井秀喜以来17年ぶり15人目、ホークスでは杉浦忠、スタンカに次ぐ3人目の栄誉となった[17]。シーズン・シリーズMVPと正力賞の3つを同年に受賞したのは石井丈裕、松井に次いで史上3人目。最優秀選手の発表はNPB AWARDSで行われたことから、式の出席のためだけに来日した[18]

登録抹消後[編集]

2018年、開幕直後に股関節の張りを訴え4月18日に出場選手登録を抹消され、検査のためにアメリカに帰国[19]。同月中にコロラド州の病院で右股関節鏡視下関節唇修復術を受けた[20]。同年中に戦列に復帰することはできず、6試合1勝5セーブで終わった。

2019年はオープン戦で離脱以来の実戦登板に望むも、直球が140km/h台に落ち込むなどリハビリ明けということもあり物足りない結果に終わったために開幕一軍入りとはならなかった。実戦登板の目処が立たず、6月3日に股関節手術の経過観察のために帰国した[21]。これにより、この年の一軍登板は無かった。

2020年、前年の股関節の故障が悪化し8月6日に治療のため米国に帰国した[22]。10月19日、14日に「右股関節・変形性股関節症の人工股関節置換術」を受けたことが発表された[23]。上記の怪我のために2年連続で登板は無く、シーズンを終えた。

2021年、3年契約の最終年となったが、前年の股関節手術のリハビリのため、登板はおろか、米国に滞在したまま来日もしなかった[24]

引退[編集]

2021年11月30日、現役引退が発表された[24]

投球スタイル[編集]

サファテの投球フォーム

長身と真上から振り下ろすオーバースローから投球割合の8割近くを占める平均球速94mph(約151km/h)、最速100mph(約161km/h。メジャーでの最速は99mph、日本での最速は159km/h[25])の速球が最大の武器で、縦に落ちるスライダーカーブチェンジアップも投げ分ける[26][27]。MLB時代は制球に難があり、奪三振が多い一方で四球が失点に絡むパターンが多く、2008年は被打率.218と良好な水準であったのに対し、防御率は水準以下となった[27]

広島移籍後は制球が向上し、2011年には与四球率2.37を記録、また同年途中からはフォークボールも覚えた[28]

人物[編集]

信仰[編集]

アストロズ時代の2007年に「ジーザス(イエス・キリスト)の存在に興味を持った」ことから、以後敬虔なクリスチャンとなる。本人曰く「以来、俺の人生が劇的に変わったと言ってもいい」とのことで、スポーツ紙のインタビューにも「ただひたすらジーザス・クライストのために投げている」「日本人にもジーザスの言葉を伝えていきたい」と語っている[1]

福岡ソフトバンクホークスに在籍していたジェイソン・スタンリッジと共に、「の言葉を伝える」活動を行っている。

自身の公式Twitterの自己紹介でも「キリスト信奉者!日本野球選手!(Christ Follower! baseball player in Japan!)」と、クリスチャンであることを強調している[29]

人工妊娠中絶へ反対[編集]

人工妊娠中絶に反対しており(プロライフ)、中絶への批判を繰り返し行っている[30][31]

人工妊娠中絶へ反対する政治団体『Red State Reform』および『Action For Life』への支持を表明している[32]。『Action For Life』の団体においては2020年から代表を務め、集会で演説を行った[33]

政治的見解[編集]

ドナルド・トランプを批判した人物への攻撃[編集]

2019年7月9日に、女子サッカー米国代表としてFIFAワールドカップを優勝したミーガン・ラピノー米国大統領であったドナルド・トランプを批判したことに対し、サファテは「そんなにアメリカが嫌いなら、出てけ!誰も止めやしない」とTwitter上で攻撃した[34][35][36]

読売ジャイアンツ投手であるスコット・マシソンも、英語で「賛成だね。よそに行って、どうなってるか見てみれば」と賛同を述べた(後に削除)[35][36]

なお、ラピノーは自身がレズビアンであると公表しており、トランプが性的少数者の権利に否定的であることをラピノーはたびたび批判して「あなたのメッセージは多くの人を排除している」などと述べていた[35]

このサファテの発言には批判や議論が広がり[35][36]、サファテは3日後に釈明として「意図せず、私のツイートが差別的だと感じられたのであれば謝罪します。」「本当に米国も、国歌国旗も嫌いなのであれば、米国以外にもプレーする場所はたくさんあるし、誰もそれを禁止しないよと伝えたかった。」「表現が攻撃的で不快に感じられたのであれば申し訳ありません。」などと日本語で述べた[37][38]

