コンテンツにスキップ

上原健太 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上原 健太
北海道日本ハムファイターズ #20
2022年4月1日 京セラドーム大阪
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県うるま市
生年月日 (1994-03-29) 1994年3月29日(30歳)
身長
体重
191 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手外野手
プロ入り 2015年 ドラフト1位
初出場 2016年9月30日
年俸 4000万円(2024年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

上原 健太(うえはら けんた、1994年3月29日 - )は、沖縄県うるま市出身のプロ野球選手投手外野手)。左投左打。北海道日本ハムファイターズ所属。

経歴

[編集]

プロ入り前

[編集]

小学校から軟式野球を始める[2]。中学まで沖縄で過ごす。

強豪・広陵高校で1年夏から控え投手としてベンチ入りする。2年夏にチームはエース有原航平を擁し第92回全国選手権に出場したものの登板することなく、聖光学院高校歳内宏明に抑えられ、0-1でチームは2回戦敗退。秋からエースとなる。2年秋は準決勝で敗れ、3位決定戦にも敗れ、4位に終わり、3年春は広島県大会準決勝で秋に3位決定戦で敗れた総合技術に敗れ、夏は3回戦で敗退し、甲子園に出場することなく明治大学に進学する。高校時代1学年上には前述有原と福田周平、同学年には吉持亮汰、1学年下には佐野恵太がおり、福田と佐野は大学でもチームメイトとなる。

明治大学時代
(2013年6月15日)

明治大学では1年春からリーグ戦に出場する。2年時は主に中継ぎとして登板し、春秋連続でリーグ制覇に貢献。3年秋には防御率0.96で最優秀防御率のタイトルを獲得。4年夏にはユニバーシアード大会に出場し、優勝に貢献した[3]。リーグ通算57試合に登板、14勝9敗、防御率2.14、172奪三振を記録。

2015年10月22日に行われたドラフト会議北海道日本ハムファイターズから1位指名を受け、11月12日に契約金9000万円、年俸1300万円で契約に合意した[4]。背番号は20[5]。奇しくも高校の先輩・有原が前年に日本ハムからドラフト1位指名を受けて入団しており、2年連続広陵高校卒の投手がドラフト1位となった。

日本ハム時代

[編集]

2016年は春季キャンプを一軍でスタートしたが[6]、2月20日の紅白戦では1/3回を8失点の大乱調[7]。開幕を二軍で迎えると、二軍でも好不調の波が激しい投球が続き、イースタン・リーグでは18試合の登板で1勝4敗・防御率5.63という成績であった[8]。同リーグ全日程終了後の9月30日に出場選手登録となり[9]、同日の千葉ロッテマリーンズ戦でプロ初登板。1イニングを1安打1奪三振無失点に抑えたが[10]、ルーキーイヤーの一軍登板はこの1試合のみであった。オフに100万円減となる推定年俸1200万円で契約を更改した[11]

2017年も春季キャンプを一軍でスタートしながらも[12]、開幕は二軍で迎えた。7月3日に中継ぎとして出場選手登録をされ[13]、3試合に登板するも同13日に登録抹消[14]。7月23日の埼玉西武ライオンズ戦でプロ初先発となったが、4回0/3を4失点でプロ初黒星を喫した[15]。この試合も含めて4戦4敗と苦しみながらも先発ローテーションを回り[16]、8月20日の西武戦では3回表に左人差し指のマメが破れるアクシデントに見舞われながらも[17]、5回3安打5四球3奪三振無失点という内容でプロ初勝利を挙げた[18]。ただ、同23日に出場選手登録を抹消されて[19]以降は1試合の先発登板[20]のみにとどまり、この年は9試合(6先発)の登板で1勝5敗・防御率6.23という成績であった。オフに現状維持となる推定年俸1200万円で契約を更改した[21]

マツダスタジアムにて
(2018年3月14日)

2018年は中継ぎとして自身初の開幕一軍入りを果たしたが[22]、4月21日に出場選手登録を抹消された[23]。5月26日の西武戦でシーズン初先発となり、勝敗は付かなかったものの、5回2失点と試合を作った[24]。翌27日に再び登録抹消となったが[25]、6月18日の広島東洋カープ戦に先発登板すると、投げては5回3安打無四死球5奪三振1失点の好投でシーズン初勝利を挙げ[26]、第2打席では福井優也からプロ初安打初本塁打となるソロホームランを放った[27]。続く同27日の福岡ソフトバンクホークス戦は沖縄セルラースタジアム那覇で開催され、初の凱旋登板となり[28]、5回4安打1四球4奪三振1失点という内容で勝敗は付かなかった[29]。その後、先発予定であった7月5日の西武戦[30]が雨天中止となると[31]、翌6日に出場選手登録を抹消され[32]、二軍調整が長らく続いた。ただ、9月27日のオリックス・バファローズ戦で3か月ぶりの一軍先発登板となり、5回0/3を無失点の好投で勝利投手となると[33]、この試合も含めてシーズン最終盤では3戦3勝を記録[34][35]。この年は10試合(6先発[36])の登板で4勝0敗・防御率3.13という成績を残し[37]、オフに500万円増となる推定年俸1700万円で契約を更改した[36]

