コンテンツにスキップ

石川直也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石川 直也
北海道日本ハムファイターズ #51
2018年3月14日 マツダスタジアム
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山形県東田川郡余目町(現:庄内町
生年月日 (1996-07-11) 1996年7月11日(28歳)
身長
体重
192 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2014年 ドラフト4位
初出場 2016年9月30日
年俸 3500万円(2024年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

石川 直也(いしかわ なおや、1996年7月11日 - )は、山形県東田川郡余目町(現:庄内町)出身[2]プロ野球選手投手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズ所属。

経歴

[編集]

プロ入り前

[編集]

余目第二小学校3年生から「余目スポーツ少年団」で野球を始め[3]余目中学校の軟式野球部では投手としてプレーし、東北大会に出場経験がある[4]

山形中央高校では1年生の秋にベンチ入りすると[2]、2年時には春の選抜大会へ出場。大会直前の練習試合で右目下を負傷し、3日間の入院で体重が3kg減り、本調子には遠かったが[5]、初戦の岩国商業戦の9回に登板してリードを守り、春夏通じて3度目の甲子園で同校に初勝利をもたらした[6]。続く浦和学院戦でも登板したが、チームは1-11で3回戦敗退[7]。3年時は夏の甲子園に出場し、1回戦の小松戦で先発するも4回途中6失点で降板[8]。ただ、チームが逆転勝ちすると[9]、2回戦の東海大四戦では6回からリリーフ登板し、7回には自己最速の148km/hを計測。延長10回まで無失点に抑え、山形の公立勢では初の甲子園2勝に導いた[8]。続く健大高崎戦では3回途中から登板し、10安打3失点を喫しながらも最後まで投げ抜いたが、チームは3-8で敗れ、3回戦敗退となった[10]

2014年10月23日に行われたドラフト会議北海道日本ハムファイターズに4位指名を受け[11]、11月10日の入団交渉にて、契約金3000万円、年俸520万円(金額は推定)で仮契約を結んだ[3]背番号51[12]

日本ハム時代

[編集]

2015年4月28日、チームメイトの清水優心淺間大基と共に「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」のNPB選抜に選出されたことが発表された[13][14]。6月29日に行われたこの試合では、5回に5番手として救援登板し、1イニングを2奪三振を含む3者凡退に抑えた[15]イースタン・リーグでは最長3イニングと限定された中で12試合に登板[16]。20イニングを投げて、1勝1敗1セーブ・防御率7.65[17]と経験を積み、最速151km/hまで球速を伸ばしたが、8月に右肩痛を発症[16]。ルーキーイヤーでの一軍登板は無かった。

2016年、前年の右肩痛をきっかけにフォーム変更に取り組み、春季キャンプからフォーム固めにまい進した[16]。イースタン・リーグで40試合に登板し、51イニングを投げて50奪三振・防御率3.53を記録すると[18]、同リーグ全日程終了後の9月30日に一軍初昇格[19]。同日の千葉ロッテマリーンズ戦、2点リードの8回表に5番手でプロ初登板し、1回1四球無失点の内容でプロ初ホールドを記録した[20]。オフに20万円増となる推定年俸540万円で契約を更改した[21]

2017年は春季キャンプを一軍でスタートすると[22]、実戦で好投を続け[23][24]、中継ぎとして自身初の開幕一軍入りを果たした[25]。5月31日に出場選手登録を抹消され[26]、7月6日に再登録[27]。8月14日の抹消後[28]は二軍で先発調整となり[29]、9月3日のロッテ戦でプロ初先発し、5回2失点で勝敗は付かなかった[30]。その後も2試合に先発し[31][32]、この年は37試合(3先発)の登板で0勝1敗7ホールド・防御率4.35を記録。オフに760万円増となる推定年俸1300万円で契約を更改した[33]