2022年1月現在、当該ツイートの削除は行われていない[34]

ジョー・バイデンへの批判[編集]

一方でサファテは、後任の米国大統領であるジョー・バイデンに対して頻繁に否定的な発言を行っている。

2021年8月17日、バイデンがアフガニスタンでのタリバンとの紛争アフガニスタン紛争)から米軍を撤退させたことに対し、サファテは「バイデン入居者(Resident Biden)は臆病な馬鹿だ。辞任するときだ。」と批判した[39]。なお、撤退は前任大統領のトランプがすでに決定した通りであった[40]

さらに同月19日には、バイデンがCOVID-19の感染拡大対策としてマスクの着用を義務付けようとしていることに対し、サファテは反発して「この愚か者はいまだにマスクが役に立つと考えている。マスクは役に立たない。だからこの風邪(the flu)にはマスクをしないし、するべきではない。」と述べた[41]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2006 MIL 8 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 38 8.1 9 0 4 1 0 11 2 0 4 4 4.32 1.56
2007 HOU 7 0 0 0 0 1 0 0 3 1.000 31 8.1 5 0 1 0 0 14 0 0 1 1 1.08 0.72
2008 BAL 57 4 0 0 0 4 3 0 4 .571 359 79.2 62 8 62 2 7 86 6 1 47 42 4.74 1.56
2009 20 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 101 23.0 21 3 14 0 1 20 0 0 15 13 5.09 1.52
2011 広島 57 0 0 0 0 1 3 35 1 .250 232 60.2 40 2 16 3 0 82 0 0 10 9 1.34 0.92
2012 47 0 0 0 0 2 5 9 4 .286 221 49.2 43 1 24 0 6 44 3 0 24 16 2.90 1.35
2013 西武 58 0 0 0 0 9 1 10 16 .900 229 57.2 29 4 24 1 4 66 1 0 13 12 1.87 0.92
2014 ソフトバンク 64 0 0 0 0 7 1 37 7 .875 272 68.1 50 0 22 2 1 96 1 1 10 8 1.05 1.05
2015 65 0 0 0 0 5 1 41 9 .833 235 64.2 27 4 14 0 1 102 2 0 8 8 1.11 0.63
2016 64 0 0 0 0 0 7 43 8 .000 237 62.1 40 4 11 1 0 73 1 0 15 13 1.88 0.82
2017 66 0 0 0 0 2 2 54 3 .500 238 66.0 34 3 10 0 1 102 0 0 9 8 1.09 0.67
2018 6 0 0 0 0 1 0 5 0 1.00 25 6.0 4 0 3 0 0 9 0 0 2 2 3.00 1.17
MLB:4年 92 4 0 0 0 5 4 0 8 .556 529 119.1 97 11 81 3 8 131 8 1 67 60 4.53 1.49
NPB:8年 427 0 0 0 0 27 20 234 48 .574 1689 435.1 267 18 124 7 13 574 8 1 91 76 1.55 0.89
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はNPBにおける歴代最高

タイトル[編集]

NPB

表彰[編集]

NPB
  • 最優秀選手:1回(2017年)
  • パ・リーグ連盟特別表彰:2回(特別賞:2015年、2016年)
    • ※2015年はパ・リーグ新記録の41セーブと43イニング連続奪三振達成、2016年はパ・リーグ新記録のシーズン43セーブ達成
  • コミッショナー特別表彰:1回(特別賞:2017年)※シーズン54セーブのプロ野球新記録
  • 正力松太郎賞:1回(2017年) ※選手として表彰、外国人選手では初受賞
  • 月間MVP:2回(投手部門:2016年5月、2017年8月)
  • JA全農Go・Go賞(救援賞:2011年7月)
  • 日本シリーズMVP:1回(2017年)
  • 日本シリーズ優秀選手賞:1回(2014年)

記録[編集]

MLB[編集]

初記録

NPB[編集]