2019年は開幕こそ二軍で迎えたものの、4月4日に出場選手登録[38]。同日、開幕6試合目の東北楽天ゴールデンイーグルス[39]はオープナーとして斎藤佑樹が先発し、上原は第2先発として起用されたが、3回2/3を3失点というシーズン初登板であった[40]。中4日でシーズン初先発となった4月9日のソフトバンク戦では、4回2/3を2失点(自責点0)で勝敗は付かず[41]、続く4月16日のオリックス戦では5回10安打8失点と打ち込まれ[42]、翌17日に出場選手登録を抹消された[43]。その後は4月27日に先発として一軍へ昇格するも[44]、2試合に先発したのみ[45][46]で5月5日に登録抹消[47]。同19日のソフトバンク戦で5度目の先発登板となったが、シーズン3敗目を喫し[48]、中継ぎへ配置転換。2試合のリリーフ登板を経て[49][50]、6月2日のオリックス戦に先発すると、6回5安打1四球5奪三振2失点の好投でシーズン初勝利を挙げた[51]交流戦では“投げ抹消”という形[52][53]で2試合に先発するも、いずれも白星は挙げられず[54][55]、リーグ戦再開後は8月に中継ぎとして2試合に登板したのみ[56][57]でシーズンを終えた。この年は13試合(8先発)の登板で1勝3敗・防御率5.56という成績にとどまり、オフに現状維持となる推定年俸1700万円で契約を更改した[58]

2020年は春先に左肩痛で出遅れ[59]、新型コロナウイルスの影響で開幕延期となったが、6月の開幕も二軍で迎えた。9月2日の楽天戦でシーズン初登板初先発となり、自己最速を更新する152km/hを計測するなど、5回2安打無失点と好投したものの、勝敗は付かなかった[60]。3度目の先発登板となった9月17日のソフトバンク戦では、自己最長の8回1/3を2失点(自責点1)と力投しながらも敗戦投手[61]。ただ、続く同24日の西武戦でも7回5安打1四球9奪三振2失点(自責点1)の好投でシーズン初勝利を挙げた[62]。10月19日に出場選手登録を抹消されて[63]以降は1試合の先発登板[64]のみであったが、この年は7試合の先発登板で1勝3敗・防御率4.46という成績を残した。オフに現状維持となる推定年俸1700万円で契約を更改した[65]

2021年は首の痛みなどで開幕から長らく二軍調整が続いたが[66]、9月9日に出場選手登録をされると[67]、中継ぎとして6試合連続無失点を記録[68]。ただ、その後は調子を落とし、10月18日に出場選手登録を抹消され[69]、そのまま二軍でシーズンを終えた。この年は出遅れが響き、11試合のリリーフ登板で防御率3.97という成績にとどまった[70]。秋季キャンプ中の11月14日に、この年限りで退任となった栗山英樹監督からの後押しと稲葉篤紀GMからの打診によって、翌年から二刀流に挑戦することが決定[71]。12月2日の契約更改では100万円減となる推定年俸1600万円でサインした[72]

2022年は開幕こそ二軍で迎えるも、4月1日に出場選手登録をされると[73]、同27日のオリックス戦で6年ぶりとなるホールドを挙げるなど[74]、13試合のリリーフ登板で防御率2.35を記録[75]。5月12日の登録抹消[76]後は二軍での先発調整を経て[77]、同25日の東京ヤクルトスワローズ戦に「8番・投手」でシーズン初先発[78]。4回1/3を無失点で勝敗は付かなかったが、5回表の打席では左中間を破る二塁打を放った[79]。6月1日の広島戦で6回無失点と好投し、2シーズンぶりの白星を挙げると[80]、夏場に1か月ほど二軍再調整期間がありながらも[81]、先発ローテーションの一角を担い、この年は25試合(11先発[82])の登板で3勝5敗1ホールド・防御率3.19を記録[83]。ただ、打撃成績は交流戦2試合での5打数1安打、野手としての出場は無く、レギュラーシーズン終了後には志願してフェニックスリーグに野手として参加した[84]。オフに800万円増となる推定年俸2400万円で契約を更改した[85]

