RAIN (GLAYの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GLAY > 作品リスト > RAIN (GLAYの曲)
RAIN
GLAYシングル
初出アルバム『SPEED POP
リリース
規格 シングル(8cm)
録音 One On One Recording
ジャンル J-POP
時間
レーベル プラチナム・レコード
プロデュース YOSHIKI
チャート最高順位
GLAY シングル 年表
RAIN
1994年
真夏の扉
(1994年)
テンプレートを表示

RAIN」(レイン)は、日本のロックバンドGLAYが1994年5月25日にプラチナム・レコードからリリースしたファースト・シングルである。デビューシングルながらタイアップが大きく、10万枚を超えるスマッシュヒットを記録した。

概要[編集]

上京後の1993年にリリースしたデモテープ『SPEED POP』に、原型となる楽曲「JULIA (reason for so long)」が収められている。その後、YOSHIKIが作詞と一部の作曲を手掛ける。クレジットは、作詞:YOSHIKI、作曲:YOSHIKI・TAKUROである。

1995年3月1日発売のファーストアルバム『SPEED POP』には、冒頭の雨の音をカットしたアルバムバージョンが収録されている。このバージョンは、2009年10月21日発売のベストアルバム『THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜』にも収録されている。インディーズアルバム『灰とダイヤモンド』には、アレンジの異なるバージョンが収録されている。冒頭に雨の音が入っているシングルのオリジナルバージョンは、2013年現在、アルバムには収録されていない。

品番について、本来『RAIN』がPODH-7001となるはずが、次作『真夏の扉』がPODH-7001、『RAIN』がPODH-7002となっている。理由は、収録当時にロス大地震が起きた影響で、『真夏の扉』を先にレコーディングしたためである。

収録曲[編集]

  1. RAIN (7:10)
    • 作詞:YOSHIKI / 作曲:YOSHIKI・TAKURO / 編曲:YOSHIKI
    YOSHIKIのアレンジが前面に出ており、ストリングスを多用し、楽曲の後半ではYOSHIKIがピアノで伴奏している。YOSHIKIによるピアノの演奏はTAKUROが提案した。「YOSHIKIにプロデュースされるバンドはみんなYOSHIKIに気合を入れられる(殴られる)」という噂があったことから、「ピアノを弾いてください」と頼めばプロデュースを断られるだろうと考えたためであるが、意外にもYOSHIKIが快諾したので実現した、とTAKUROは語っている。発売当時は「YOSHIKIの七光り」と評されることもあり、YOSHIKIのファンからは「YOSHIKIを七光り扱いするなんて!」と激怒されたという[1]
    原型となった楽曲は、TAKUROがアマチュア時代の16歳の頃に作詞作曲した「JULIA (reason for so long)」である。この楽曲がYOSHIKIの目にとまり、アレンジが加わり「RAIN」となる。メロディはほとんど変わっていないが、歌詞はまったく異なっており、バックのサウンドも元々はアコースティック・ギターのみであった。
    作詞の名義がYOSHIKIになっていることもあり、ライブでは滅多に演奏しない。TAKURO曰く、「YOSHIKIさんを超えるアレンジができなかった」という。しかし、「GLAY EXPO '99 SURVIVAL」開催前のラジオで、EXPOのチケットが完売したらこの楽曲を演奏すると発言。公約通り、アンコールにロックバージョンで披露した。
    テレビアニメヤマトタケル」の初代エンディングテーマとしてタイアップしており、オープニングテーマもGLAYの「真夏の扉」だが、アニメ側が発売したビデオにはこれらの楽曲は未収録であるが、CSでの放送では、そのまま楽曲が使われている[2]
  2. RAIN (オリジナル・カラオケ) (7:10)

パーソネル[編集]

  • ミキシング&レコーディング・エンジニア:
リッチ・ブリーン
  • アシスタント・エンジニア:
マイク・ストック、タール・ミラー
  • ストリングス・アレンジ:
YOSHIKI
  • シンセサイザー・プログラミング:
ジェフ・グレイス
  • ゲスト・ミュージシャン:
マイク・ベアード(ドラムス)

タイアップ[編集]

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ TAKURO著『胸懐』より。
  2. ^ 詳細はヤマトタケル (アニメ)#備考を参照。