初記録
投手記録
打撃記録
  • 初打席:2012年8月25日、対阪神タイガース18回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、6回裏に鄭凱文から三振
節目の記録
その他の記録
  • 全球団からセーブ:2014年5月20日、対広島東洋カープ1回戦(福岡 ヤフオク!ドーム)、9回表に3番手で救援登板・完了、1回無失点 ※史上3人目(外国人枠選手では2人目)
    • この他、広島を除く11球団から救援勝利を挙げた。救援勝利のみで全球団勝利に王手をかけたのは史上初
  • 両リーグ30セーブ ※史上初
  • 4年連続5回の35セーブ以上 ※いずれも岩瀬仁紀(7年連続8回)に次ぐ歴代2位
    • 37セーブ以上に限定すれば4年連続は歴代最長
  • 3年連続40セーブ(2015 - 2017年)※岩瀬と並ぶNPB最長タイ、3度は岩瀬(5度)に次ぐ歴代2位
    • この3シーズンで、パ・リーグのセーブ記録を3位まで独占。他にパ・リーグで40セーブは平野佳寿(2014年)のみ(2021年現在)
  • シーズン54セーブ(2017年)※アジア野球記録、NPB記録
  • 通算234セーブ ※外国人記録、歴代5位(2021年現在)
  • 通算335交代完了 ※外国人記録、歴代10位(2021年現在)
  • オールスターゲーム出場:3回(2011年、2014年、2016年)

背番号[編集]

  • 45(2006年、2008年 - 2009年)
  • 59(2007年)
  • 58(2011年 - 2012年、2014年 - 2021年)
  • 26(2013年)

登場曲[編集]

