第44回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第44回日本レコード大賞(だい44かいにほんレコードたいしょう)は、2002年平成14年)12月31日にTBS放送センター(ビッグハット)で行われた、44回目の『日本レコード大賞』である。

概要[編集]

第44回の大賞は、TBS系ドラマ「マイリトルシェフ」の主題歌、浜崎あゆみの「Voyage」に決定した。同局のドラマ主題歌としては第34回以来10年ぶりの受賞。浜崎は2年連続2度目の受賞で、2連覇は第39回安室奈美恵以来史上4組目(女性では中森明菜、安室奈美恵に続いて3組目)。

視聴率は低落傾向止まらず13.3%に。

なおこの年の4月11日に、第11回1969年)から第25回1983年)まで15回に渡って司会を務め(当時最長記録[注釈 1])、番組の顔となっていた高橋圭三が死去した。高橋は当番組での栄誉を讃えられ、「特別功労賞」の受賞者の一人となった。

司会[編集]

受賞作品・受賞者一覧[編集]

日本レコード大賞[編集]

最優秀歌唱賞[編集]

最優秀新人賞[編集]

金賞(大賞ノミネート作品)[編集]

新人賞(最優秀新人賞ノミネート)[編集]

ベストアルバム賞[編集]

特別賞[編集]

吉田正賞[編集]

作曲賞[編集]

編曲賞[編集]

作詩賞[編集]

企画賞[編集]

功労賞[編集]

特別功労賞[編集]

TV中継スタッフ[編集]

  • 構成:樋口弘樹、あべ
  • 取材:三好千春、川上共子、村山由紀子
  • 監修:小西良太郎
  • ナレーション:ケイ・グラント
  • コーラス:FKD.chor.
  • スタッフ
    • (スタジオ)
      • TD:小林敏之、高松央
      • カメラ:坂口司
      • VE:瀬戸博之
      • 音声:高場英文
      • PA:宮坂修
      • 照明:松本修一
      • 音効:勝見勇一
      • 回線:平林雅之
      • テクニカルCG:尾崎至晃
      • 編集:白澤淳
      • MA:武藤康一
      • 美術プロデューサー:飯田稔
      • 美術デザイナー:藤井豊、岡嶋正浩
      • 美術制作:長谷川隆之
      • 装置:石原隆
      • 装飾:高橋啓三
      • 電飾:佐々木勉
      • メカシステム:大谷圭一
      • 特殊効果:永岡昇
      • VJ:ESP GRAPHIC WORKS
    • (中継)
      • TM:河野志朗
    • (赤坂BLITZ)
      • TD:箸透
      • カメラ:長谷川晃司
      • VE:伊藤賢一
      • 音声:小澤義春
      • 照明:高橋章
      • 美術デザイナー:中西忠司
      • 美術制作:中村嘉邦
      • 装置:淵脇臣吉
      • 電飾:西山邦章
      • 特殊効果:矢島克祐
    • <屋上>
      • TD:中野剛一郎
    • <湯島天神>
      • TD:平舘敏弘
    • <スモールハット>
      • TD:柳原成
    • <渋谷>
      • TD:市村明
  • 技術協力:Pro Cam東放制作東通ティエルシーエヌ・エス・ティーTAMCO、ダブルビジョン、サークル、ウィッシュ、エヌケイ特機、バリライト、東京舞台照明、SJP、Seriko NUTINI
  • 制作協力:BMC
  • AP:長内信博、浅川寿人、福田日登美
  • 制作スタッフ:中野匡人、鹿渡弘之
  • 演出スタッフ:吉田茂、小関美保子、鮎川ひろ美、藤塚基広、伊藤大基
  • 公開:廣中信行
  • TK:長谷川道子
  • ディレクター:東信弘、玄馬康志、浦城義明、大久保竜、平賀渉、山本一雄、片倉洋樹、宮尾毅、三島圭太、柳崎芳夫、世良田光
  • 舞台監督:高橋智大
  • 制作プロデューサー:大崎幹
  • プロデューサー:落合芳行、利根川展
  • 総合演出:片山剛
  • 制作:TBSエンタテインメント
  • 製作著作:TBS
  • 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ なお当時司会の堺は最終担当の第53回2011年)まで16回担当し、高橋の記録を塗り替える。また単独でも最長記録となる(高橋は久米宏渡辺謙太郎児玉清との共同司会を務めた事がある)。

出典[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]