SOUL LOVE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
GLAY > 作品リスト > SOUL LOVE
SOUL LOVE
GLAYシングル
初出アルバム『pure soul
B面 アイ
リリース
規格 8cmCD
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポリドール(現・ユニバーサルミュージック)
プロデュース 佐久間正英
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1998年度年間5位(オリコン)
  • 登場回数16回(オリコン)
  • GLAY シングル 年表
    HOWEVER
    1997年
    誘惑
    SOUL LOVE
    1998年
    BE WITH YOU
    (1998年)
    pure soul 収録曲
    May Fair
    (3)
    SOUL LOVE
    (4)
    出逢ってしまった2人
    (5)
    ミュージックビデオ
    「SOUL LOVE」 - YouTube
    テンプレートを表示

    SOUL LOVE」(ソウル ラブ)は、GLAYの14作目のシングル1998年4月29日ポリドール(現・ユニバーサルミュージック)から発売された。

    概要[編集]

    • 誘惑」との同時発売で、両シングルで2週連続で1位2位を独占した。オリコンチャートで1位を獲得していない作品では初動売上歴代1位、オリコンチャート2位の売上では歴代最高である。最終的にはミリオンセラーとなり、GLAYのシングルの中では3番目の売り上げとなっている。
    • プロモーションビデオは通常バージョン・TERUバージョン・TAKUROバージョン・HISASHIバージョン・JIROバージョンと計5つも作られている他、サポートメンバーも、あたかもGLAYのメンバーのように出演している。メンバー間の仲の良さや結束を感じられる作品である。また、PVにはTERUがドラムを、TAKUROがベースを、JIROがギターを演奏しているシーンが収められている。PVは大谷石地下採掘場跡で撮影された。

    収録曲[編集]

    全編曲:GLAY、佐久間正英

    1. SOUL LOVE [4:26]
      TAKURO曰く、「『誘惑』を作った後にスタッフからもう一曲作ってほしいと頼まれ、10分で作り終えた曲。」だという。
    2. アイ [3:57]
      HISASHIが作詞・作曲を担当したのはこの曲で3曲目。タイトルは「愛」「eye(眼)」「AI」「I (自分)」など様々な意味を持つ。HISASHI曰く、「自分の中で葛藤して書いた曲」だという。
      2009年のTAKURO Produce Live THE GREAT VACATION -extra-の「ハッピースインガーがライブで聴きたい曲ベスト10」、2011年のHAPPY SWING 15th Anniversary SPECIAL LIVEの「あなたが聴きたいGLAYの曲」で行われたランキングではどちらでも3位にランクインした。
    3. SOUL LOVE (instrumental)

    タイアップ[編集]

    • カネボウ(現在は花王傘下)「ブロンズラブ '98夏」キャンペーンソング。(#1)

    収録アルバム[編集]