[43]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 東京中日スポーツ・2011年8月30日付 4面
  2. ^ Orioles RP Dennis Sarfate will have surgery on his clavicle” (英語). fantasysp.com. 2011年2月28日閲覧。
  3. ^ Sarfate's focus on long-term health” (英語). mlb.com. 2011年2月28日閲覧。
  4. ^ “サファテ25セーブ目、外国人選手の球団最多記録を更新”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2011年7月31日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/07/31/kiji/K20110731001319310.html 2013年4月30日閲覧。 
  5. ^ 広島守護神消える…サファテ帰国手術 - 日刊スポーツ 2011年9月29日
  6. ^ 来季の外国人選手契約について”. 埼玉西武ライオンズオフィシャルサイト (2012年12月14日). 2012年12月15日閲覧。
  7. ^ 【西武】ヘルマン、サファテ退団へ”. 日刊スポーツ (2013年11月27日). 2013年12月17日閲覧。
  8. ^ 【ソフトバンク】スタンリッジ、サファテ獲得を発表”. 日刊スポーツ (2013年12月17日). 2013年12月17日閲覧。
  9. ^ サファテ 12球団セーブ達成「なんで僕は花をもらえないの」 スポニチ Sponichi Annex 2014年5月20日配信
  10. ^ ソフトB スタン4年ぶり10勝&サファテ史上初両リーグ30S スポニチ Sponichi Annex 2014年8月13日配信
  11. ^ “43Sも同点弱いサファテ不安/ソフトバンク回顧録”. 日刊スポーツ. (2016年12月27日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1755282.html 2017年1月24日閲覧。 
  12. ^ サファテが今季46セーブ目!岩瀬、球児に並ぶプロ野球タイ記録「光栄です」”. スポニチ Sponichi Annex (2017年9月2日). 2017年9月3日閲覧。
  13. ^ ソフトバンク・サファテ単独1位!日本新47セーブ”. スポニチ Sponichi Annex (2017年9月5日). 2017年9月5日閲覧。
  14. ^ “サファテ 史上初50セーブ!今季61試合目で」”. スポニチ Sponichi Annex (スポニチ Sponichi Annex]). (2017年9月10日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/09/10/kiji/20170910s00001173318000c.html 2017年9月23日閲覧。 
  15. ^ ソフトバンク・サファテ追いつかれるも延長勝ち”. 日刊スポーツ (2017年8月6日). 2018年2月4日閲覧。
  16. ^ “ソフトバンク・サファテ正力松太郎賞 外国人選手初”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年11月9日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201711090000099.html 2017年11月9日閲覧。 
  17. ^ サファテMVP 外国人投手ではスタンカ以来球団53年ぶり”. スポニチ Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2017年11月21日). 2017年11月21日閲覧。
  18. ^ 妻に感謝!MVPの鷹・サファテ、往復30時間の強行来日で表彰式出席”. サンケイスポーツ (2017年11月21日). 2021年10月24日閲覧。
  19. ^ ソフトバンク・サファテ帰国「投げていくの難しい」 日刊スポーツ 2018年4月18日
  20. ^ ソフトBサファテ 手術無事終了 今季中の復帰は微妙 スポニチ 2018年4月28日
  21. ^ “サファテ一時帰国 登板メド立たず股関節の経過観察”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年6月3日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201906030000762.html 2020年12月23日閲覧。 
  22. ^ “ソフトバンク・サファテが一時帰国、右股関節悪化で”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年8月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202008060000423.html 2020年12月23日閲覧。 
  23. ^ “ソフトバンク・サファテ人工股関節置換術が無事終了”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年7月31日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202010190000241.html 2020年12月23日閲覧。 
  24. ^ a b サファテ引退セレモニー、三笠GM「日本一に何度も貢献、何かできる形で」”. 日刊スポーツ (2021年12月1日). 2021年12月6日閲覧。
  25. ^ “五十嵐が踏ん張れず…ソフトバンクはサヨナラ負け”. SANSPO.COM. (2014年9月20日). オリジナルの2014年9月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140924033227/http://www.sanspo.com/baseball/news/20140920/haw14092021080002-n1.html 2021年10月24日閲覧。 
  26. ^ Dennis Sarfate PitchFxFanGraphs
  27. ^ a b 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』廣済堂出版、2009年、106頁。ISBN 978-4-331-51370-5
  28. ^ 『週刊ベースボール』2011年55号、ベースボール・マガジン社、雑誌20441-11/28、46頁。
  29. ^ Dennis Sarfate. “Dennis Sarfate@dsarfate”. Twitter. 2021年9月16日閲覧。
  30. ^ Dennis Sarfate (2016年4月9日). “Dennis Sarfate@dsarfate : Watching my pastor call it what it is... Abortion is murder! Protect the unborn.”. Twitter. 2021年9月16日閲覧。
  31. ^ Dennis Sarfate (2020年9月4日). “Dennis Sarfate@dsarfate : The fact that we have statues of when you can have an abortion shows you the depravity of man. Let’s end abortion together.”. Twitter. 2021年9月16日閲覧。
  32. ^ Dennis Sarfate. “Dennis Sarfate@dsarfate”. Twitter. 2021年9月16日閲覧。
  33. ^ About AFL”. Action For Life. Action For Life. 2021年9月16日閲覧。
  34. ^ a b Dennis Sarfate (2019年7月9日). “Dennis Sarfate@dsarfate : Hey @mPinoe if you hate America so much, leave! No one will stop you.”. Twitter. 2022年1月13日閲覧。
  35. ^ a b c d 安藤健二 (2019年7月12日). “「そんなにアメリカが嫌いなら、出てけ!」プロ野球・ソフトバンクのサファテ選手が暴言 何があった?”. ハフィントン・ポスト. https://www.huffingtonpost.jp/entry/sarfate_jp_5d28542be4b0bd7d1e1a72e4 2021年9月16日閲覧。 
  36. ^ a b c “サファテ「米国が憎いなら去れ」 マシソン「同感」 米ラピノー発言に反発”. 毎日新聞. (2019年7月12日). https://mainichi.jp/articles/20190712/k00/00m/050/301000c 2022年1月13日閲覧。 
  37. ^ Dennis Sarfate (2019年7月12日). “Dennis Sarfate@dsarfate : 意図せず、私のツイートが差別的だと感じられたのであれば謝罪します。私は、大好きな日本で、母国に誇りを持って働いており、そのどちらの国の悪口を言ったことはありません。代表チームの主将は、なおさらその国に敬意を持ってほしいと感じています。本当に米国も、国歌も国旗も嫌いなのであれば”. Twitter. 2022年1月13日閲覧。
  38. ^ Dennis Sarfate (2019年7月12日). “Dennis Sarfate@dsarfate : 米国以外にもプレーする場所はたくさんあるし、誰もそれを禁止しないよと伝えたかった。表現が攻撃的で不快に感じられたのであれば申し訳ありません。私は常に、ファンを愛し、誰に対しても敬意と誠実さを忘れずにいたいと思っています。”. Twitter. 2022年1月13日閲覧。
  39. ^ Dennis Sarfate (2021年8月17日). “Dennis Sarfate@dsarfate : Resident Biden is a cowardice fool. Time for him to resign.”. Twitter. 2021年9月16日閲覧。
  40. ^ “アフガニスタンから完全撤退 アメリカは今後どうする?【解説】”. 日本放送協会. (2021年9月1日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210901/k10013236751000.html 2021年9月16日閲覧。 
  41. ^ Dennis Sarfate (2021年8月19日). “Dennis Sarfate@dsarfate : This idiot still thinks masks work. Masks don’t work Joe. That’s why we don’t wear them for the flu and shouldn’t wear them now.”. Twitter. 2021年9月16日閲覧。
  42. ^ “サファテ 史上6人目、外国人選手としては初の200セーブ達成!”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2017年7月5日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/07/05/kiji/20170705s00001173250000c.html 2017年7月5日閲覧。 
  43. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2019年4月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]