RAIN (GLAYの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GLAY > 作品リスト > RAIN (GLAYの曲)
RAIN
GLAYシングル
初出アルバム『SPEED POP
リリース
規格 シングル(8cm)
録音 One On One Recording
ジャンル J-POP
時間
レーベル プラチナム・レコード
プロデュース YOSHIKI
チャート最高順位
GLAY シングル 年表
RAIN
1994年
真夏の扉
(1994年)
SPEED POP 収録曲
JUNK ART
(11)
RAIN
(12)
THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜 収録曲
RAIN
(1)
真夏の扉
(2)
テンプレートを表示

RAIN」(レイン)は、日本のロックバンドGLAYが1994年5月25日にプラチナム・レコードからリリースしたファースト・シングルである。デビューシングルながらタイアップが大きく、10万枚を越えるスマッシュヒットを記録した。

概要[編集]

上京後、1993年にリリースしたデモテープ『SPEED POP』にも、これの原型となるナンバー「JULIA (reason for so long)」が収められている。その後YOSHIKIに作詞と一部作曲される。クレジットとしては作詞:YOSHIKI / 作曲:YOSHIKI、TAKUROである。

1995年3月1日発売のファーストアルバム『SPEED POP』には、冒頭の雨の音がカットされたバージョンが収録されている。 (このバージョンは2009年10月21日発売のベストアルバム『THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜』にも収録されている。) インディーズアルバム『灰とダイヤモンド』には、アレンジが異なるテイクが収録されている。 冒頭の雨の音が入っているオリジナルのシングル音源は2013年現在、アルバムには収録されていない。

本来、RAINがPODH-7001となるはずが、次作『真夏の扉』がPODH-7001でRAINがPODH-7002となっている。理由は、収録当時ロス大地震が起きたため、真夏の扉を先にレコーディングしたためである。

収録曲[編集]

  1. RAIN (7:10)
    YOSHIKIのアレンジが前面に出ており、ストリングスを多く使用しており、後半からピアノが出てくる(ピアノはYOSHIKIが弾いている)。タイアップ先のアニメの方はOPもGLAYの「真夏の扉」だが、アニメ側が発売したビデオにはこの楽曲は未収録となっている。TAKUROが16歳の頃に作ったと言われており、函館の高校卒業ライブでもこれの原型となる曲が披露された。なお、YOSHIKIがピアノを弾く事になったのはTAKUROの提案で、「YOSHIKIにプロデュースされるバンドはみんなYOSHIKIに気合を入れられる(殴られる)」という噂があったために、「ピアノを弾いてください」と頼めばYOSHIKIからプロデュースの話を断って来るだろうと思ったら、意外にもYOSHIKIが快諾したので実現された、とTAKUROは語っている。しかしその後、作詞が実質YOSHIKIになっているということもあり、ライブでは滅多に演奏されなくなった。TAKURO曰く、「YOSHIKIさんを超えるアレンジができなかった」という。しかし「GLAY EXPO '99 SURVIVAL」開催前のラジオで「EXPOのチケットが完売したら演奏する」と発言。公約通り、アンコールにロックバージョンで披露された。発売当時は「YOSHIKIの七光り」と評されることもあり、YOSHIKIファンからは「YOSHIKIを七光り扱いするなんて!」と激怒されることもあったという(TAKURO著『胸懐』より)。
    この曲はもともとはTAKUROがアマチュア時代に作詞作曲した「JULIA (reason for so long)」という曲で、メロディはほとんど変わっていないが歌詞は全く異なっており、バックのサウンドもアコースティック・ギターのみであった。しかし、それがYOSHIKIの眼にとまり、後にアレンジが加わり「RAIN」となる。2009年8月15・16日の「GLAY 15th Anniversary Special Live 2009 THE GREAT VACATION in NISSAN STADIUM」では「Julia」としてTERU&TAKUROの2人だけで演奏され、制作秘話も披露された。
  2. RAIN (オリジナル・カラオケ) (7:10)

パーソネル[編集]

  • ミキシング&レコーディング・エンジニア:
リッチ・ブリーン
  • アシスタント・エンジニア:
マイク・ストック、タール・ミラー
  • ストリングス・アレンジ:
YOSHIKI
  • シンセサイザー・プログラミング:
ジェフ・グレイス
  • ゲスト・ミュージシャン:
マイク・ベアード(ドラムス)

タイアップ[編集]

収録アルバム[編集]