第40回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第40回日本レコード大賞(だい40かいにほんレコードたいしょう)は、1998年平成10年)12月31日にTBS Aスタジオ・赤坂BLITZで行われた、40回目の『日本レコード大賞』である。

概要[編集]

第40回の大賞は、globeの「wanna Be A Dreammaker」に決定した。globeは初の受賞。小室哲哉プロデュースの歌手が大賞を受賞するのは4年連続。

最優秀新人賞はモーニング娘。が受賞した。

大賞の発表は横浜ベイスターズ(当時)外野手の鈴木尚典(この年のセ・リーグ首位打者前年に続いて2年連続)かつ日本シリーズMVP)、最優秀新人賞の発表は薬丸裕英(「はなまるマーケット」の司会者)がそれぞれ務めた。

TV放送は「テレビのちから」に内包。最優秀新人賞のプレゼンターである薬丸と福留功男が総合司会を担当。年末長時間特別番組の内包は1995年の「関口宏報道30時間テレビ」以来3年ぶりとなる。 視聴率は18.5%で、1990年代以降では最高の数字となっている。

司会[編集]

受賞作品・受賞者一覧[編集]

日本レコード大賞[編集]

最優秀歌唱賞[編集]

最優秀新人賞[編集]

アルバム大賞[編集]

優秀作品賞(大賞ノミネート作品)[編集]

新人賞(最優秀新人賞ノミネート)[編集]

ベストアルバム賞[編集]

特別賞[編集]

吉田正賞[編集]

  • 鈴木淳

作曲賞[編集]

  • 玉城千春「長い間」「未来へ」(歌・Kiroro)

編曲賞[編集]

作詩賞[編集]

企画賞[編集]

功労賞[編集]

特別功労賞[編集]

美空ひばりメモリアル選奨[編集]

アジア音楽賞[編集]

TV中継スタッフ[編集]

  • 構成:玉井貴代志・野村正浩
  • ナレーション:ケイ・グラント
  • 音楽:武部聡志竹下欣伸
  • 振付:花柳糸之菊地ヒロユキ
  • 踊り:花柳糸之社中、GO-D.O.S
  • スタッフ
    • TP:杉田謙二
    • TD:河野志朗
    • カメラ:井原公二
    • VE:高松央
    • 音声:柳澤任広
    • 照明:笠原義博
    • バリライト:土屋欣宥
    • 音響効果:三澤恵美子
    • PA:宮坂修
    • 回線:梅津圭一
  • 中継
    • TP:佐藤満
  • <赤坂BLITZ>
    • TD:藤田徹也
    • カメラ:中田奈穂子
    • VE:関昭一
    • 音声:阿蘇谷靖
    • 照明:石川博章
  • <TBS屋上>
    • TD:近藤弘志
    • カメラ:金内健
    • VE:古市修文
    • 音声:菊哲也
  • 美術P・デザイナー:飯田稔
  • デザイナー:中西忠司
  • 美術制作:安田和郎、与田滋
  • 装置:石原隆
  • 装飾:高橋啓三
  • 電飾:佐々木勉、斉藤幹也
  • メカシステム:庄子泰広
  • 取材:三好千春、川上共子、村山由紀子
  • 公開:廣中信行
  • TK:長谷川道子
  • 技術協力:東通エヌ・エス・ティー、パワーステーション、ダブルビジョン、エヌケイ特機、TAMCOサンライズアートティ・エル・シー、バリライト、東京舞台照明、テクノネット
  • 制作協力:BMC
  • AP:小野寺真、村木益雄、長内信博、浅川寿人
  • ディレクター:宮尾益実、大道昭之、玄馬康志、柳崎芳夫
  • 舞台監督:加藤新
  • 演出スタッフ:川田浩
  • プロデューサー:田代誠、斉藤薫、大崎幹
  • 総合演出:落合芳行
  • 製作著作:TBS
  • 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会

脚注[編集]


外部リンク[編集]