石井一成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石井 一成
北海道日本ハムファイターズ #38
Ishii38.jpg
2018年3月13日 マツダスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県那須郡那珂川町
生年月日 (1994-05-06) 1994年5月6日(28歳)
身長
体重
182 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手二塁手三塁手
プロ入り 2016年 ドラフト2位
初出場 2017年3月31日
年俸 2500万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

石井 一成(いしい かずなり、1994年5月6日 - )は、栃木県那須郡小川町(現・那珂川町)出身のプロ野球選手内野手)。右投左打。北海道日本ハムファイターズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小川那珂クラブで軟式野球を始める。小川中学校時代には軟式野球部に所属していた。

作新学院高校では1年秋からレギュラー。2年夏、3年春夏と3季連続で甲子園に出場し、2年時の夏の甲子園ではベスト4、3年生の夏の甲子園ではベスト8。3年生で主将を務める。

早稲田大学では1年春からリーグ戦出場。3年春に遊撃手でベストナインに選出。4年時は主将を務める[2]。リーグ通算80試合に出場、237打数68安打、打率.287、6本塁打、33打点、10盗塁、ベストナイン1回。

2016年10月20日の2016年度ドラフト会議で、北海道日本ハムファイターズが2位指名、契約金7000万円、年俸1200万円(金額は推定)で契約する[3]。背番号は38。

日本ハム時代[編集]

2017年は、ルーキーで唯一一軍キャンプスタートし、開幕一軍入りを果たした。3月31日の開幕戦で代走として初出場し、4月5日の千葉ロッテマリーンズ戦では初の先発出場、初打点・初盗塁・初得点・初マルチ安打を記録した。4月14日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では12球団の新人選手で一番乗りとなる本塁打[4]、5月20日のオリックス・バファローズ戦ではプロ入り初の1試合3安打2打点[5]。8月7日に二軍落ちしたが、同月29日に一軍登録され、以降は「9番・遊撃手」で固定された。9月21日には新人100試合出場を達成した[6]。シーズンを通じて114試合に出場し、打率.205、3本塁打、113三振[注 1]

2018年中島卓也が正遊撃手に返り咲き出場機会が減少。8月3日の埼玉西武ライオンズ戦では二塁の守備固めとして途中出場も失点に繋がる痛恨の悪送球[7]。オフの道新スポーツの一面で中島に「あのミスで優勝できなかった。あいつ(石井)には悪いけど、それぐらいのプレー。途中から出る難しさとかも分かったと思う。次に生かせるようにはしないといけない。」と言われるほどペナントレースに大きく影響を与えるプレーであった。バッティングでも打率.189・OPS.532と奮わず69試合の出場に留まった。

2019年中島卓也の不振もあり出場機会が増加。76試合の出場で打率.224、4本塁打、22打点という成績であった。

2020年中島卓也は不振であったが石井も打率.179・OPS.444と打撃が振るわず、後半戦は平沼翔太が遊撃でスタメン出場することが多くなり、59試合の出場に留まった。

2021年4月17日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では日本プロ野球に復帰した田中将大から先制本塁打を打ち、これが決勝点となりチームの勝利に貢献し、田中の国内連勝記録を28で止めた[8][9]

選手としての特徴・人物[編集]

走攻守にバランスが取れた内野手[10][11]。軽快なフットワークと強肩を生かした高い守備力に加え、ヘッドの効いた打撃も魅力[12]。50m走のタイム6秒0、遠投105m[13]

愛称は同姓で名前も似ている石井一久と同じ「ピン[14]

実家は、那珂川町内で米農家を営んでいる[15][16][14]。石井も自身のインスタグラムにて、実家の米の宣伝を行っている[17]

憧れのプロ野球選手は田中広輔[14]

2018年に野球雑誌に掲載された投書には、「気分がほんわかしている」という人物評があった[18]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 日本ハム 114 361 317 33 65 8 2 3 86 24 3 5 14 1 28 0 1 113 6 .205 .271 .271 .542
2018 69 163 148 17 28 6 2 1 41 4 3 0 2 0 12 0 1 47 0 .189 .255 .277 .532
2019 76 226 196 26 44 10 3 4 72 22 2 3 13 1 16 0 0 61 3 .224 .282 .367 .649
2020 59 104 95 9 17 4 1 0 23 3 1 1 5 1 3 0 0 13 1 .179 .202 .242 .444
2021 111 321 284 25 64 11 4 4 95 19 8 5 14 1 22 0 0 87 2 .225 .280 .335 .615
通算:5年 429 1175 1040 110 218 39 12 12 317 72 17 14 48 4 81 0 2 321 12 .210 .267 .305 .572
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



