與座海人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この人物の表記には、主に以下のような表記揺れがあります。
  • 与座海人
與座 海人
埼玉西武ライオンズ #44
2022年8月6日與座海人投手.jpg
2022年8月6日 ベルーナドーム
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県浦添市
生年月日 (1995-09-15) 1995年9月15日(27歳)
身長
体重
173 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2017年 ドラフト5位
初出場 2020年6月21日
年俸 3300万円(2023年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

與座 海人(よざ かいと、1995年9月15日 - )は、沖縄県浦添市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。

「與」が旧字体であるため、報道などでは苗字が「与座」と表記されることもある[2]

実兄の與座健人も野球選手(投手)で、現在は社会人野球パナソニックでプレーしている[3]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

浦添市立前田小学校の1年時から「前田ホークス」で野球を始めると、浦添市立浦添中学校では軟式野球[4]エースとして活躍。中学時代の同級生に又吉亮文がいる[5]

沖縄尚学高等学校への進学当初はオーバースローで投げていたが、3番手以下の扱いで、投手出身の監督の比嘉公也の勧めで2年時の夏からサイドスローに転向[6]。2年時の秋からベンチ入りを果たすと、3年時には春夏連続で甲子園大会へ出場した。しかし、春の選抜大会では1回戦、夏の選手権全国大会では2回戦で敗退した。

高校卒業後に進学した岐阜経済大学の硬式野球部ではフォームをアンダースローに変更。リーグ戦には1年時の春季から登板すると、2年時の秋季に最高殊勲選手と最優秀投手を受賞。主将を務めた4年時の春季リーグ戦ではベストナインを受賞し、チームの優勝に貢献した。さらに、チームは東海地区の全日本大学野球選手権大会代表決定戦も制し、史上初めて同大会に出場。1回戦では石巻専修大学打線を相手に被安打1の完封勝利を収めた。この試合を境に、NPB9球団のスカウトから注目されるようになった。最終的に、東海地区大学野球の岐阜県リーグ戦で通算26勝を挙げた[7]

大学4年だった2017年の秋に、プロ志望届日本学生野球協会へ提出。10月26日に開かれたドラフト会議で、埼玉西武ライオンズから5位指名を受けた[8]。当日は、岐阜経済大学硬式野球部の出身者から初めてドラフト会議での指名が予想されたことから、『ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう』(TBSテレビ制作の全国ネット番組)の密着取材も受け、同番組では密着取材や指名の模様が放送され、與座本人や家族が生放送のパートに出演した。

なお、ドラフト会議の直前までは、東海地区大学野球の秋季岐阜県リーグ戦に登板。リーグ戦の終了後から右肘に軽度の炎症が生じていた[9]ものの、ドラフト会議で西武から指名された(育成契約での指名選手を含む)8選手では最後に[10]、契約金3000万円、年俸700万円(金額は推定)という条件で支配下登録選手として入団した。岐阜経済大学の硬式野球部出身者から初めてNPB加盟チームへの入団を果たした。背番号は31

西武時代[編集]

2018年は前述の右肘の炎症が続いていたため、春季キャンプ前の新人合同自主トレーニング期間中までノースローで調整した。後にキャッチボールを再開したが[9]、春季キャンプから二軍生活に終始。右肘の状態が芳しくなかったことから、レギュラーシーズンでは一・二軍を通じて公式戦への登板機会がなく、10月22日にトミー・ジョン手術を受けた[11]。実戦への復帰までに最短でも1年を要することが見込まれたため[12]、球団は育成選手として復帰を待つ方針に転換し[13]、10月29日に支配下登録選手契約を解除され[14]、11月14日に育成選手として再契約。背番号は124へ変更となった[12]

2019年は右肘の状態が当初の見込みより早く回復したことから、9月12日に横浜DeNAベイスターズとのイースタン・リーグ公式戦で実戦デビュー[15]。同リーグ公式戦では2試合に登板し、0勝1敗・防御率5.06を記録し[16]、シーズン終了後のフェニックス・リーグでも登板を重ねた[17]。11月6日の契約更改では230万円減となる推定年俸470万円でサインしたと共に、支配下登録選手への復帰が決定[18]。背番号は44へ変更となった[19]