2023年は開幕前のオープン戦や二軍戦で先発として結果を残した[86][87]エスコンフィールドHOKKAIDOの開業を祝い、他カードより1日早く開幕戦が行われ[88]、開幕投手の加藤貴之が中6日で開幕6試合目に先発できる変則日程であったこともあり[89]、上原は事実上の開幕ローテーション6番手として、開幕7試合目のオリックス戦でシーズン初登板初先発[90]。初回と2回に守備の乱れから失点を喫し[91]、5回3失点(自責点2)で敗戦投手となった[92]。その後の2先発でも結果を残せず[93][94]、4月27日に出場選手登録を抹消された[95]。抹消後はフォークの握り方を変え、決め球として使えるよう調整し[96]、交流戦開幕戦となった5月30日のヤクルト戦に先発すると[97]、5安打4四球とランナーを背負いながらも、6回7奪三振1失点と好投し[98]、シーズン初勝利を挙げた[96]。6月19日の横浜DeNAベイスターズ戦では「9番・投手」で先発出場し、5回1/3を1失点で勝敗は付かなかったものの、5回表の第2打席ではバスターでレフト前にシーズン初安打を放った[99]。続く同28日の西武戦は沖縄セルラースタジアム那覇で開催され、5年ぶりに凱旋登板を果たすと[100]、右打者にはチェンジアップ、左打者にはフォークを効果的に使い[101]、自己最多タイの9奪三振。7回4安打1四球無失点と好投したが、打線の援護が無く、勝敗は付かなかった[102]。登板機会の都合で翌6月29日に出場選手登録を抹消されたが[103]、7月9日に再登録[104]。同日のロッテ戦は、6月19日に中日ドラゴンズからトレードで移籍してきた山本拓実郡司裕也をこの試合で先発バッテリーとして起用することを事前に新庄剛志監督が公言しており[105][106]、上原は2番手としてシーズン初のリリーフ登板となり、4イニングを1失点に抑えた[107]。その後は再び先発ローテーションを回ったが、8月2日のロッテ戦では試合序盤に野手が3失策[108]、さらに3回裏無死満塁から山口航輝の打球が左手に直撃して緊急降板[109]。2回0/3を5失点(自責点0)で勝敗は付かなかったものの[110]、左手中指の打撲[111]で翌3日に出場選手登録を抹消された[112]。最短10日で一軍復帰し、8月13日のソフトバンク戦に先発すると[111]、状態が悪いながらも6回2失点にまとめ[113]、5月30日以来の白星となるシーズン2勝目を挙げた[114]。続く8月20日のオリックス戦では完投・完封こそ記録されなかったものの、4安打無失点で9イニングを投げきり、本人は「9回投げきったことが僕の人生で初めて」と話した[115]。その後はシーズン終了まで先発ローテーションを守り、この年は19試合(18先発)の登板で初めて投球回が100回を超え、4勝7敗・防御率2.75を記録した[116]。オフに1600万円増となる推定年俸4000万円で契約を更改した[117]

選手としての特徴

[編集]
2023年シーズンの投球データ[118]
球種 配分
%
平均球速
km/h
被打率
ストレート 40.1 145.2 .310
カットボール 19.9 136.9 .289
スライダー 14.0 129.1 .343
フォーク 13.8 131.4 .141
チェンジアップ 12.2 119.6 .121

191cmの長身から角度のあるストレート[119]チェンジアップフォーク[101]カットボール[120]スライダーカーブ[121]と多彩な変化球を操る[119]。ストレートの最速は152km/hを計測している[60]

50メートル走は5秒7の俊足を誇る[122]。瞬発力系の能力が高く、日本ハムのチーム内では野手を抑えトップレベルを誇るという[71]

プロ入り当時の一軍監督であった栗山英樹が入団当初から二刀流の可能性を言及し、投手一本で上原がプロ4年目を迎えた際も「オレは、まだ諦めていない」と評価されるほど[123]、野手としても底知れないポテンシャルを秘めており、栗山監督が退任した2021年秋に稲葉篤紀GMからの打診と栗山氏の後押しもあり、二刀流挑戦を発表した[71]。2022年からの2年間の一軍戦では、セ・パ交流戦で先発登板時に打席に立つことがあったのみで、一軍で野手として出場した経験はない[124]

人物

[編集]

愛称は「うえけん[125]

2023年11月26日に一般女性との結婚を発表した[126]

詳細情報

[編集]

年度別投手成績

[編集]




















































W
H
I
P
2016 日本ハム 1 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 4 1.0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 1.00
2017 9 6 0 0 0 1 5 0 0 .167 166 34.2 44 7 20 0 0 29 1 0 27 24 6.23 1.85
2018 10 6 0 0 0 4 0 0 0 1.000 158 37.1 34 3 11 0 1 24 1 0 15 13 3.13 1.21
2019 13 8 0 0 0 1 3 0 0 .250 195 45.1 53 7 9 1 0 30 6 1 31 28 5.56 1.37
2020 7 7 0 0 0 1 3 0 0 .250 149 34.1 37 3 12 1 0 28 3 0 20 17 4.46 1.43
2021 11 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 47 11.1 8 0 6 1 0 11 0 0 5 5 3.97 1.24
2022 25 11 0 0 0 3 5 0 1 .375 302 73.1 73 2 21 0 3 59 2 0 28 26 3.19 1.28
2023 19 18 0 0 0 4 7 0 0 .364 424 101.1 101 7 22 1 4 74 0 0 40 31 2.75 1.21
通算:8年 95 56 0 0 0 14 23 0 2 .378 1445 338.2 351 29 101 4 5 256 13 1 166 144 3.83 1.33
  • 2023年度シーズン終了時

年度別打撃成績

[編集]
















