二塁 三塁 遊撃




































2017 日本ハム 57 105 139 4 25 .984 5 2 2 1 0 .800 59 79 156 6 34 .975
2018 44 66 90 3 10 .981 8 3 12 1 0 .975 24 22 28 3 4 .943
2019 5 9 11 0 1 1.000 40 13 37 3 3 .943 48 58 102 4 15 .976
2020 14 5 4 1 0 .900 13 5 5 0 0 1.000 38 53 72 4 16 .969
2021 16 6 12 1 4 .947 4 4 1 0 0 1.000 101 127 225 7 54 .981
通算 136 191 256 9 40 .980 70 27 57 5 3 .944 270 339 583 24 123 .975
  • 2021年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 38(2017年 - )

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 113三振は1999年に中日時代の福留孝介が記録した121三振に次ぐ、新人選手のシーズン三振数2位。

出典[編集]

  1. ^ 日本ハム - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年12月3日閲覧。
  2. ^ 2016年プロ野球ドラフト ◇日ハム2位指名 石井一成”. スポーツニッポン. 2016年12月1日閲覧。
  3. ^ “日本ハム2位石井が仮契約 同郷ヤクルト星に負けん”. 日刊スポーツ. (2016年11月16日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1739041.html 2017年1月10日閲覧。 
  4. ^ 【日本ハム】ドラ2石井一「まさか自分が」…セパ通じ新人初アーチ”. スポーツ報知 (2017年4月15日). 2017年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月21日閲覧。
  5. ^ 日本ハム石井一「自分でもびっくり」3安打2打点”. 日刊スポーツ (2017年5月20日). 2021年7月21日閲覧。
  6. ^ 日本ハム石井一、片岡以来新人野手100戦以上出場”. 日刊スポーツ (2017年9月22日). 2021年7月21日閲覧。
  7. ^ 勝負どころの守備が勝敗を分けた。首位攻防第1ラウンドは埼玉西武に軍配”. パ・リーグ.com (2018年8月3日). 2021年8月21日閲覧。
  8. ^ 田中将大、国内復帰初登板で2イニング連続被弾 初回は中田に2ラン&2回は石井にソロ”. Full-Count (2021年4月17日). 2021年7月21日閲覧。
  9. ^ 【楽天】田中将大、日本復帰登板は5回3失点で黒星…国内連勝は28でストップ”. スポーツ報知 (2021年4月17日). 2021年7月21日閲覧。
  10. ^ 今年のドラフトは“大学生遊撃手”に注目! | 野球コラム” (日本語). 週刊ベースボールONLINE (2016年5月8日). 2021年9月27日閲覧。
  11. ^ 日本ハム2位・石井一成(早大・投手) ハイレベルにある攻守走の3拍子 | 野球コラム” (日本語). 週刊ベースボールONLINE (2016年11月2日). 2021年9月27日閲覧。
  12. ^ 北海道日本ハムファイターズのドラフト - ドラフト会議2016” (日本語). 日刊スポーツ. 2021年9月27日閲覧。
  13. ^ 早大・石井2戦連発 母校作新の日本一励み打撃改造” (日本語). 日刊スポーツ (2016年9月12日). 2021年9月27日閲覧。
  14. ^ a b c 日本ハム石井一が初打点 早くも他球団007が警戒” (日本語). 日刊スポーツ (2017年2月15日). 2021年9月2日閲覧。
  15. ^ 【日本ハム】4安打4打点の石井一成が実家のお米を宣伝「買って下さい」” (日本語). スポーツ報知 (2021年9月2日). 2021年9月2日閲覧。
  16. ^ (日本語) 『雑談』石井一成(前編)「石井家の米は○○必要なし!」, https://www.youtube.com/watch?v=Vc1fqhhWW1o 2021年9月2日閲覧。 
  17. ^ 石井米購入方法 - @kazunari_38” (日本語). www.instagram.com. 2021年9月2日閲覧。
  18. ^ ベースボール・マガジン社『週刊ベースボール』2018年10月1日号 p.72.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]