HEROES/微熱(A)girlサマー/つづれ織り〜so far and yet so close〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GLAY > 作品リスト > HEROES/微熱(A)girlサマー/つづれ織り〜so far and yet so close〜
本来の表記は「HEROES/微熱Ⓐgirlサマー/つづれ織り〜so far and yet so close〜」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(「微熱(A)girlサマー」の(A)は丸の中にA(囲み文字)が含まれています詳細
HEROES/微熱Ⓐgirlサマー/つづれ織り〜so far and yet so close〜
GLAYシングル
初出アルバム『-Ballad Best Singles- WHITE ROAD
リリース
規格 CD+DVD、CD
ジャンル ロック
J-POP
時間
レーベル loversoul music & associates
作詞・作曲 TERU
HISASHI
TAKURO
プロデュース GLAY & SEIJI KAMEDA
チャート最高順位
GLAY シングル 年表
百花繚乱/疾走れ!ミライ
2014年
HEROES/微熱Ⓐgirlサマー/つづれ織り〜so far and yet so close〜
2015年
G4・IV
2016年
テンプレートを表示

HEROES/微熱Ⓐgirlサマー/つづれ織り〜so far and yet so close〜」(ヒーローズ/びねつ・ア・ガール・サマー/つづれおり〜ソー・ファー・アンド・イェット・ソー・クローズ〜)は、2015年5月25日にloversoul music & associatesから発売されたGLAYの通算52作目のシングル。

概要[編集]

BLEEZE 〜G4・III〜」「百花繚乱/疾走れ!ミライ」に続く20th Anniversary Year第3弾シングル[3]で、豪華トリプルタイアップシングルとしてリリースされる[3]

発売形態は、CD+DVD盤、CD Only盤に加え、アニメイトオリジナル特典「テレビアニメ『ダイヤのA』書き下しドラマCD」、LoppiHMVオリジナル特典「東京ドームエディションDVD」、G-DIRECTオリジナル特典「テレビアニメ『ダイヤのA』オープニング映像DVD」の購入特典がそれぞれ付く。DVDには、「HEROES」「つづれ織り〜so far and yet so close〜」のミュージック・ビデオ及びメイキングに加え、「GLAY ARENA TOUR 2014-2015 Miracle Music Hunt」のライブ映像「つづれ織り〜so far and yet so close〜」「さくらびと」を収録[3]

今作のアートワーク、「HEROES」のミュージック・ビデオは、「DARK RIVER」を手がけた関和亮が再び担当している[3]

また、発売日同日には、Zepp Tokyoにてニューシングル予約者限定ライブ『NEW SINGLE 「HEROES/微熱Ⓐgirlサマー/つづれ織り〜so far and yet so close〜」presents 東京ドーム前夜祭〜微熱〜girl Tokyo〜』が開催された[4]

収録曲[編集]

CD[編集]

  1. HEROES
    テレビ東京系アニメ『ダイヤのA -SECOND SEASON-』オープニングテーマ[3]
    テレビ神奈川 第97回全国高等学校野球選手権神奈川大会中継テーマソング。
    前作「疾走れ!ミライ」と同様、TERUが作詞・作曲を担当。爽やかなロックナンバーで、夢を追う人々の背中を押す応援ソングとなっている[3]
    また、10年越しとなる東京ドーム公演『20th Anniversary Final GLAY in TOKYO DOME 2015 Miracle Music Hunt Forever』(5月30日・5月31日開催)のテーマソングともなる[3]
  2. 微熱Ⓐgirlサマー
    • 作詞・作曲:HISASHI / 編曲:GLAY & SEIJI KAMEDA
    コンタクト専門店アイシティ 夏のキャンペーンCMソング[5]
    HISASHIが手がけたスカ調のビートサウンドで、爽やかな夏をテーマにしたナンバー[5]
    ドラムにはねごとの澤村小夜子、アレンジ田中知之(FPM)を起用[5]。女性ドラマーを起用したのは、今作が初となる[3]
  3. つづれ織り〜so far and yet so close〜(Live from Miracle Music Hunt 2014-2015)
    • 作詞・作曲:TAKURO / 編曲:GLAY
    バラードベストアルバム『-Ballad Best Singles- WHITE ROAD』収録曲で、全国アリーナツアー『GLAY ARENA TOUR 2014-2015 Miracle Music Hunt』のライブバージョンで収録。
    13thアルバム『MUSIC LIFE』の特典ディスク「BALLAD BEST☆MELODIES」の収録楽曲を選ぶ投票企画で1位を獲得、『GLAY ARENA TOUR 2014-2015 Miracle Music Hunt』での披露による反響により[6]USENリクエスト J-POP HOT30 2015年1月14日付のランキングで1位を獲得[6]、無料映像配信サービス「GYAO!」と写真3000枚を公募しミュージック・ビデオが制作された[3][7]ことなどの話題により、発表から10年を経て初めてシングルカットとなった[8]
  4. Album「MUSIC LIFE」reprise
    13thアルバム『MUSIC LIFE』のメドレー。収録曲は順に「疾走れ!ミライ」「TILL KINGDOM COME」「MUSIC LIFE」「Only Yesterday」「Hospital pm9」「百花繚乱」「妄想コレクター」「祭りのあと」「BLEEZE (ALBUM VER.)」。