O
P
S
2016 日本ハム 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2017 9 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2018 10 2 2 1 1 0 0 1 4 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .500 .500 2.000 2.500
2019 13 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
2020 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2021 11 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2022 25 5 5 1 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .200 .200 .400 .600
2023 19 4 4 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1 .250 .250 .250 .500
通算:8年 95 14 14 2 3 1 0 1 7 1 0 0 0 0 0 0 0 9 1 .214 .214 .500 .714
  • 2023年度シーズン終了時

年度別守備成績

[編集]


投手 外野手
























2016 日本ハム 1 0 0 0 0 ---- -
2017 9 2 6 0 0 1.000 -
2018 10 1 4 2 0 .714 -
2019 13 1 9 0 0 1.000 -
2020 7 3 8 0 0 1.000 -
2021 11 0 3 0 1 1.000 -
2022 25 3 9 0 0 1.000 2 1 0 0 0 1.000
2023 19 10 19 0 2 1.000 -
通算 95 20 58 2 3 .975 2 1 0 0 0 1.000
  • 2023年度シーズン終了時

記録

[編集]
初記録
投手記録
打撃記録

背番号

[編集]
  • 20(2016年 - )

登場曲

[編集]

代表歴

[編集]

脚注

[編集]

出典

[編集]
  1. ^ 日本ハム - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2023年12月2日閲覧。
  2. ^ 【日本ハム1位】上原健太 スケール抜群1メートル90左腕 最速151キロスポニチアネックス 2015年10月22日配信
  3. ^ 日本 韓国に8―0快勝 4投手で計15K ユニバ夏季大会スポニチアネックス 2015年7月7日配信
  4. ^ ハムドラ1の明大・上原が仮契約 大学生ドラ1最強投手誓うスポニチアネックス 2015年11月12日配信
  5. ^ ハムドラ1上原 “星野魂”継承誓う 伝説の大先輩背番「20」スポニチアネックス 2015年11月22日配信
  6. ^ ハム ドラ1&2投手を米キャンプ抜てき 先発か中継ぎか見極め”. Sponichi Annex (2015年12月27日). 2023年2月25日閲覧。
  7. ^ 日ハムドラ1上原に紅白戦で洗礼 初回8失点、1死しか取れず“強制終了” Full-Count 2016年2月20日配信
  8. ^ 日本ハム 上原、オフ体重増へ「1日7食」目標87→90キロでスタミナUPだ”. Sponichi Annex (2016年12月30日). 2023年2月25日閲覧。
  9. ^ 【30日の公示】引退表明の日本ハム・武田勝、ロッテはチェンを登録”. Sponichi Annex (2016年9月30日). 2023年2月25日閲覧。
  10. ^ 日ハムのドラ1上原がデビュー 1回1安打無失点、最速147キロをマーク”. Full-Count (2016年9月30日). 2023年2月25日閲覧。
  11. ^ ☆球団別年俸ランキング【日本ハム編】”. BASEBALL KING (2016年12月1日). 2023年2月25日閲覧。
  12. ^ 日本ハム 大谷、大野らアリゾナキャンプ参加 ドラ2石井一が1軍スタート”. Sponichi Annex (2017年1月17日). 2023年2月25日閲覧。
  13. ^ 日本ハム上原、ドレイクら登録/プロ野球3日公示”. 日刊スポーツ (2017年7月3日). 2023年2月25日閲覧。
  14. ^ 楽天則本、DeNA浜口ら抹消/プロ野球13日公示”. 日刊スポーツ (2017年7月13日). 2023年2月25日閲覧。
  15. ^ ハム上原ほろ苦初黒星 栗山監督は及第点「投げ姿は良かった」”. Sponichi Annex (2017年7月24日). 2023年2月25日閲覧。
  16. ^ 「本当なら2軍落ち」―日ハム上原、プロ初勝利で次々とあふれた感謝の言葉”. Full-Count (2017年8月21日). 2023年2月25日閲覧。