2020年は新型コロナウイルスの影響で120試合制の短縮シーズンとなり、開幕も延期となったが、開幕前の練習試合で好投し、開幕ローテーション入り[20]。6月21日の北海道日本ハムファイターズ戦でプロ初登板初先発を果たすと[21]、5試合目の先発となった7月23日の千葉ロッテマリーンズ戦でプロ初勝利を挙げた[6]。同30日の福岡ソフトバンクホークス戦でも勝利投手となったが[22]、その後は2試合連続でノックアウトを喫し[23][24]、8月14日に出場選手登録を抹消され[25]、以降は再び一軍に昇格することが出来ず、この年は8試合の先発で2勝4敗・防御率5.45という成績であった。オフに200万円増となる推定年俸900万円で契約を更改した[26]

2021年は開幕を二軍で迎え、先発として調整していたが、伊藤翔田村伊知郎といったロングリリーフができる投手が不調であったため、5月7日に中継ぎとして一軍に昇格[27]。ホールドが付かない場面での登板が続いたが、森脇亮介リード・ギャレットの不調もあり、6月6日の東京ヤクルトスワローズ戦では、1点リードの7回裏に5番手として登板し、1イニングを3者凡退に抑えてプロ初ホールドを記録した[28]。8連戦の7試合目となった同14日の広島東洋カープ戦では「ブルペンデー」の1番手としてシーズン初先発となり、3回無失点で役目を果たした[29]。6月28日に出場選手登録を抹消されてからは[30]再び先発調整となり、8月22日に一軍再昇格。同日のオリックス・バファローズ戦に先発し、5回2失点でシーズン初勝利を挙げた[31]。翌23日に再び登録抹消となると[32]、以降は一軍での先発機会に恵まれなかったものの、二軍では61回を投げて防御率1.33と結果を残し[33]、10月1日に一軍再昇格。同日の北海道日本ハムファイターズ戦で5回無失点と好投すると[34]、その後も好投を続け[35][36]、10月は白星こそ挙げられなかったが、3先発で防御率0.55を記録。この年は15試合(5先発)の登板で1勝1敗1ホールド・防御率2.79という成績を残し、オフに200万円増となる推定年俸1100万円で契約を更改した[37]

2022年は2年ぶりに開幕ローテーション入りし、3月31日の日本ハム戦でシーズン初登板初先発となったものの[38]、5回途中4失点で敗戦投手となり[39]、翌4月1日に出場選手登録を抹消された[40]。その後は二軍調整が続いたが、開幕から一軍でブルペンの一角を担っていた佐々木健宮川哲水上由伸が新型コロナウイルスにより離脱したことを受け[41]、4月26日に中継ぎとして一軍へ昇格[42]。同28日のソフトバンク戦では先発・スミスのアクシデントを受け、2回裏一死満塁という場面から緊急登板。このピンチを無失点で切り抜けると、5回裏までの3回2/3を1失点と好投し、シーズン初勝利を挙げた[43]。続く5月5日のロッテ戦では先発し、6回無失点の好投で勝利投手[44]。雨天中止があった兼ね合いで[45]中11日で先発となった同17日のソフトバンク戦は沖縄セルラースタジアム那覇で開催され、初の凱旋登板となり[46]、勝敗こそ付かなかったものの、8回無失点と好投し[47]、その後は先発ローテーションに定着。前半戦を終えてチームトップの7勝を記録すると[48]、後半戦初登板となった7月30日のソフトバンク戦で9回112球7安打無四死球無失点と快投し、プロ初完投初完封勝利を挙げた[49]。シーズン終了まで先発ローテーションを守り抜き、この年は20試合(19先発)の登板で10勝7敗・防御率2.88と飛躍を遂げ[50]、オフに3倍増となる推定年俸3300万円で契約を更改した[51]

プレースタイル[編集]

アンダースローで132km/hの直球スライダーシンカー[52]、80km/h台のスローカーブも投じる[53]。アンダースローに転向する際には、牧田和久の投球フォームを参考にしていた[54]

アンダースローについては、沖縄尚学高校の2年時に「(硬式野球部内に)同じタイプ(の投手が)いない」という理由でサイドスローのフォームを身に付けたことが下地になっていたという。西武での3年目に一軍で初勝利を挙げた際には、サイドスローへの転向を勧めた比嘉から「(高校時代には)ずっと日の当たらない選手だったのに、プロ(NPB)へ進めたのだから夢がある。一番頑張ってほしい選手の1人」というエールを送られた[6]

人物[編集]

大学時代のチームメイトとのエピソード[編集]