2018年、前年オフに守護神の増井浩俊がFA移籍、セットアッパーのマーティンが退団し、開幕クローザー最有力であった鍵谷陽平も故障で離脱し、抑えとして開幕を一軍で迎えた[34][35]。3月31日の埼玉西武ライオンズ戦、1点ビハインドの9回表からシーズン初登板となり、4失点を喫したものの[36]、4月3日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では2点リードの9回裏から登板し、2奪三振を含む3者凡退の好投でプロ初セーブを挙げた[35]。ただ、4月18日の西武戦では1死も奪えずに逆転サヨナラ負けを喫するなど[37]不調時に大きく崩れる傾向があり、同20日の福岡ソフトバンクホークス戦で1回1安打2四球無失点の内容でセーブを挙げた[38]のを最後にセットアッパーへ配置転換[39]。その後は復調し、6月27日のソフトバンク戦ではプロ初勝利を挙げると[40]、抑えに復帰したものの[41]、右内転筋肉離れで7月25日に登録抹消[42]。8月23日に再登録され[43]、9月1日のロッテ戦で復帰後初セーブを挙げると[44]、シーズン終了まで抑えを務めた[45]。この年は52試合の登板で1勝2敗18ホールド19セーブ・防御率2.59を記録し、オフに2100万円増となる推定年俸3400万円で契約を更改した[46]

2019年はアリゾナ春季キャンプの帰国後から調子を落とし[47]、抑えとして開幕を一軍で迎えたものの、不調で4月5日に登録抹消[48]。5月1日に一軍へ昇格し[49]、6月1日のオリックス・バファローズ戦では2年ぶりにイニングをまたぎ、2回5奪三振無失点と好投する[50]など復調を見せ、守護神の秋吉亮が離脱すると代役で抑えを務めた[51][52]。秋吉の復帰後はセットアッパーを務め、この年は60試合の登板で3勝2敗21ホールド5セーブ・防御率3.31を記録。オフに2200万円増となる推定年俸5600万円で契約を更改した[53]

2020年は春季キャンプ終盤に右肘の違和感を訴え、出遅れた[54]。新型コロナウイルスの影響で開幕延期となったが、自主練習中の4月上旬に痛みが再発し[55]、6月19日の開幕にも間に合わなかった[56]。7月30日、西武とのイースタン・リーグ公式戦で実戦復帰したが[54]、右肘を気にするような素振りを見せて緊急降板[57]。その後、8月20日に右肘の内側側副靭帯再建手術を受けたことが球団から発表され[58]、残りのシーズンはリハビリに励んだ[54]。ルーキーイヤー以来となる一軍登板なしに終わり、オフに1100万円減となる推定年俸4500万円で契約を更改した[59]

2021年8月に二軍で実戦復帰する見通しであったが[60]、実際にイースタン・リーグ公式戦で登板することは無かった。10月のフェニックス・リーグで実戦復帰を果たし、最速148km/hを計測した[61]。オフに500万円減となる推定年俸4000万円で契約を更改した[62]

2022年は開幕を二軍で迎え、イースタン・リーグでは11試合に登板して防御率0.82と結果を残すと、5月7日に出場選手登録[63]。翌8日の西武戦で954日ぶりの一軍登板を果たし、先頭打者に二塁打を許したものの、その後は3者連続奪三振に抑え、1イニングを無失点に抑えた[64]。5月24日の東京ヤクルトスワローズ戦では復帰後初ホールド[65]、26日の同カードでは復帰後初勝利を挙げるなど[66]結果を残すと、宮西尚生堀瑞輝の不調もあって[67][68]勝ちパターンの一角を担うようになり、7月1日のオリックス戦では復帰後初セーブを挙げた[69]。ただ、同17日に無症状ながら新型コロナウイルス陽性判定を受け[70]、8月19日に一軍復帰を果たしたが[71]、9月は2度のセーブ失敗があったなど[72][73]、復帰後は不安定な投球が目立った。本人も「スピードが戻ってこなかった」と話したように[74]、この年はシーズンを通して本来の球速を取り戻せなかったものの、36試合の登板で2勝2敗8ホールド6セーブ・防御率3.94を記録。オフに現状維持となる推定年俸4000万円で契約を更改した[75]