  17. ^ 日本ハム上原、左手流血なんの5回0封でプロ初勝利.日刊スポーツ 2017年8月21日掲載
  18. ^ 2017年8月20日 【公式戦】 試合結果 (北海道日本ハムvs埼玉西武)”. 日本野球機構. 2023年2月25日閲覧。
  19. ^ DeNA石川、西武坂田ら登録/23日公示”. 日刊スポーツ (2017年8月23日). 2023年2月25日閲覧。
  20. ^ ハム、栗山政権ワースト79敗… 投打に見せ場なく3安打零敗”. Sponichi Annex (2017年9月20日). 2023年2月25日閲覧。
  21. ^ ハム上原が現状維持1200万円で更改、来季1軍定着へフォームを大胆改造”. Full-Count (2017年11月29日). 2023年2月25日閲覧。
  22. ^ 清宮は外れる日本ハム開幕1軍登録メンバー一覧.日刊スポーツ 2018年3月29日配信
  23. ^ 【21日の公示】阪神は藤浪、島本を抹消、ハムは新垣、ロッテは大木を登録”. Sponichi Annex (2018年4月21日). 2023年2月25日閲覧。
  24. ^ 日本ハム 延長10回鶴岡V打 対西武4連勝”. Sponichi Annex (2018年5月26日). 2023年2月25日閲覧。
  25. ^ 阪神モレノら登録 阪神マテオら抹消/27日公示”. 日刊スポーツ (2018年5月27日). 2023年2月25日閲覧。
  26. ^ 2018年6月18日 【公式戦】 試合結果 (広島東洋vs北海道日本ハム)”. 日本野球機構. 2023年2月25日閲覧。
  27. ^ 日本ハム・上原 第2の故郷で投打に躍動 プロ2打席目1号は「まぐれです」.スポニチアネックス 2018年6月18日配信
  28. ^ 沖縄出身のハム上原 27日ソフトB戦凱旋先発へ”. Sponichi Annex (2018年6月26日). 2023年2月25日閲覧。
  29. ^ 2018年6月27日 【公式戦】 試合結果 (北海道日本ハムvs福岡ソフトバンク)”. 日本野球機構. 2023年2月25日閲覧。
  30. ^ 5日の予告先発 巨人・山口俊―DeNA・今永、日本ハム・上原―西武・多和田”. Sponichi Annex (2018年7月4日). 2023年2月25日閲覧。
  31. ^ 7/5 対北海道日本ハム戦 雨天中止のお知らせ”. 埼玉西武ライオンズ (2018年7月5日). 2023年2月25日閲覧。
  32. ^ 6日の公示 楽天・則本を抹消、実松を登録”. Sponichi Annex (2018年7月6日). 2023年2月25日閲覧。
  33. ^ 2018年9月27日 【公式戦】 試合結果 (オリックスvs北海道日本ハム)”. 日本野球機構. 2023年2月25日閲覧。
  34. ^ 2018年10月4日 【公式戦】 試合結果 (東北楽天vs北海道日本ハム)”. 日本野球機構. 2023年2月25日閲覧。
  35. ^ 2018年10月11日 【公式戦】 試合結果 (北海道日本ハムvs千葉ロッテ)”. 日本野球機構. 2023年2月25日閲覧。
  36. ^ a b 【日本ハム】上原、500万円増 来季は「1年間ローテ守り、2ケタ勝利狙う」”. スポーツ報知 (2018年11月30日). 2023年2月25日閲覧。
  37. ^ 2018年度 北海道日本ハムファイターズ 個人投手成績(パシフィック・リーグ)”. 日本野球機構. 2023年2月25日閲覧。
  38. ^ 巨人1位高橋ら登録、ロッテ石川ら抹消/4日公示”. 日刊スポーツ (2019年4月4日). 2023年2月25日閲覧。
  39. ^ 佑にオープナーの可能性 ローテ谷間の4・4楽天戦”. Sponichi Annex (2019年3月31日). 2023年2月25日閲覧。
  40. ^ 佑、ショートスターター失敗 2回途中3失点で黒星”. Sponichi Annex (2019年4月5日). 2023年2月25日閲覧。
  41. ^ 日本ハム上原「抑えないと」中盤リズム崩れ悔やむ”. 日刊スポーツ (2019年4月9日). 2023年2月25日閲覧。
  42. ^ 日本ハム上原が猛省8失点「踏ん張りきれなかった」”. 日刊スポーツ (2019年4月16日). 2023年2月25日閲覧。
  43. ^ 【17日の公示】阪神 3戦連続7失点のガルシアを抹消 ドラ4斎藤が昇格”. Sponichi Annex (2019年4月17日). 2023年2月25日閲覧。
  44. ^ 日本ハム・上原「責任と緊張感ある」 今季初白星懸け27日ソフトB戦先発”. Sponichi Annex (2019年4月26日). 2023年2月25日閲覧。
  45. ^ 2敗目の日ハム上原が抱える悩み「ボール球を投げたいのに、ストライクに…」”. Full-Count (2019年4月28日). 2023年2月25日閲覧。
  46. ^ 2019年5月4日 【公式戦】 試合結果 (千葉ロッテvs北海道日本ハム)”. 日本野球機構. 2023年2月25日閲覧。
  47. ^ 【5日の公示】オリ、メネセス&成瀬を抹消 巨人は田口を登録”. Sponichi Annex (2019年5月5日). 2023年2月25日閲覧。