與座が岐阜経済大学に進学し、野球部に入部した直後、同学年の中野宏紀(香川県立三本松高校出身[55])と出会う。1年時から二人ともベンチ入りしていたが、與座自身は彼の実力に憧れを抱いていた。そして、ふたりで「ダブルエースで創部初の全国大会に出場して、ふたりでプロになる」と夢を語っていた。

しかし中野は2014年5月2日、原付バイクで交通事故に遭ってしまう。與座は入院先に駆けつけるも、彼が集中治療室に入室していたこともあり、面会することは叶わなかった。そのため、彼を励まそうと、他のチームメイトとともにボールに寄せ書きをしたり、激励のメッセージ動画を撮影したりするなど、他のチームメイトとともに回復を祈っていた。しかし、事故から1週間後の5月10日に中野は他界する[56][57][58]

その後、與座自身の活躍もあり、チームは東海地区の全日本大学野球選手権大会代表決定戦も制し、同校史上初めて本大会に出場、石巻専修大学戦で初勝利を挙げる[59]。その際に與座本人が掲げていたユニフォームは亡くなった中野の背番号「15」だった[60][61]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2020 西武 8 8 0 0 0 2 4 0 0 .333 169 38.0 47 5 13 0 2 18 0 0 23 23 5.45 1.58
2021 15 5 0 0 0 1 1 0 1 .500 157 38.2 31 3 10 0 4 28 0 0 12 12 2.79 1.06
2022 20 19 1 1 1 10 7 0 0 .588 463 115.2 104 11 16 0 4 61 2 0 39 37 2.88 1.04
通算:3年 43 32 1 1 1 13 12 0 1 .520 789 192.1 182 19 39 0 10 107 2 0 74 72 3.37 1.15
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2020 西武 8 1 7 0 2 1.000
2021 15 1 6 0 0 1.000
2022 20 10 14 3 2 .889
通算 43 12 27 3 4 .929
  • 2022年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 31(2018年)
  • 124(2019年)
  • 44(2020年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 西武 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2022年12月1日閲覧。
  2. ^ 巨人屈辱 打者27人で1安打完封負け 痛恨の3連敗 完全試合阻止がやっと”. デイリースポーツ online (2022年6月8日). 2022年6月8日閲覧。
  3. ^ 與座 健人 | 選手・スタッフ紹介 | 野球 | パナソニック スポーツ”. Panasonic. 2021年10月5日閲覧。
  4. ^ “岐阜経済大・与座が1安打完封 天国の友に捧ぐ1勝”. スポニチアネックス. (2017年6月6日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/06/07/kiji/20170606s00001089378000c.html 2018年9月28日閲覧。 
  5. ^ “又吉亮文、香川が2位指名 四国Lドラフト 中日・又吉投手の弟”. 琉球新報 (琉球新報社). (2017年11月22日). オリジナルの2017年11月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171122001841/https://ryukyushimpo.jp/news/entry-617617.html 2019年11月22日閲覧。 
  6. ^ a b c 西武与座がプロ初勝利「殻を破る」念じつつ力投”. 日刊スポーツ (2020年7月23日). 2020年7月24日閲覧。
  7. ^ “與座海人投手(硬式野球部 経営学部スポーツ経営学科4年)西武ライオンズ5位指名!”. 岐阜経済大学. (2017年11月26日). https://www.gifu-keizai.ac.jp/topics/news/994.html 2018年11月14日閲覧。 
  8. ^ “與座海人(岐阜経済大)は西武5位指名 大学通算26勝”. 沖縄タイムス. (2017年10月26日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/162292 2018年9月28日閲覧。 
  9. ^ a b “西武ドラフト5位与座、投球再開「不安もありません」”. 日刊スポーツ. (2018年1月28日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201801280000350.html 2018年11月14日閲覧。 
  10. ^ “西武5位与座海人が入団 ドラフト指名全選手と契約”. 日刊スポーツ. (2017年11月22日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201711220000715.html 2018年11月14日閲覧。 