2023年は抑えとして開幕を一軍で迎え、チームが開幕から苦しんだこともあり[76]、開幕17試合目のロッテ戦で初のセーブ機会となり、1イニングを無失点に抑えてシーズン初セーブを挙げた[77]。しかし、この試合で左内転筋に違和感を覚え、4月21日に精密検査を受けると、左内転筋付着部肉離れと診断され、翌22日に出場選手登録を抹消された[78]。5月27日の二軍戦で実戦復帰し[79]、8月4日に出場選手登録され[80]、翌5日のソフトバンク戦で一軍復帰登板を果たした[81]。ただ、ストレートが走らず、制球面でも安定感を欠いており、9月12日のオリックス戦では3点ビハインドの9回表に登板するも[82]森友哉に3ランホームランを打たれるなど、1回2安打1四球3失点。これが2試合連続の失点となり[83]、試合後に新庄剛志監督は「投げるバランスが悪い。真っすぐも143キロぐらいで、やっぱり148から150キロは投げられる。バランスを取り戻してもらうためにはランニングと体幹のトレーニングと、股関節の柔らかさも大事になってくると思う」とシーズン終了まで石川を二軍で鍛え直す方針を明かした[82]。翌13日に出場選手登録を抹消されて[84]以降の一軍登板はなくシーズンを終え、この年は16試合の登板で0勝0敗3ホールド1セーブ・防御率5.87という成績にとどまった[85]

選手としての特徴

[編集]

長身から投げ下ろす最速156km/hの直球[86]フォークを武器に多くの空振りを奪う[87]。他にもスライダーカーブを投げる[3]

人物

[編集]

プロ1年目にチームメイトの石川慎吾から石川の「石」と直也の「直」を足した『イシチョク』と命名され、その後はイシが取れて『チョク』と呼ばれている[88]

理容組合北海道日本ハムファイターズ後援会が球団とコラボレーションして、毎年の最新ヘアデザインのモデルを若手選手の中よりファン投票で選出している企画「ファイターズスタイル」の2019年度モデルに選ばれた[89][90]

TBSアナウンサー渡部峻は、高校の同級生である。

詳細情報

[編集]

年度別投手成績

[編集]




















































W
H
I
P
2016 日本ハム 1 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 4 1.0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.00 1.00
2017 37 3 0 0 0 0 1 0 7 .000 228 49.2 53 8 28 2 0 51 4 0 24 24 4.35 1.63
2018 52 0 0 0 0 1 2 19 18 .333 204 48.2 44 4 17 1 0 53 1 0 16 14 2.59 1.25
2019 60 0 0 0 0 3 2 5 21 .600 220 54.1 39 6 16 0 1 75 3 0 20 20 3.31 1.01
2022 36 0 0 0 0 2 2 6 8 .500 135 32.0 26 1 13 1 1 37 3 0 14 14 3.94 1.22
2023 16 0 0 0 0 0 0 1 3 ---- 67 15.1 17 1 4 0 1 12 3 0 10 10 5.87 1.37
通算:6年 202 3 0 0 0 6 7 31 58 .462 858 201.0 179 20 79 4 3 228 14 0 84 82 3.67 1.28
  • 2023年度シーズン終了時

年度別守備成績

[編集]


投手












2016 日本ハム 1 0 0 0 0 ----
2017 37 1 2 0 0 1.000
2018 52 2 1 0 0 1.000
2019 60 2 5 0 0 1.000
2022 36 0 5 0 0 1.000
2023 16 0 2 0 0 1.000
通算 202 5 15 0 0 1.000
  • 2022年度シーズン終了時

記録

[編集]
初記録

背番号

[編集]
  • 51(2015年 - )

