アダム・ウォーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アダム・ウォーカー
Adam Walker
読売ジャイアンツ #44
Adam Brett Walker II YOMIURI GIANTS 2022.jpg
2022年5月5日、マツダスタジアムにて
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ウィスコンシン州ミルウォーキー
生年月日 (1991-10-18) 1991年10月18日(30歳)
身長
体重
196 cm
104 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2012年 MLBドラフト3巡目
初出場 NPB / 2022年3月26日
年俸 3400万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アダム・ブレット・ウォーカー2世Adam Brett Walker II, 1991年10月18日 - )は、 アメリカ合衆国ウィスコンシン州ミルウォーキー出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。

経歴[編集]

プロ入りとツインズ傘下時代[編集]

2012年MLBドラフト3巡目(全体97位)でミネソタ・ツインズから指名されプロ入り[2]

2013年はA級シーダーラピッズ・カーネルズで27本塁打、2014年はA+級フォートマイヤーズ・ミラクルで25本塁打を記録した[2]

2015年はAA級チャタヌーガ・ルックアウツで31本塁打と、長距離打者として更に結果を残し、11月20日にルール・ファイブ・ドラフトでの流出を防ぐために40人枠入りした[2]

2016年はAAA級ロチェスター・レッドウイングスで132試合に出場し、打率.243、27本塁打、75打点を記録した[2]

ブレーブス傘下時代[編集]

2016年オフの11月18日にウェイバー公示を経てミルウォーキー・ブルワーズへ移籍したが、28日にDFAとなり、12月2日にウェイバー公示を経てボルチモア・オリオールズへ移籍したが、2017年1月20日に再びDFAとなり、26日にウェイバー公示を経てアトランタ・ブレーブスへ移籍した[2]

2017年5月9日に自由契約となった[2]

オリオールズ傘下時代[編集]

2017年6月10日にオリオールズとマイナー契約を結んだが、7月23日に自由契約となった[2]

レッズ傘下時代[編集]

2017年8月4日にシンシナティ・レッズとマイナー契約を結んだ[2]。オフの11月6日にFAとなった[2]。2017年はマイナー5球団(AA級、AAA級)合計で79試合に出場して、打率.190、15本塁打、46打点という成績だった[2]

独立リーグ時代[編集]

2018年アメリカン・アソシエーションカンザスシティ・ティーボーンズで開幕を迎え、3試合に出場した[3]

ナショナルズ傘下時代[編集]

2018年5月23日にワシントン・ナショナルズとマイナー契約を結んだ[2]。傘下AA級ハリスバーグ・セネターズで41試合に出場して、打率.200、4本塁打、17打点という成績だった[2]。オフの11月2日にFAとなった[2]

独立リーグ時代[編集]

2019年にアメリカン・アソシエーションのミルウォーキー・ミルクメンと契約した。この年は98試合に出場して22本塁打を放った。

2020年新型コロナウイルスの影響で短縮シーズンとなったが、57試合で22本塁打を放って本塁打王を獲得し[4]、シーズンMVPを受賞した[5]

2021年は100試合に出場して、打率.320、リーグ新記録となる33本塁打、101打点、24盗塁の成績を残し、2年連続で本塁打王とシーズンMVPを獲得した[6][7]。またMLBと業務提携を結ぶMLBパートナーリーグ英語版として活動する4つの独立リーグ全体のMVPにも選出された[8]

巨人時代[編集]

2021年12月15日に読売ジャイアンツと契約した[9][10]。登録名はアダム・ウォーカー、背番号は44で、推定年俸は30万ドル(約3400万円)[1]

選手としての特徴・人物[編集]

2013年から2016年まで4年連続で25本塁打以上を記録するなど、2018年までのマイナー通算で143本塁打を放ち[2]、独立リーグでも本塁打王に輝いている長距離砲。一方、三振率が非常に高く、2016年には2.37打数に1回(42.3%)となる202三振を喫するなど[2]、2016年から2018年までの3年連続で35.0%を超えている[11]

父のアダム・ウォーカー英語版は1987年にNFLミネソタ・バイキングスに所属した元プロアメリカンフットボール選手(RB)であり[12]、いとこにデトロイト・タイガースなどで活躍しMLB通算1386安打を放った元プロ野球選手のダミオン・イーズリーがいる[13]

詳細情報[編集]

NPB記録[編集]

タイトル[編集]

独立リーグ(アメリカン・アソシエーション)
  • 本塁打王:2回(2020年、2021年)

表彰[編集]

独立リーグ(アメリカン・アソシエーション)
  • シーズンMVP:2回(2020年、2021年)

背番号[編集]

  • 44(2022年 - )

登場曲[編集]

  • 「NARUTO OST Main Theme(Trap Remix)」Drop the Bassline(2022年 - )
  • 「departure!」小野正利(2022年 - )

⚫︎「Gurenge(Demon Slayer)(Remix)」LiSA(2022年6月-)

脚注[編集]

  1. ^ a b 【巨人】新外国人ウォーカーは年俸3400万円 背番号「44」”. スポーツ報知 (2021年12月15日). 2022年4月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o MLB公式プロフィール参照。2022年4月24日閲覧。
  3. ^ 2018 Kansas City T-Bones Statistics”. Baseball-Reference.com. 2022年4月30日閲覧。
  4. ^ 2020 American Association Batting Leaders”. Baseball-Reference.com. 2021年12月30日閲覧。
  5. ^ ADAM BRETT WALKER II NAMED AMERICAN ASSOCIATION PLAYER OF THE YEAR”. www.milwaukeemilkmen.com. 2021年12月15日閲覧。
  6. ^ 2021 American Association Batting Leaders”. Baseball-Reference.com. 2021年12月30日閲覧。
  7. ^ 巨人が米独立リーグ2年連続MVPの右の大砲、アダム・ウォーカー外野手を獲得” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2021年12月15日). 2021年12月15日閲覧。
  8. ^ J.J. Cooper (2021年11月29日). “Adam Brett Walker Named 2021 MLB Partner Leagues Player Of The Year”. Baseball America. 2021年12月30日閲覧。
  9. ^ 巨人が米独立Lで2年連続MVPウォーカーと契約合意 右打ちの大型外野手” (日本語). 日刊スポーツ (2021年12月14日). 2021年12月15日閲覧。
  10. ^ 読売巨人軍 (2021年12月15日). “新外国人選手との契約合意について” (日本語). 読売巨人軍公式サイト. 2021年12月15日閲覧。
  11. ^ 宇根夏樹 (2021年12月15日). “読売に入団したウォーカーはNPBでも打てるのか。2021年は独立リーグで打率.320と33本塁打”. Yahoo!ニュース個人. 2021年12月30日閲覧。
  12. ^ Adam Walker Stats”. Pro-Football-Reference.com. 2021年12月30日閲覧。
  13. ^ 【巨人】新助っ人・ウォーカー、父は元NFL選手、いとこは大リーガー「日本でプレーすることは夢でした」”. スポーツ報知 (2021年12月16日). 2021年12月30日閲覧。
  14. ^ 【巨人】新外国人ウォーカー初打席初安打初打点デビュー 代打で登場しフェンス直撃の適時二塁打”. 日刊スポーツ (2022年3月26日). 2022年4月17日閲覧。
  15. ^ 【巨人】新外国人ウォーカー特大の来日初アーチ、丸らとともに「丸ポーズ」を披露して喜ぶ”. 日刊スポーツ (2022年4月17日). 2022年4月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]