  48. ^ 2019年5月19日 【公式戦】 試合結果 (福岡ソフトバンクvs北海道日本ハム)”. 日本野球機構. 2023年2月25日閲覧。
  49. ^ 2019年5月23日 【公式戦】 試合結果 (北海道日本ハムvs東北楽天)”. 日本野球機構. 2023年2月25日閲覧。
  50. ^ 2019年5月25日 【公式戦】 試合結果 (埼玉西武vs北海道日本ハム)”. 日本野球機構. 2023年2月25日閲覧。
  51. ^ 2019年6月2日 【公式戦】 試合結果 (オリックスvs北海道日本ハム)”. 日本野球機構. 2023年2月25日閲覧。
  52. ^ 【10日の公示】巨人 加藤脩平を支配下登録 楽天はオコエを抹消”. Sponichi Annex (2019年6月10日). 2023年2月25日閲覧。
  53. ^ 【21日の公示】巨人・桜井、DeNA・阪口ら抹消”. Sponichi Annex (2019年6月21日). 2023年2月25日閲覧。
  54. ^ 2019年6月9日 【公式戦】 試合結果 (阪神vs北海道日本ハム)”. 日本野球機構. 2023年2月25日閲覧。
  55. ^ 2019年6月20日 【公式戦】 試合結果 (横浜DeNAvs北海道日本ハム)”. 日本野球機構. 2023年2月25日閲覧。
  56. ^ 2019年8月27日 【公式戦】 試合結果 (北海道日本ハムvs埼玉西武)”. 日本野球機構. 2023年2月25日閲覧。
  57. ^ 2019年8月30日 【公式戦】 試合結果 (東北楽天vs北海道日本ハム)”. 日本野球機構. 2023年2月25日閲覧。
  58. ^ 【日本ハム】上原が現状維持でサイン オフは“二郎系“ガッツリトレ”. スポーツ報知 (2019年11月29日). 2023年2月25日閲覧。
  59. ^ 日本ハム上原“バケモノ化”で左のエースの座を狙う”. 日刊スポーツ (2020年12月8日). 2023年2月25日閲覧。
  60. ^ a b 【日本ハム】今季初先発の上原健太、5回2安打無失点も初勝利スルリ…9回秋吉亮がまさかの5失点で逆転負け”. スポーツ報知 (2020年9月3日). 2023年2月25日閲覧。
  61. ^ 日本ハム・上原 9回力尽きて2失点…力投も援護なく「乗り越えたかったけど、そう甘くない」”. Sponichi Annex (2020年9月17日). 2023年2月25日閲覧。
  62. ^ 日本ハム・上原、覚醒1勝 遅れてきた「和製ランディ」制球難克服1四球9K「やっと勝てた」”. Sponichi Annex (2020年9月25日). 2023年2月25日閲覧。
  63. ^ 【19日の公示】ヤクルト・星を登録 ロッテ・美馬、オリ・宮城、DeNA・上茶谷ら抹消”. Sponichi Annex (2020年10月19日). 2023年2月25日閲覧。
  64. ^ 2020年11月9日 【公式戦】 試合結果 (千葉ロッテvs北海道日本ハム)”. 日本野球機構. 2023年2月25日閲覧。
  65. ^ 日本ハム上原は現状維持「成長していける確信」”. 日刊スポーツ (2020年12月8日). 2023年2月25日閲覧。
  66. ^ 日本ハム・上原 今季1軍初登板で1回を無失点 ギータを三振斬り”. Sponichi Annex (2021年9月12日). 2023年2月25日閲覧。
  67. ^ 【9日の公示】ロッテ加入の小窪が初昇格 巨人・ビエイラ、広島・堂林ら抹消”. Sponichi Annex (2021年9月9日). 2023年2月25日閲覧。
  68. ^ 日本ハム・上原、守護神転向も 栗山監督プラン明かす「右左の打者関係なく投げる」”. Sponichi Annex (2021年9月28日). 2023年2月25日閲覧。
  69. ^ 【18日の公示】ロッテ柿沼を骨折完治で登録 日本ハムR・ロドリゲス肉離れ抹消”. Sponichi Annex (2021年10月18日). 2023年2月25日閲覧。
  70. ^ 2021年度 北海道日本ハムファイターズ 個人投手成績(パシフィック・リーグ)”. 日本野球機構. 2023年2月25日閲覧。
  71. ^ a b c “日本ハム上原健太「二刀流」挑戦 栗山前監督が後押し「とりあえずやれ」”. 日刊スポーツ. (2021年11月14日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202111140000540.html 2021年12月16日閲覧。 
  72. ^ 日本ハム上原健太ダウン更改「この程度で済んでよかった額」来季は二刀流”. 日刊スポーツ (2021年12月2日). 2023年2月25日閲覧。
  73. ^ 【1日の公示】西武・山川が抹消 コロナ陽性6選手の楽天は大量8人入れ替え”. Sponichi Annex (2022年4月1日). 2023年2月25日閲覧。
  74. ^ 2022年4月27日 【公式戦】 試合結果 (北海道日本ハムvsオリックス)”. 日本野球機構. 2023年2月25日閲覧。
  75. ^ 日本ハム・新庄監督 上原の交流戦二刀流デビュー示唆「先発して打つ方と投げる方を見たい」”. Sponichi Annex (2022年5月17日). 2023年2月25日閲覧。