登場曲

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ 日本ハム - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2023年12月1日閲覧。
  2. ^ a b 山形中央191センチ石川に8球団/山形”. 日刊スポーツ (2014年7月20日). 2021年7月11日閲覧。
  3. ^ a b c ハム4位石川 器用さ生かし変化球磨く”. 日刊スポーツ (2014年11月11日). 2021年7月11日閲覧。
  4. ^ 山形中央高野球部 石川 直也投手 やまがたコミュニティ新聞 ONLINE 2014年11月14日掲載
  5. ^ 山形中央も!東北初の4校突破/センバツ”. 日刊スポーツ (2013年3月28日). 2022年2月21日閲覧。
  6. ^ 強いぞ東北! 山形中央初勝利/センバツ”. 日刊スポーツ (2013年3月27日). 2022年2月21日閲覧。
  7. ^ 山形中央8強ならず…夏こそは/センバツ 日刊スポーツ 2013年3月30日紙面から
  8. ^ a b 山形中央 5回無安打2年生から初戦KOエース継投で完封”. Sponichi Annex (2014年8月20日). 2022年2月21日閲覧。
  9. ^ 山形中央、9回大逆転で初勝利!県勢公立校37年ぶり夏1勝”. Sponichi Annex (2014年8月15日). 2022年2月21日閲覧。
  10. ^ 山形中央 8強逃すも涙なし”. 日刊スポーツ (2014年8月22日). 2022年2月21日閲覧。
  11. ^ 「2014年新人選手選択会議」交渉権獲得選手のお知らせ”. 北海道日本ハムファイターズ 公式サイト (2014年10月23日). 2021年7月11日閲覧。
  12. ^ 札幌市時計台で2014年新入団発表を開催”. 北海道日本ハムファイターズ 公式サイト (2014年11月21日). 2021年7月11日閲覧。
  13. ^ 「侍ジャパン大学日本代表対NPB選抜」出場予定選手について”. 北海道日本ハムファイターズ公式サイト (2015年4月28日). 2015年5月24日閲覧。
  14. ^ 侍J大学代表vsNPB選抜 メンバー発表”. 日本野球機構 (2015年4月28日). 2015年5月24日閲覧。
  15. ^ “2015年度 侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜 試合結果”. NPB.jp. https://npb.jp/bis/scores/exhibition/boxscore2015_1.html 2017年7月23日閲覧。 
  16. ^ a b c 日本ハム石川直151キロ剛球「ポスト大谷」呼び声も”. 日刊スポーツ (2016年2月18日). 2022年2月21日閲覧。
  17. ^ 2015年度 北海道日本ハムファイターズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2022年2月21日閲覧。
  18. ^ 2015年度 北海道日本ハムファイターズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2022年2月21日閲覧。
  19. ^ 【30日の公示】引退表明の日本ハム・武田勝、ロッテはチェンを登録”. Sponichi Annex (2016年9月30日). 2022年2月21日閲覧。
  20. ^ 2016年9月30日 【公式戦】 試合結果 (北海道日本ハムvs千葉ロッテ)”. 日本野球機構. 2022年2月21日閲覧。
  21. ^ 日本ハム石川直20万円増「しっかり体力つけたい」”. 日刊スポーツ (2016年11月15日). 2022年2月21日閲覧。
  22. ^ 日本ハム 大谷、大野らアリゾナキャンプ参加 ドラ2石井一が1軍スタート”. Sponichi Annex (2017年1月17日). 2022年2月21日閲覧。
  23. ^ ハム新星現る!3年目石川直 もう148キロ!初紅白戦2回0封”. Sponichi Annex (2017年2月11日). 2022年2月21日閲覧。
