清水優心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
清水 優心
北海道日本ハムファイターズ #10
Shimizu10.jpg
2018年3月13日 マツダスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県大島郡周防大島町 (旧・大島郡東和町)
生年月日 (1996-05-22) 1996年5月22日(25歳)
身長
体重
185 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2014年 ドラフト2位
初出場 2015年10月1日
年俸 2,400万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

清水 優心(しみず ゆうし、1996年5月22日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属する山口県大島郡周防大島町 (旧・大島郡東和町)出身[2]プロ野球選手捕手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

城山小学校2年生の時に「東和スポーツ少年団」でソフトボールを始め、当時から捕手だった。東和中学校時代は「岩国ボーイズ」でプレーした[3]

九州国際大学付属高校では1年生時の春からレギュラーで、2年生時の秋に主将になった[3]。3年生時の夏の甲子園・全国大会1回戦では4番・捕手で先発出場、4打数2安打1打点だったが、チームは1回戦で東海大四高校(現・東海大札幌高校)に1-6で敗退した[4]。高校通算では35本塁打を記録した[5]。同学年のチームメイトに古澤勝吾[6]アドゥワ大[7]がいる。

2014年10月23日に行われたプロ野球ドラフト会議北海道日本ハムファイターズに2巡目で指名され[5]、契約金6,000万円、年俸600万円(金額は推定)[8]で合意し入団。背番号は10に決まった[9]。チームメイトだった古澤も同年のドラフトでソフトバンクに3巡目で指名され入団した[10]

日本ハム時代[編集]

2015年4月28日に、同チームの石川直也淺間大基と共に[11]「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」のNPB選抜に選出されて事が発表された[12]。6月29日に行われたこの試合では、9番・捕手で先発出場したが、3打席連続三振を喫した[13]。10月1日に出場選手登録され[14]、同日の対ロッテ戦において8番・捕手でプロ初先発・初出場し、初打席は三塁手へのゴロだった[15]。二軍での捕手としての出場は、チームの捕手の中では最多の77試合だった[16]

2016年、7月14日に行われたフレッシュオールスターゲームイースタン・リーグの選抜メンバーに選ばれ、9番・捕手で先発出場し、3打数2安打1打点だった[17][18]。9月30日の対ロッテ戦ではプロ初安打を打ち、2打席連続安打も記録した。クライマックスシリーズ日本シリーズではメンバー入りし、日本シリーズ初出場を果たした[19]。オフの11月16日、30万円アップの推定年俸640万円で契約更改した[19]

2019年1月23日、腰椎椎間板ヘルニアおよび嚢腫の手術(PED法)を受けた[20]

選手としての特徴・人物[編集]

高校生時で本塁から二塁までの送球タイムは最速で1.78秒[21]。遠投115メートル[22]

中学生まで育った周防大島の思い出を振り返り、「当時は島に信号は2つか3つしかなかった。実家から最寄りのコンビニまで5キロありました。お爺ちゃん、お婆ちゃんが多くて、みんな優しい。あの島で育たなかったら、どこかで道を外してプロ野球選手になれてない」と語っている[23]

後輩思いな一面があり、2018年シーズンの終盤には当時プロ1年目の清宮幸太郎に対し、「若い頃はちょっとした事で誤解されることもある。特にお前は試合に出るチャンスをもらっているんだから生活態度や行動には気をつけないといけない」と助言している[23]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 日本ハム 1 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2016 5 8 8 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .250 .250 .250 .500
2017 61 120 111 7 22 4 0 1 29 10 0 0 3 1 5 0 0 35 4 .198 .231 .261 .492
2018 86 242 200 25 43 7 0 7 71 21 0 1 20 1 18 0 3 51 4 .215 .288 .355 .643
2019 98 246 216 17 56 8 0 5 79 24 0 1 9 1 19 0 1 51 6 .259 .321 .366 .686
2020 69 157 135 13 26 7 0 3 42 16 0 0 12 2 7 0 1 37 5 .193 .234 .311 .546
NPB:6年 320 775 672 62 149 26 0 16 223 71 0 2 44 5 49 0 5 177 19 .222 .278 .332 .610
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