  76. ^ 【12日の公示】オリックスがマッカーシー外野手を支配下登録 巨人・菅野が復帰”. Sponichi Annex (2022年5月12日). 2023年2月25日閲覧。
  77. ^ 【ファーム情報】楽天・辛島がリーグ単独トップ4勝 阪神ドラ3・桐敷1勝目 広島・宇草は決勝3号ソロ”. Sponichi Annex (2022年5月17日). 2023年2月25日閲覧。
  78. ^ 日本ハム・上原 本格的“二刀流デビュー”へ!ヤクルト戦は「8番・投手」でスタメン”. Sponichi Annex (2022年5月25日). 2023年2月25日閲覧。
  79. ^ 二刀流挑戦中の日本ハム・上原 二塁打放ち無失点投球も無念降板「5回投げ切りたかった」”. Sponichi Annex (2022年5月26日). 2023年2月25日閲覧。
  80. ^ 日本ハム・上原2年ぶり白星 思い出の地・マツダに感謝「この球場に勝たせてもらっている」”. Sponichi Annex (2022年6月2日). 2023年2月25日閲覧。
  81. ^ 日本ハム上原「足つる前に代えられました」1カ月ぶり1軍マウンド 同郷の東浜に投げ勝った8回無失点”. Sponichi Annex (2022年8月3日). 2023年2月25日閲覧。
  82. ^ 【日本ハム】上原健太2400万円更改「やること増え、ものすごく充実」二刀流は来季も継続意欲”. 日刊スポーツ (2022年12月1日). 2022年12月4日閲覧。
  83. ^ 2022年度 北海道日本ハムファイターズ 個人投手成績(パシフィック・リーグ)”. 日本野球機構. 2023年2月25日閲覧。
  84. ^ 二刀流挑戦の日本ハム上原 フェニックスLは野手専念「一人の野手として見てもらえるレベルまで」”. Sponichi Annex (2022年10月9日). 2023年2月25日閲覧。
  85. ^ 日本ハムの二刀流・上原が800万円増で契約更改 「評価ゼロ」だった野手でも1軍出場目指す”. Sponichi Annex (2022年12月2日). 2023年2月25日閲覧。
  86. ^ 日本ハム・上原 4回1失点の好投!開幕ローテ入り猛アピール”. Sponichi Annex (2023年3月13日). 2023年6月1日閲覧。
  87. ^ 【ファーム情報】日本ハム 上原が二刀流出場で6回無失点で白星。打っては1安打1打点”. Sponichi Annex (2023年3月19日). 2023年6月1日閲覧。
  88. ^ 【日本ハム】新球場の門出祝う! 来季3月30日に他球団にさきがけ1試合だけの開幕戦、日程承認”. 中日スポーツ (2022年8月8日). 2023年6月1日閲覧。
  89. ^ 佐々木朗希が帰国後初先発。加藤貴之との投げあい”. パ・リーグ.com (2023年4月5日). 2023年6月1日閲覧。
  90. ^ 宮城大弥、上原健太の両左腕が今季初登板”. パ・リーグ.com (2023年4月6日). 2023年6月1日閲覧。
  91. ^ 日本ハム・上原健太は5回3失点 守備の乱れもありペースつかめず「踏ん張りたかったが…」”. サンスポ (2023年4月7日). 2023年6月1日閲覧。
  92. ^ 2023年4月7日 【公式戦】 試合結果 (オリックスvs北海道日本ハム)”. 日本野球機構. 2023年6月1日閲覧。
  93. ^ 日本ハム・上原がベンチで大粒の涙「とても悔しい」 五回、2死満塁で途中降板”. デイリースポーツ (2023年4月16日). 2023年6月1日閲覧。
  94. ^ 日本ハム・新庄監督、三回KOの上原に苦言「いいもの持っているけど…ピリっとしてほしい」 サヨナラ負けも打線の粘り評価”. デイリースポーツ (2023年4月23日). 2023年6月1日閲覧。
  95. ^ 【27日の公示】広島・大瀬良は左太腿裏の炎症で抹消 阪神は伊藤将、ソフトバンクは森を登録”. Sponichi Annex (2023年4月27日). 2023年6月1日閲覧。
  96. ^ a b 日本ハム・上原 6回1失点で今季初白星 好投の裏にフォーク「今日のベストボールだった」”. Sponichi Annex (2023年5月31日). 2023年6月1日閲覧。
  97. ^ 交流戦開幕投手は上原健太 万波中正が打撃好調”. パ・リーグ.com (2023年5月29日). 2023年6月1日閲覧。
  98. ^ 2023年5月30日 【公式戦】 試合結果 (北海道日本ハムvs東京ヤクルト)”. 日本野球機構. 2023年6月1日閲覧。
  99. ^ 【日本ハム】二刀流の上原健太、力投&今季初安打マークも勝ち星ならず「しっかり反省したい」”. 日刊スポーツ (2023年6月20日). 2023年7月27日閲覧。
  100. ^ 【日本ハム】上原健太、地元沖縄で同県出身の与座と投げ合い「勝てるよう試合作る」28日西武戦”. 日刊スポーツ (2023年6月27日). 2023年7月27日閲覧。
  101. ^ a b 《岩本勉のガン流F論》見事だった上原のピッチング ただ、意地をもってもらわなアカンで!”. 道新スポーツ (2023年6月28日). 2023年7月27日閲覧。
