渡邉勇太朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渡邉 勇太朗
埼玉西武ライオンズ #12
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県羽生市
生年月日 (2000-09-21) 2000年9月21日(21歳)
身長
体重
190 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト2位
初出場 2021年6月9日
年俸 650万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

渡邉 勇太朗(わたなべ ゆうたろう、2000年9月21日 - )は、埼玉県羽生市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校1年から野球を始め、5年から投手となる[2]。中学校では軟式野球部に入部し、2年夏に関東大会に出場した[3]

浦和学院高等学校では1年秋からベンチ入り。3年春は右肘を痛めベンチ外となるが、5月の関東大会で復帰。夏には夏の甲子園大会に出場したが、大阪桐蔭高等学校戦(準々決勝)で敗退した[4]。甲子園大会後はAAAアジア野球選手権大会の日本代表に選出された。

2018年10月25日に行われたドラフト会議では、埼玉西武ライオンズから2位指名を受け、11月15日に契約金7,000万円、年俸650万円で契約した[5]。背番号は12

西武時代[編集]

2019年、ルーキーイヤーは身体づくりを中心に取り組み[6]イースタン・リーグでは2試合に登板したが、3回2/3を投げて被安打10、防御率14.73と打ち込まれた[7]

2020年もイースタン・リーグでの登板は4試合に留まった。22回1/3を投げて被安打30、防御率5.24という成績であった[8]

2021年は初めて春季キャンプをA班でスタートするも[9]、開幕は二軍で迎えた。4月までは二軍でも防御率9点台と苦しんでいたが、5月は1先発を含む3試合で防御率2.25と結果を残し、6月8日に一軍初昇格[10]。6月9日の対横浜DeNAベイスターズ戦でプロ初登板し、3回2安打1四球2奪三振、無失点と好投[11]。同14日の対広島東洋カープ戦では1点リードの6回裏から3番手として登板。2回を無失点に抑え、プロ2試合目でプロ初ホールドを記録した[12]。登録抹消されることなく前半戦を中継ぎとして終えるとエキシビションマッチでは先発としてアピールし[13]、後半戦の開幕3試合目となった8月15日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦でプロ初先発。5回1失点の好投でプロ初勝利を挙げた[14]。その後も先発ローテーションを守り、スタミナ面には課題を残したが[15]、後半戦は9試合の先発で4勝2敗、42イニングを投げて防御率3.21を記録した。

プレースタイル・人物[編集]

愛称は「ナベU」。「ナベQ」と呼ばれている渡辺久信ゼネラルマネージャーにあやかったものである[16]

直球の最速は153km/h[14]、変化球はスライダー、カーブ、スプリットを投げる[17]

幼少期から西武ファンであり、野球をやっていた兄のチームメイトが浦和学院で甲子園出場を果たし、その姿に憧れて浦和学院に進学した[18]

憧れの選手は大谷翔平で、投球フォームも似ている[19]

詳細情報[編集]

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 12(2019年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 西武 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年2月1日閲覧。
  2. ^ “【南埼玉】浦和学院・渡辺勇太朗、自己最速タイ146キロで6回0封 決勝進出”. スポーツ報知. (2018年7月21日). https://www.hochi.co.jp/baseball/hs/20180721-OHT1T50318.html 2019年2月11日閲覧。 
  3. ^ 渡邊勇太朗(埼玉西武ライオンズ)”. 週刊ベースボールONLINE. 2021年6月15日閲覧。
  4. ^ “浦和学院・渡辺「直球の力負けは実力不足」プロでの活躍誓う「155キロ投げたい」”. スポーツ報知. (2018年2月18日). https://www.hochi.co.jp/baseball/hs/20180818-OHT1T50223.html 2019年2月11日閲覧。 
  5. ^ “西武2位渡辺勇太朗が入団合意、対戦したい打者は?”. 日刊スポーツ. (2018年11月21日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201811210000791.html 2019年2月11日閲覧。 
  6. ^ 西武ドラ2ルーキー右腕が過ごしたプロ1年目 内海の姿勢に感銘「本当にすべてが勉強」”. Full-Count (2019年11月22日). 2021年10月18日閲覧。
  7. ^ 2019年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2021年10月18日閲覧。
  8. ^ 2020年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2021年10月18日閲覧。
  9. ^ 西武渡辺が初A班キャンプ、内海へ電話で教え仰ぐ”. 日刊スポーツ (2021年1月29日). 2021年1月29日閲覧。
  10. ^ 西武渡辺勇太朗が初昇格「スタートライン」中日根尾らと同期”. 日刊スポーツ (2021年6月8日). 2021年6月8日閲覧。
  11. ^ 愛斗が攻守に活躍&渡邉勇太朗が3回無失点の好救援。埼玉西武が引き分けに持ち込む”. パ・リーグ.com (2021年6月9日). 2021年6月9日閲覧。
  12. ^ 西武辻監督、白星の“譲渡”画策? 2回無失点の渡辺を高評価”. 西日本スポーツ (2021年6月14日). 2021年6月14日閲覧。
  13. ^ 【西武】3年目右腕の渡辺勇太朗が7回途中2失点 後半戦の先発ローテ入りへ「いいステップになった」”. スポーツ報知 (2021年7月30日). 2021年10月18日閲覧。
  14. ^ a b 初先発初勝利の西武渡辺勇太朗「内海さんノート」にメンタル改革で成長”. 日刊スポーツ (2021年8月15日). 2021年8月19日閲覧。
  15. ^ 西武・渡辺がビジター初勝利で4勝目 6回無失点「スタミナ面は今後の課題に」”. Sponichi Annex (2021年10月17日). 2021年10月18日閲覧。
  16. ^ 西武ナベQは「ナベU」にべたぼれ ドラ2指名あいさつ「無限の伸びしろ」”. 西日本スポーツ (2018年11月8日). 2021年8月15日閲覧。
  17. ^ “西武2位は浦和学院・渡辺、大谷翔平似投球フォーム”. 日刊スポーツ. (2018年10月25日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201810250000753.html 2019年2月11日閲覧。 
  18. ^ “西武ドラ2ルーキー右腕が過ごしたプロ1年目 内海の姿勢に感銘「本当にすべてが勉強」”. Full-Count. (2019年11月22日). https://full-count.jp/2019/11/22/post611558/ 2019年11月22日閲覧。 
  19. ^ “西武2位・渡辺 埼玉出身投手陣の柱に「なじみ深いチーム」”. スポニチアネックス. (2018年10月26日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/10/26/kiji/20181026s00001728052000c.html 2019年2月11日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]