  11. ^ “西武与座の右肘靱帯再建術成功、復帰時期は未定”. 日刊スポーツ. (2018年10月22日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201810220000581.html 2018年11月14日閲覧。 
  12. ^ a b “西武高橋朋己「身削り」与座「早くて1年」育成契約”. 日刊スポーツ. (2018年11月14日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201811140000674.html 2018年11月14日閲覧。 
  13. ^ 西武・高橋朋、与座が戦力外 育成選手として契約の方針”. SANSPO.COM (2018年10月29日). 2018年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月1日閲覧。
  14. ^ 西武 元守護神・高橋朋と来季契約せず 与座はドラフト指名から1年で…”. スポニチアネックス (2018年10月29日). 2018年10月29日閲覧。
  15. ^ “西武のサブマリン與座、2年目で公式戦初登板 TJ手術から約1年「不安なかった」”. Ful-Count. (2019年9月13日). https://full-count.jp/2019/09/13/post537149/ 2019年12月3日閲覧。 
  16. ^ 2019年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2019年12月3日閲覧。
  17. ^ 西武の2年目與座が支配下登録、背番号「44」 昨年のTJ手術から復帰”. Ful-Count (2019年11月6日). 2019年11月6日閲覧。
  18. ^ 230万円ダウンも吉報 西武のサブマリン与座が支配下復帰”. 西日本スポーツ (2019年11月6日). 2022年4月29日閲覧。
  19. ^ 與座海人投手支配下選手登録のお知らせ”. 埼玉西武ライオンズ (2019年11月6日). 2019年11月6日閲覧。
  20. ^ 西武與座が開幕ローテ入り!“絶滅危惧種”アンダースローを守れるか?” (日本語). Full-Count (2020年6月8日). 2020年7月1日閲覧。
  21. ^ 西武与座、初登板6回3失点も「甘くない世界実感」”. 日刊スポーツ (2020年6月21日). 2020年6月21日閲覧。
  22. ^ 西武が森の2打席連発などで首位ソフトバンクに快勝 投手陣も零封リレー”. 西日本スポーツ (2020年7月30日). 2022年4月29日閲覧。
  23. ^ 一夜で5位に逆戻り 森にバント命じた辻監督、源田の打順を再検討”. 西日本スポーツ (2020年8月7日). 2022年4月29日閲覧。
  24. ^ 西武与座自己最短KO「自分から始まった連敗…」”. 西日本スポーツ (2020年8月14日). 2022年4月29日閲覧。
  25. ^ 西武金子が1軍復帰 7連敗ストップへ6人入れ替え”. 西日本スポーツ (2020年8月14日). 2022年4月29日閲覧。
  26. ^ “西武・与座200万円増 オフは楽天・牧田に弟子入り「インスタでDMをいただいて…」感謝”. SANSPO.com. (2020年12月11日). https://www.sanspo.com/article/20201211-HXNVYLWVIFNUNOJAVRNHWWXXDE/ 2020年12月12日閲覧。 
  27. ^ 西武・山川1軍復帰「必ず優勝したい」 木村と与座も出場選手登録”. 西日本スポーツ (2021年5月7日). 2021年5月7日閲覧。
  28. ^ 2021年6月6日 【公式戦】 試合結果 (東京ヤクルトvs埼玉西武)”. 日本野球機構. 2022年4月29日閲覧。
  29. ^ 【西武】与座海人が3イニングを無安打無失点「自分の投球ができた」”. スポーツ報知 (2021年6月14日). 2021年6月14日閲覧。
  30. ^ 西武が与座の出場選手登録を抹消”. 西日本スポーツ (2021年6月28日). 2021年10月27日閲覧。
  31. ^ 西武のサブマリン与座が今季初勝利 今後は登録抹消へ”. 西日本スポーツ (2021年8月22日). 2021年10月27日閲覧。
  32. ^ 西武のサブマリン与座が今季初勝利 今後は登録抹消へ”. 西日本スポーツ (2021年8月22日). 2022年4月29日閲覧。
  33. ^ 2021年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2021年10月27日閲覧。
  34. ^ 西武与座、5回無失点好投も援護なし 2番手水上が失点”. 西日本スポーツ (2021年10月1日). 2021年10月27日閲覧。
  35. ^ 西武・与座は六回途中1失点「何とか最少失点で抑えることができた」”. サンスポ (2021年10月18日). 2021年10月27日閲覧。
  36. ^ 西武与座海人が最終戦好投 日本ハム上沢と投げ合い譲らず6回無失点降板”. 日刊スポーツ (2021年10月26日). 2021年10月27日閲覧。