  24. ^ 日本ハム石川直也 長身生かしストレート勝負だ”. 日刊スポーツ (2017年2月17日). 2022年2月21日閲覧。
  25. ^ 2017年シーズン開幕登録選手発表”. 北海道日本ハムファイターズ公式サイト (2017年3月29日). 2021年7月11日閲覧。
  26. ^ ロッテ・サントス、日本ハム斎藤ら登録/31日公示”. 日刊スポーツ (2017年5月31日). 2022年2月21日閲覧。
  27. ^ 巨人畠、日本ハム岡大海ら登録/プロ野球6日公示”. 日刊スポーツ (2017年7月6日). 2022年2月21日閲覧。
  28. ^ 中日ビシエド、ヤクルト由規ら抹消/14日公示”. 日刊スポーツ (2017年8月14日). 2022年2月21日閲覧。
  29. ^ ファーム情報 楽天サヨナラ勝ち!巨人の連勝10で止まる”. Sponichi Annex (2017年8月26日). 2022年2月21日閲覧。
  30. ^ 日本ハム宮西4勝&増井20S、ロッテ二木は8敗目”. 日刊スポーツ (2017年9月3日). 2022年2月21日閲覧。
  31. ^ 日本ハム石川直也「全部甘く」2度目先発5回7失点”. 日刊スポーツ (2017年9月10日). 2022年2月21日閲覧。
  32. ^ 日本ハム石川直也プロ初勝利スルリ…6回の被弾嘆く”. 日刊スポーツ (2017年9月26日). 2022年2月21日閲覧。
  33. ^ 日本ハム石川直也は140%増 来季は「波なくす」”. 日刊スポーツ (2017年11月29日). 2021年7月11日閲覧。
  34. ^ 日本ハム・トンキン→石川直也、勝利の方程式見えた”. 日刊スポーツ (2018年3月21日). 2022年2月21日閲覧。
  35. ^ a b ハム、石川直初Sで今季1勝!21歳・新守護神が4失点の汚名返上”. Sponichi Annex (2018年4月4日). 2022年2月21日閲覧。
  36. ^ ハム石川直 痛恨4失点で目真っ赤「試合を壊してしまった」”. Sponichi Annex (2018年4月1日). 2022年2月21日閲覧。
  37. ^ 日本ハム石川直也、流れ止められず 勝率5割逆戻り”. 日刊スポーツ (2018年4月19日). 2022年2月21日閲覧。
  38. ^ 2018年4月20日 【公式戦】 試合結果 (北海道日本ハムvs福岡ソフトバンク)”. 日本野球機構. 2022年2月21日閲覧。
  39. ^ 日本ハム新方程式披露 石川直也→トンキンで締めた”. 日刊スポーツ (2018年4月25日). 2022年2月21日閲覧。
  40. ^ 日本ハム 両リーグ40勝一番乗り 石川直が好救援 沖縄でプロ初勝利”. Sponichi Annex (2018年6月28日). 2022年2月21日閲覧。
  41. ^ ハム有原が先発復帰へ 調整で登録抹消 石川直が抑え復帰へ”. Sponichi Annex (2018年6月30日). 2022年2月21日閲覧。
  42. ^ ハム石川直、肉離れで抹消 実戦復帰まで3週間”. Sponichi Annex (2018年7月26日). 2022年2月21日閲覧。
  43. ^ 日本ハム宮台ら登録、西武今井ら抹消/23日公示”. 日刊スポーツ (2018年8月23日). 2022年2月21日閲覧。
  44. ^ 日本ハム石川直也10S 北海道移転後2桁S7人目”. 日刊スポーツ (2018年9月2日). 2022年2月21日閲覧。
  45. ^ 日本ハム逆王手、8回2死からつないだ3連続二塁打”. 日刊スポーツ (2018年10月14日). 2022年2月21日閲覧。
  46. ^ 日本ハム・石川直、大幅増3400万円で更改 来季は「セーブ王狙いたい」”. Sponichi Annex (2018年12月5日). 2022年2月21日閲覧。
  47. ^ 日本ハム抑え候補石川直60球締め「開幕ピークで」”. 日刊スポーツ (2019年2月25日). 2022年2月21日閲覧。
  48. ^ 日本ハム・ハンコック初黒星「修正したい」乱調猛省”. 日刊スポーツ (2019年4月7日). 2022年2月21日閲覧。