DVD[編集]

  • 「HEROES」MUSIC VIDEO
  • 「HEROES」MUSIC VIDEO MAKING
  • 「つづれ織り〜so far and yet so close〜」MUSIC VIDEO
  • 「つづれ織り〜so far and yet so close〜」MUSIC VIDEO MAKING
  • Live from Miracle Music Hunt 2014-2015
  1. つづれ織り〜so far and yet so close〜
  2. さくらびと

スペシャルオリジナルドラマCD「疾走れ!ミライ」[編集]

アニメイトオリジナル特典CD[9]。「ダイヤのA」の主要キャストがGLAYの東京ドーム公演を見に行く設定のドラマ[9]。出演は沢村栄純(CV:逢坂良太)、降谷暁(CV:島﨑信長)、小湊春市(CV:花江夏樹)、金丸信二(CV:松岡禎丞)、東条秀明(CV:蒼井翔太[9]

Road to Tokyo Dome[編集]

Loppi HMV特典DVD[9]。2015年5月30日・5月31日に開催される東京ドーム公演までの道のりを、これまでの東京ドーム公演のライブ映像でたどるスペシャルムービー[9]

  • Young Oh! Oh!(GLAY DOME TOUR pure soul 1999)
  • 嫉妬(GLAY DOME TOUR 2001‐2002 "ONE LOVE")
  • つづれ織り〜so far and yet so close〜(GLAY 10th Anniversary Year Final GLAY DOME TOUR 2005 "WHITE ROAD")

テレビアニメ『ダイヤのA』オープニング映像DVD[編集]

G-DIRECT特典DVD[9]。テレビアニメ「ダイヤのA」の「疾走れ!ミライ」「HEROES」のオープニングスペシャル映像を収録[9]

脚注[編集]

  1. ^ COUNT DOWN TV シングルランキング 2015年6月7日放送
  2. ^ JAPAN COUNTDOWN CDシングルランキング 2015年6月7日放送
  3. ^ a b c d e f g h i ニューシングル5月25日に発売決定!”. GLAY公式サイト. 2015年5月24日閲覧。
  4. ^ ニューシングル予約者ライブ決定!抽選先行受付は5月11日まで!”. GLAY公式サイト. 2015年5月24日閲覧。
  5. ^ a b c 「微熱Ⓐgirlサマー」がコンタクトのアイシティCMソングに決定”. GLAY公式サイト. 2015年5月24日閲覧。
  6. ^ a b GLAY、「つづれ織り~so far and yet so close~」が10年の時を越えて有線リクエスト1位に”. barks. 2015年5月24日閲覧。
  7. ^ GLAY つづれ織り ミュージックビデオ・プロジェクト”. GYAO!. 2015年5月24日閲覧。
  8. ^ GLAY東京ドーム直前にニューシングル発売、ねごと小夜子も参加”. ナタリー. 2014年11月16日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g 5月25日発売ニューシングル、ショップ特典詳細決定”. GLAY公式サイト. 2015年5月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]