田村伊知郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田村 伊知郎
埼玉西武ライオンズ #40
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県神戸市
生年月日 (1994-09-19) 1994年9月19日(24歳)
身長
体重
173 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト6位
初出場 2017年5月9日
年俸 700万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

田村 伊知郎(たむら いちろう、1994年9月19日 - )は、兵庫県神戸市出身のプロ野球選手投手)。右投左打。埼玉西武ライオンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校2年生から野球を始める。中学時代は山田中学校(軟式)で活躍、3年生の秋にはKボールのクラブチーム「メジャー兵庫」で全国大会に出場し、準優勝を経験する。

報徳学園高等学校に進学し、1年夏に4強、2年春に甲子園に出場(初戦敗退)、「スーパー1年生」と騒がれた[2]。高校3年の最後の試合は右肩痛で登板することができなかった。

立教大学に進学したが、故障に悩まされ、初勝利を挙げたのは3年春だった[3]。副主将になった4年の7月に第28回ハーレムベースボールウィーク代表に選出され、抑えを担当した[4]。大学通算成績は8勝10敗、防御率3.19。同期に田中和基澤田圭佑がいた。

2016年ドラフト会議埼玉西武ライオンズから6位指名を受け、契約金3000万円・年俸700万円(金額は推定)で契約した[5]。背番号は「40」。

プロ入り後[編集]

2017年は開幕を二軍で迎えたが、5月7日に一軍に昇格し、5月9日の北海道日本ハムファイターズ戦の9回裏で一軍デビューし、1回無失点だった。その後一軍公式戦には12試合に登板。二軍公式戦においては19試合に登板し、2勝2敗、防御率2.58の成績を残す[6]。11月25日から台湾で開催される2017アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBウエスタン選抜に選出されたが辞退となった[7]

選手としての特徴[編集]

直球の最速は150km/h[8]、変化球はスライダーと落差のあるフォークを投げる。

人物[編集]

高校の先輩にあたる大谷智久を目標としている[9]

中学時代から非常に成績優秀で、兵庫高校を目指せる学力があったという。報徳学園高校には選抜クラスの生徒を含め、学年2番で入学した。

中高の体育の教員免許を取得。ドラフト会議直後に教育実習に行く。単位は3年次までに取り終えるなど、文武両道の選手であった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 西武 12 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- 66 14.1 18 6 6 0 0 9 0 0 12 11 6.91 1.67
2018 4 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- 21 5.0 6 1 0 0 0 3 0 0 2 2 3.60 1.20
通算:2年 16 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- 87 19.1 24 7 6 0 0 12 0 0 14 13 6.05 1.55
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2017 西武 12 0 0 0 0 .---
2018 4 0 0 0 0 .---
通算 16 0 0 0 0 .---
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 40 (2017年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]