  49. ^ 【1日の公示】ヤクルト・高橋奎、オリックス・T―岡田ら登録”. Sponichi Annex (2019年5月1日). 2022年2月21日閲覧。
  50. ^ 日本ハム 石川直、力でねじ伏せ意地の2回零封”. Sponichi Annex (2019年6月2日). 2022年2月21日閲覧。
  51. ^ 日本ハム 守護神・秋吉離脱の穴を埋めたのは石川 7球で鯉料理「気持ち良かったです」”. Sponichi Annex (2019年6月11日). 2022年2月21日閲覧。
  52. ^ 輝星の初勝利、救援陣0封リレーでアシスト 石川直が2戦連続S「プロに入って一番緊張した」”. Sponichi Annex (2019年6月13日). 2022年2月21日閲覧。
  53. ^ 日本ハム石川直也2200万円増「セーブ王が目標」”. 日刊スポーツ (2019年12月2日). 2022年2月21日閲覧。
  54. ^ a b c 日本ハム・石川直 リハビリに励む 12月にキャッチボール再開”. Sponichi Annex (2020年11月13日). 2022年2月21日閲覧。
  55. ^ 日本ハム石川直也「もちろん抑え」守護神奪取宣言”. 日刊スポーツ (2020年5月27日). 2022年2月21日閲覧。
  56. ^ 日本ハム栗山監督は総力戦強調、方程式の肝は金子に”. 日刊スポーツ (2020年6月17日). 2022年2月21日閲覧。
  57. ^ "【日本ハム】石川直也が右肘手術 試合復帰まで12か月の見通し「将来のことを見据えて」". スポーツ報知. 報知新聞社. 20 August 2020. 2020年8月20日閲覧
  58. ^ "石川直投手手術終了のお知らせ". 球団HP. 北海道日本ハムファイターズ. 20 August 2020. 2020年8月20日閲覧
  59. ^ 日本ハム石川直也1100万円減「肘の状態はいい」”. 日刊スポーツ (2020年12月9日). 2022年2月21日閲覧。
  60. ^ 日本ハム・石川直 8月にも2軍で実戦復帰へ 昨年8月右肘手術”. Sponichi Annex (2021年7月24日). 2022年2月21日閲覧。
  61. ^ 日本ハム石川直也「セーブ王目指したい」ノー・ブルペンで完全復活だ”. 日刊スポーツ (2021年11月14日). 2022年2月21日閲覧。
  62. ^ 日本ハム石川直也は減額更改「抑えを取るつもりでリハビリした」守護神狙う”. 日刊スポーツ (2021年12月3日). 2022年2月21日閲覧。
  63. ^ 日本ハム・石川直が出場選手登録 20年8月にトミー・ジョン手術受けて以来初”. Sponichi Annex (2022年5月8日). 2022年7月2日閲覧。
  64. ^ 日本ハム・石川直 954日ぶり復帰戦で1回無失点!山川らから3者連続三振奪い「楽しかった」”. Sponichi Annex (2022年5月9日). 2022年7月2日閲覧。
  65. ^ 2022年5月24日 【公式戦】 試合結果 (東京ヤクルトvs北海道日本ハム)”. 日本野球機構. 2022年7月2日閲覧。
  66. ^ 日本ハム・石川直 3季ぶり白星、右肘手術から再起 9回併殺で勝ち越し呼んだ”. Sponichi Annex (2022年5月27日). 2022年7月2日閲覧。
  67. ^ 日本ハム・宮西 2軍で再調整、新庄監督が変化球磨き期待「BOSS組もう一回やってもらいたい」”. Sponichi Annex (2022年6月2日). 2022年7月2日閲覧。
  68. ^ 日本ハム・武田投手コーチ 出場選手登録抹消の左腕・堀について「いち早く状態を上げてほしい」”. Sponichi Annex (2022年6月9日). 2022年7月2日閲覧。
  69. ^ 日本ハム・石川直が3年ぶりセーブ 今度は上沢の白星守り抜いた”. Sponichi Annex (2022年7月2日). 2022年7月2日閲覧。
  70. ^ 日本ハム 島崎投手コーチ、石川直、杉谷がコロナ陽性判定 杉谷は発熱症状 島崎コーチと石川直は無症状”. Sponichi Annex (2022年7月17日). 2023年2月20日閲覧。