  37. ^ 【西武】与座海人は200万円アップの1100万円でサイン「来年は開幕から持ち味出す」”. スポーツ報知 (2021年12月5日). 2022年1月29日閲覧。
  38. ^ 西武・与座が31日の日本ハム戦に先発 2年ぶり開幕ローテのサブマリン”. 西日本スポーツ (2022年3月31日). 2022年4月29日閲覧。
  39. ^ 西武の連勝は4でストップ 與座5回途中4失点KO、打線は山川の欠場響く”. BASEBALL KING (2022年3月31日). 2022年4月29日閲覧。
  40. ^ 【セパ公示】(1日)DeNAがピープルズを登録、三浦銀二を抹消”. スポーツ報知 (2022年4月1日). 2022年4月29日閲覧。
  41. ^ 【西武】ブルペン陣“3枚抜け”苦境で守護神・増田達至へ期待高まる「勝利に貢献するだけ」”. 日刊スポーツ (2022年4月26日). 2022年4月29日閲覧。
  42. ^ 【セパ公示】(26日)西武が与座海人と本田圭佑を特例2022の代替指名選手で登録”. スポーツ報知 (2022年4月26日). 2022年4月29日閲覧。
  43. ^ 西武、連勝で勝率5割復帰 山川2戦連続V弾、緊急リリーフの與座が大仕事”. BASEBALL KING (2022年4月28日). 2022年4月29日閲覧。
  44. ^ 西武与座、6回無失点で2勝目 「一人一人に気持ちを込めて」”. 西日本スポーツ (2022年5月5日). 2022年7月30日閲覧。
  45. ^ 古川宮崎でのソフトバンク―西武戦雨天中止後に3年目捕手・海野がスライディング独演会でスベリ放題”. Sponichi Annex (2022年5月10日). 2022年7月30日閲覧。
  46. ^ 西武与座「沖縄の野球界盛り上げたい」沖縄尚学高の先輩ソフトバンク東浜との投げ合いに”. 西日本スポーツ (2022年5月17日). 2022年7月30日閲覧。
  47. ^ 西武・與座は後押し感謝「見えない力のおかげ」故郷で白星逃すも8回無失点”. BASEBALL KING (2022年5月17日). 2022年7月30日閲覧。
  48. ^ 西武首位!与座がチームトップ7勝 42年ぶり最下位の昨季から投手陣が劇的改善、救援防御率1・55!”. サンスポ (2022年7月19日). 2022年7月30日閲覧。
  49. ^ 西武 首位攻防戦2連勝で50勝一番乗り! 与座がプロ初完投を112球の無四球完封で飾り8勝目”. Sponichi Annex (2022年7月30日). 2022年7月30日閲覧。
  50. ^ 西武・與座海人 チーム2位タイの10勝をマーク 3倍増も期待できるサブマリン/どうなる!? 契約更改”. 週刊ベースボールONLINE (2022年11月23日). 2022年12月3日閲覧。
  51. ^ 西武・与座 今季の3倍となる年俸3300万円でサイン 来季目標は「2年連続10勝&規定投球回」”. Sponichi Annex (2022年12月1日). 2022年12月3日閲覧。
  52. ^ “西武・與座が誕生 「1年目から期待応える」 ドラフト5位指名”. 琉球新報. (2017年11月23日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-618294.html 2018年9月28日閲覧。 
  53. ^ 西武與座の88キロ“超遅球”に松田宣もフリーズ ファン仰天「ハエが止まってそう…」”. Full-Count (2020年7月31日). 2020年10月22日閲覧。
  54. ^ “西武ドラフト5位与座に指名あいさつ「目標は一軍定着」”. 日刊スポーツ. (2017年11月1日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201711010000631.html 2018年9月28日閲覧。 
  55. ^ 目指せ!甲子園40校 三本松 | 2013全国高校野球選手権香川大会 | 高校野球特集 | 四国新聞社” (日本語). SHIKOU NEWS. 2022年11月12日閲覧。
  56. ^ TBS 野球『S☆1BASEBALL』公式Twitter 2022年10月19日投稿”. TBS. 2022年11月3日閲覧。
  57. ^ TBSプロ野球ドラフト【公式】Twitter 2022年9月21日投稿”. TBS. 2022年11月3日閲覧。
  58. ^ トミー・ジョン手術、支配下登録解除、友の死…。西武・與座海人が掴んだ夢のマウンド”. real-sports.jp. 2022年11月12日閲覧。
  59. ^ 岐阜経済大、バイク事故死の部員に贈る初勝利 指揮官も声を詰まらせ「彼のために…」/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2022年11月12日閲覧。
  60. ^ https://twitter.com/s2tbb/status/877661296052772864” (日本語). Twitter. 2022年11月12日閲覧。
  61. ^ 亡き仲間へ捧げた「1勝」の意味。初陣・岐阜経済大の主将兼エースが込めた全力投球 | 野球コラム” (日本語). 週刊ベースボールONLINE. 2022年11月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]