  102. ^ 日本ハム零封負けも…上原&梅林バッテリーにネット反響「来週も見たい」「2軍に下げないで」”. Sponichi Annex (2023年6月28日). 2023年7月27日閲覧。
  103. ^ 【29日の公示】阪神・村上、広島・野村、中日・松葉を登録 ロッテ・福田秀平ら3選手抹消”. Sponichi Annex (2023年6月29日). 2023年7月27日閲覧。
  104. ^ 日本ハム上原健太、ソフトバンク笠谷俊介を登録 日本ハム・アルカンタラら抹消/9日公示”. 日刊スポーツ (2023年7月9日). 2023年7月27日閲覧。
  105. ^ 日本ハム・新庄監督 7・9ロッテ戦で新加入の山本―郡司を先発へ「職業、モチベーターなんで」”. Sponichi Annex (2023年6月30日). 2023年7月27日閲覧。
  106. ^ 中日から獲得の山本拓実&郡司裕也、新庄監督が予告通り先発バッテリーで起用 郡司は3番【日本ハム】”. 中日スポーツ (2023年7月9日). 2023年7月27日閲覧。
  107. ^ 2023年7月9日 【公式戦】 試合結果 (北海道日本ハムvs千葉ロッテ)”. 日本野球機構. 2023年7月27日閲覧。
  108. ^ 日本ハムがまさかのミス連発 3回までに内野3選手で3失策 清宮落球、奈良間ベース踏まず 上原は負傷降板で踏んだり蹴ったり”. デイリースポーツ (2023年8月3日). 2023年8月14日閲覧。
  109. ^ 日本ハム・上原健太が左手に打球受け緊急降板  ロッテ戦の三回”. サンスポ (2023年8月2日). 2023年8月14日閲覧。
  110. ^ 2023年8月2日 【公式戦】 試合結果 (千葉ロッテvs北海道日本ハム)”. 日本野球機構. 2023年8月14日閲覧。
  111. ^ a b 左手中指の打撲から復帰の上原「コンちゃんにどれだけ通用するか」 13日のソフトバンク戦に先発”. 道新スポーツ (2023年8月12日). 2023年8月14日閲覧。
  112. ^ 巨人オコエ瑠偉、オリックス・ワゲスパックら登録 巨人丸佳浩、中日メヒアら抹消/3日公示”. 日刊スポーツ (2023年8月3日). 2023年8月14日閲覧。
  113. ^ 8年目左腕の上原 故障明けで〝奮投〟2勝目 「寅威さんが頭をフル回転させ、リードしてくれた」”. 道新スポーツ (2023年8月13日). 2023年8月14日閲覧。
  114. ^ 【日本ハム】上原健太、説明不能な快投で2勝目「なんで抑えられたのか」ボールの質「全部微妙」”. 日刊スポーツ (2023年8月13日). 2023年8月14日閲覧。
  115. ^ 【日本ハム】上原健太が「人生初」の9回無失点 建山投手コーチ「文句のつけようがない」”. スポーツ報知 (2023年8月20日). 2023年10月6日閲覧。
  116. ^ 2023年度 北海道日本ハムファイターズ 個人投手成績(パシフィック・リーグ)”. 日本野球機構. 2023年10月6日閲覧。
  117. ^ 木下大輔. “【日本ハム】上原健太1600万円アップ!明大先輩の山崎福加入に「厄介な…ライバルが来たな」 - プロ野球 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2024年3月1日閲覧。
  118. ^ 上原 健太(北海道日本ハムファイターズ):プロ野球 選手名鑑【SPAIA】”. SPAIA. 2024年3月2日閲覧。
  119. ^ a b 日本ハムの二刀流・上原、チャレンジ1歩目から好スタート”. 高校野球ドットコム (2022年2月9日). 2023年8月29日閲覧。
  120. ^ 【日本ハム】上原健太4回0封で自身初の開幕ローテ前進「一番の内容だった」建山投手コーチ”. 日刊スポーツ (2023年3月13日). 2023年8月29日閲覧。
  121. ^ 日本ハムの新二刀流・上原が5回途中無失点投球&左中間二塁打と躍動”. 東京スポーツ (2022年5月25日). 2023年8月29日閲覧。
  122. ^ 日ハム1位・上原 運動万能夫婦に育まれた“豪脚”誕生秘話” (2015年11月17日). 2018年11月30日閲覧。
  123. ^ 日本ハム上原「二刀流」栗山監督も探るほど高評価”. 日刊スポーツ (2019年6月18日). 2023年8月29日閲覧。
  124. ^ 【日本ハム】上原健太、来季も投打二刀流を継続 クビ覚悟も「ひっそりと続けていこうかなと」」『日刊スポーツ』2023年12月1日。2023年12月6日閲覧。
  125. ^ 《FIGHTERS GIRLS SERIES 2022》ファイターズ推し選手権―推しは宝物―推しナイン決定&ニックネーム発表”. 北海道日本ハムファイターズ. 2023年6月25日閲覧。
  126. ^ 【日本ハム】上原健太が一般女性と結婚「家族のためにも、より一層結果を求めて」15年のドラ1左腕”. スポーツ報知 (2023年11月26日). 2024年3月2日閲覧。

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]