捕手






















2015 日本ハム 1 10 0 0 0 0 1.000 0 0 0 .---
2016 5 9 3 0 1 0 1.000 0 0 0 .---
2017 61 254 26 5 0 0 .982 35 32 3 .086
2018 83 460 56 3 5 0 .994 58 44 14 .241
2019 95 491 56 7 2 3 .987 55 36 19 .345
通算 245 1224 141 15 8 3 .989 148 112 36 .243
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 10(2015年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本ハム - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年1月30日閲覧。
  2. ^ ハム原田スカウト、2位清水と3年愛結実”. 日刊スポーツ (2014年10月30日). 2021年7月11日閲覧。
  3. ^ a b 2014ドラフト特集第6弾”. 週刊ベースボールONLINE (2014年9月2日). 2021年7月11日閲覧。
  4. ^ 第96回高校野球選手権 8月14日第2試合結果”. スポニチ Sponichi Annex. 2021年7月11日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ a b 「2014年新人選手選択会議」交渉権獲得選手のお知らせ”. 北海道日本ハムファイターズ 公式サイト (2014年10月23日). 2021年7月11日閲覧。
  6. ^ 東海大四・西嶋 超スローボールで12K”. 日刊スポーツ (2014年8月14日). 2021年7月11日閲覧。
  7. ^ “東農大北海道・アドゥワ 即戦力196cmルーキー”. 日刊スポーツ. (2015年4月22日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1465270.html 2021年2月14日閲覧。 
  8. ^ ハム2位清水、超遅球西嶋と再競演誓う”. 日刊スポーツ (2014年11月10日). 2021年7月11日閲覧。
  9. ^ 札幌市時計台で2014年新入団発表を開催”. 北海道日本ハムファイターズ 公式サイト (2014年11月21日). 2021年7月11日閲覧。
  10. ^ 新人入団会見で松本投手、栗原選手らが活躍誓う”. 福岡ソフトバンクホークス・オフィシャルサイト (2014年12月1日). 2021年7月11日閲覧。
  11. ^ 「侍ジャパン大学日本代表対NPB選抜」出場予定選手について”. 北海道日本ハムファイターズ公式サイト (2015年4月28日). 2015年5月24日閲覧。
  12. ^ 侍J大学代表vsNPB選抜 メンバー発表”. 日本野球機構公式サイト (2015年4月28日). 2015年5月24日閲覧。
  13. ^ 2015年度 侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜 試合結果”. 日本野球機構オフィシャルサイト. 2021年7月11日閲覧。
  14. ^ 公示(出場選手登録・抹消) 2015年10月”. 北海道日本ハムファイターズ 公式サイト. 2021年7月11日閲覧。
  15. ^ 2015年10月1日 北海道日本ハム 対 千葉ロッテ 成績詳細”. 北海道日本ハムファイターズ 公式サイト. 2021年7月11日閲覧。
  16. ^ 2015年度 北海道日本ハムファイターズ 個人守備成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構オフィシャルサイト. 2021年7月11日閲覧。
  17. ^ プロ野球フレッシュオールスターゲーム2016 出場者”. NPB.jp 日本野球機構. 2021年7月11日閲覧。
  18. ^ 2016年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果”. NPB.jp 日本野球機構. 2021年7月11日閲覧。
  19. ^ a b “ハム清水 30万円UPでサイン 正捕手獲りの誓い「来年は大事な年」”. スポニチアネックス. (2016年11月16日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/11/16/kiji/K20161116013734610.html 2016年11月16日閲覧。 
  20. ^ 日本ハム・清水がヘルニア手術… 復帰まで3カ月の見込み”. BASEBALL KING (2019年1月23日). 2021年7月11日閲覧。
  21. ^ 【日本ハム2位】清水優心「打てる捕手」になれる素材 強肩も武器”. スポニチ Sponichi Annex. 2021年7月11日閲覧。
  22. ^ 最後の夏に初の甲子園出場を狙う有力21選手カタログ”. 週刊ベースボールONLINE (2014年7月18日). 2021年7月11日閲覧。
  23. ^ a b 日本ハム 後輩思いの「優しい心」持つ清水、正捕手奪取へ「とにかく体力強化」 - スポニチ Sponichi Annex 野球” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2021年9月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]