  71. ^ 【19日の公示】阪神・大山がコロナ感染から復帰、楽天・オコエは特例2022代替で1軍昇格”. Sponichi Annex (2022年8月19日). 2023年2月20日閲覧。
  72. ^ 日本ハム・伊藤 8回零封も自己新11勝目お預け カット多投で修正「いい勉強になった」”. Sponichi Annex (2022年9月11日). 2023年2月20日閲覧。
  73. ^ 日本ハム・新庄ビッグボス元年 シーズン最下位が確定 大谷ルーキーイヤーの13年以来”. Sponichi Annex (2022年9月18日). 2023年2月20日閲覧。
  74. ^ 日本ハム・石川直が開幕守護神に名乗り 新球場の1セーブ目「取りたい」”. Sponichi Annex (2023年1月14日). 2023年2月20日閲覧。
  75. ^ 石川 現状維持4000万円 来季は完全復活で「セーブ王も取って優勝に貢献したい」”. 道新スポーツ (2022年11月30日). 2023年2月20日閲覧。
  76. ^ 新庄日本ハム 痛恨の4連敗でもう借金8… 観客は今季ワースト更新の15843人 必死の追い上げも1点届かず”. デイリースポーツ (2023年4月19日). 2023年10月14日閲覧。
  77. ^ 石川 今季チーム初セーブ 誕生日の吉井監督へ恩返し”. 道新スポーツ (2023年4月20日). 2023年10月14日閲覧。
  78. ^ 【日本ハム】抑えの石川直也が左内転筋肉離れで出場選手登録抹消 復帰まで約4週間”. スポーツ報知 (2023年4月22日). 2023年10月14日閲覧。
  79. ^ 【日本ハム】石川直也2軍戦で実戦復帰、10球で3者凡退に 昇格は「球の質見て」新庄監督”. 日刊スポーツ (2023年5月27日). 2023年10月14日閲覧。
  80. ^ 巨人横川凱、西武中村剛也ら登録 ヤクルトJ・オスナ、日本ハム杉浦稔大ら抹消/4日公示”. 日刊スポーツ (2023年8月4日). 2023年10月14日閲覧。
  81. ^ 【一問一答】1軍復帰後初登板の石川直也 「良い緊張感で入れた」”. 道新スポーツ (2023年8月5日). 2023年10月14日閲覧。
  82. ^ a b 新庄監督 3ラン被弾の石川を抹消 出直し変身指令「ニュー石川くんを」”. 道新スポーツ (2023年9月12日). 2023年10月14日閲覧。
  83. ^ 【日本ハム】新庄監督「もう2軍に行ってもらって、2軍でも投げささずに」3ラン被弾の石川直也にカミナリ”. スポーツ報知 (2023年9月12日). 2023年10月14日閲覧。
  84. ^ 阪神青柳晃洋、オリックス山崎福也ら登録 阪神西勇輝、ソフトバンク笠谷俊介ら抹消/13日公示”. 日刊スポーツ (2023年9月13日). 2023年10月14日閲覧。
  85. ^ 2023年度 北海道日本ハムファイターズ 個人投手成績(パシフィック・リーグ)”. 日本野球機構. 2023年10月14日閲覧。
  86. ^ 日本ハム石川直也「集中できた」上林三振斬りで雪辱”. 日刊スポーツ (2019年7月15日). 2019年7月15日閲覧。
  87. ^ 日本ハム・石川直也 若き新守護神にアクシデント発生!/わがチームの速球王”. 週刊ベースボールONLINE (2018年8月6日). 2019年8月25日閲覧。
  88. ^ 日本ハム・石川直也投手「清水優心だけはなぜか……」/ニックネーム | 野球コラム”. 週刊ベースボールONLINE (2020年2月2日). 2021年9月27日閲覧。
  89. ^ 日本ハムのおもしろ“髪ラツ”企画 若手選手がヘアデザインのモデルに 今年はダレ?”. ZAKZAK (2015年2月27日). 2020年8月3日閲覧。
  90. ^ ファイターズスタイル”. カットハウスしばた. 2020年8月3日閲覧。
  91. ^ 2017年3月31日(金)北海道日本ハム vs 埼玉西武 成績詳細(出場選手成績)”. 北海道日本ハムファイターズ公式サイト. 2021年7月11日閲覧。

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]