上原健太 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上原 健太
北海道日本ハムファイターズ #20
Uehara20.jpg
2018年3月14日 マツダスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県うるま市
生年月日 (1994-03-29) 1994年3月29日(24歳)
身長
体重
190 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 ドラフト1位
初出場 2016年9月30日
年俸 1,200万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

上原 健太(うえはら けんた、1994年3月29日 - )は、沖縄県うるま市出身のプロ野球選手投手)。左投左打。現在は北海道日本ハムファイターズに所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校から軟式野球を始める[2]。中学まで沖縄で過ごす。

強豪・広陵高校で1年夏から控え投手としてベンチ入りする。2年夏にチームはエース有原航平を擁し甲子園に出場したが、登板することなく聖光学院高校歳内宏明に抑えられ0-1で2回戦で敗退。秋からエースとなる。2年秋は準決勝で敗れ、3位決定戦にも敗れ4位に終わり、3年春は県大会準決勝で秋に3位決定戦で敗れた総合技術に敗れ、夏は3回戦で敗退し、甲子園に出場することなく明治大学に進学する。高校時代1学年上には前述有原と福田周平、同学年には吉持亮汰、1学年下には佐野恵太がおり、福田と佐野は大学でもチームメイトとなる。

明治大学では1年春からリーグ戦に出場する。2年時は主に中継ぎとして登板し、春秋連続でリーグ制覇に貢献。3年秋には防御率0.96で最優秀防御率のタイトルを獲得。4年夏にはユニバーシアード大会に出場し、優勝に貢献した[3]

2015年10月22日に行われたドラフト会議北海道日本ハムファイターズから1位指名を受け、11月12日に契約金9000万円、年俸1300万円で契約した[4]。背番号は20[5]。奇しくも高校の先輩有原が前年日本ハムのドラフト1位で入団しており、2年連続広陵高校卒の投手がドラフト1位となった。

プロ入り後[編集]

2016年2月20日の紅白戦で登板するものの、1/3回8失点と大乱調で、オープン戦すら登板できなかった[6]。2軍で調整後、シーズン最終戦となった9月29日の対千葉ロッテマリーンズ戦(札幌ドーム)で一軍初登板。1回を投げて被安打1・無失点だった。

2017年夏より一軍で先発起用され8月20日の対埼玉西武ライオンズ戦(札幌ドーム)で一軍初勝利を挙げた。

選手としての特徴[編集]

NPB日本人左腕としては最長身である190cmの恵まれた体格から、ストレートの球速は最速151km/h。変化球はスライダー、カーブ、フォーク、スクリュー、シュートを投げる[7]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 日本ハム 1 0 0 0 0 0 0 0 1 .000 4 1.0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 1.00
2017 9 6 0 0 0 1 5 0 0 .166 166 34.2 44 7 20 0 0 29 1 0 27 24 6.23 1.85
2018 10 6 0 0 0 4 0 0 0 1.000 158 37.1 34 3 11 0 1 24 1 0 15 13 3.13 1.21
通算:3年 20 12 0 0 0 5 5 0 1 .500 328 73.0 79 10 31 0 1 54 2 0 42 37 4.56 1.51
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 20 (2016年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]